TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022138740
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-26
出願番号2021038798
出願日2021-03-11
発明の名称バナー広告提供システム
出願人個人
代理人個人
主分類G06Q 30/02 20120101AFI20220915BHJP(計算;計数)
要約【課題】広告主にしてみれば、医療関係者ごとに最適な薬剤情報を含むバナー広告を提供することができ、効率的な宣伝効果が期待できるとともに、医療関係者にしてみれば、最新かつ自身の業務に関連性の高い薬剤情報を効率的に得ることができるバナー広告提供システム、バナー広告提供方法及びプログラムを提供する。
【解決手段】管理サーバAおよび医療関係者用クライアント・コンピュータBと、がネットワークNを介して接続され、管理サーバAから医療関係者用クライアント・コンピュータBのディスプレイにバナー広告を表示させるバナー広告提供システム10であって、医療関係者用クライアント・コンピュータBは、所定の入力・送信部を有する。管理サーバAは、所定の関係テーブルと、判断部と、送信部と、を有する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
管理サーバ(A)および、医療関係者用クライアント・コンピュータ(B)とがネットワークを介して接続され、管理サーバ(A)から医療関係者用クライアント・コンピュータ(B)に、薬剤情報を含むバナー広告を送信し、該クライアント・コンピュータ(B)のディスプレイに前記バナー広告を表示させるバナー広告提供システムであって、
医療関係者用クライアント・コンピュータ(B)は、医療関係者用クライアント・コンピュータ毎に少なくともバナー広告の種類および当該バナー広告の送信の可否の情報に関連付けられた医療者用コード(b1)が入力された場合に、当該医療者用コード(b1)を管理サーバ(A)に送信するコード入力・送信部(b2)を有し、
前記管理サーバ(A)は、前記医療者用コード(b1)と前記バナー広告とが関連付けられて格納された関係テーブル(a1)と、送信された医療者用コードを受信した場合に、当該医療者用コード(b1)に基づいて、前記関係テーブル(a1)のバナー広告の送信の可否の情報を照会し、当該情報に基づいて医療関係者用クライアント・コンピュータにバナー広告を送信するか否かを判断する判断部(a2)と、バナー広告を送信し、該クライアント・コンピュータのディスプレイに前記バナー広告を表示させる送信部(a3)とを有することを特徴とするバナー広告提供システム。
続きを表示(約 1,200 文字)【請求項2】
前記管理サーバ(A)において、送信部(a3)、バナー広告を送信するとともに、当該バナー広告に関連する薬剤情報を説明するための動画データおよび/または添付ファイルを送信することを特徴とする請求項1に記載のバナー広告提供システム。
【請求項3】
前記バナー広告が表示されるクライアント・コンピュータ(B)のディスプレイが、医療関係者用スケジュール管理画面であって、
バナー広告の広告主が、当該スケジュール管理画面を閲覧可能であることを特徴とする請求項1または2に記載のバナー広告提供システム。
【請求項4】
管理サーバから医療関係者用クライアント・コンピュータに、薬剤情報を含むバナー広告を送信し、該クライアント・コンピュータのディスプレイに前記バナー広告を表示させるバナー広告提供方法であって、
前記管理サーバは、医療関係者用クライアント・コンピュータ毎に、少なくともバナー広告の種類および当該バナー広告の送信の可否の情報を含む医療者用コードと、前記バナー広告とが関連付けられて格納された関係テーブルを有し、
前記管理サーバは、医療関係者用クライアント・コンピュータにバナー広告を送信する際に、当該医療関係者用クライアント・コンピュータに付与された医療者用コードに基づいて、前記関係テーブルのバナー広告の送信の可否の情報を照会して、当該情報に基づいて医療関係者用クライアント・コンピュータにバナー広告を送信することを特徴とするバナー広告提供方法。
【請求項5】
前記管理サーバが、バナー広告を送信するとともに、薬剤情報を説明するための動画データおよび/または添付ファイルを送信することを特徴とする請求項1に記載のバナー広告提供方法。
【請求項6】
前記バナー広告が表示されるクライアント・コンピュータのディスプレイが、医療関係者用スケジュール管理画面であって、
バナー広告の広告主が、当該スケジュール管理画面を閲覧可能であることを特徴とする請求項1または2に記載のバナー広告提供方法。
【請求項7】
請求項1に記載のバナー広告提供システムに用いられるプログラムであって、
医療関係者用クライアント・コンピュータ毎に、少なくともバナー広告の種類および当該バナー広告の送信の可否の情報に関連付けられた医療者用コードが付与され、
前記管理サーバは、前記医療者用コードと前記バナー広告とが関連付けられて格納された関係テーブルを有し、
前記管理サーバは、医療関係者用クライアント・コンピュータにバナー広告を送信する際に、当該医療関係者用クライアント・コンピュータに付与された医療者用コードに基づいて、前記関係テーブルのバナー広告の送信の可否の情報を照会して、当該情報に基づいて医療関係者用クライアント・コンピュータにバナー広告を送信する処理を実現するためのプログラム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、バナー広告提供システムに関し、より詳細には、広告主にしてみれば、医療関係者ごとに最適な薬剤情報を含むバナー広告を効率的に提供することができ、効率的な宣伝効果が期待できるとともに、医療関係者にしてみれば、最新かつ自身の業務に関連性の高い薬剤情報を効率的に得ることができるバナー広告提供システムに関する。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
医療関係者(たとえば、医師、薬剤師、看護師など)にとっては、業務上、医薬品(特に新薬)の情報(以下、「薬剤情報」という。)が必要になることが多い。ここで、薬剤情報としては、薬理効果、副作用の有無、副作用発生時の対処方法、普及度、薬事承認申請の情報(審査経過、審査結果など)、特許権の残存期間、ジェネリック医薬品など代替薬剤の有無などが挙げられる。
