TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022138155
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-22
出願番号2022036473
出願日2022-03-09
発明の名称排便誘導座台付きおむつセット
出願人カン、ヨンジャ,Young Ja, Kang
代理人SK弁理士法人,個人,個人
主分類A61F 13/495 20060101AFI20220914BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】排便誘導座台付きおむつセットを提供する。
【解決手段】おむつカバーの上側には排便袋部付きフリップ分離型おむつ1-1を載置し、おむつの排便袋の後端には「コ」字状の排便誘導座台25を配設する。おむつカバーは、腰ベルト部110とおむつ受け部120とに分割して面ファスナー113,114,122,123により着脱できるようにし、おむつ(フリップ分離型おむつまたはフリップ一体型おむつ)は、排便袋の後端に座台収納袋を設けて座台を座台収納袋に収納して配設できるようにし、「コ」字状の座台は、底面の後端部に後端の上側に傾いた斜面を形成してなることを特徴とする排便誘導座台付きおむつセット100。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
おむつカバーの上側には排便袋部付きフリップ分離型おむつを載置し、前記おむつの排便袋の後端には「コ」字状の排便誘導座台を配設したものにおいて、
前記おむつカバーは、腰ベルト部とおむつ受け部に分割して面ファスナーにより着脱できるようにし、
前記フリップ分離型おむつは、排便袋の後端には座台収納用の座台収納袋を形成し、
前記「コ」字状の排便誘導座台は、底面の後端部には後端の上側に∠θに見合う分だけ斜面を形成したことを特徴とする排便誘導座台付きおむつセット。
続きを表示(約 1,200 文字)【請求項2】
フリップ一体型おむつに形成された排便袋の上側に「コ」字状の排便誘導座台を配設したものにおいて、
前記フリップ一体型おむつは、排便袋の後端に座台収納用の座台収納袋を形成し、
前記「コ」字状の排便誘導座台は、底面の後端部に後端の上側に∠θに見合う分だけ斜面を形成したことを特徴とする排便誘導座台付きおむつセット。
【請求項3】
分割されたおむつカバーの腰ベルト部は、
腰ベルトを長尺に、かつ、幅の方を長さよりも相対的に短く形成し、
腰ベルトの両端に腰帯結束用面ファスナーをそれぞれ取り付け、腰ベルトの長手方向の一方の端に一対のおむつ受け帯結束用面ファスナーを離間させて取り付けたことを特徴とする請求項1に記載の排便誘導座台付きおむつセット。
【請求項4】
分割されたおむつカバーのおむつ受け部は、
おむつ受けを長尺に、かつ、幅の方を長さよりも相対的に短く形成するが、長さと幅をおむつよりも大きく形成し、
おむつ受けの上端と下端に結束用面ファスナーをそれぞれ取り付けたことを特徴とする請求項1に記載の排便誘導座台付きおむつセット。
【請求項5】
フリップ分離型おむつとフリップ一体型おむつは、
排便袋の先端に小便収容部をさらに形成したことを特徴とする請求項1または請求項2に記載の排便誘導座台付きおむつセット。
【請求項6】
排便誘導座台の斜面がなす角度∠θは、
10~45°であることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の排便誘導座台付きおむつセット。
【請求項7】
排便誘導座台は、
斜面、尻部背面受け部の底面、尻部側面受け部の底面のうちのいずれか一つの面または2以上の底面に接着剤層を塗布し、接着剤層の外面に剥離紙を貼着したことを特徴とする請求項1または請求項2に記載の排便誘導座台付きおむつセット。
【請求項8】
排便誘導座台は、
尻部背面受け部の上面、尻部側面受け部の上面、斜面のうちのいずれか一つの面またはこれらの3面に不織布、織物地、紙類のうちのいずれか一つを貼着したことを特徴とする請求項1または請求項2に記載の排便誘導座台付きおむつセット。
【請求項9】
排便誘導座台は、
尻部背面受け部の上面を湾曲凹溝部として形成したことを特徴とする請求項1または請求項2に記載の排便誘導座台付きおむつセット。
【請求項10】
排便誘導座台は、
斜面と同じ方向において両側の尻部側面受け部の外周縁に尻部受け三角突片を並ぶようにそれぞれ形成し、
前記尻部受け三角突片が形成された尻部側面受け部の反対面を湾曲斜面として形成したことを特徴とする請求項1または請求項2に記載の排便誘導座台付きおむつセット。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、おむつの上側に排便誘導座台を備えてなる排便誘導座台付きおむつセットに関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【0002】
