TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022138160
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-22
出願番号2022047553
出願日2022-02-04
発明の名称地球上が必要とする、全てのエネルギーを、極く安価なコストと、二酸炭素の発生は、全くない、0にて、地球上が必要とする、全てのエネルギーを賄う方法。
出願人個人
代理人
主分類F03G 4/00 20060101AFI20220914BHJP(液体用機械または機関;風力原動機,ばね原動機,重力原動機;他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するもの)
要約【課題】地球上が必要とする、全てのエネルギーを、極く安価なコストと、二酸炭素の発生は、全くない、0にて、地球上が必要とする、全てのエネルギーを賄う方法を提供すること。
【解決手段】ノンファーネス缶体(9)と、タービンと、発電機と、冷凍機と、冷却装置とを、1セットとした発電装置を地中の乾燥高温岩体(10)の内部に埋設をして、ノンファーネス缶体(9)にて、蒸気を発生させて、発生をさせた蒸気を使用して発電用のタービンを駆動させて、発電をする。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
地球上が必要とする、全てのエネルギーを、極く安価なコストと、二酸炭素の発生は、全くない、0にて、地球上が必要とする、全てのエネルギーを賄うことが出来ることを特徴とする地熱発電方法。
続きを表示(約 3,200 文字)【請求項2】
地中にある摂氏200度から800度前後の乾燥高温岩体の内部にノンファーネス缶体を埋設して高温・高圧の水蒸気を発生させて電力を発電することを特徴とする地熱発電方法。
【請求項4】
ノンファーネス缶体(9)と、タービンと、発電機と、冷凍機と、令却装置とを、、合体をさせて、1セットとしたことにより、ノンファーネス缶体(9)にて、蒸気を発生させて、ノンファーネス缶体(9)にて発生をさせた蒸気を使用して、発電用のタービンを駆動させて、電力を発電することが出来る、ノンファーネス缶体(9)と、タービンと、発電機と、冷凍機と、冷却装置とを、、合体をさせて、、1セットとした、、発電装置(14)を、地中の乾燥高温岩体(10)の内部に、埋設をして発電をする発電装置(14)(以下、略して、発電装置(14)とする)を使用して、電力を発電することを特徴とする地熱発電方法。
【請求項5】
東京都中央区日本橋箱崎町36-2で、会社名が、ジャパンパイル株式会社が所有をしている基礎工事用の掘削機械を使用して掘削が出来る、穴径が1mで、深さが70mまでの深さまでの、深さまでを、垂直に掘削が出来る概略図を、図9に示している。また、図9に示している、内径が1mで、深さが70mの最深部分に、、ノンファーネス缶体(9)と、タービンと、発電機と、冷凍機と、、冷却装置とを、、合体をさせて、、1セットとすることにより、ノンファーネス缶体(9)にて、蒸気を発生させて、ノンファーネス缶体(9)にて発生をさせた蒸気を使用して、発電用のタービンを駆動させて、電力を発電することが出来る、ノンファーネス缶体(9)と、タービンと、発電機と、冷却装置とを、1セットとした、地中の乾燥高温岩体(10)の内部に、埋設をする発電装置(14)(以下、略して、発電装置(14)とする)を、地中の乾燥高岩体の内部に設置をして、発電装置(14)を、乾燥高温岩体の内部に発電装置(14)を埋設させて、発電装置(14)の内部を循環させている水溶液(5)を、乾燥高温岩体(10)の高温にて加熱をして、この水溶液(5)を高温・高圧の水蒸気(6)とした、水蒸気(6)を発電装置(14)の内部にて、電気エネルギーに変換をすることが出来ることになる、、全く新しい地熱発電方法を発明・発見した、この全く新しい地熱発電方法を使用して、現在、地球上には火山が7,000箇所ある、この火山が7,000箇所ある中でも、世界中には200箇所以上の活火山(1)がある、この200箇所以上の活火山(1)の熱源を、この全く新しい地熱発電方法を使用して電気エネルギーに変換をするのであれば、世界中に於いて必要な全ての電気エネルギーを賄うことが出来ることになる、この全く新しい地熱発電方法を使用して、電力を発電することを特徴とする地熱発電方法。
