TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022151411
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-10-07
出願番号2021080655
出願日2021-03-23
発明の名称脳卒中予防薬
出願人個人
代理人
主分類A61K 45/00 20060101AFI20220929BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】脳卒中の予防薬を提供する。
【解決手段】脳卒中の原因の一つは、高脂血症や高血圧などの生活習慣病である。脂肪細胞を標的部位とするリポソーム医薬品としての変性剤を生活習慣病治療薬として人体に投与して、生活習慣病の治療をすることができるが、該生活習慣病治療薬を投与して、生活習慣病を治療することにより、脳卒中を予防する。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
脳卒中の原因である生活習慣病を治療することによる、脳卒中の予防薬。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、脳卒中予防薬に関する。
続きを表示(約 750 文字)【背景技術】
【0002】
生活習慣病が原因で脳卒中を発症する。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
脳卒中を予防するため生活習慣病の発症を抑えるための治療薬を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0004】
本発明の目的を達成するため、次の構成を採用する。
脳卒中とは、脳の血管が破けたり、詰まったりして、その先の細胞に栄養が届かなくなり、脳の働きに障害が起きる疾患です。脳血管障害ともいわれます。
脳卒中は原因により、脳梗塞、一過性脳虚血発作などの、脳の血管が詰まるタイプと、脳出血、くも膜下出血などの、脳の血管が破れるタイプの大きく2つに分けられます。
脳卒中の原因の一つは、高脂血症や高血圧などの生活習慣病である。
引用文献特願2020-70633の発明は、脂肪細胞を標的部位とするリポソーム医薬品としての変性剤を生活習慣病治療薬として人体に投与して、生活習慣病の治療をする。引用文献特願2020-70633の生活習慣病治療薬を投与して、生活習慣病を治療することにより、脳卒中を予防する。
【発明の効果】
【0005】
脂肪細胞を標的部位とするリポソーム医薬品としての変性剤を生活習慣病治療薬として人体に投与して、生活習慣病の治療をすることにより、脳卒中を予防する。
【発明を実施するための形態】
【0006】
生活習慣病治療薬を飲むことにより人体に投与する。病気を治療する適切な脂肪細胞の量を見極めつつ、薬を飲む量を調節する。
【引用文献】
【】
特願2020-70633

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
湿布薬
4か月前
個人
車椅子
2か月前
個人
揉み棒
4か月前
個人
車いす
3か月前
個人
消毒装置
13日前
個人
殺菌装置
19日前
個人
舌清浄器
13日前
個人
指カバー
2か月前
個人
抗がん剤
3か月前
個人
健康器具
4か月前
個人
骨折治療薬
4か月前
個人
油性化粧料
2か月前
個人
筋肉増強剤
4か月前
個人
歩行練習器
3か月前
個人
電動車椅子
8日前
個人
筒状保護具
2か月前
個人
肝炎治療薬。
4か月前
個人
膵炎治療薬。
4か月前
個人
腎炎治療薬。
4か月前
個人
電磁波の制御
2か月前
個人
がん治療装置
4か月前
個人
脳卒中治療薬
4か月前
個人
脳卒中予防薬
4か月前
個人
温熱器
21日前
個人
がん治療装置
4か月前
個人
車椅子
3か月前
個人
妊娠補助腰枕
2か月前
個人
白内障治療薬
3か月前
個人
腸炎治療薬。
4か月前
個人
目薬容器
14日前
個人
食道炎治療薬。
4か月前
個人
膀胱炎治療薬。
4か月前
個人
表面清浄化装置
3か月前
個人
穿刺装置
3か月前
個人
皮膚炎治療薬。
4か月前
個人
網膜炎治療薬。
4か月前
続きを見る