TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022170237
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-11-10
出願番号2021076238
出願日2021-04-28
発明の名称蓄電装置
出願人株式会社GSユアサ
代理人個人
主分類H01M 50/271 20210101AFI20221102BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】外装体を備える蓄電装置であって、簡易な構成で信頼性が向上された蓄電装置を提供すること。
【解決手段】蓄電装置1は、蓄電素子20を収容する外装体10を備える。外装体10は、外装体本体110と、外装体本体110に接合された蓋体120とを有する。外装体本体110は、蓋体120及び外装体本体110の一方に対する他方の取付方向である第一方向に沿って立設された第一壁部115を有する。蓋体120は、第一壁部115が第一方向に挿入され、かつ、第一壁部115と接着剤180で接合された溝部127を有する。第一壁部115及び溝部127の一方の、第一壁部115の厚み方向である第二方向において他方と対向する側面である対向面には、当該対向面からY軸方向に陥凹状に形成された、接着剤180を収容するための収容部116が設けられている。
【選択図】図6
特許請求の範囲【請求項1】
蓄電素子を収容する外装体を備える蓄電装置であって、
前記外装体は、第一部材と、前記第一部材に接合された第二部材とを有し、
前記第一部材は、前記第二部材及び前記第一部材の一方に対する他方の取付方向である第一方向に沿って立設された壁部を有し、
前記第二部材は、前記壁部が前記第一方向に挿入され、かつ、前記壁部と接着剤で接合された溝部を有し、
前記壁部及び前記溝部の一方の、前記壁部の厚み方向である第二方向において他方と対向する側面である対向面には、前記対向面から前記第二方向に陥凹状に形成された、前記接着剤を収容するための収容部が設けられている、
蓄電装置。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記収容部は、前記接着剤の収容空間を形成する複数の内側面の内の1つ内側面であって、前記収容部が設けられた前記壁部及び前記溝部の一方の、他方からの取り外し方向に向けられた内側面を有し、
前記接着剤は、前記内側面に密着した状態で前記収容部に収容されている、
請求項1記載の蓄電装置。
【請求項3】
前記第一部材及び前記第二部材は、前記外装体の内部と外部とを仕切る部材であり、
前記収容部は、前記壁部の、前記外装体の前記外部に向けられた前記対向面、または、前記溝部の、前記壁部よりも前記外装体の前記外部に近い位置にある前記対向面に設けられている、
請求項1または2記載の蓄電装置。
【請求項4】
前記収容部は、前記壁部及び前記溝部の前記一方の前記対向面において、前記第一方向に複数並んで配置されている、
請求項1~3のいずれか一項に記載の蓄電装置。
【請求項5】
前記壁部は、前記壁部の前記溝部への挿入方向の先端部に設けられた傾斜面を有し、
前記傾斜面は、前記壁部における、前記第二方向の一端から他端に行くに従って、前記溝部の内底面から離れるように傾けられている、
請求項1~4のいずれか一項に記載の蓄電装置。
【請求項6】
蓄電素子を収容する外装体を備える蓄電装置であって、
前記外装体は、第一部材と、前記第一部材に接合された第二部材とを有し、
前記第一部材は、前記第二部材及び前記第一部材の一方に対する他方の取付方向である第一方向に沿って立設された壁部を有し、
前記第二部材は、前記壁部が前記第一方向に挿入され、かつ、前記壁部と接着剤で接合された溝部を有し、
前記壁部は、前記壁部の前記溝部への挿入方向の先端部に設けられた傾斜面を有し、
前記傾斜面は、前記壁部における、前記壁部の厚み方向である第二方向の一端から他端に行くに従って、前記溝部の内底面から離れるように傾けられている、
蓄電装置。
【請求項7】
蓄電素子を収容する外装体を備える蓄電装置であって、
前記外装体は、第一部材と、前記第一部材に接合された第二部材とを有し、
前記第一部材は、前記第二部材及び前記第一部材の一方に対する他方の取付方向である第一方向に沿って立設された壁部を有し、
前記第二部材は、前記壁部が前記第一方向に挿入され、かつ、前記壁部と接着剤で接合された溝部を有し、
前記壁部には、前記溝部の内底面に対向する先端部から切欠き状に形成された、前記接着剤を収容するための収容部が設けられている、
蓄電装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、外装体を備える蓄電装置に関する。
続きを表示(約 2,200 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、筐体(外装体)を備える蓄電装置が開示されている。外装体は、開口を有する第1部材と、第2部材とを有し、第1及び第2部材は、開口の周縁に設けられた接合部分において接合されている。接合部分は、第1及び第2部材のうち一方に設けられた周溝部と、他方に設けられた凸縁部と、接着剤層とを有する。凸縁部の先端は、周溝部中に配置されかつ接着剤層により周溝部の内壁に接着される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
国際公開第2017/115404号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
