TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022138601
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-26
出願番号2021038570
出願日2021-03-10
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人
主分類H04N 1/60 20060101AFI20220915BHJP(電気通信技術)
要約【課題】測色を高精度に行うことができる画像形成装置を提供する。
【解決手段】画像形成装置100は、プリンタ150により記録紙に特定色の画像を形成し、リーダ160による特定色の画像の読取結果に基づいて、当該特定色の画像の色味を検品するコントローラ110を備える。コントローラ110は、プリンタ150により特定色と特定色から所定の色差だけ離れた周辺色のそれぞれに対応する印刷パラメータを一次選出したパッチ画像と、前記特定色と前記周辺色のそれぞれに対応する印刷パラメータを二次選出したパッチ画像と、を含む色校正チャートを作成する。コントローラ110は、色校正チャートの読取結果に基づいて色校正マトリックスを生成し、色校正マトリックスにより得られる特定色の画像の読取結果の色値と特定色の色値との色差に基づいて色味の検品を行う。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
記録紙に画像を形成する画像形成手段と、
前記記録紙に形成された画像を読み取る読取手段と、
前記画像形成手段により前記記録紙に特定色の画像を形成し、前記読取手段により前記記録紙に形成された前記特定色の画像を読み取り、前記読取手段による前記特定色の画像の読取結果に基づいて、当該特定色の画像の色味を検品する制御手段と、を備えており、
前記制御手段は、前記画像形成手段により前記特定色と前記特定色から所定の色差だけ離れた周辺色のそれぞれに対応する印刷パラメータを一次選出したパッチ画像と、前記特定色と前記周辺色のそれぞれに対応する印刷パラメータを二次選出したパッチ画像と、を含む色校正チャートを作成し、
前記制御手段は、前記読取手段が前記色校正チャートを読み取った結果に基づいて前記読取手段の測定結果を校正するための変換条件を生成し、前記変換条件により得られる前記特定色の画像の読取結果の色値と前記特定色の色値との色差に基づいて前記色味の検品を行うことを特徴とする、
画像形成装置。
続きを表示(約 1,600 文字)【請求項2】
L*,a*,b*値を印刷パラメータに変換するための色変換ルックアップテーブルを格納する格納手段さらに備えており、
前記制御手段は、前記特定色のL*,a*,b*値と前記周辺色のL*,a*,b*値のそれぞれに対応する印刷パラメータを前記色変換ルックアップテーブルにより一次選出し、前記特定色のL*,a*,b*値と前記周辺色のL*,a*,b*値のそれぞれの前記色変換ルックアップテーブルにおける位置に応じて、前記特定色のL*,a*,b*値と前記周辺色のL*,a*,b*値のそれぞれに対応する印刷パラメータを二次選出することを特徴とする、
請求項1記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記色変換ルックアップテーブルは、Lab空間上に等間隔に並べられた立方体の格子点がLab空間上のL*,a*,b*値を表しており、格子点にはその位置のL*,a*,b*値に対応する印刷パラメータが割り当てられており、
前記制御手段は、前記特定色のL*,a*,b*値と前記周辺色のL*,a*,b*値のそれぞれの前記色変換ルックアップテーブルにおける位置を特定し、特定した位置から最も距離の近い格子点を選択し、選択した格子点に応じた印刷パラメータを二次選出することを特徴とする、
請求項2記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記色変換ルックアップテーブルは、L*,a*,b*値を印刷パラメータである画像濃度値に変換するためのテーブルであることを特徴とする、
請求項2又は3記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記読取手段は、
前記色校正チャートを読み取り、読取結果として輝度値を出力するラインセンサと、
前記色校正チャートを読み取り、読取結果として分光反射率を出力する分光センサと、
前記ラインセンサから出力される輝度値の平均値をL*,a*,b*値に変換し、かつ前記分光センサから出力される分光反射率をL*,a*,b*値に変換する色検出処理手段と、を備え、
前記制御手段は、前記輝度値の平均値から変換されたL*,a*,b*値と、前記分光反射率から変換されたL*,a*,b*値とに基づいて、前記変換条件を生成することを特徴とする、
請求項1~4のいずれか1項記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記制御手段は、前記輝度値の平均値から変換されたL*,a*,b*値と、前記分光反射率から変換されたL*,a*,b*値とを教師データとして、前記変換条件を生成することを特徴とする、
請求項5記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記制御手段は、前記輝度値の平均値から変換されたL*,a*,b*値と、前記分光反射率から変換されたL*,a*,b*値とを教師データとして、前記変換条件となるマトリックスを生成することを特徴とする、
請求項5又は6記載の画像形成装置。
【請求項8】
前記特定色を指示するための入力手段をさらに備えることを特徴とする、
請求項1~7のいずれか1項記載の画像形成装置。
【請求項9】
前記制御手段は、前記特定色の画像の読取結果の色値と前記特定色の色値との色差と、所定の閾値と、の比較の結果、前記色差が前記閾値以下であれば該画像が指示された前記特定色で正常に印刷されていると判断し、前記色差が前記閾値より大きければ該画像が指示された前記特定色で正常に印刷されていないと判断することを特徴とする、
請求項8記載の画像形成装置。
【請求項10】
前記制御手段は、前記画像が指示された前記特定色で正常に印刷されていないと判断する場合に、所定の出力装置により警告を行うことを特徴とする、
請求項9記載の画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、印刷物上に印刷されている画像の色味を検品する機能を有する画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
