TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022139776
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-26
出願番号2021040304
出願日2021-03-12
発明の名称遊技機
出願人株式会社三共
代理人個人,個人,個人
主分類A63F 7/02 20060101AFI20220915BHJP(スポーツ;ゲーム;娯楽)
要約【課題】有利状態に関する興趣を向上させた遊技機を提供する。
【解決手段】演出制御用CPUは、大当り遊技状態に制御された場合、特別可変入賞球装置7が開放状態となる前に、(A)視線誘導演出として、画像表示装置5に、特別可変入賞球装置7が設けられている方向に向かう態様の青色視線誘導表示を表示させるとともに、第1LEDランプ71を青色発光態様で発光させる。そして、特別可変入賞球装置7が開放状態となるときに、(B)アタッカー開放演出として、画像表示装置5に青色アタッカー開放表示を表示させるとともに、第1LEDランプ71を橙色発光態様で発光させる。
【選択図】図8-16
特許請求の範囲【請求項1】
遊技者にとって有利な有利状態に制御可能な遊技機であって、
前記有利状態において遊技媒体が進入可能な進入可能状態に制御される可変手段と、
表示手段と、
発光手段と、
前記表示手段と、前記発光手段と、を制御可能な制御手段と、を備え、
前記制御手段は、
前記可変手段が前記進入可能状態に制御される前に、前記可変手段の位置に関連した第1特定表示を前記表示手段に表示させ、前記発光手段を第1発光態様で発光させる第1制御を実行可能であり、
前記第1制御が実行された後、前記可変手段が前記進入可能状態に制御されることに対応して、前記可変手段の位置に関連した表示であって前記第1特定表示とは異なる第2特定表示を前記表示手段に表示させ、前記発光手段を前記第1発光態様とは異なる第2発光態様で発光させる第2制御を実行可能である
ことを特徴とする遊技機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、パチンコ遊技機等の遊技機に関する。
続きを表示(約 3,700 文字)【背景技術】
【0002】
例えば、特許文献1には、大当り遊技状態が終了すると、1回目~30回目の特図ゲームが実行される期間において、超短縮テーブルが参照されることにより可変表示が短時間で終了する高速消化モードが設定される遊技機が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特許第6762990号公報(段落0215)
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に開示されている遊技機では、有利状態(大当り遊技状態)に制御される間隔を短くすることにより遊技者に高揚感を与えるようにしているが、有利状態に関する興趣をさらに向上させる余地がある。
【0005】
この発明は、上記の実状に鑑みてなされたものであり、有利状態に関する興趣を向上させることを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本手段の遊技機は、
遊技者にとって有利な有利状態(大当り遊技状態)に制御可能な遊技機(パチンコ遊技機1)であって、
前記有利状態において遊技媒体(遊技球)が進入可能な進入可能状態(開放状態)に制御される可変手段(特別可変入賞球装置7)と、
表示手段(画像表示装置5)と、
発光手段(特別可変入賞球装置7に備えられた第1LEDランプ71)と、
前記表示手段と、前記発光手段と、を制御可能な制御手段(演出制御用CPU120)と、を備え、
前記制御手段(演出制御用CPU120)は、
前記可変手段が前記進入可能状態に制御される前に、前記可変手段の位置に関連した第1特定表示を前記表示手段に表示させ、前記発光手段を第1発光態様で発光させる第1制御を実行可能であり(特別可変入賞球装置7が開放状態となる前に、画像表示装置5に青色視線誘導表示を表示させ、第1LEDランプ71を青色発光態様で発光させることが可能であり)、
前記第1制御が実行された後、前記可変手段が前記進入可能状態に制御されることに対応して、前記可変手段の位置に関連した表示であって前記第1特定表示とは異なる第2特定表示を前記表示手段に表示させ、前記発光手段を前記第1発光態様とは異なる第2発光態様で発光させる第2制御を実行可能である(特別可変入賞球装置7が開放状態となるときに、特別可変入賞球装置7が開放状態となることに対応して、画像表示装置5に青色アタッカー開放表示を表示させ、第1LEDランプ71を橙色発光態様で発光させることが可能である)
ことを特徴とする遊技機。
このような構成によれば、可変手段が進入可能状態に制御される場合に、可変手段の位置に関連した演出が実行されることによって、有利状態に制御されるときの興趣を向上できる。
【0007】
尚、本発明は、本発明の請求項に記載された発明特定事項のみを有するものであってもよいし、本発明の請求項に記載された発明特定事項とともに該発明特定事項以外の構成を有するものであってもよい。
【図面の簡単な説明】
【0008】
この実施の形態におけるパチンコ遊技機の正面図である。
