TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022153832
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-10-13
出願番号2021056562
出願日2021-03-30
発明の名称キャスター装置
出願人株式会社森山鉄工
代理人個人
主分類B60B 33/00 20060101AFI20221005BHJP(車両一般)
要約【課題】 路面に凹凸があってもその振動が椅子に伝わり難いキャスター装置の提供。
【解決手段】 キャスター1はフォーク2の脚部先端に車軸4を介して取付けられ、該フォーク2はフォーク受け3に組付けられた状態で主軸5に取付けられてネジ止めされ、上記フォーク2は両脚部9,9を傾斜背面板にて繋ぐと共に撓み変形する板バネ部7を有している。
【選択図】 図1
特許請求の範囲【請求項1】
荷物を載せて運搬する台車の底に取付けられるキャスター装置、又は車椅子に取付けるキャスター装置において、キャスターはフォークの脚先端部に設けた軸穴に嵌めた車軸を介して取付けられ、該フォークはフォーク受けに嵌って組付けられた状態で主軸に取付けられてネジ止めされ、上記フォークは主軸が嵌る主軸穴を有す上板部と湾曲した板バネ部、傾斜背板部、そして傾斜背板部の両側には垂直に起立する脚部を設け、脚部から脚先端部が延び、そして板バネ部は複数枚の板バネが重ね合わされてネジ止めされ、傾斜背板部はキャスター外周より前方側に位置し、該傾斜背板部がキャスター外周と交わる点の高さhがキャスター半径Rより小さく成っていることを特徴とするキャスター装置。
続きを表示(約 100 文字)【請求項2】
上記フォーク受けの両脚部先端には円弧状長穴を形成し、該円弧状長穴にはフォークの脚先端部の軸穴に嵌った車軸が板バネ部の撓み変形に応じて揺動出来るようにした請求項1記載のキャスター装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は台車や車椅子などに取付けられ、地面や床面に凹凸があってもスムーズに走行することが出来るキャスター装置に関するものである。
続きを表示(約 2,400 文字)【背景技術】
【0002】
荷物を載せて運ぶ台車には車輪(キャスター)が取付けられ、該キャスターは車軸を中心として回転することで移動することが出来る。路面は滑らかな平坦面でなく、凹凸面を有している場合も多く、その為にこれら凹凸面を有している路面又は床面であってもスムーズに移動出来るように、キャスターは板バネによって支えられ、キャスターが凸面に乗り上げる場合には、板バネは撓み変形することが出来る。
【0003】
すなわち、台車全体が路面の凹凸面に沿って上下動することなく、板バネが変形することで台車は比較的スムーズに移動することが出来る。ところが、キャスターの外径に対して1/2以上の大きな凸部が路面に存在する場合、この大きな凸部を乗り上げて移動することは容易でない。
一方、凹凸面を移動する場合、キャスターを支えている板バネは撓み変形を繰り返し、金属疲労によって該板バネには亀裂が発生し、ついには破損することもある。特に、台車に重い荷物を積載する場合、板バネの撓み変形量は大きくなり、板バネの寿命は短くなる。
【0004】
路面を移動するキャスターは台車に限らず、身体障害者、病人、歩行が困難になった人々が利用する車椅子にも取付けられている。台車に用いられるキャスターと車椅子に取付けられるキャスターは、その大きさ、形態及び構造には違いがあるが、何れのキャスターも凹凸した路面をスムーズに移動することが出来るように構成することが必要である。
【0005】
ところで、車椅子が走行する路面は一般に舗装されているが、舗装面であっても完全な平坦面ではなく小さい段差が所々に存在している。また、歩道路面には視力弱者にとって目印となる「視覚障害者誘導用ブロック」と称されるプレートが敷設されている。
すなわち、視覚障害者が足裏の触感覚で認識できるよう、突起(凸部)を表面に設けたもので、視覚障害者を安全に誘導するために路面や床面に敷設されているブロック(プレート)である。
【0006】
今日では歩道のみならず、鉄道の駅や公共施設、さらには店舗、ショッピングセンターの出入り口近くなど、多くの場所にブロックが設置が行われている。また、「エスコートゾーン」という、形状は異なるが車道の横断歩道部分にもブロックの設置がされている。
上記視覚障害者誘導ブロックに設けられている凸部は比較的小さいが、このブロック上を車椅子が通過する場合、前輪となるキャスターはその外径が小さい為に障害となる場合もある。
【0007】
