TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022139898
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-26
出願番号2021040472
出願日2021-03-12
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人,個人
主分類H02P 21/32 20160101AFI20220915BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】 従来の画像形成装置においては、初期位置を推定する動作に要する時間により、ジョブの開始が指示されてから記録媒体が出力されるまでの時間であるFPOT(First Print Output Time)が増大していた。
【解決手段】 モータ制御装置157は、印刷ジョブの開始が指示される可能性がある場合に、印刷ジョブの開始が指示される前にモータ402のロータの停止位置を検出する動作を開始する。本実施形態では、印刷ジョブにおいて記録媒体を搬送する搬送ローラのうち最も上流側にある搬送ローラであるピックアップローラ19を駆動するモータ402のロータの停止位置を検出する動作が、印刷ジョブの開始が指示される前に行われる。その結果、印刷ジョブの開始が指示された後にモータ402のロータの停止位置を検出する動作を開始する場合に比べてFPOTが短縮される。
【選択図】 図9
特許請求の範囲【請求項1】
記録媒体が積載される積載部と、
前記積載部に積載された記録媒体を給送するピックアップローラと、
前記ピックアップローラを駆動するモータと、
前記ピックアップローラによって給送された記録媒体に画像を形成する画像形成手段と、
ユーザによって操作される操作部であって前記画像形成手段による画像形成の条件を設定する操作部と、
前記画像形成手段による画像形成の開始の指示を受信する受信部と、
前記モータの巻線が励磁されていない状態において前記受信部が前記指示を受信する前に前記操作部が操作されると、前記モータの回転子が停止している停止状態における当該モータの巻線に電流を供給することにより当該巻線に流れる電流に基づいて前記停止状態における前記回転子の位相を決定する初期動作を実行する制御手段であって、前記受信部が前記指示を受信したことに応じて、前記決定された位相に基づいて前記停止状態における前記回転子が回転するように前記巻線に供給される電流を制御する制御手段と、
を有することを特徴とする画像形成装置。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
記録媒体が積載される積載部と、
前記積載部に積載された記録媒体を給送するピックアップローラと、
前記ピックアップローラを駆動するモータと、
前記ピックアップローラによって給送された記録媒体に画像を形成する画像形成手段と、
物体を検知する人感センサと、
前記画像形成手段による画像形成の開始の指示を受信する受信部と、
前記モータの巻線が励磁されていない状態において前記受信部が前記指示を受信する前に前記人感センサが前記物体を検知すると、前記モータの回転子が停止している停止状態における当該モータの巻線に電流を供給することにより当該巻線に流れる電流に基づいて前記停止状態における前記回転子の位相を決定する初期動作を実行する制御手段であって、前記受信部が前記指示を受信したことに応じて、前記決定された位相に基づいて前記停止状態における前記回転子が回転するように前記巻線に供給される電流を制御する制御手段と、
を有することを特徴とする画像形成装置。
【請求項3】
前記制御手段は、前記初期動作によって前記位相が決定されてから所定時間が経過するまでの期間中、前記回転子が第1の位相に保持されるように前記巻線に供給される電流を制御し、
前記制御手段は、前記期間中に前記受信部が前記指示を受信しない場合は、前記回転子の保持を解除することを特徴とする請求項1又は2に記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記画像形成装置は、
前記ピックアップローラによって給送された記録媒体を搬送する搬送ローラと、
前記搬送ローラを駆動する第2モータと、
前記受信部が前記指示を受信したことに基づいて、前記第2モータの回転子が停止している第2停止状態における当該第2モータの巻線に電流を供給することにより当該第2モータの巻線に流れる電流に基づいて前記第2停止状態における前記第2モータの回転子の位相を決定する第2初期動作を実行し、前記第2初期動作によって決定された位相に基づいて、前記第2停止状態における前記第2モータの回転子が回転するように前記第2モータの巻線に供給される電流を制御する第2制御手段と、
を有することを特徴とする請求項1乃至3のいずれか一項に記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記搬送ローラは、前記記録媒体を前記画像形成装置の外部へ排出する排紙ローラであることを特徴とする請求項4に記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記モータはブラシレスDCモータであることを特徴とする請求項1乃至5のいずれか一項に記載の画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、画像形成装置におけるモータの制御に関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
