TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022139817
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-26
出願番号2021040361
出願日2021-03-12
発明の名称電磁継電器
出願人オムロン株式会社
代理人個人
主分類H01H 1/06 20060101AFI20220915BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】電磁継電器において、固定端子でのアークの膠着を抑えて、アークを引き延ばし易くする。
【解決手段】電磁継電器は、固定接点と、可動接点と、可動接触片と、駆動装置と、磁石と、固定端子とを備える。可動接点は、固定接点と第1方向に向かい合って配置される。可動接触片は、可動接点に接続される。駆動装置は、可動接触片を第1方向に移動させる。磁石は、固定接点と可動接点との間で発生するアークに対して、第1方向と交差する第2方向へのローレンツ力を作用させるための磁界を発生させる。固定端子は、固定接点が取り付けられる凹溝を含む。凹溝は、第2方向に固定端子を貫通して延びている。
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
固定接点と、
前記固定接点と第1方向に向かい合って配置された可動接点と、
前記可動接点に接続された可動接触片と、
前記可動接触片を前記第1方向に移動させる駆動装置と、
前記固定接点と前記可動接点との間で発生するアークに対して、前記第1方向と交差する第2方向へのローレンツ力を作用させるための磁界を発生させる磁石と、
前記固定接点が取り付けられる凹溝を含む固定端子と、
を備え、
前記凹溝は、前記第2方向に前記固定端子を貫通して延びている、
電磁継電器。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記固定端子は、側面をさらに含み、
前記凹溝は、前記第2方向に前記側面まで延びており、
前記固定接点は、前記第2方向に前記側面まで延びている、
請求項1に記載の電磁継電器。
【請求項3】
前記固定接点は、曲面状の角部を含む、
請求項1又は2に記載の電磁継電器。
【請求項4】
前記角部は、前記固定接点において前記第2方向における端に位置する、
請求項3に記載の電磁継電器。
【請求項5】
前記固定端子は、曲面状の角部を含む、
請求項1から4のいずれかに記載の電磁継電器。
【請求項6】
前記凹溝は、
底面と、
前記底面から突出し、前記第1方向へ延びる第1内側面と、
前記第1内側面の反対側に配置され、前記底面から前記第1方向へ延びる第2内側面と、
前記第1内側面に沿って前記底面上に配置される第1溝と、
前記第2内側面に沿って前記底面上に配置される第2溝と、
を含む、
請求項1から5のいずれかに記載の電磁継電器。
【請求項7】
前記固定端子は、前記固定接点を支持する支持面を含み、
前記凹溝は、前記支持面上に配置され、
前記固定接点は、前記支持面から突出している、
請求項1から6のいずれかに記載の電磁継電器。
【請求項8】
前記固定端子は、
前記第2方向へ延びる第1板部と、
前記第1板部から前記第1方向に延びる第2板部と、
前記第1板部から前記第1方向に延び、前記第2方向において前記第2板部から離れて配置される第3板部と、
を含み、
前記凹溝は、前記第2方向に前記第1板部を貫通して延びている、
請求項1から7のいずれかに記載の電磁継電器。
【請求項9】
前記固定端子は、円形の底面と、曲側面とを含む円柱状の形状を有し、
前記凹溝は、前記円形の底面上に配置され、前記曲側面まで延びている、
請求項1から7のいずれかに記載の電磁継電器。
【請求項10】
前記固定端子は、前記第1方向と前記第2方向とに交差する第3方向へ延びる直線状の板部を含み、
前記凹溝は、前記第2方向に前記直線状の板部を貫通して延びている、
請求項1から7のいずれかに記載の電磁継電器。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、電磁継電器に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
電磁継電器では、固定端子の表面に、固定接点の位置決め用の凹部が設けられたものがある。例えば、特許文献1では、固定接点が、固定端子の表面上の凹部内に配置されている。固定接点は、固定端子の表面から突出している。
【0003】
一方、電磁継電器では、電流の遮断時に接点においてアークが発生する。そのため、電磁継電器には、アークを消弧するための磁石を備えるものがある。磁石によってアークにローレンツ力が作用することで、アークが引き延ばされ、それによりアークが迅速に消弧される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特許第6281301号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
