TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022165437
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-11-01
出願番号2021070742
出願日2021-04-20
発明の名称タブレットなどの載置用スタンド
出願人個人
代理人個人
主分類G06F 1/16 20060101AFI20221025BHJP(計算;計数)
要約【課題】タブレットやノートパソコンを適当な高さに載置して操作することが出来るスタンドを提供する。
【解決手段】スタンド1は、垂直に起立する脚部4、タブレット2やノートパソコンを載せる台座3及び脚部下端から水平に延びる足部5から成る。脚部4は、台座3の高さを変えることが出来るように高さ調整機構を備える。台座3は、斜めに傾斜すると共に縦寸法が調整可能であり、載置したタブレット2やノートパソコンが滑り落ちないように、下端と上端には下縁15と上縁16を形成している。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
タブレットやノートパソコンを適当な高さに載置して操作することが出来るスタンドにおいて、該スタンドは垂直に起立する脚部と上記タブレットやノートパソコンを載せる台座及び脚部下端から水平に延びる足部から成り、脚部は台座の高さを変えることが出来るように高さ調整機構を備え、台座は斜めに傾斜すると共に縦寸法を調整可能とし、そして載置したタブレットやノートパソコンが滑り落ちないように、台座の下端と上端には下縁と上縁を形成したことを特徴とするタブレットやノートパソコンを載置するスタンド。
続きを表示(約 170 文字)【請求項2】
上記脚部上端には軸を設けて台座の傾斜角度を調整可能とし、傾斜した台座が倒れないように支え板を取付けた請求項1記載のタブレットやノートパソコンを載置するスタンド。
【請求項3】
上記足部の先端には上方に突出する縁辺を形成した請求項1、又は請求項2記載のタブレットやノートパソコンを載置するスタンド。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、パソコンやタブレットを寝ころんだ状態であっても操作することが出来るように載置されるスタンドに関するものである。
続きを表示(約 2,300 文字)【背景技術】
【0002】
今日ではパソコンやタブレットは色々な分野で使われ、私生活や仕事上の必需品と成っている。パソコンは一般に机上又はテーブル上に載置して操作し、タブレットは手に持って操作することが出来る。ノートパソコンは折畳んで持ち運び出来るようにコンパクト化しているが、毎日の仕事(事務処理)の為に使用され、その為に机やテーブル上に載置される。
そして、キーボードを操作することで文章を作成することが出来、メールを送受信し、また、インターネットを介して色々な情報を取得することが出来る。
【0003】
これに対して、タブレットも基本的な構成はノートパソコンと同じであるが、専用のキーボードはない。文章を作成する場合には、画面上に表示されるキーボードを操作して行なうことが出来、またインターネットを使うことも可能である。
しかし、一般的には常に携帯し、必要に応じてどこでも操作することが出来ることを主目的としている。
【0004】
ところで、ノートパソコンやタブレットを所定の位置に配置することが出来る専用の架台は存在しない。その為に、机やテーブル上に載置され、時には床面に置いて使う場合もあり、また、ベッド上で使うことも出来る。書籍に関しては、読書する為の専用の架台が昔から知られている。
特開2018-909号に係る「読書スタンド」は、本の見開きを片手で操作可能なようにしている。
すなわち、本を台座にのせて読書するのに、見開き本の奇数、偶数ページそれぞれに、糸状のものを巻いて固定する読書スタンドであり、本留め糸の端部にクリップを装着して糸を片手で挟みとめること。また、本台座に本の表表紙と裏表紙を板状のバネ板に挿し込んで、本を片手で固定することが出来る。
【0005】
実用新案登録第3204688号に係る「書見台および読書スタンド」は、書籍の見開き角度が調節可能な書見台およびこの書見台を備える読書スタンドである。
すなわち、書見台は、平板状に形成された左右一対の書見台側板と、左右一対の書見台側板の間に配置された書見台背板と、左右一対の書見台側板と書見台背板とを連結する一対のヒンジとを備え、一対のヒンジは、左右一対の書見台側板の一方(書見台側板)と他方(書見台側板)との成す角度を任意に調節可能に構成されている。