従来、ブラシレスDCモータを起動する際に、ロータの位置に応じてインダクタンスが変化することを利用して、ブラシレスDCモータのロータの停止位置(初期位置)を推定する技術が知られている。特許文献1には、ブラシレスDCモータの巻線に電圧を印加したときの電流の応答性に基づいて初期位置を推定し、推定された初期位置に基づいてブラシレスDCモータの駆動を開始する構成が記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2015-104263号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
初期位置を推定する動作には、所定の時間を要する。従来の画像形成装置においては、記録媒体に画像を形成するジョブを開始する指示が入力された後に初期位置を推定する動作が行われていた。即ち、従来の画像形成装置においては、初期位置を推定する動作に要する時間により、ジョブの開始が指示されてから記録媒体が出力されるまでの時間であるFPOT(First Print Output Time)が増大していた。そこで、画像形成装置におけるFPOTをより短縮できる構成が求められていた。
【0005】
上記課題に鑑み、本発明は、画像形成装置におけるFPOTを短縮することができる画像形成装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決するために、本発明にかかる画像形成装置は、
記録媒体が積載される積載部と、
前記積載部に積載された記録媒体を給送するピックアップローラと、
前記ピックアップローラを駆動するモータと、
前記ピックアップローラによって給送された記録媒体に画像を形成する画像形成手段と、
ユーザによって操作される操作部であって前記画像形成手段による画像形成の条件を設定する操作部と、
前記画像形成手段による画像形成の開始の指示を受信する受信部と、
前記モータの巻線が励磁されていない状態において前記受信部が前記指示を受信する前に前記操作部が操作されると、前記モータの回転子が停止している停止状態における当該モータの巻線に電流を供給することにより当該巻線に流れる電流に基づいて前記停止状態における前記回転子の位相を決定する初期動作を実行する制御手段であって、前記受信部が前記指示を受信したことに応じて、前記決定された位相に基づいて前記停止状態における前記回転子が回転するように前記巻線に供給される電流を制御する制御手段と、
を有することを特徴とする。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、画像形成装置におけるFPOTを短縮することができる画像形成装置を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
画像形成装置を説明する断面図である。
画像形成装置の制御構成を示すブロック図である。
人体検知センサの検知領域を説明する図である。
モータ制御装置の構成を示すブロック図である。
モータの構造を説明する図である。
ロータの停止位置と励磁相との関係を示す図である。
U相、V相、W相と、d軸及びq軸によって表される回転座標系との関係を示す図である。
ベクトル制御部の構成を説明するブロック図である。
第1実施形態におけるモータの駆動シーケンスを説明する図である。
モータの駆動シーケンスを説明するフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下に図面を参照して、本発明の好適な実施の形態を説明する。ただし、この実施の形態に記載されている構成部品の形状及びそれらの相対配置などは、この発明が適用される装置の構成や各種条件により適宜変更されるべきものであり、この発明の範囲が以下の実施の形態に限定される趣旨のものではない。
【0010】
〔第1実施形態〕
[画像形成装置]
図1は、本実施形態で用いられるカラーの電子写真方式の複写機(以下、画像形成装置と称する)100の構成を示す断面図である。なお、画像形成装置は複写機に限定されず、例えば、ファクシミリ装置、印刷機、プリンタ等であっても良い。また、記録方式は、電子写真方式に限らず、例えば、インクジェット等であっても良い。更に、画像形成装置の形式はモノクロ及びカラーのいずれの形式であっても良い。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
トナー
1日前
キヤノン株式会社
トナー
1日前
キヤノン株式会社
トナー
16日前
キヤノン株式会社
撮像装置
1日前
キヤノン株式会社
記録媒体
9日前
キヤノン株式会社
光学装置
4日前
キヤノン株式会社
検査装置
1日前
キヤノン株式会社
検査装置
15日前
キヤノン株式会社
記録装置
15日前
キヤノン株式会社
画像投写装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
8日前
キヤノン株式会社
画像投写装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
9日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
9日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
9日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
15日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
15日前
キヤノン株式会社
画像形成システム
16日前
キヤノン株式会社
光学系および撮像装置
16日前
キヤノン株式会社
光学系および撮像装置
1日前
キヤノン株式会社
インクジェット記録装置
1日前
キヤノン株式会社
患部画像データ管理装置
9日前
キヤノン株式会社
撮像装置およびレンズ装置
15日前
キヤノン株式会社
インクジェット記録ヘッド
16日前
キヤノン株式会社
撮像装置およびレンズ装置
15日前
キヤノン株式会社
撮像装置およびレンズ装置
15日前
キヤノン株式会社
変倍光学系および光学機器
1日前
続きを見る