TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022138714
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-26
出願番号2021038756
出願日2021-03-10
発明の名称画像形成装置
出願人ブラザー工業株式会社
代理人個人
主分類G03G 15/01 20060101AFI20220915BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】単色画像の印刷に用いられる第1感光ドラムが単色画像の印刷に用いられない第2感光ドラムの下流側に配置される構成において、第1感光ドラムに付着物が付着することを抑制できる画像形成装置を提供する。
【解決手段】
画像形成装置1は、感光ドラム41K,41Y,41M,41Cと、転写ローラ72K,72Y,72M,72Cと、クリーニングローラ43Yと、クリーニングシャフト44と、制御部12とを備える。制御部12は、画像形成装置1が単色印刷モードである場合、転写ローラ72Kに、転写電流It(K)を流し、転写ローラ72M,72Cに、転写電流It(K)よりも小さい転写電流It(M),It(C)を印加し、転写ローラ72Yに、転写電流It(M),It(C)よりも大きな転写電流It(Y)を流す。
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
シートに多色画像を印刷可能な多色印刷モードと、シートに単色画像を印刷可能な単色印刷モードとに切り替え可能な画像形成装置であって、
ドラムユニットであって、
単色画像の印刷および多色画像の印刷に用いられる第1感光ドラムと、
単色画像の印刷に用いられず多色画像の印刷に用いられる第2感光ドラムであって、前記第1感光ドラムと離れて位置する第2感光ドラムと、
前記第2感光ドラムの表面をクリーニングするクリーニングローラと、
前記シートから前記第2感光ドラムの表面に付着した付着物であって、前記第2感光ドラムの表面から前記クリーニングローラに回収された付着物を、前記クリーニングローラから回収するクリーニングシャフトと、
単色画像の印刷に用いられず多色画像の印刷に用いられる第3感光ドラムであって、前記第1感光ドラムと前記第2感光ドラムとの間に位置する第3感光ドラムと、
を有するドラムユニットと、
転写ユニットであって、
前記第2感光ドラムから前記第1感光ドラムに向かってシートを搬送するベルトと、
前記第1感光ドラム上のトナーを前記シートに転写するための第1転写ローラと、
前記第2感光ドラム上のトナーを前記シートに転写するための第2転写ローラと、
前記第3感光ドラム上のトナーを前記シートに転写するための第3転写ローラと、を有する転写ユニットと、
制御部と、
を備え、
前記制御部は、前記画像形成装置が単色印刷モードである場合、
前記第1転写ローラに、第1転写バイアスを印加し、
前記第3転写ローラに、前記第1転写バイアスよりも低い第3転写バイアスを印加し、
前記第2転写ローラに、前記第3転写バイアスよりも高い第2転写バイアスを印加する、画像形成装置。
続きを表示(約 2,000 文字)【請求項2】
前記ドラムユニットは、
前記クリーニングシャフトが回収した前記付着物を収容する収容部を有する、請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記第1感光ドラムにトナーを供給する第1現像ローラを有する第1現像カートリッジと、
前記第2感光ドラムにトナーを供給する第2現像ローラを有する第2現像カートリッジと、
前記第3感光ドラムにトナーを供給する第3現像ローラを有する第3現像カートリッジと、をさらに備える、請求項1または請求項2に記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記第2現像ローラが前記第2感光ドラムと接触する接触位置から、前記第2現像ローラが前記第2感光ドラムから離間する離間位置へ、前記第2現像ローラを移動させる離間機構をさらに備え、
前記画像形成装置が前記単色印刷モードである場合、前記離間機構は、前記第2現像ローラを前記離間位置に位置させる、請求項3に記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記第2現像ローラが前記第2感光ドラムと接触する接触位置から、前記第2現像ローラが前記第2感光ドラムから離間する離間位置へ、前記第2現像ローラを移動させる離間機構をさらに備え、
前記画像形成装置が前記多色印刷モードである場合、前記離間機構は、前記第2現像ローラが前記接触位置に位置することを許容し、かつ、前記制御部は、前記第2現像ローラに第1現像バイアスを印加し、
前記画像形成装置が前記単色印刷モードである場合、前記離間機構は、前記第2現像ローラが前記接触位置に位置することを許容し、かつ、前記制御部は、前記第2現像ローラに、前記第1現像バイアスよりも小さい第2現像バイアスを印加する、請求項3に記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記ドラムユニットは、
前記第1感光ドラムを帯電させる第1帯電装置と、
前記第2感光ドラムを帯電させる第2帯電装置と、
前記第3感光ドラムを帯電させる第3帯電装置と、を有し、
前記制御部は、前記画像形成装置が前記単色印刷モードである場合、
前記第1帯電装置に、第1帯電バイアスを印加し、
前記第3帯電装置に、前記第1帯電バイアスよりも低い第3帯電バイアスを印加し、
前記第2帯電装置に、前記第3帯電バイアスよりも高い第2帯電バイアスを印加する、請求項1から請求項5のいずれか一項に記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記ドラムユニットは、
前記第1感光ドラムと前記第3感光ドラムとの間に位置する第4感光ドラムを、さらに有する、請求項1から請求項6のいずれか一項に記載の画像形成装置。
【請求項8】
前記第1感光ドラムには、ブラックのトナーが供給され、
前記第2感光ドラムには、イエローのトナーが供給され、
前記第3感光ドラムには、マゼンタのトナーが供給され、
前記第4感光ドラムには、シアンのトナーが供給される、請求項7に記載の画像形成装置。
【請求項9】
シートに多色画像を印刷可能な多色印刷モードと、シートに単色画像を印刷可能な単色印刷モードとに切り替え可能な画像形成装置であって、
ドラムユニットであって、
単色画像の印刷および多色画像の印刷に用いられる第1感光ドラムと、
単色画像の印刷に用いられず多色画像の印刷に用いられる第2感光ドラムであって、前記第1感光ドラムと離れて位置する第2感光ドラムと、
