TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022142008
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-30
出願番号2021041960
出願日2021-03-16
発明の名称算出システム
出願人大和ハウス工業株式会社
代理人個人,個人
主分類G06Q 50/08 20120101AFI20220922BHJP(計算;計数)
要約【課題】建物のトータルコストを精度よく求めることが可能な算出システムを提供する。
【解決手段】算出システム1は、建物の設計を行い、設計情報を部品算出部20へ入力する設計部10と、設計部10で設計した設計情報及び詳細情報の出力結果に基づいて、建物に用いられる各種部材の親子関係を段階的に示した邸別ストラクチャを算出するストラクチャ算出部30と、設計部10で設計した建物の詳細を示す詳細情報を入力結果に応じて出力する部品算出部20と、設計が確定した建物のトータルコスト及びトータルリードタイムを算出する総合情報算出部40と、を具備する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
建物の設計を行う設計部と、
前記設計部で設計した設計情報に基づいて、前記建物に用いられる各種部材の親子関係を段階的に示した階層情報を算出する階層情報算出部と、
を具備する、
算出システム。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記設計部で設計した建物の詳細を示す詳細情報を前記階層情報算出部へ出力可能な出力部をさらに具備し、
前記設計部は、
前記設計情報を前記出力部へ入力し、
前記出力部は、
前記設計情報の入力結果に応じた前記詳細情報を前記階層情報算出部へ出力し、
前記階層情報算出部は、
前記設計情報及び前記詳細情報の出力結果に基づいて前記階層情報を算出する、
請求項1に記載の算出システム。
【請求項3】
前記階層情報では、
前記各種部材の識別情報と、前記親子関係と、前記建物の工種に応じた作業場所の識別情報と、が互いに関連付けて記憶される、
請求項2に記載の算出システム。
【請求項4】
前記作業場所は、
前記建物の工法及び前記建物が建築される地域に基づいて設定される、
請求項3に記載の算出システム。
【請求項5】
前記地域には、
交通事情又は建築に関する法規制の少なくともいずれかが異なる複数の地域が含まれる、
請求項4に記載の算出システム。
【請求項6】
前記設計情報には、
前記工法及び前記地域が含まれ、
前記階層情報算出部は、
前記工法及び前記地域に応じて前記親子関係及び前記作業場所が異なる複数のひな型をさらに具備し、
前記複数のひな型の中から、前記設計情報の前記工法及び前記地域に応じた1のひな型を抽出し、
抽出した前記1のひな型に前記設計情報及び前記詳細情報の内容を反映させることで、前記階層情報を算出する、
請求項4又は請求項5に記載の算出システム。
【請求項7】
前記階層情報の算出結果に基づいて、前記建物の建築に要するトータルコスト又はトータルリードタイムの少なくともいずれかを算出する総合情報算出部をさらに具備する、
請求項1から請求項6までのいずれか一項に記載の算出システム。
【請求項8】
前記総合情報算出部は、
前記建物の建築に必要な工種に応じたコスト及びリードタイムを算出可能な工種算出部と、
前記工種に応じたリードタイムの算出結果に基づいて、前記工種を時系列に配置して工程表を作成可能な工程表作成部と、
を具備し、
前記工種に応じたコストの算出結果に基づいて前記トータルコストを算出すると共に、前記工程表の作成結果に基づいて前記トータルリードタイムを算出する、
請求項7に記載の算出システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、建物の建築に関連する情報を算出する算出システムの技術に関する。
続きを表示(約 1,000 文字)【背景技術】
【0002】
従来、建物の建築に関連する情報を算出する算出システムの技術は公知となっている。例えば、特許文献1に記載の如くである。
【0003】
特許文献1に記載のシステム(算出システム)は、住宅設計ページを表示可能に構成される。住宅設計ページは、マウス操作等によって利用者が任意に部屋等を配置して間取り図を作成可能であると共に、当該間取り図に応じた合計価格(建物の建築に要するトータルコスト)を表示可能に構成される。合計価格は、部屋等の個別価格と住宅の本体工事価格とを合算して算出されている。
【0004】
特許文献1のシステムでは、利用者が配置した部屋の面積に応じて合計価格を概算で求めているため、合計価格を精度よく求めることができない可能性がある。この点に改善の余地があった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2002-132861号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本発明は、以上の如き状況を鑑みてなされたものであり、その解決しようとする課題は、建物のトータルコストを精度よく求めることが可能な算出システムを提供するものである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の解決しようとする課題は以上の如くであり、次にこの課題を解決するための手段を説明する。
【0008】
即ち、請求項1においては、建物の設計を行う設計部と、前記設計部で設計した設計情報に基づいて、前記建物に用いられる各種部材の親子関係を段階的に示した階層情報を算出する階層情報算出部と、を具備するものである。
【0009】
請求項2においては、前記設計部で設計した建物の詳細を示す詳細情報を前記階層情報算出部へ出力可能な出力部をさらに具備し、前記設計部は、前記設計情報を前記出力部へ入力し、前記出力部は、前記設計情報の入力結果に応じた前記詳細情報を前記階層情報算出部へ出力し、前記階層情報算出部は、前記設計情報及び前記詳細情報の出力結果に基づいて前記階層情報を算出するものである。
【0010】
請求項3においては、前記階層情報では、前記各種部材の識別情報と、前記親子関係と、前記建物の工種に応じた作業場所の識別情報と、が互いに関連付けて記憶されるものである。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
送受信システム
今日
個人
WEBページ生成装置
今日
シャープ株式会社
表示装置
1日前
シャープ株式会社
タッチパネル装置
今日
富士通株式会社
自動光学ガイド
今日
株式会社アイシン
制御装置
今日
株式会社松風
データ管理システム
今日
個人
情報処理装置及びプログラム
今日
富士通株式会社
自動検索及び検出
今日
株式会社医療情報技術研究所
分類システム
今日
NECプラットフォームズ株式会社
入力装置
1日前
KDDI株式会社
商品管理装置
今日
個人
携帯情報端末装置及びそのプログラム
今日
個人
メモリアルムービー生成システム
今日
株式会社日立製作所
人特定システム
今日
株式会社ロジレス
受注及び倉庫管理システム
今日
国立大学法人 東京大学
量子回路
2日前
株式会社エイサムテクノロジー
非接触入力装置
1日前
富士通株式会社
情報処理装置及び情報処理方法
今日
BHI株式会社
情報処理システム
2日前
ボッシュ株式会社
強化学習装置、強化学習方法及びプログラム
今日
ボッシュ株式会社
強化学習装置、強化学習方法及びプログラム
今日
日本電気株式会社
管理装置、管理方法、及びプログラム
2日前
大日本印刷株式会社
情報処理装置及びプログラム
1日前
トヨタ自動車株式会社
車載システム
1日前
キヤノン株式会社
情報処理装置、およびプログラム
今日
株式会社フェアワーク
管理システム、及び管理プログラム
今日
株式会社日立ビルシステム
情報提供システム
1日前
ボッシュ株式会社
逆強化学習装置、逆強化学習方法及びプログラム
今日
株式会社ラフール
情報処理装置及びプログラム
今日
ファナック株式会社
透明物体のビンピッキング
1日前
ワークアップ株式会社
OPP袋等の包装用袋の自動見積りシステム
今日
トヨタ自動車株式会社
情報管理システム
今日
構造品質保証研究所株式会社
耐震改修最適設計支援プログラム
今日
トヨタ自動車株式会社
情報管理システム
今日
キヤノン株式会社
制御装置、制御装置の制御方法及びプログラム
1日前
続きを見る