パチンコ遊技機に搭載された各種の制御基板などを示す構成図である。
遊技制御メイン処理の一例を示すフローチャートである。
遊技制御用タイマ割込み処理の一例を示すフローチャートである。
特別図柄プロセス処理の一例を示すフローチャートである。
演出制御メイン処理の一例を示すフローチャートである。
演出制御プロセス処理の一例を示すフローチャートである。
特徴部01TMにおけるパチンコ遊技機1の正面図である。
(A)は、各乱数を示す説明図であり、(B)は、表示結果判定テーブルを示す説明図であり、(C)は、大当り種別判定テーブルを示す説明図である。
大当り種別テーブルを示す説明図である。
(A)は、時短状態(1~69回転目用)の変動パターン判定テーブルを示す説明図であり、(B)は、時短状態(70回転目用)の変動パターン判定テーブルを示す説明図であり、(C)は、時短状態(71回転目以降用)の変動パターン判定テーブルを示す説明図である。
「高速リーチはずれ/大当り」の変動パターンに関する演出態様の具体例を示す説明図である。
「スーパーリーチAはずれ/大当り」の変動パターンに関する演出態様の具体例を示す説明図である。
「高速非リーチ経由スーパーリーチBはずれ/大当り」の変動パターンに関する演出態様の具体例を示す説明図である。
遊技フローの具体例を示す説明図である。
効果音種別テーブルを示す説明図である。
始動入賞時演出決定処理の一例を示すフローチャートである。
(A)は、アクティブ表示の最終表示態様決定テーブルを示す説明図であり、(B1)は、保留1個用の変化パターン決定テーブルを示す説明図であり、(B2)は、保留2個用の変化パターン決定テーブルを示す説明図である。
(B3)は、保留3個用の変化パターン決定テーブルを示す説明図であり、(B4)は、保留4個用の変化パターン決定テーブルを示す説明図である。
SP先読み演出の実行有無及び演出パターン決定テーブルを示す説明図である。
SP先読み演出の第1パターンに関する演出態様の具体例を示す説明図である。
SP先読み演出の第2パターンに関する演出態様の具体例を示す説明図である。
(A)は、視線誘導演出における各種装置との関係を示す説明図であり、(B)は、アタッカー開放演出における各種装置との関係を示す説明図である。
視線誘導演出およびアタッカー開放演出の演出態様テーブルを示す説明図である。
変動開始時演出決定処理の一例を示すフローチャートである。
大当り開始時演出決定処理の一例を示すフローチャートである。
大当りY発生時における効果音Dの効果音種別決定テーブルを示す説明図である。
大当りA又は大当りBが発生した場合に関する演出の実行タイミングを示すタイムチャートである。
大当りA又は大当りBが発生した場合に関する演出態様の具体例を示す説明図である。
大当りA又は大当りBが発生した場合に関する演出態様の具体例を示す説明図である。
大当りA又は大当りBが発生した場合に関する演出態様の具体例を示す説明図である。
大当りXが発生した場合に関する演出の実行タイミングを示すタイムチャートである。
大当りXが発生した場合に関する演出態様の具体例を示す説明図である。
大当りXが発生した場合に関する演出態様の具体例を示す説明図である。
大当りXが発生した場合に関する演出態様の具体例を示す説明図である。
大当りXが発生した場合に関する演出態様の具体例を示す説明図である。
大当りXが発生した場合に関する演出態様の具体例を示す説明図である。
大当りYが発生した場合に関する演出の実行タイミングを示すタイムチャートである。
大当りYが発生した場合に関する演出態様の具体例を示す説明図である。
大当りYが発生した場合に関する演出態様の具体例を示す説明図である。
大当りZが発生した場合に関する演出の実行タイミングを示すタイムチャートである。
大当りZが発生した場合に関する演出態様の具体例を示す説明図である。
大当りZが発生した場合に関する演出態様の具体例を示す説明図である。
大当りZが発生した場合に関する演出態様の具体例を示す説明図である。
大当りZが発生した場合に関する演出態様の具体例を示す説明図である。
大当りZが発生した場合に関する演出態様の具体例を示す説明図である。
大当りZが発生した場合に関する演出態様の具体例を示す説明図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
(基本説明)
まず、パチンコ遊技機1の基本的な構成及び制御(一般的なパチンコ遊技機の構成及び制御でもある。)について説明する。
【0010】
(パチンコ遊技機1の構成等)
図1は、パチンコ遊技機1の正面図であり、主要部材の配置レイアウトを示す。パチンコ遊技機(遊技機)1は、大別して、遊技盤面を構成する遊技盤(ゲージ盤)2と、遊技盤2を支持固定する遊技機用枠(台枠)3とから構成されている。遊技盤2には、遊技領域が形成され、この遊技領域には、遊技媒体としての遊技球が、所定の打球発射装置から発射されて打ち込まれる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社三共
遊技機
11日前
個人
ボードゲーム
1か月前
個人
カードセット
5か月前
個人
知育サイコロ
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
続きを見る