TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022167544
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-11-04
出願番号2021073397
出願日2021-04-23
発明の名称超音波送受信器
出願人日本セラミック株式会社
代理人
主分類H04R 17/00 20060101AFI20221027BHJP(電気通信技術)
要約【課題】
音圧が高くまたサイドローブが小さい取り付け部材の内側に組み付けた構造からなる障害物検知装置を提供すること。
【解決手段】
組み付け部材101の内側に超音波センサ100を組み付けてなる障害物検知装置であって、組み付け面103を超音波センサ100の接触面より大きい窪みを設け、この窪みの壁の四面の角を丸角にした。従って窪みの底面は接触面より大きくすることがで振動を効率よく組み付け部材に伝えるため音圧が大きくなり、また前記四面の角より放射されるサイドローブを小さくすることが可能になった。

【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
組み付け部材の内側に超音波センサを組み付けた構造からなる障害物検知装置であって、前記超音波センサは、超音波を送受信する圧電素子と、前記圧電素子を格納するものであって、前記圧電素子が底面部の内面に設置されている筐体とを含み、前記組み付け部材の内側に前記筐体の底面部より大きい面積を底面にもった窪みを設け、
前記窪みの壁の四面の角を曲面にしたことを特徴とした障害物検知装置。
続きを表示(約 93 文字)【請求項2】
上記請求項1の超音波センサにおいて、請求項1記載の窪みの周囲に、請求項1記載窪みの高さ方向に厚肉部を設けたことを特徴とする請求項1に記載の障害物検知装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、圧電素子を有底筒状ケースに貼り合わせた空中用の超音波センサに関するものである。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
超音波センサを用いた距離計ユニットを車両に組み付けて、車両に物体が接近した際に運転者に衝突の危険を知らせる安全装置が広く使用されている。特に、車両を後退させる際に後方の物体を距離計ユニットで検出し、運転手に物体の接近を知らせる安全装置がよく利用されている。(例えば特許文献1)
【0003】
具体的には、物体の接近を運転手にブザーで知らせる安全装置や車両の前方に障害物があると車両が発進しないようブレーキが動作させるブレーキ連動式の安全装置が発明されている。
【0004】
ここで使用される超音波センサを用いた距離計ユニットは、車両の一部に穴が設置され、そこから超音波センサの頭部が車両から露出した形で搭載される車両の意匠性に問題があった。(例えば特許文献3)
そこで、車両の外周部を超音波センサにより振動し超音波を送受信する形式の車両から露出しない形式の距離計ユニットが発明され、車両の意匠性を損なうことなく設置できるようになった。(例えば特許文献2)しかしながら、超音波センサの振動が車両の外周部に伝達される過程で、指向性特性が変化することにより水平側のサイドローブが大きい問題と、垂直指向性が広くなる問題がある。また超音波センサの振動を振動面より小さい突起を通じて車両の外周部に伝達するため音圧が低下する問題があった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2007-112297
特開2007-147319
特開平10-123236
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
上記の特許文献2の装置では、超音波センサ側に突起部を設けて所望の指向性を確保しているが、特にサイドローブを小さくするように考慮はされていない。また音圧に関しても振動面の一部の突起を用いて伝達しているため、振動エネルギーが十分に組み付け部材に伝達せず音圧が小さい問題があった。
【0007】
しかしながら、障害物検知装置として車両のバンパに使用する場合には、誤検知を防ぐため、水平方向及び垂直方向のサイドローブが小さいことが要求される。またより遠距離に音波を飛ばすために音圧が高いことが要求される。
【0008】
本発明は、上記の点を鑑みて考案したもので、サイドローブが小さく音圧が高い障害物検知装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
上記の課題を解決するために、請求項1に記載の発明では、組み付け部材の内側に超音波センサを組み付けた構造からなる障害物検知装置であって、前記超音波センサは、超音波を送受信する圧電素子と、前記圧電素子を格納するものであって、前記圧電素子が底面部の内面に設置されている筐体とを含み、前記組み付け部材の内側に前記筐体の底面部より大きい面積を底面にもった窪みを設け、
前記窪みの壁の四面の角を曲面にしたことを特徴とする。
【0010】
このように本発明によれば、超音波センサを構成する筐体の底面部の外面に接触する組み付け部材の内面の形状を窪みの壁の四面の角に関して曲面をもった形状の窪みを設けている。このときくぼみ部に壁に曲面を設けることによって、曲面がない場合の壁同士の接線に相当する部分を無くすことによってサイドローブが小さい特性を確保することが可能になる。また組み付け部材の窪み寸法を超音波センサの振動面と同等かより大きくすることにより振動エネルギーの損失を少なくし音圧が高い状態を確保することが可能になる。加えて、この組み付け部材を用いた方式では、超音波センサの振動面は組み付け部材外側に露出しないことから外的な衝撃に対する耐久性が向上する。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
超音波位相制御装置
9日前
株式会社シグマ
撮像装置
7日前
個人
電子署名システム
14日前
キヤノン株式会社
撮影装置
13日前
キヤノン株式会社
撮影装置
13日前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
29日前
キヤノン株式会社
電子機器
22日前
個人
フェースシールド型ヘッドホン
14日前
個人
ヘッドホンおよびヘッドセット
8日前
個人
アドレス記憶方法およびリング網
14日前
株式会社発明屋
スマートフォンスタンド
16日前
シャープ株式会社
表示装置
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
16日前
株式会社齋藤創造研究所
音響装置
1か月前
ヤマハ株式会社
スピーカユニット
13日前
株式会社SEtech
動き情報撮像装置
15日前
株式会社三井光機製作所
光束分離光学系
13日前
キヤノン株式会社
撮像装置
14日前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
7日前
ヤマハ株式会社
スピーカユニット
1か月前
株式会社ケアコム
ナースコールシステム
1か月前
株式会社ナスタ
インターホン
14日前
個人
放送受信端末装置
1か月前
株式会社ニコン
撮像装置
1か月前
個人
スピーカーシステム
13日前
富士通株式会社
光分波器及び通信装置
16日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
13日前
株式会社アイシン
監視システム
1か月前
株式会社日立国際電気
伝送装置
1日前
株式会社アイシン
監視システム
1か月前
富士通株式会社
光送信器
7日前
日本放送協会
視聴端末及びプログラム
1か月前
株式会社カーメイト
画像処理装置
1か月前
日本放送協会
シングルキャリア送信装置
1日前
続きを見る