【0006】
特開2010-46106号に係る「折畳み読書スタンド」は、軽く簡単に折畳み収納、持ち運びが出来、一台の読書スタンドで正座から寝転び仰向け姿勢等、どのような姿勢でも読書が出来るようにしている。
読書スタンドが900gと軽く、折り畳み持ち運びが出来、読書スタンドテーブル表面、裏面を使用し、テーブルに本を広げて使用、テーブルに本を伏せて使用する事で、一台の読書スタンドで、正座での読書から、寝転び横向き姿勢、あお向け姿勢等で読書が出来る。
特開2018-909号に係る「読書スタンド」
実用新案登録第3204688号に係る「書見台および読書スタンド」
特開2010-46106号に係る「折畳み読書スタンド」
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
このように、読書をする際のスタンド(架台)は色々知られている。今日では、書籍より、パソコンやタブレットを使って読書する人も多く、床に就いた状態でパソコンやタブレットを使うことが必要となる場合も時々ある。
しかし、ベッド上ではパソコンやタブレットは使い難く、ましてベッドに横になった状態では操作することは不可能であり、タブレットであれば手に持って支えることが必要となる。
本発明が解決しようとする課題はこの問題点であり、ベッドに入った状態であっても、パソコンやタブレットを操作することが出来るように、タブレットなどが載置される架台を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明に係るスタンドは、パソコン又はタブレットを載置する台座、高さを調整可能に起立する脚部、及びスタンドが倒れないように支える為の足部を有している。
上記台座は、手前側が低く、後方側を高くして傾斜し、縦寸法が調整出来るように調整機構を備え、また、上記脚部にも調整機構が備わっていて、高さの調整が行われる。
そして、足部は手前側へ延びて、ベッド又は布団の下に挿入して挟み込んでスタンドの転倒が防止出来るように成っている。
【0009】
上記、台座には上端に上縁を起立し、下端には下縁を起立し、台座に載置されるパソコンやタブレットは縦寸法を調整することで上縁と下縁にて挟まれる。
ところで、台座の縦寸法を調整する具体的な調整機構、及び脚部の具体的な高さ調整機構は限定しない。
また、上記台座は傾斜しているが、この傾斜角度も調整可能な構造とすることが出来る。
【発明の効果】
【0010】
本発明に係るスタンドは、台座にパソコンやタブレット載せて操作することが出来る。該台座に載せたパソコンやタブレットは、上縁と下縁によって挟まれ、その為に滑り落ちることはなく安定して載置される。そして、台座は適当な高さに調整され、傾きも最適な角度に設定されることで、パソコン操作を楽に行うことが可能となる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
電子証明サービス
1か月前
株式会社リコー
筆記具
7日前
個人
販売システム
13日前
個人
情報処理装置
27日前
東レ株式会社
画像検査方法
16日前
個人
特許文献集合の分析方法
14日前
個人
作業管理システム
29日前
個人
勤怠管理システム
15日前
コクヨ株式会社
支持台
16日前
コクヨ株式会社
支持台
16日前
コクヨ株式会社
支持台
16日前
クツワ株式会社
スタンド
2日前
個人
アイデアマーケットの構築
16日前
個人
巡回セールスマン問題解法
15日前
個人
情報処理装置及び決済方法
1か月前
個人
熱画像を用いる生体認証装置
14日前
アズビル株式会社
防爆装置
16日前
個人
広告分析システム
1日前
株式会社システック
視点位置回復装置
29日前
トヨタ自動車株式会社
サーバー
2日前
シヤチハタ株式会社
商品受発注システム
16日前
個人
保険契約管理システム
22日前
花王株式会社
化粧料開発支援方法
13日前
三菱電機株式会社
計算機システム
27日前
キヤノン株式会社
通信装置
16日前
株式会社齋藤創造研究所
制御装置
14日前
キヤノン株式会社
画像処理システム
13日前
株式会社トワール
合否予測システム
14日前
三菱電機株式会社
HMI装置
22日前
アスエネ株式会社
電力取引システム
16日前
個人
明細書作成支援装置及び文章抽出装置
15日前
個人
入力方法、および指標入力プログラム
15日前
個人
「仕事・勉強部屋時間貸しサービス」
13日前
個人
情報処理システム
1か月前
株式会社WAGOON
情報処理装置
14日前
サクサ株式会社
電源制御回路
16日前
続きを見る