【請求項6】
穴径が2、3mで深さが70mの垂直の穴を、現状では、この深さが70mの垂直の穴を掘削することが、地球上に於いては限界である、けれども、この深さが70mの垂直の穴を掘削する機械を大型化して、深さが200mの深さまで掘削を行なう機械を開発をして、この200mの地下に、ノンファーネス缶体(9)と、タービンと、発電機と、、冷凍機と、、冷却装置とを、、合体をさせて、、1セットとすることにより、ノンファーネス缶体(9)にて、蒸気を発生させて、ノンファーネス缶体(9)にて発生をさせた蒸気を使用して、発電用のタービンを駆動させて、電力を発電することが出来る、ノンファーネス缶体(9)と、タービンと、発電機と、冷却装置とを、1セットとした、地中の乾燥高温岩体(10)の内部に、埋設をする発電装置(14)(以下、略して、発電装置(14)とする)を、地中の乾燥高岩体の内部に設置をして、発電装置(14)を、乾燥高温岩体の内部に発電装置(14)を埋設させて、発電装置(14)の内部を循環させている水溶液(5)を、乾燥高温岩体(10)の高温にて加熱をして、この水溶液(5)を高温・高圧の水蒸気(6)とした、水蒸気(6)を発電装置(14)の内部にて、電気エネルギーに変換をすることが出来ることになる、、全く新しい地熱発電方法を発明・発見した、この全く新しい地熱発電方法を使用して、現在、地球上には火山が7,000箇所ある、この火山が7,000箇所ある中でも、世界中には200箇所以上の活火山(1)がある、この200箇所以上の活火山(1)の熱源を、この全く新しい地熱発電方法を使用して電気エネルギーに変換をするのであれば、世界中に於いて必要な全ての電気エネルギーを賄うことが出来ることになる、この全く新しい地熱発電方法を使用して、電力を発電することを特徴とする地熱発電方法。
【請求項7】
多段階形状に垂直に掘削を行なっているのは、地下200mから1,500m位の地中には、乾燥高温岩体(10)が、この地球上には膨大な面積が存在をしている、この乾燥高温岩体(10)の内部に発電装置(14)を設置して、この800度前後に加熱をされている高温乾燥岩体(10)を熱源として、この発電装置(14)を直接に加熱をして蒸気を発生させて、この蒸気を使用して電力を発電すること特徴とする地熱発電方法。
【請求項8】
アフリカ大陸に於ける、活火山地帯を示している、アフリカ大陸には、全世界に200箇所以上ある、活火山のエネルギーよりも、100倍以上の、桁外れのエネルギー源である、マントルの上昇流である、マントル・ブルーム(ホット・ブルーム)が、地上に現れた形態である、アファールホットが、随所に存在をしている、このアファールホットの、周辺地域であれば、極く浅い、例えば、2m、5m、10m程度の地下でも、200度以上の高温乾燥岩体は存在をする、このアファールホットの、周辺の地中に、ノンファーネス缶体(9)と、タービンと、発電機と、冷却装置とを、合体をさせて、1セットとした、発電装置(14)を、アファールホットの、周辺の地中を、2m、5m、10mほどを掘削して、アファールホットの周辺地域に、発電装置(14)を、数千万箇所から、数億箇所を掘削して、アファールホットの周辺の、2m、5m、10mほどの地中に、発電装置(14)を埋設して、アファールホットの熱源を使用して、電力を発電するのであれば、無限に近い電力を発電することが出来る、さらに、電力を発電するのに必要な設備投資は、、極く少ない投資の資金にて出来る、このことから、極く安価な発電コストとなる、さらに、二酸化炭素の発生は、一切ない利点がある、発電装置(14)を地中に埋設をして、電力を発電することが出来る、アフリカ大陸に於いての、、アファールホットが存在をしている、このアファーホットの地熱を、発電装置(14)を使用して、電力を発電することを特徴とする地熱発電方法。
【請求項9】
地球上には、200箇所以上の活火山(1)がある、この200箇所以上の活火山(1)が所有をしている巨大な熱源を制御して、活火山(1)が所有をしている熱源を水蒸気(6)に変換をして電力エネルギーとすることを目的とする。
