TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022138794
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-26
出願番号2021038878
出願日2021-03-11
発明の名称光走査装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人,個人,個人,個人
主分類G02B 26/10 20060101AFI20220915BHJP(光学)
要約【課題】画像形成装置に搭載した際に画質の低下を抑制しつつトナー容量を増大させることができる光走査装置を提供する。
【解決手段】本発明に係る光走査装置100は、光束を偏向して被走査面706を主走査方向に走査する偏向器704と、偏向器704によって偏向された光束を被走査面706に導光する結像光学系709とを備え、結像光学系709は、偏向器704によって偏向された光束を反射する内面反射面904と、当該光束が通過する互いに光学的に不連続な第1及び第2の透過面903及び905とを有する光学素子901を含み、第1及び第2の透過面903及び905は、副走査断面において屈折力を有する一方、主走査断面においては屈折力を有さないことを特徴とする。
【選択図】 図1
特許請求の範囲【請求項1】
光束を偏向して被走査面を主走査方向に走査する偏向器と、
該偏向器によって偏向された光束を前記被走査面に導光する結像光学系とを備え、
該結像光学系は、前記偏向器によって偏向された光束を反射する内面反射面と、該光束が通過する互いに光学的に不連続な第1及び第2の透過面とを有する光学素子を含み、
前記第1及び第2の透過面は、副走査断面において屈折力を有する一方、主走査断面においては屈折力を有さないことを特徴とする光走査装置。
続きを表示(約 770 文字)【請求項2】
前記光学素子の入射面及び出射面の少なくとも一方が隣接する面との間に形成する主走査方向に延在する稜線の少なくとも一つは、直線であることを特徴とする請求項1に記載の光走査装置。
【請求項3】
前記第1及び第2の透過面は、前記光学素子の入射面及び出射面であることを特徴とする請求項1または2に記載の光走査装置。
【請求項4】
前記第1及び第2の透過面の副走査断面における曲率半径は、互いに異なることを特徴とする請求項1乃至3の何れか一項に記載の光走査装置。
【請求項5】
前記光学素子は、前記偏向器によって偏向された光束を前記内面反射面のみによって反射することを特徴とする請求項1乃至4の何れか一項に記載の光走査装置。
【請求項6】
前記第1及び第2の透過面の少なくとも一方は、副走査断面において正の屈折力を有することを特徴とする請求項1乃至5の何れか一項に記載の光走査装置。
【請求項7】
前記光学素子は、副走査断面において正の屈折力を有することを特徴とする請求項1乃至6の何れか一項に記載の光走査装置。
【請求項8】
前記結像光学系は、軸上像高と最軸外像高とで主走査方向における部分倍率が互いに異なるように構成されていることを特徴とする請求項1乃至7の何れか一項に記載の光走査装置。
【請求項9】
前記結像光学系は、前記光学素子及び結像光学素子からなることを特徴とする請求項1乃至8の何れか一項に記載の光走査装置。
【請求項10】
前記光学素子は、樹脂で形成されている光学素子であることを特徴とする請求項1乃至9の何れか一項に記載の光走査装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、光走査装置に関し、例えばレーザービームプリンタ、デジタル複写機及びマルチファンクションプリンタ等の画像形成装置に好適なものである。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
従来、光走査装置が搭載される画像形成装置においては、本体の小型化とトナー容量の増大との両立を低コストで図ることが求められている。
特許文献1は、偏向器によって偏向された光束を被走査面へ向けて反射させる際に表面反射素子の代わりに内面反射素子を用いることによって、搭載される画像形成装置において本体の小型化を維持しつつトナー容器が配置される空間を広げることで、トナー容量の増大を図った光走査装置を開示している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2018-36438号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1に開示されている光走査装置に設けられている内面反射素子は、被走査面に近接して配置されていると共に、全て平面で形成されている光学面から構成されている。
