TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022166790
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-11-02
出願番号2021095468
出願日2021-04-21
発明の名称白内障治療薬
出願人個人
代理人
主分類A61K 35/02 20150101AFI20221026BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】治療薬が存在しないため、悪化してからの治療法として水晶体を人工レンズに置き換える方法が主力となっている、白内障に有効な治療薬を提供する。
【解決手段】学名閃緑岩と言う鉱物を1.000メッシュのパウダーにし、長時間浸透膜で濾過した真水に浸し閃緑岩に含まれる35種類のミネラル分を引き出し、還元力の勝れた溶液を点眼薬とする。ミネラネ分を引き出す方法として、一般真水を濾過し、濾過水をイオン水生成装置でイオン化し、そのイオン水に閃緑岩パウダーを浸漬し、その浸漬した水に再びイオン水生成装置より電流を印加しイオン化する方法が好ましい。効果が出にくい場合の対処法として、イオン水生成装置に使用している重畳波か高周波電流を使用し、目を閉じた瞼の上から水晶体に約10秒位電気刺激を与えると点眼薬が角膜に存在するアクアポリンを通し水晶体に浸透しやすくなる。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
本発明は、目の難病である白内障治療薬の発明である。白内障の主な発症原因は水晶体に多く含むクリスタリンタンパク質が紫外線等の影響で酸化し白濁する病気である。
クリスタリンタンパク質が紫外線等の影響を受けマイナス電子を失い替わりにプラス電子が入り酸化する。本点眼薬は強力な酸化還元力を持つ学名閃緑岩と言う鉱物を1.000メッシュのパウダーにし、長時間浸透膜で濾過した真水に浸し閃緑岩に含まれる35種類のミネラル分引き出し還元力の勝れた溶液を点眼薬とする技術。
閃緑岩とは、太古の昔海のミネラル分が長年の時をへて海底に沈殿し岩石となり地殻変動で地上に隆起した岩石を閃緑岩と言う。閃緑岩の大きな特徴はミネラル分の微妙な配合で強烈な酸化還元力を持っていることが発見された。
続きを表示(約 530 文字)【請求項2】
閃緑岩パウダーから迅速にミネラネ分を引き出す方法として、一般真水を濾過し濾過水をイオン水生成装置でイオン化し、そのイオン水に閃緑岩パウダーを浸漬し、その浸漬した水に再びイオン水生成装置より電流を印加しイオン化する。イオン水生成装置で生成した水は、アクアポリン試験法で実験の結果皮膚からの浸透率は約10%口内等の粘膜からの浸透率は22%体内での浸透率は43%の勝れた浸透率であることが証明された。アクアポリンは、水分子が細分化されたイオン水を優先的に通過させると言われている。イオン水自体還元力を持っているが、更に効果を出すため強烈な還元力を持つミネラル分の搬送用としてイオン水を使用し治療に成功した技術。
【請求項3】
点眼薬を点眼し効果が出にくい場合の対処法として、イオン水生成装置に使用している重畳波か高周波電流を使用し、目を閉じた瞼の上から水晶体に約10秒位電気刺激を与えると点眼薬が角膜に存在するアクアポリンを通し水晶体に浸透しやすくなる。治験の結果人それぞれで電気に弱い人が居るため電気抵抗を感じないように電圧を調整し治療する技術。
また市販されているミネラルを入手し閃緑岩と同じ混合率と方法で点眼薬とする技術。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、眼の難病の一つである白内障を治療完治させる点眼薬の製造技術に関するもので、白内障は直接命に関わる病気ではないためか、国際的に治療薬の開発が遅れてており、現在治療薬が存在しないため悪化してからの治療法として水晶体を人工レンズに置き換える方法が主力である。本点眼薬の発明者である自分も20年前に白内障と言われ点眼薬頂き2ケ月間点眼したが効果の確認は出来なかった。現在白内障治療薬として使用されている薬は進行を遅らす程である。したがって未だ国際的に白内障治療薬は開発されていない。
続きを表示(約 2,000 文字)【0002】
白内障の原因物質であるクリスタリンタンバク質は、学説的に一旦白濁すると元に戻せないと言うのが国際的学説である。
本発明は、この学説を根本的に否定する。それは白内障が発症する原因に有り、一番の原因は紫外線及び薬の副作用並びに老化現象等によるタンパク質の変異によると言われているが、このタンパク質は紫外線等を浴び続けるとタンパク質が酸化し白濁する。
物質の酸化は、-電子を失うと物質は酸化する。したがって酸化物質に-電子を与え+電子を追い出し-電位と入れ替えると物質は元の姿に蘇えらせることが可能になる。
【0003】