前記第2感光ドラムの表面をクリーニングするクリーニングローラと、
前記シートから前記第2感光ドラムの表面に付着した付着物であって、前記第2感光ドラムの表面から前記クリーニングローラに回収された付着物を、前記クリーニングローラから回収するクリーニングシャフトと、
単色画像の印刷に用いられず多色画像の印刷に用いられる第3感光ドラムであって、前記第1感光ドラムと前記第2感光ドラムとの間に位置する第3感光ドラムと、
前記第1感光ドラムを帯電させる第1帯電装置と、
前記第2感光ドラムを帯電させる第2帯電装置と、
前記第3感光ドラムを帯電させる第3帯電装置と、
を有するドラムユニットと、
制御部と、
を備え、
前記制御部は、前記画像形成装置が単色印刷モードである場合、
前記第1帯電装置に、第1帯電バイアスを印加し、
前記第3帯電装置に、前記第1帯電バイアスよりも低い第3帯電バイアスを印加し、
前記第2帯電装置に、前記第3帯電バイアスよりも高い第2帯電バイアスを印加する、画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
従来、複数の感光ドラムを有し、多色画像を印刷する多色印刷モードと、単色画像を印刷する単色印刷モードとに切り替え可能な画像形成装置が知られている。このような画像形成装置において、単色画像の印刷に用いられる感光ドラムが、シートの搬送方向において、単色画像の印刷に用いられない感光ドラムの下流側に配置される場合がある。
【0003】
そのような画像形成装置として、複数の感光ドラムのそれぞれに対して設けられる複数のクリーニングローラと、最上流のクリーニングローラに対して設けられる紙粉吸着シャフトとを備える画像形成装置が知られている(下記特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2010-165000号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
特許文献1に記載されるような画像形成装置において、単色画像を印刷するときに、印刷に用いられない転写ローラの転写バイアスを低下させる場合がある。この場合、最上流の感光ドラムに付着する紙粉の量が低下し、単色画像の印刷に用いられる感光ドラムに紙粉が付着してしまう可能性がある。
【0006】
そこで、本開示の目的は、単色画像の印刷に用いられる第1感光ドラムが単色画像の印刷に用いられない第2感光ドラムの下流側に配置される構成において、第1感光ドラムに付着物が付着することを抑制できる画像形成装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
(1)本開示の画像形成装置は、多色印刷モードと単色印刷モードとに切り替え可能である。画像形成装置が多色印刷モードである場合、画像形成装置は、シートに多色画像を印刷可能である。画像形成装置が単色印刷モードである場合、画像形成装置は、シートに単色画像を印刷可能である。
【0008】
画像形成装置は、ドラムユニットと、転写ユニットと、制御部とを備える。
【0009】
ドラムユニットは、第1感光ドラムと、第2感光ドラムと、クリーニングローラと、クリーニングシャフトと、第3感光ドラムとを有する。第1感光ドラムは、単色画像の印刷および多色画像の印刷に用いられる。第2感光ドラムは、単色画像の印刷に用いられず多色画像の印刷に用いられる。第2感光ドラムは、第1感光ドラムと離れて位置する。クリーニングローラは、第2感光ドラムの表面をクリーニングする。クリーニングシャフトは、付着物を、クリーニングローラから回収する。付着物は、シートから第2感光ドラムの表面に付着した付着物であって、第2感光ドラムの表面からクリーニングローラに回収された付着物である。第3感光ドラムは、単色画像の印刷に用いられず多色画像の印刷に用いられる。第3感光ドラムは、第1感光ドラムと第2感光ドラムとの間に位置する。
【0010】
転写ユニットは、ベルトと、第1転写ローラと、第2転写ローラと、第3転写ローラとを有する。ベルトは、第2感光ドラムから第1感光ドラムに向かってシートを搬送する。第1転写ローラは、第1感光ドラム上のトナーをシートに転写する。第2転写ローラは、第2感光ドラム上のトナーをシートに転写する。第3転写ローラは、第3感光ドラム上のトナーをシートに転写する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

ブラザー工業株式会社
現像装置
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
16日前
HOYA株式会社
光照射装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
4日前
株式会社リコー
画像形成装置
1日前
株式会社リコー
画像形成装置
26日前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
シャープ株式会社
画像形成装置
4日前
凸版印刷株式会社
簡易プロジェクター
16日前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
24日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
株式会社ニコン
露光装置
1か月前
信越化学工業株式会社
ペリクル
1か月前
キヤノン株式会社
定着装置
1か月前
キヤノン株式会社
定着装置
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
24日前
株式会社リコー
トナーの製造方法
1か月前
株式会社リコー
トナーの製造方法
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
26日前
三洋化成工業株式会社
トナーバインダー
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
電子機器
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
25日前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
日本電産コパル株式会社
撮像装置
24日前
株式会社リコー
画像投影装置
1日前
日本電産トーソク株式会社
撮像装置
1か月前
日本電産コパル株式会社
カメラ装置
1か月前
キヤノン株式会社
磁性トナー
24日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
日本電産コパル株式会社
カメラ装置
1か月前
続きを見る