TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022138152
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-22
出願番号2022035935
出願日2022-03-09
発明の名称吸引装置を備えた道路仕上げ機
出願人ヨゼフ フェゲーレ アーゲー
代理人個人,個人,個人,個人,個人,個人
主分類E01C 19/48 20060101AFI20220914BHJP(道路,鉄道または橋りょうの建設)
要約【課題】吸引装置を備えた道路仕上げ機を提供する。
【解決手段】道路仕上げ機1に関し、舗装材料を移動方向Rに対して横方向に分配するように構成された横方向分配オーガー10は、横方向分配チャネル17内に取り付けられ、チャネルプレート25、プレスクレーパー26によって形成される。舗装材料の横方向分配中に形成されるエアロゾルを、特に横方向分配チャネル17に沿った領域から吸引するように構成された少なくとも1つの吸気ライン18b、18c、18dは、入口側に形成された少なくとも1つの吸引装置20を含んでいる。吸気ライン18b、18c、18dは、少なくとも一部が、チャネルプレート25、プレスクレーパー26、横方向分配オーガー10に対向するスクリード基体11の前側部分及び/又はスクリードの外部制御プラットフォームに配置されている。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
道路仕上げ機(1)であって、
舗装材料(6)から舗装層(2)を製造するためのスクリード(7)と、
前記舗装材料(6)を受け入れるための材料バンカー(4)と、
前記舗装材料(6)を前記材料バンカー(4)から前記道路仕上げ機(1)の移動方向(R)に逆らって前記スクリード(7)に輸送するように構成された縦方向搬送装置(5)と、
前記縦方向搬送装置(5)によって前記スクリード(7)に輸送される前記舗装材料(6)を、前記スクリード(7)の前方で前記移動方向(R)に対して横方向に分配するように構成された横方向分配オーガー(10)であって、前記横方向分配オーガー(10)は、前記移動方向(R)において、前記スクリード(7)のスクリード基体(11)の前方に取り付けられ、特に、前記スクリード(7)の前方での前記舗装材料(6)の横方向分配のために任意に配置された横方向分配チャネル(17)内に取り付けられ、前記横方向分配チャネル(17)は、前記スクリード(7)の前方で前記移動方向(R)に対して横方向に形成されて、少なくとも一部が、前記道路仕上げ機(1)のシャーシ(8)で支持されたチャネルプレート(25)によって、かつ、前記スクリード(7)のスクリード基体(11)の横方向に取り付けられたプレスクレーパー(26)によって形成される、前記横方向分配オーガー(10)と、
前記舗装材料(6)の横方向分配中に形成されたエアロゾルを、特に前記横方向分配チャネル(17)に沿った領域から吸引するように構成された少なくとも1つの吸気ライン(18a、18b、18c)を有し、該吸気ライン(18a、18b、18c)が入口側に形成された少なくとも1つの吸引装置(20)と、
を含み、
前記吸気ライン(18a、18b、18c、18d)は、少なくとも一部が、前記横方向分配チャネル(17)の前記チャネルプレート(25)、前記横方向分配チャネル(17)の前記プレスクレーパー(26)、前記横方向分配オーガー(10)に対向する前記スクリード基体(11)の前側部分(16)、及び/又は、前記スクリード(7)の外部制御プラットフォーム(14)、に配置されていることを特徴とする、道路仕上げ機。
続きを表示(約 1,400 文字)【請求項2】
前記吸気ライン(18a、18b、18c、18d)は前記移動方向(R)に対して横方向に延びるパイプラインであり、及び/又は、前記吸気ライン(18a、18b、18c、18d)は長方形のパイプの形態で形成されていることを特徴とする、請求項1に記載の道路仕上げ機。
【請求項3】
前記吸気ライン(18a、18b、18c、18d)は、前記チャネルプレート(25)、前記プレスクレーパー(26)、前記スクリード基体(11)の前記前側部分(16)、及び/又は、前記外部制御プラットフォーム(14)の構成要素、の一体部分として少なくとも一部が形成される壁を含むことを特徴とする、請求項1又は請求項2に記載の道路仕上げ機。
【請求項4】
前記吸気ライン(18a、18b、18c、18d)は、少なくとも一部が、前記チャネルプレート(26)の上縁に沿って、前記プレスクレーパー(26)の上縁に沿って、及び/又は、前記外部制御プラットフォーム(14)のサイドプッシャー支持部(40)の上縁に沿って、形成されることを特徴とする、請求項1~請求項3のいずれか1つに記載の道路仕上げ機。
【請求項5】