この治療法は20年前から考案していたが、残念ながら治験者の関係で出来なかったが、ノーベル科学賞受賞のピーターアグレ博士が細胞膜には水だけを通す孔があると言う学説がこの発明に繋がり、物理的に考察した結果点眼薬で元の姿に蘇らせると言う結論に達した。本発明者の左右の眼が約20前に眼科医から白内障が有ると言われ20年の歳月をへて悪化し、効き目の右めを手術し人工レンズに置き換え、左眼は今回の点眼治療薬治験のため残した。点眼薬を試作し治験の結果鈍足であるが見事に成功した。
【0004】
この発明は、私自身が発明したアルカリ性イオン水生成装置の技術を使い白内障治療点眼薬の開発に成功。この装置で生成したイオン水(電子水)は、物体に対し勝れた透過性と酸化還元力を持っている。この電子水をアクアポリン透過試験法で試験した結果水道水より、人体に対し全体の透過率は42%皮膚からの透過率は23%勝れている。
【0005】
白内障治療薬に使用する物質は、海水含まれる約35種類ミネラル分が海底に沈殿し岩石となった学名、閃緑岩。この閃緑岩の成分は強力な酸化還元力を持っていることが判明。この還元力を利用して白内障のタンパク質が酸化し白濁した水晶体を元の姿に蘇らせることに成功した。
【0006】
本発明は、還元溶液を白内障の病巣迄如何に迅速に届けるかであった。アクアポリンの孔はイオン水を優先的に通過させると言う性質を持っており、点眼薬に使用している全部の物質がイオン化されいるためアクアポリンの孔の透過性に適している。
【背景技術】
【0007】
現在白内障治療薬として動物用が販売されているが、人間用の白内障治療薬は国際的にいまだ開発されていない。霞み目や白内障を改善させると言う名目のサプリメントは販売されている。厚生労働省は、インターネット上で白内障に効く製品は一切ないので宣伝文句に騙されないように注意喚起をしている。
2020年、厚生科学研究所の報告では、70以上84~97%80歳以上の人々が100%の確立で白内障であると言うが、本発明は開発途上国も含め一般的に発症する約85%の白内障は点眼薬で治せると言うのが願望である。
【課題が解決するための手段】
【0008】
白内障の発症原因を良く調べ本発明に繋がった。水晶体の成分タンパク質であるクリスタリン蛋白質が紫外線等の影響を受け酸化し白濁する。白濁が進んでくると水晶体全体に入ってくる光を通をさず、見えにくくなり、又は見え無くなる。
【0009】
本発明は、この酸化して白濁したクリスタリン蛋白質に強力な酸化還元力を有するミネラル分を与え酸化した蛋白を還元し透明化する。若くして白内障になる人は、ステロイド等薬の副作用等で発症、特に糖尿病で発症する人が多いので今後の治験を予定する。
今回治験をした結果解ったことは、目が見えずらい状態が長く続くと、その間に老眼、近視、乱視等の病気が進行していても見えずらいので解らない。白内障が改善され目が見えるようになると病気の進行症状がが良く解ります。
白内障は、眼鏡、コンタクトレンズ等一切効きませが、本発明の点眼薬の効果で視力が回復しても70%位しか戻りませんが、眼鏡やコンタクトレンズが効くようになります。
【発明の効果】
【0010】
水晶体は人体の中で代謝の遅い組織で、今回の研究で有る程解ったことは、今迄開発されている目薬は、水晶体の病巣まで薬を送り込むことが出来なかったようである。
本発明の点眼薬は、閃緑岩パウダーから迅速にミネラル分を抽出するために精製水と試験的にアルカリ性イオン水を使用。いずれの水もイオン化し、このイオン水に閃緑岩パウダーを浸漬し、この浸漬した水に更に特殊周波数の電流を印加すると水はイオン化され水クラスターが細分化されて透過性に勝れた水となり、速やかに閃緑岩パウダーに浸透しミネラル分を迅速に抽出する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
車椅子
2か月前
個人
舌清浄器
13日前
個人
指カバー
2か月前
個人
殺菌装置
19日前
個人
消毒装置
13日前
個人
筒状保護具
2か月前
個人
電動車椅子
8日前
個人
油性化粧料
2か月前
個人
温熱器
21日前
個人
電磁波の制御
2か月前
個人
目薬容器
14日前
個人
陶板温熱浴装置
21日前
個人
外反母趾矯正装置
1日前
個人
空気吸引浄化装置
19日前
個人
車椅子階段昇降装置
6日前
個人
マッサージ具ホルダ
1か月前
凸版印刷株式会社
パウチ
1か月前
個人
前傾立位椅子
1日前
株式会社ファンケル
化粧料
22日前
株式会社ファンケル
化粧料
20日前
株式会社ニデック
眼科装置
20日前
個人
ベッドサイドテーブル
1か月前
日東精工株式会社
支持部材
2か月前
株式会社ニデック
眼科装置
今日
ユニチカ株式会社
脱臭シート
1か月前
株式会社成和化成
毛髪化粧料
19日前
個人
包帯調達機
今日
個人
クール・インナーマスク
7日前
個人
立位姿勢補助装置
2か月前
個人
日めくりお薬カレンダー
1か月前
大正製薬株式会社
医薬組成物
19日前
株式会社東洋新薬
固形組成物
19日前
株式会社東洋新薬
固形組成物
19日前
共栄化学工業株式会社
育毛料
1か月前
株式会社ダリヤ
整髪剤組成物
2か月前
大東化成工業株式会社
化粧料
21日前
続きを見る