TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022160717
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-10-20
出願番号2021065069
出願日2021-04-07
発明の名称計器管理装置
出願人中国電力株式会社
代理人個人,個人
主分類G06T 7/00 20170101AFI20221013BHJP(計算;計数)
要約【課題】撤去計器の使用量を示す指示数の入力数値の確認の作業性を向上する計器管理装置を提供する。
【解決手段】計器管理装置1は、計器3の取替において作業者によって入力された撤去計器3の指示数の入力数値を、撤去計器3を撮像した画像の指示数と照合する計器管理装置であって、指示数がわかっている計器3の複数の画像とその指示数とを教師データとして、計器3の画像における指示数の数値化を学習し、学習モデルを構築する学習部20と、学習モデルを用いて、入力される撤去計器3の画像における指示数の数値化を行うことにより、入力された撤去計器3の指示数の入力数値を、数値化した撤去計器3の画像における指示数の数値と照合する照合部22とを備える。
【選択図】図1

特許請求の範囲【請求項1】
計器の取替において作業者によって入力された撤去計器の指示数の入力数値を、前記撤去計器を撮像した画像の指示数と照合する計器管理装置であって、
指示数がわかっている計器の複数の画像とその指示数とを教師データとして、計器の画像における指示数の数値化を学習し、学習モデルを構築する学習部と、
前記学習モデルを用いて、入力される前記撤去計器の画像における指示数の数値化を行うことにより、入力された前記撤去計器の指示数の入力数値を、数値化した前記撤去計器の画像における指示数の数値と照合する照合部と、
を備える、計器管理装置。
続きを表示(約 210 文字)【請求項2】
前記学習部および前記照合部は、前記計器の画像において、使用量を示す指示数の画像の特徴量を認識する、請求項1に記載の計器管理装置。
【請求項3】
前記計器の指示数の表示形式は、回転表示形式であり、
前記学習部は、回転途中であり、隣り合う2つの数値が表示されるとともに、各数値の全体が表示されない画像に対して、1つの数値を学習する、
請求項1または2に記載の計器管理装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、計器管理装置に関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
例えば、使用者側に設置され、電気、ガスまたは水道等のユーティリティの使用量を計測する計器がある。このような計器は、検定に合格し、かつ、その翌月から起算して所定の有効期間内(例えば、10年、7年、5年)のものでなければ使用できないと、計量法に定められている。そのため、事業者は、計器の有効期間を管理し、有効期間が満了する前に計器の取替を行う。
【0003】
計器の取替時、作業者は、撤去計器の使用量を示す指示数を読み取り、作業者端末に入力する。作業者端末に入力された撤去計器の指示数の入力数値は、事業者側の管理装置に送信され、請求等のために管理される。
【0004】
また、計器の取替時、作業者は撤去計器を撮像する。撮像された撤去計器の画像は、事業者側の管理装置に送信され、撤去計器の指示数の入力数値の確認のために管理される。例えば、事業者側では、管理データを管理装置のディスプレイに表示し、目視によって、撤去計器の指示数の入力数値を撤去計器の画像における指示数と照合し、撤去計器の指示数の入力数値が撤去計器の画像における指示数と一致しているか確認を行う(例えば、特許文献1および2参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2008-32483号公報
特開2008-32484号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本発明は、撤去計器の使用量を示す指示数の入力数値の確認の作業性を向上する計器管理装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明に係る計器管理装置は、計器の取替において作業者によって入力された撤去計器の指示数の入力数値を、前記撤去計器を撮像した画像の指示数と照合する計器管理装置であって、指示数がわかっている計器の複数の画像とその指示数とを教師データとして、計器の画像における指示数の数値化を学習し、学習モデルを構築する学習部と、前記学習モデルを用いて、入力される前記撤去計器の画像における指示数の数値化を行うことにより、入力された前記撤去計器の指示数の入力数値を、数値化した前記撤去計器の画像における指示数の数値と照合する照合部と、を備える。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、撤去計器の使用量を示す指示数の入力数値の確認の作業性を向上することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本実施形態に係る計器管理装置の概略構成を示す図である。
図1に示す計器管理装置が管理する管理データの表示の一例を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、添付の図面を参照して本発明の実施形態の一例について説明する。なお、各図面において同一または相当の部分に対しては同一の符号を附すこととする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社リコー
筆記具
12日前
個人
販売システム
18日前
東レ株式会社
画像検査方法
21日前
個人
特許文献集合の分析方法
19日前
個人
勤怠管理システム
20日前
クツワ株式会社
スタンド
7日前
個人
巡回セールスマン問題解法
20日前
個人
アイデアマーケットの構築
21日前
個人
熱画像を用いる生体認証装置
19日前
個人
広告分析システム
6日前
トヨタ自動車株式会社
サーバー
7日前
株式会社齋藤創造研究所
制御装置
19日前
花王株式会社
化粧料開発支援方法
18日前
シヤチハタ株式会社
商品受発注システム
21日前
キヤノン株式会社
通信装置
21日前
個人
入力方法、および指標入力プログラム
20日前
株式会社WAGOON
情報処理装置
19日前
アスエネ株式会社
電力取引システム
21日前
個人
「仕事・勉強部屋時間貸しサービス」
18日前
個人
明細書作成支援装置及び文章抽出装置
20日前
キヤノン株式会社
画像処理システム
18日前
株式会社トワール
合否予測システム
19日前
個人
ユーザインターフェースシステム
20日前
株式会社チーム・ファクトリー
情報システム
18日前
個人
電子マネー貸金庫情報管理配信システム
19日前
個人
収納サービス提供システム
18日前
株式会社テクノア
情報処理装置
19日前
キヤノン株式会社
電子機器
19日前
キヤノン株式会社
電子機器
19日前
メディア株式会社
経口摂取支援システム
19日前
アマノ株式会社
勤怠管理システム
13日前
株式会社クラハシ
水産物の売買システム
6日前
株式会社京南
洗車システム
21日前
個人
貢献度算出システム及びプログラム
20日前
株式会社アイクリック
動画配信システム
18日前
キヤノン株式会社
電子機器
19日前
続きを見る