電子写真プロセスを用いて画像形成を行う画像形成装置では、経時変化や環境変化によって、帯電、現像、転写、定着の各プロセスの特性が変化し、印刷物の画像濃度や色が変化してしまうことがある。そのために画像形成装置では画像安定化制御が行われている。画像安定化制御は、像担持体上に形成した画像濃度検出用の検出用画像を光学センサにより検知し、その検知結果に基づいて像担持体上の画像が適切な画像濃度となるように画像形成条件を調整する制御である。画像形成条件とは、像担持体の帯電量や、像担持体を走査するレーザの発光エネルギー量等の画像形成時の各種設定である。
【0003】
画像安定化制御は、画像を記録紙上に転写する前のプロセスに対する制御であるため、転写プロセス以降のプロセスで生じる画像濃度への影響に関しては制御できない。例えば、画像安定化制御は、像担持体から記録紙へトナー像を転写する際の環境変動による転写効率の変動に対応していない。そのために、最終的に記録紙に形成される画像の画像濃度にバラツキが生じることがある。これに対して特許文献1の画像形成装置は、記録紙に検出用画像を定着させた後に光学センサにより検出用画像を検知し、その検知結果に基づいて画像形成条件を調整することで転写プロセス以降のプロセスで生じる画像濃度への影響を抑制する。
【0004】
一方、企業のロゴやデザインマーク等に使用されるコーポレートカラーは、企業を識別するための重要な構成要素として定められている。そのためにコーポレートカラーの入った印刷物は、それが特殊な色であっても厳密に定められた色になるように出力することが必要である。しかしながら、従来は、印刷する画像の中で使用頻度の高い色を基準に色再現性の校正を行うため、ユーザが指定する特定色を厳密に再現することが困難である。
【0005】
近年、印刷中に印刷物の画像の色を読み取り、読み取った色の色味を検品する色検品システムが提案されている。特許文献2には、色検品を行う画像形成装置が開示される。この画像形成装置は、ユーザが指定する特定色の測定用パッチを記録紙に印刷する。画像形成装置は、イメージセンサ(光学センサ)により測定用パッチを測色した結果に基づいて色の安定化制御を行う。画像形成装置は、測色した結果が許容範囲内になければその旨をユーザに通知して、再度、色の安定化制御を行う。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
特開2012-53089号公報
特開2013-1049号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
光学センサは、人の視覚とは感度の異なるR(赤)、G(緑)、B(青)の色フィルタを介して受光した光から出力値を生成する。そのために、光学センサを用いて測色を行う場合、光学センサは、色によっては求められる精度の測色が困難である。これは色味検品の結果にも影響することになる。
【0008】
本発明は、上記課題に鑑みてなされたものであり、色味の検品に用いる画像の測色を高精度に行うことができる画像形成装置を提供することを主たる目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明の画像形成装置は、記録紙に画像を形成する画像形成手段と、前記記録紙に形成された画像を読み取る読取手段と、前記画像形成手段により前記記録紙に特定色の画像を形成し、前記読取手段により前記記録紙に形成された前記特定色の画像を読み取り、前記読取手段による前記特定色の画像の読取結果に基づいて、当該特定色の画像の色味を検品する制御手段と、を備えており、前記制御手段は、前記画像形成手段により前記特定色と前記特定色から所定の色差だけ離れた周辺色のそれぞれに対応する印刷パラメータを一次選出したパッチ画像と、前記特定色と前記周辺色のそれぞれに対応する印刷パラメータを二次選出したパッチ画像と、を含む色校正チャートを作成し、前記制御手段は、前記読取手段が前記色校正チャートを読み取った結果に基づいて前記読取手段の測定結果を校正するための変換条件を生成し、前記変換条件により得られる前記特定色の画像の読取結果の色値と前記特定色の色値との色差に基づいて前記色味の検品を行うことを特徴とする。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、高精度な画像の測色が可能となる。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東レ株式会社
電子機器
1か月前
個人
複写装置
2日前
TOA株式会社
スピーカー
18日前
オンキヨー株式会社
電子機器
1か月前
個人
スピーカーシステム
4日前
個人
スピーカーの線音源変換器
9日前
キヤノン株式会社
電子機器
22日前
シャープ株式会社
表示装置
1か月前
個人
セグメント間通信監視システム
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
1か月前
株式会社JVCケンウッド
増幅装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
読取装置
15日前
ブラザー工業株式会社
読取装置
15日前
アズビル株式会社
冗長システム
4日前
タカノ株式会社
情報表示システム
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
シャープ株式会社
電子機器
22日前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
ヤマハ株式会社
音響/信号変換器
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
22日前
シャープ株式会社
電子機器
22日前
キヤノン株式会社
撮影装置
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
日本セラミック株式会社
超音波送受信器
22日前
個人
ホールドポジション ほるだー君+
1か月前
ダイハツ工業株式会社
車載中継装置
4日前
株式会社チノー
モジュールシステム
1か月前
ダイハツ工業株式会社
車載中継装置
4日前
株式会社mediVR
物体の置き台
1か月前
株式会社チノー
モジュールシステム
1か月前
アルプスアルパイン株式会社
スピーカ
1か月前
アルプスアルパイン株式会社
スピーカ
1か月前
アルプスアルパイン株式会社
スピーカ
1か月前
合同会社環境技術研究所
街路スピーカ
11日前
続きを見る