【請求項10】
地中にある摂氏200度から800度前後の乾燥高温岩体(10)の内部にボイラ缶体、又はノンファーネス缶体(以下、略して、ボイラ缶体(9)とする)だけを埋設して、このボイラ缶体(9)を駆動させるのに必要な全ての機器は陸上に設置をする、このボイラの主たる機能をボイラ缶体(9)と、ボイラ缶体を駆動させる機器との2つに分離をする、このボイラ缶体(9)だけを乾燥高温岩体(10)の内部に埋設をして高温・高圧の水蒸気(6)を発生させて電気エネルギーに変換をすることが出来ることを発明・発見
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
地中にある摂氏200度から800度前後の乾燥高温岩体の内部にノンファーネス缶体を埋設して高温・高圧の水蒸気を発生させて電力を発電することを目的とする。
続きを表示(約 4,300 文字)【0002】
ノンファーネス缶体(9)と、タービンと、発電機と、冷凍機と、令却装置とを、、合体をさせて、1セットとしたことにより、ノンファーネス缶体(9)にて、蒸気を発生させて、ノンファーネス缶体(9)にて発生をさせた蒸気を使用して、発電用のタービンを駆動させて、電力を発電することが出来る、ノンファーネス缶体(9)と、タービンと、発電機と、冷凍機と、冷却装置とを、、合体をさせて、、1セットとした、、発電装置(14)を、地中の乾燥高温岩体(10)の内部に、埋設をして発電をする発電装置(14)(以下、略して、発電装置(14)とする)を使用して、電力を発電することを目的とする。
【0003】
東京都中央区日本橋箱崎町36-2で、会社名が、ジャパンパイル株式会社が所有をしている基礎工事用の掘削機械を使用して掘削が出来る、穴径が1mで、深さが70mまでの深さまでの、深さまでを、垂直に掘削が出来る概略図を、図9に示している。また、図9に示している、内径が1mで、深さが70mの最深部分に、、ノンファーネス缶体(9)と、タービンと、発電機と、冷凍機と、、冷却装置とを、、合体をさせて、、1セットとすることにより、ノンファーネス缶体(9)にて、蒸気を発生させて、ノンファーネス缶体(9)にて発生をさせた蒸気を使用して、発電用のタービンを駆動させて、電力を発電することが出来る、ノンファーネス缶体(9)と、タービンと、発電機と、冷却装置とを、1セットとした、地中の乾燥高温岩体(10)の内部に、埋設をする発電装置(14)(以下、略して、発電装置(14)とする)を、地中の乾燥高岩体の内部に設置をして、発電装置(14)を、乾燥高温岩体の内部に発電装置(14)を埋設させて、発電装置(14)の内部を循環させている水溶液(5)を、乾燥高温岩体(10)の高温にて加熱をして、この水溶液(5)を高温・高圧の水蒸気(6)とした、水蒸気(6)を発電装置(14)の内部にて、電気エネルギーに変換をすることが出来ることになる、、全く新しい地熱発電方法を発明・発見した、この全く新しい地熱発電方法を使用して、現在、地球上には火山が7,000箇所ある、この火山が7,000箇所ある中でも、世界中には200箇所以上の活火山(1)がある、この200箇所以上の活火山(1)の熱源を、この全く新しい地熱発電方法を使用して電気エネルギーに変換をするのであれば、世界中に於いて必要な全ての電気エネルギーを賄うことが出来ることになる、この全く新しい地熱発電方法を使用して、電力を発電することを目的とする。
【0004】
穴径が2.3mで深さが70mの垂直の穴を、現状では、この深さが70mの垂直の穴を掘削することが、地球上に於いては限界である、けれども、この深さが70mの垂直の穴を掘削する機械を大型化して、深さが200mの深さまで掘削を行なう機械を開発をして、この200mの地下に、ノンファーネス缶体(9)と、タービンと、発電機と、冷却装置とを、1セットとすることにより、ノンファーネス缶体(9)にて、蒸気を発生させて、ノンファーネス缶体(9)にて発生をさせた蒸気を使用して、発電用のタービンを駆動させて、電力を発電することが出来る、ノンファーネス缶体(9)と、タービンと、発電機と、冷却装置とを、、合体をさせて、、1セットとした、地中の乾燥高温岩体(10)の内部に、埋設