そのため、光走査装置を画像形成装置に搭載すると、回転ドラム等の部材の駆動に伴って発生する振動が伝搬することによって内面反射素子が偏心することで、被走査面上において走査線間隔のばらつきを引き起こし、画質が低下してしまう。
【0005】
そこで本発明は、画像形成装置に搭載した際に画質の低下を抑制しつつトナー容量を増大させることができる光走査装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明に係る光走査装置は、光束を偏向して被走査面を主走査方向に走査する偏向器と、偏向器によって偏向された光束を被走査面に導光する結像光学系とを備え、結像光学系は、偏向器によって偏向された光束を反射する内面反射面と、当該光束が通過する互いに光学的に不連続な第1及び第2の透過面とを有する光学素子を含み、第1及び第2の透過面は、副走査断面において屈折力を有する一方、主走査断面においては屈折力を有さないことを特徴とする。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、画像形成装置に搭載した際に画質の低下を抑制しつつトナー容量を増大させることができる光走査装置を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
本実施形態に係る光走査装置の模式的主走査断面図及び一部拡大模式的副走査断面図。
本実施形態に係る光走査装置に設けられている内面反射素子の模式的副走査断面図。
本実施形態に係る光走査装置における各像高での部分倍率のずれを示した図。
本実施形態に係る光走査装置における各像高でのLSFスポット径及びLSF深度中心位置を示した図。
本実施形態に係る光走査装置における各像高での副走査方向照射位置及び面倒れ一分におけるそのずれを示した図。
本実施形態に係る光走査装置に設けられている内面反射素子の模式的副走査断面図。
本実施形態に係る光走査装置において内面反射素子が偏心したときの各像高での副走査方向照射位置のずれを示した図。
実施形態に係るモノクロ画像形成装置の要部副走査断面図。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、本実施形態に係る光走査装置について添付の図面に基づいて詳細に説明する。なお以下に示す図面は、本実施形態を容易に理解できるようにするために実際とは異なる縮尺で描かれている場合がある。
また以下の説明において、主走査方向とは、偏向手段の回転軸及び光学系の光軸に垂直な方向(偏向手段によって光束が偏向走査される方向)である。副走査方向とは、偏向手段の回転軸に平行な方向である。主走査断面とは、副走査方向に垂直な断面である。副走査断面とは、主走査方向に垂直な断面である。
従って、以下の説明において、主走査方向及び副走査断面は、入射光学系と結像光学系とで異なることに注意されたい。
【0010】
図1(a)及び(b)はそれぞれ、本実施形態に係る光走査装置100の模式的主走査断面図及び一部拡大模式的副走査断面図を示している。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
画像形成装置
今日
キヤノン株式会社
撮像装置およびレンズ鏡筒
今日
キヤノン株式会社
走査光学装置及び画像形成装置
今日
キヤノン株式会社
液体収容容器および液体吐出装置
今日
キヤノン株式会社
冷凍機、判定方法、及び物品の製造方法
今日
キヤノン株式会社
静圧案内装置、転写装置および物品製造方法
今日
キヤノン株式会社
測定装置、測定装置の制御方法、および測定システム
今日
キヤノン株式会社
回転多面鏡、光偏向装置、走査光学装置、及び画像形成装置
今日
キヤノン株式会社
放射線撮像装置、放射線撮像システム、制御装置、制御方法およびプログラム
今日
キヤノン株式会社
表示装置、モジュールおよび機器
今日
キヤノン株式会社
通信装置、制御方法、及びプログラム
今日
キヤノン株式会社
プログラム、通信端末および通信システム
今日
キヤノン株式会社
有機発光素子、有機化合物、表示装置、光電変換装置、電機器、照明装置、移動体、および、露光光源
今日
キヤノン株式会社
情報処理装置、情報処理装置の制御方法、及びプログラム
今日
キヤノン株式会社
情報処理装置、音声制御デバイス、印刷装置およびプログラム
今日