これについてより詳しく述べると、おむつカバーの上側には排便袋部付きおむつを載置し、前記おむつの排便袋の後端には「コ」字状の座台を配設するが、前記おむつカバーは、腰ベルト部とおむつ受け部とに分割して面ファスナーにより着脱できるようにし、おむつ(フリップ分離型おむつまたはフリップ一体型おむつ)は、排便袋の後端には座台収納袋を設けて座台を座台収納袋に収納して配設できるようにし、「コ」字状の座台は、底面の後端部に後端の上側に傾いた斜面を形成してなる排便誘導座台付きおむつセットを提供することを目指している。
【背景技術】
【0003】
乳幼児用及び成人用に使われる使い捨ておむつ(disposable diaper)は、普通、一回使った後に廃棄されており、使い捨ておむつは、大小便などの体内から排出される分泌物を吸収し、吸収された分泌物を含有して肌などの身体を保護する主な機能を行い、したがって、使い捨ておむつは、身体から排出される分泌物が着用者が着ている服や周りの他の製品を汚したり濡らしたりすることを防ぐことができる。
【0004】
このような機能を有する使い捨ておむつは、通常、着用者の肌に直接的に触れる液体透過性上シート(top sheet)と着用の際に外部の表面を形成する背面シート(back sheet)、及び前記上シート(top sheet)と背面シート(back sheet)との間に介装される吸収体(absorbent core)、並びに弾性体を有する脚フラップ(flap)と締付け手段を基本的な要素として備えてなる。
【0005】
特に、普通使われている使い捨ておむつは、不織布製の吸着シートと防水材質製の防水シートが高吸収材製の吸収層の両側にそれぞれ積み重ねられておむつ本体を構成し、前記おむつ本体を着用するときに着用者の腰と脚との間及び尻部を包み込む部分が着用者に密着されるようにおむつ本体に弾性体が配設されており、前記おむつ本体の一方の側に貼着された接着テープを用いて着用するようになっている。
【0006】
上記のような基本的な構成要素を備えるおむつは、様々な組み合わせによりいろいろな形状(パターン及び模様)におむつを形成することができるが、米国特許第3,860,003号(1975年1月14日)に提案された構成のものが、好適な使い捨ておむつの基本的なタイプとして広く引用されている。
【0007】
しかしながら、上記のような使い捨ておむつは、弾性体を有する脚フラップ(flap)がおむつの周縁に触れる服との間に流体透過性の遮断膜を形成し、着用者の脚近くにガスケッティング作用を与えるという点で、おむつに積載される体内分泌物がおむつの周縁に触れる服に流れ出てしまうということを防ぐ上で有効であるものの、単一の脚フラップ(flap)により多量の水分が含有されている分泌物の漏れを遮断するのには限界がある。
【0008】
このような不都合は、脚フラップの内側に弾性体を有する遮断体をさらに付設することにより解消することができ、遮断体は、様々な組み合わせによるいろいろな実施形態が提案されている。
【0009】
例えば、大韓民国登録特許第1993-000008号公告には弾性部材付き「フラップ」が脚フラップの内側に設けられており、大韓民国登録特許第1994-0008959号公告には「遮断カフ」が脚フラップと吸収体との間に設けられており、大韓民国登録特許第1995-0008172号公告には「うんこバンド」を高さが同じである2重うんこバンドから構成したタイプが提案されている。
【0010】
上述したように、これらの使い捨ておむつの構成要素のうち、上シート(top sheet)は、肌触りが柔らかく、しかも、着用者の肌に刺激を与えなければならず、これだけではなく、液状の体分泌物が速やかに通過して吸収体に流れ込める物性を有していなければならず、このような物性を有する上シートは、気孔プラスチックフィルム、天然繊維、合成繊維、天然及び合成繊維の混合物などといった広範な物質により製造されている。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

カン、ヨンジャ
排便誘導座台付きおむつセット
13日前
個人
耳栓
3か月前
個人
洗眼
2か月前
個人
火塩湯
3か月前
個人
健康装置
3か月前
個人
健康器具
7日前
個人
義歯
1か月前
個人
無痕灸灸具
3か月前
個人
空気清浄機
1か月前
個人
貧血治療薬
3か月前
個人
排泄処理具
1か月前
個人
視力回復薬
1か月前
個人
足踏み器具
14日前
個人
どくだみ生茶
3か月前
個人
肺炎治療薬。
1か月前
個人
呼気殺菌装置
1か月前
個人
たんぽぽ生茶
3か月前
個人
魚の目切除具
2か月前
個人
介護用ベッド
4か月前
個人
肝炎治療薬。
9日前
個人
車椅子連結装置
3か月前
個人
移乗用補助装置
3か月前
個人
部分義歯
2か月前
株式会社松風
咬合器
3か月前
個人
鼻腔拡張具
3か月前
個人
空間浄化システム
2か月前
個人
空気循環式清浄機
今日
個人
生殖器の補助器具
1か月前
個人
ストレッチポール
1か月前
個人
網膜剥離治療薬。
今日
個人
薬液充填済注射器
1か月前
東ソー株式会社
消臭剤
20日前
個人
気管支炎治療薬。
9日前
株式会社日本触媒
化粧料
2か月前
個人
鼻腔内留置ボックス
3か月前
個人
歯列矯正装置
2か月前
続きを見る