をする発電装置(14)(以下、略して、発電装置(14)とする)を、地中の乾燥高岩体の内部に設置をして、発電装置(14)を、乾燥高温岩体の内部に発電装置(14)を埋設させて、発電装置(14)の内部を循環させている水溶液(5)を、乾燥高温岩体(10)の高温にて加熱をして、この水溶液(5)を高温・高圧の水蒸気(6)とした、水蒸気(6)を発電装置(14)の内部にて、電気エネルギーに変換をすることが出来ることになる、、全く新しい地熱発電方法を発明・発見した、この全く新しい地熱発電方法を使用して、現在、地球上には火山が7,000箇所ある、この火山が7,000箇所ある中でも、世界中には200箇所以上の活火山(1)がある、この200箇所以上の活火山(1)の熱源を、この全く新しい地熱発電方法を使用して電気エネルギーに変換をするのであれば、世界中に於いて必要な全ての電気エネルギーを賄うことが出来ることになる、この全く新しい地熱発電方法を使用して、電力を発電することを目的とする。
【0005】
多段階形状に垂直に掘削を行なっているのは、地下200mから1,500m位の地中には、乾燥高温岩体(10)が、この地球上には膨大な面積が存在をしている、この乾燥高温岩体(10)の内部に発電装置(14)を設置して、この800度前後に加熱をされている高温乾燥岩体(10)を熱源として、この発電装置(14)を直接に加熱をして蒸気を発生させて、この蒸気を使用して電力を発電することを目的とする。
【0006】
アフリカ大陸に於ける、活火山地帯を示している、アフリカ大陸には、全世界に200箇所以上ある、活火山のエネルギーよりも、100倍以上の、桁外れのエネルギー源である。マントルの上昇流である、マントル・ブルーム(ホット・ブルーム)が、地上に現れた形態である、アファール・ホットが、随所に存在をしている、このアファールホットの、周辺地域であれば、極く浅い、例えば、2m、5m、10m程度の地下でも、200度以上の高温乾燥岩体は存在をする、このアファールホットの、周辺の地中に、ノンファーネス缶体(9)と、タービンと、発電機と、冷凍機と、令却装置とを、合体をさせて、1セットとした発電装置(14)を、アファールホットの、周辺の地中を、2m、5m、10mほどを掘削して、アファールホットの周辺地域に、発電装置(14)を、数千万箇所から、数億箇所を掘削して、アファールホットの周辺の、2m、5m、10mほどの地中に、発電装置(14)を埋設して、アファールホットの熱源を使用して、電力を発電するのであれば、無限に近い電力を発電することが出来る、さらに、電力を発電するのに必要な設備投資は、、極く少ない投資の資金にて出来る、このことから、極く安価な発電コストとなる、さらに、二酸化炭素の発生は、一切ない利点がある、発電装置(14)を地中に埋設をして、電力を発電することが出来る、アフリカ大陸に於いての、、アファールホットが存在をしている、このアファーホットの地熱を、発電装置(14)を使用して、電力を発電することを目的とする。
【0007】
地中にある摂氏200度から800度前後の乾燥高温岩体(10)の内部にボイラ缶体、又はノンファーネス缶体(以下、略して、ボイラ缶体(9)、又はノンファーネス缶体(9)とする)だけを埋設して、Cのボイラ缶体(9)を駆動させるのに必要な全ての機器は陸上に設置をする、このボイラの主たる機能をボイラ缶体(9)と、ボイラ缶体(9)を駆動させる機器との2つに分離をする、このボイラ缶体(9)だけを乾燥高温岩体(10)の内部に埋設をして高温・高圧の水蒸気(6)を発生させて電気エネルギーに変換をすることを目的とする。
【0008】
地中にある摂氏200度から800度前後の乾燥高温岩体(10)の内部にボイラ缶体、又はノンファーネス缶体(以下、略して、ボイラ缶体(9)とする)だけを埋設して、このボイラ缶体(9)を駆動させるのに必要な全ての機器は陸上に設置をする、このボイラの主たる機能をボイラ缶体(9)と、ボイラ缶体(9)を駆動させる機器との2つに分離をする、このボイラ缶体(9)だけを乾燥高温岩体(10)の内部に埋設をして高温・高圧の水蒸気(6)を発生させて電気エネルギーに変換をすることを目的とする。
【0009】