すなわち、キャスターが小さい凸部や段差を乗り越える場合、車椅子の前方側を押上げなくてはならず、その為に前方へ押す力が大きくなり、また、ハンドルリムを回す為に大きな力が必要となる。特に、凸部や段差の手前でキャスターが位置して車椅子が停止している状態から動き始める際には、さらに動きにくくなる。
一方、「視覚障害者誘導用ブロック」上を車椅子が通過する場合、振動が椅子に伝わり、乗り心地が阻害される。
【0008】
実用新案登録第3220842号に係る「段差対応キャスター」は、運搬台車や介護機器等の移動器具において、キャスターの車輪径を大きくすることなく、簡単な構造で容易に段差を乗り越えることを可能としている。
そこで、キャスターのフォークに、左右一対のアシスト板を、支持軸及び連結ボルトで回転可能に連結する。アシスト板の支持軸を前方に押すことで段差にアシスト板底部が接すると接地部を支点としアシスト板を起こす様に回動し、車輪の負荷荷重が段差側に移る。同時に、アシスト板はトーションバネでストッパーに戻され初期位置を保ち、これにより段差の乗り越えが容易となる。
【0009】
特開2010-208575号に係る「キャスター」は、台車進行時や荷重負荷変化時に車輪や本体からリンク部材を介して伝わる衝撃を吸収する緩衝部材のバネ定数を小さくし、急激な衝撃を充分に緩衝し得ると共に、荷重負荷の急激な減少時の衝撃も緩衝し得るキャスターである。
そこで、進行方向に長手とした本体ケースの長手方向に沿って円筒状コイルバネと円筒状粘弾性樹脂でなる緩衝部材をボルト上に直列に設置し、一対のL型リンクの長脚側先端に車輪を軸支し、基部を本体ケース側壁に回動自在に取り付け、短脚側先端において押し駒を介して緩衝部材の後方端と連携させ、車輪の上方向移動による短脚側先端と押し駒の進行方向の移動を緩衝部材で吸収する。緩衝部材と押し駒の後方側に補助コイルバネを配置し、車輪の下方向移動による短脚側先端と押し駒の後方向移動を吸収することが出来る。
実用新案登録第3220842号に係る「段差対応キャスター」
特開2010-208575号に係る「キャスター」
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0010】
従来から色々なキャスター装置が知られている。これらキャスター装置は、路面に大きな凸部がある場合でも乗り越えることが出来、凹凸化した地面を移動するに際して衝撃や振動を緩和することが出来るようにしている。しかし、従来のキャスター装置はその構造が複雑であり、また積載する荷物の重さにバネが耐えることが出来ないといった問題がある。
本発明はこれら問題点を解決することが出来るようにしたものであり、より簡単な構造にて、路面の凹凸にて生じる振動を緩和することが出来、また路面に存在する大きな凸部を簡単に乗り上げて移動することが出来るキャスター装置を提供する。
【課題を解決するための手段】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
調整式シートバック
1か月前
日本精機株式会社
表示装置
18日前
エムケー精工株式会社
洗車装置
6日前
個人
組み合わせ滑り止めタイヤ
1か月前
井関農機株式会社
作業車両
19日前
日本精機株式会社
車両用表示装置
19日前
トヨタ自動車株式会社
移動体
18日前
有限会社古賀設計
全方向移動型車輪
19日前
三菱マヒンドラ農機株式会社
作業車両
26日前
株式会社クボタ
作業車両
19日前
株式会社小糸製作所
車両用灯具
1か月前
豊田合成株式会社
乗員保護装置
11日前
日本精機株式会社
車両用室内除菌装置
4日前
個人
車両用タイヤのトレッド部
27日前
AGC株式会社
車両用窓ガラス
19日前
豊田合成株式会社
エアバッグ装置
19日前
トヨタ自動車株式会社
車両
26日前
大成建設株式会社
警報装置
11日前
株式会社小糸製作所
車両の制御装置
6日前
株式会社クボタ
歩行型管理機
19日前
トヨタ自動車株式会社
車両制御装置
19日前
豊田合成株式会社
膝拘束装置
11日前
株式会社クボタ
作業車
18日前
株式会社ユピテル
電子機器、プログラム等
11日前
豊田合成株式会社
エアバッグカバー
13日前
株式会社クボタ
作業車
18日前
小野谷機工株式会社
タイヤリフト装置
19日前
株式会社ニフコ
空調用レジスタフィン
1か月前
株式会社ニフコ
車両用内装部品
6日前
ダイハツ工業株式会社
車両の制御装置
5日前
日本板硝子株式会社
ウインドシールド
19日前
トヨタ自動車株式会社
タイヤ摩耗量推定装置
4日前
本田技研工業株式会社
車両
6日前
株式会社デンソー
車載機器
20日前
株式会社アイシン
サンルーフ装置
18日前
プレス工業株式会社
アクスルケース構造
20日前
続きを見る