蓄電装置の外装体は、一般的に、本体部及び蓋体等の2つの部材が接合された部分(接合部分)を有している。例えば、上記従来の蓄電装置が備える外装体における接合部分では、2つの部材の一方の溝部に他方の凸部が挿入された状態で、接着剤によって凸部が溝部に固定される。このように形成された接合部分は、例えば外装体の気密性、水密性、または強度に大きく関与する。従って、蓄電装置の信頼性の向上のためには、接合部分には高い接合強度が求められる。そのため、上記従来の蓄電装置では、凸部に設けられた爪を、溝部の内面に形成された受け口に挿入する構造が採用されている。しかし、この場合、凸部及び溝部の形状が複雑になるという問題があり、また、爪及び受け口それぞれの位置及び形状についての高い精度も必要である。そこで、接着剤の量を増やすことで、接合部分の強度を向上させることが考えられるが、この場合は、接着剤の溝部からの溢れ出しが生じやすくなるという問題が生じる。接着剤が溝部から溢れ出した場合、その蓄電装置が不良品として扱われないために、接着剤のふき取り工程が必要となる。または、接着剤の溢れ出しを防ぐために、接着剤の量の厳密な管理及び制御が必要となる。つまり、蓄電装置の製造工程が煩雑化する。
【0005】
本発明は、本願発明者が上記課題に新たに着目することによってなされたものであり、外装体を備える蓄電装置であって、簡易な構成で信頼性が向上された蓄電装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の一態様に係る蓄電装置は、蓄電素子を収容する外装体を備える蓄電装置であって、前記外装体は、第一部材と、前記第一部材に接合された第二部材とを有し、前記第一部材は、前記第二部材及び前記第一部材の一方に対する他方の取付方向である第一方向に沿って立設された壁部を有し、前記第二部材は、前記壁部が前記第一方向に挿入され、かつ、前記壁部と接着剤で接合された溝部を有し、前記壁部及び前記溝部の一方の、前記壁部の厚み方向である第二方向において他方と対向する側面である対向面には、前記対向面から前記第二方向に陥凹状に形成された、前記接着剤を収容するための収容部が設けられている。
【0007】
この構成によれば、第一部材と第二部材とが、第一部材の壁部が第二部材の溝部に挿入された状態で、接着剤によって接合される。この接合構造において、第一部材及び第二部材の少なくとも一方には、陥凹状に形成された収容部が設けられている。従って、収容部がない場合よりも、当該一方における接着面積(接着剤に密着する面積)が増加し、その結果、第一部材と第二部材との接合強度が向上する。また、比較的に多い量の接着剤を溝部に流し入れた状態で、溝部に壁部を挿入した場合であっても、収容部に接着剤が収容されることで、溝部からの接着剤の溢れ出しが抑制される。そのため、例えば、比較的に多い量の接着剤によって第一部材と第二部材との接合強度を向上させることができ、かつ、接着剤の量の厳密な管理、及び、溢れ出した接着剤のふき取り作業等は不要である。このように、本態様に係る蓄電装置は、簡易な構成で信頼性が向上された蓄電装置である。
【0008】
前記収容部は、前記接着剤の収容空間を形成する複数の内側面の内の1つ内側面であって、前記収容部が設けられた前記壁部及び前記溝部の一方の、他方からの取り外し方向に向けられた内側面を有し、前記接着剤は、前記内側面に密着した状態で前記収容部に収容されている、としてもよい。
【0009】
この構成によれば、溝部の中で固化した接着剤は、その一部が収容部に収容され、かつ、当該一部は、収容部の内側面の一つであって、収容部を有する壁部及び溝部の一方の、他方からの取り外し方向に向けられた内側面と密着している。つまり、例えば、壁部に収容部が設けられている場合において、壁部を溝部から抜き出そうとした場合、固化した接着剤における収容部に収容されている部分は、取り外し(抜き出し)方向における壁部の移動規制部として機能する。これにより、接着剤による第一部材と第二部材との接合強度がさらに向上する。
【0010】
前記第一部材及び前記第二部材は、前記外装体の内部と外部とを仕切る部材であり、前記収容部は、前記壁部の、前記外装体の前記外部に向けられた前記対向面、または、前記溝部の、前記壁部よりも前記外装体の前記外部に近い位置にある前記対向面に設けられている、としてもよい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

古河電池株式会社
鉛蓄電池
8日前
サンケン電気株式会社
半導体装置
2日前
東邦化成株式会社
基板処理装置
1日前
株式会社村田製作所
コイル部品
9日前
株式会社ユーシン
スイッチ装置
1日前
株式会社ユーシン
スイッチ装置
1日前
ニチコン株式会社
複合コンデンサ
3日前
日本航空電子工業株式会社
組立体
8日前
CKD株式会社
ドーピングシステム
10日前
CKD株式会社
ドーピングシステム
10日前
日本特殊陶業株式会社
スパークプラグ
14日前
株式会社半導体エネルギー研究所
半導体装置
14日前
日本特殊陶業株式会社
スパークプラグ
14日前
愛知電機株式会社
油入電気機器の吸湿呼吸器
8日前
日本特殊陶業株式会社
スパークプラグ
14日前
株式会社村田製作所
リアクトル
2日前
TDK株式会社
コイル部品
1日前
TDK株式会社
コイル部品
1日前
TDK株式会社
コイル部品
1日前
ローム株式会社
窒化物半導体装置
14日前
個人
千鳥配列磁極の異方性片面ゴムシート磁石
9日前
日本航空電子工業株式会社
充電コネクタ
8日前
キヤノン株式会社
マルチロールダイヤル
14日前
住友電気工業株式会社
半導体チップ
14日前
フェニックス電機株式会社
広帯域発光装置
2日前
株式会社デンソー
半導体装置
8日前
古河電池株式会社
液式鉛蓄電池
1日前
日清紡マイクロデバイス株式会社
半導体装置
8日前
株式会社デンソー
操作装置
10日前
株式会社鷺宮製作所
圧力スイッチ
14日前
矢崎総業株式会社
ワイヤハーネス
1日前
浜松ホトニクス株式会社
光源装置
1日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱
3日前
株式会社豊田自動織機
電池冷却システム
14日前
矢崎総業株式会社
コネクタ構造
10日前
矢崎総業株式会社
電線カバー
14日前
続きを見る