【0003】
薬剤情報は、各種学会、学術雑誌に収載された学術学会などの他に、製薬メーカーなどの医薬情報担当者(MR)から取得されることが多い。特に、医療関係者が知るべき情報が、多岐にわたるため、医薬情報担当者(MR)から直接提供される傾向にある。
また、医薬情報担当者(MR)は、自社製品の宣伝とともに薬剤情報の提供を通じて、医療関係者から、臨床現場の情報・課題などを把握し、課題解決情報を提供するといった臨床現場への適切なフィードバックが可能になる。
【0004】
一方、製薬メーカーの医薬情報担当者(MR)にしてみれば、自社の販売薬剤の採用を促進するため、あるいは必要な情報を提供するために、自身が担当する医療関係者に定期的に訪問することが多い。すなわち、製薬メーカーは、医薬情報担当者(MR)の人員や訪問のための時間的コストを負担しなければない。さらには、急患の発送など突発的な事態が発生した場合には、医薬情報担当者が医療関係者に面会できなくなることも少なくない。すなわち、薬剤情報が十分に提供されなかったり、情報の提供が遅延したりといった問題も発生する。このようなビジネス慣行においては、生産性等に改善の余地があった。
【0005】
このような状況を鑑みて、たとえば、非特許文献1では、医師とMRとを繋ぐIT技術の整備が提案されている、
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
https://assets.kpmg/content/dam/kpmg/pdf/2016/03/jp-pharmaceutical-mr-20150315.pdf
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
本発明者は、医薬情報担当者(MR)と従来の医療関係者との間におけるビジネス慣行(特に、情報の遣り取り(たとえば、新薬の照会など))の改善点を洗い出し、広告主(製薬メーカー)が、医療関係者ごとに対応した適切な宣伝広告でき、医薬情報担当者の生産性を向上させるとともに、医療関係者自身の業務に関連する医薬品の情報を容易に入手できるようなシステムについて鋭意検討し、本発明に係るバナー広告提供システムを完成させた。
【0008】
すなわち、広告主にしてみれば、医療関係者ごとに最適な薬剤情報を含むバナー広告を提供することができ、効率的な宣伝効果が期待できるとともに、医療関係者にしてみれば、最新かつ自身の業務に関連性の高い薬剤情報を効率的に得ることができるバナー広告提供システムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明に係るバナー広告提供システムは、管理サーバ(A)および、医療関係者用クライアント・コンピュータ(B)とがネットワークを介して接続され、管理サーバ(A)から医療関係者用クライアント・コンピュータ(B)に、薬剤情報を含むバナー広告を送信し、該クライアント・コンピュータ(B)のディスプレイに前記バナー広告を表示させるバナー広告提供システムであって、
医療関係者用クライアント・コンピュータ(B)は、医療関係者用クライアント・コンピュータ毎に少なくともバナー広告の種類および当該バナー広告の送信の可否の情報に関連付けられた医療者用コード(b1)が入力された場合に、当該医療者用コード(b1)を管理サーバ(A)に送信するコード入力・送信部(b2)を有し、
前記管理サーバ(A)は、前記医療者用コード(b1)と前記バナー広告とが関連付けられて格納された関係テーブル(a1)と、送信された医療者用コードを受信した場合に、当該医療者用コード(b1)に基づいて、前記関係テーブル(a1)のバナー広告の送信の可否の情報を照会し、当該情報に基づいて医療関係者用クライアント・コンピュータにバナー広告を送信するか否かを判断する判断部(a2)と、バナー広告を送信し、該クライアント・コンピュータのディスプレイに前記バナー広告を表示させる送信部(a3)とを有することを特徴とする。
【0010】
本発明のバナー広告提供システムは、前記管理サーバ(A)において、送信部(a3)、バナー広告を送信するとともに、当該バナー広告に関連する薬剤情報を説明するための動画データおよび/または添付ファイルを送信することを特徴とすることが好ましい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
管理サーバ
1か月前
個人
VRショールーム
11日前
個人
表示システム
1か月前
個人
配送支援装置
1か月前
個人
通販価格の抑制システム
8日前
個人
なりすまし検知システム
2日前
株式会社ワコム
通信方法
1日前
日精産業株式会社
樹脂製品
17日前
日本精機株式会社
タッチ入力装置
1か月前
個人
食品衛生管理の情報システム
22日前
個人
デザイン評価の方法及び装置
17日前
日立金属株式会社
材料特性評価方法
16日前
HENNGE株式会社
サーバ
1か月前
個人
商品販売促進サーバ
1か月前
キヤノン株式会社
情報処理装置
22日前
学校法人古沢学園
入力補助装置
1か月前
船井電機株式会社
配達システム
25日前
株式会社将星
商標支援システム
9日前
三菱電機株式会社
分析装置
26日前
個人
領収書請求書書き込み+ 税務くん
1か月前
株式会社RCG
輸出手配システム
22日前
株式会社ユピテル
システム等
1か月前
株式会社ユピテル
システム等
1か月前
CXOバンク株式会社
紹介システム
1か月前
個人
管理サーバおよび損害補償方法
26日前
シャープ株式会社
半導体装置
9日前
LINKS株式会社
拡張現実システム
1か月前
個人
出版管理システム及びプログラム
1か月前
中国電力株式会社
計器管理装置
1か月前
アルプスアルパイン株式会社
入力装置
2日前
個人
タブレットなどの載置用スタンド
25日前
株式会社LBB
商品注文システム
1か月前
小西医療器株式会社
判定システム
25日前
小西医療器株式会社
表示システム
25日前
セールスワン株式会社
道具管理システム
1か月前
個人
カラー二次元コード カラー三次元コード
1か月前
続きを見る