固定端子に凹部が設けられた電磁継電器では、固定接点の周囲に段差が存在する。そのため、アークが段差において膠着することで、アークを引き延ばし難くなってしまう。本発明は、電磁継電器において、固定端子でのアークの膠着を抑えて、アークを引き延ばし易くすることを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の一態様に係る電磁継電器は、固定接点と、可動接点と、可動接触片と、駆動装置と、磁石と、固定端子とを備える。可動接点は、固定接点と第1方向に向かい合って配置される。可動接触片は、可動接点に接続される。駆動装置は、可動接触片を第1方向に移動させる。磁石は、固定接点と可動接点との間で発生するアークに対して、第1方向と交差する第2方向へのローレンツ力を作用させるための磁界を発生させる。固定端子は、固定接点が取り付けられる凹溝を含む。凹溝は、第2方向に固定端子を貫通して延びている。
【0007】
本態様に係る電磁継電器では、ローレンツ力は、第2方向に作用し、凹溝は第2方向に固定端子を貫通して延びている。そのため、アークは、凹溝に沿って移動する。それにより、固定端子でのアークの膠着が抑えられ、アークが容易に引き延ばされる。
【0008】
固定端子は、側面をさらに含んでもよい。凹溝は、第2方向に側面まで延びていてもよい。固定接点は、第2方向に側面まで延びていてもよい。この場合、凹溝に沿ってアークを固定端子の側面まで容易に移動させることができる。
【0009】
固定接点は、曲面状の角部を含んでもよい。この場合、固定接点の角部においてアークの引き延ばしが促進される。角部は、固定接点において第2方向における端に位置してもよい。この場合、固定接点の角部においてアークの引き延ばしが、さらに促進される。固定端子は、曲面状の角部を含んでもよい。この場合、固定端子の角部においてアークの引き延ばしが促進される。
【0010】
凹溝は、底面と、第1内側面と、第2内側面と、第1溝と、第2溝とを含んでもよい。第1内側面は、底面から突出し、第1方向へ延びていてもよい。第2内側面は、第1内側面の反対側に配置され、底面から第1方向へ延びていてもよい。第1溝は、第1内側面に沿って底面上に配置されてもよい。第2溝は、第2内側面に沿って底面上に配置されてもよい。この場合、第1内側面と底面との間、及び第2内側面と底面との間に、加工によるR形状が存在しても、第1溝と第2溝とによって、R形状を避けて、固定接点を底面に接触させることができる。それにより、固定接点が安定的に凹溝に取り付けられる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

オムロン株式会社
エレベータの表示システム
4日前
オムロン株式会社
端子台および蓄電池ユニット
16日前
オムロン株式会社
ハウジングおよび蓄電池ユニット
16日前
オムロン株式会社
情報処理装置、方法およびプログラム
16日前
オムロン株式会社
物体認識装置、物体認識装置の制御方法
22日前
オムロン株式会社
作業状態判定装置、方法、及びプログラム
1日前
オムロン株式会社
ロボット設備設計装置、方法、及びプログラム
16日前
オムロン株式会社
情報処理装置、情報処理方法、及び制御プログラム
22日前
オムロン株式会社
複合共振回路の駆動制御装置及び非接触給電システム
1日前
オムロン株式会社
脈波検出装置および脈波検出方法、脈波検出プログラム
17日前
オムロン株式会社
制御システム、データ提供方法および中継処理プログラム
16日前
オムロン株式会社
情報管理システム、情報管理方法および情報管理プログラム
15日前
オムロン株式会社
点検支援システム、点検支援方法、及び点検支援プログラム
17日前
オムロン株式会社
分析支援プログラム、分析支援方法および分析支援システム
16日前
オムロン株式会社
分析支援プログラム、分析支援方法および分析支援システム
16日前
オムロン株式会社
シミュレーション情報反映装置、方法、プログラム、及びシステム
4日前
オムロン株式会社
領域設定装置、ラック、制御システム、領域設定方法及びプログラム
1日前
オムロン株式会社
パワーコンディショナ
4日前
オムロン株式会社
動作改善装置、動作改善方法、動作改善プログラム及び動作改善システム
16日前
オムロン株式会社
動作解析装置、動作解析方法、動作解析プログラム及び動作解析システム
16日前
オムロン株式会社
蓄電システム及び制御方法
15日前
オムロン株式会社
コンテンツ評価装置、コンテンツ評価方法およびコンテンツ評価プログラム
17日前
オムロン株式会社
パワーコンディショナの管理方法、及びパワーコンディショナの管理システム
2日前
オムロン株式会社
バージョン管理方法、バージョン管理のプログラム、および、バージョン管理のシステム
1日前
オムロン株式会社
制御システム、予測モデル生成装置、コンピュータプログラム、及び予測モデル生成方法。
26日前
オムロンヘルスケア株式会社
心電信号計測装置
17日前
オムロン株式会社
評価支援装置、評価支援方法及び評価支援プログラム
8日前
オムロン株式会社
情報処理装置、情報処理システム、情報処理方法、及びプログラム
22日前
オムロン株式会社
情報処理装置、情報処理システム、情報処理方法、及びプログラム
22日前
オムロン株式会社
検出装置、検出装置の制御方法、学習済モデルを生成するモデル生成装置によるモデル生成方法、情報処理プログラム、および記録媒体
18日前
個人
塩化亜鉛電池
9日前
個人
亜鉛金属電池
9日前
日立金属株式会社
ケーブル
22日前
株式会社NSC
スイッチ装置
1日前
株式会社東光高岳
開閉器
15日前
日星電気株式会社
多芯ケーブル
15日前
続きを見る