活火山(1)の周辺の、地下数100mから1,500m前後の場所には、マグマの高温により加熱をされて、摂氏200度から800度前後の乾燥高温岩体(10)が膨大な面積が存在をしている、この摂氏200度から800度前後に加熱をされている乾燥高温岩体(10)の内部にボイラ缶体(9)を埋設して、ボイラ缶体(9)の内部を循環させている水溶液(5)を、乾燥高温岩体(10)の高温にて加熱をして水溶液(5)を高温・高圧の水蒸気(6)としたあと、水管(11)と接続をしている水蒸気管(6)とを経由して、高温・高圧とした水蒸気(6)を地上に導き出している、この高温・高圧の水蒸気(6)を使用して陸上にて電気エネルギーに変換をすることが出来ることになる、全く新しい地熱発電方法を発明・発見した、この全く新しい地熱発電方法を使用して、現在、世界中には火山が7,000箇所以上ある、この火山が7,000箇所以上ある中でも、世界中には200箇所以上の活火山(1)がある、この200箇所以上の活火山(1)の熱源を、この全く新しい地熱発電方法を使用して電気エネルギーに変換をするのであれば、世界中に於いて必要な全ての電気エネルギーを賄うことが出来ることになる、この全く新しい地熱発電方法を提供することを目的とする。
【0010】
現在稼動をしている地熱発電には、地熱フラッシュ発電と、バイナリ発電の2種類の発電方法がある、この2種類の発電方法ともに発電効率が悪い、その理由は、水溶液(3)を地中の摂氏200度から800度前後の熱源である乾燥高温岩体(10)に、水溶液(3)を接触させて水蒸気を発生させているからである、この摂氏200度以上の熱源である乾燥高温岩体(10)と水溶液(3)とを接触させて発生させた水蒸気は大気圧の1気圧の水蒸気である、この摂氏200度以上の熱源である乾燥高温岩体(10)の熱源に、水溶液(3)を接触させて水蒸気を発生させることは、摂氏200度から800度前後の熱源である乾燥高温岩体(10)の熱源を、摂氏100度未満の温度として、極く低い温度として利用をしていることになるからである、このことから、現在稼動をしている地熱発電の方法では、地中の摂氏200度から800度前後の熱源である乾燥高温岩体(10)の熱源を有効に利用をすることが出来ない、けれども本発明の地熱発電の方法は、乾燥高温岩体(10)の熱源を100%有効に利用をすることが出来ることを目的とする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
波力発電装置
9日前
個人
洋上風力発電機
1か月前
個人
重力発電装置。
2か月前
個人
風力発電機
1か月前
個人
風力発電機用ロータ
2か月前
個人
発電用風水車
28日前
個人
垂直型風力発電装置
1か月前
個人
自然エネルギータービン
20日前
個人
垂直型風力発電システム
2か月前
個人
連段式水力発電システム
28日前
個人
水中発電および給電浮力体
1か月前
個人
タービン形風力発電装置
2か月前
個人
風力発電装置及び液化水素製造船
22日前
個人
プロペラ機構を排除した風力発電機
1か月前
個人
生活環境を適切に構築してゆく方法
2日前
個人
水量自動循環式浮力発電方法
28日前
個人
水の流れを利用した小規模発電方法。
今日
音羽電機工業株式会社
雷撃検出装置
29日前
株式会社 セテック
洋上風力発電システム
1か月前
個人
「「浮力式動力発生装置」の改良と利用」の改良2
2か月前
NTN株式会社
水力発電装置
1か月前
NTN株式会社
水力発電装置
9日前
有限会社大善工業
風力発電装置
9日前
個人
流れ偏向ユニットを有する風力タービン
1か月前
NTN株式会社
風車及び風力発電装置
今日
NTN株式会社
風車及び風力発電装置
今日
株式会社FEV再生可能エネルギー開発技研
プロペラ形風力発電機
1日前
個人
発電装置
21日前
個人
流体回転装置及び風力発電装置
21日前
三菱電機株式会社
マイクロ流体デバイス
2か月前
株式会社LIXIL
垂直軸型風車
1か月前
NTN株式会社
発電システムの制御装置
2日前
NTN株式会社
発電システムの制御装置
2日前
中部電力株式会社
導線の導通確認方法
9日前
NTN株式会社
集水機構及び水力発電装置
2日前
中部電力株式会社
導線の導通確認方法
6日前
続きを見る