前記スクリード基体(11)の前記前側部分(16)、前記チャネルプレート(25)、前記プレスクレーパー(26)、及び/又は、前記外部制御プラットフォーム(14)、に形成される前記吸気ライン(18a、18b、18c、18d)は、上から見て前記横方向分配チャネル(17)が本質的に覆われないように、寸法が決められていることを特徴とする、請求項1~請求項4のいずれか1つに記載の道路仕上げ機。
【請求項6】
前記吸気ライン(18a、18b、18c)は、前記横方向分配チャネル(17)に沿って前記移動方向(R)に対して横方向に向けられた排気ガイドを形成することを特徴とする、請求項1~請求項5のいずれか1つに記載の道路仕上げ機。
【請求項7】
前記吸気ライン(18a、18b、18c)は、複数の相互接続可能なラインセクションを含み、その結合端(31a、31b)は、互いに隣り合って取り付けられたチャネルプレート(25)及び/又はプレスクレーパー(26)の分離点(30a、30b)の領域に形成されることを特徴とする、請求項1~請求項6のいずれか1つに記載の道路仕上げ機。
【請求項8】
隣接するチャネルプレート(25)同士及び/又はプレスクレーパー(26)同士は、前記吸気ライン(18b、18c)の前記結合端(31a、31b)によって組み立てられることを特徴とする、請求項7に記載の道路仕上げ機。
【請求項9】
前記吸気ライン(18a、18b、18c、18d)は、複数の吸気口(19)として複数の通路を含むことを特徴とする、請求項1~請求項8のいずれか1つに記載の道路仕上げ機。
【請求項10】
前記吸気ライン(18a、18b、18c、18d)は、そこに形成された前記吸気口(19)の少なくとも1つを開閉するための少なくとも1つの閉鎖機構を含み、及び/又は、前記吸気口(19)は前記吸気ライン(18a、18b、18c、18d)の異なる側壁に形成されていることを特徴とする、請求項9に記載の道路仕上げ機。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、請求項1に記載の道路仕上げ機に関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
道路舗装を含むアスファルトを製造するために、実際には道路仕上げ機が使用されている。アスファルト結合される道路建設資材の敷設中に、処理温度が高いためにアスファルトを含むエアロゾルが形成され、道路仕上げ機の周辺の空気の質に影響を与える。従って、既知の道路仕上げ機では、エアロゾルを吸引するための吸引システムを使用して、空気中のエアロゾル濃度が限界値に達するのを防ぐ。
【0003】
既知の吸引システムでは、エアロゾルは通常、機械の中心近くで吸引され、すなわち、舗装材料を道路仕上げ機の材料バンカーからそのスクリードに輸送するスクレーパーベルトの出口の中央で吸引される。スクレーパーベルトの出口で、舗装材料はスクレーパーベルトの端から横方向分配領域に排出され、そこに配置された横方向分配オーガーによって道路仕上げ機のスクリードの前方に分配される。しかしながら、スクリードのそれぞれの外側への舗装材料の横方向分配の間、エアロゾルは、舗装材料がスクレーパーベルトの下の領域を横方向に離れた後でも形成される。しかしながら、スクリードの外側セクションに沿って形成されたエアロゾルは、従来の中央に配置された吸引システムによってもはや十分に収集されていない。
【0004】
欧州特許出願公開第0843044号明細書は、エアロゾル、特に上昇する蒸気を横方向分配システムの上の領域から吸引するための換気システムを備えた道路仕上げ機を開示している。特にこれに使用される吸引装置は、オーガー空間を少なくとも上部まで覆い、任意選択で、スクリードに設けられた拡張可能な引き出し部品まで横方向に延びる吸引装置部品からなる。この吸引装置の問題は、横方向の材料分配の領域へのスクリードオペレータの視界が非常に制限されていることである。更に、この吸引装置の組み立ては、とりわけ、舗装幅を広げるための引き出し部品及び/又は横方向のスクリードアタッチメントがスクリードに使用される場合、面倒である。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
本発明の目的は、従来技術に関連して上記の欠点を低減することができる吸引装置を備えた道路仕上げ機を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
この目的は、請求項1に記載の道路仕上げ機によって達成される。本発明の有利な更なる発展は、それぞれの従属請求項の技術的特徴によって与えられる。
【0007】
本発明は、舗装材料から舗装層を製造するための、特にアスファルト結合される舗装材料から舗装層を製造するためのスクリードを含む道路仕上げ機に関する。本発明による道路仕上げ機は、更に、舗装材料を受け入れるための材料バンカーと、道路仕上げ機の移動方向に逆らって(逆行して)、材料バンカーからスクリードに舗装材料を輸送するように構成された縦方向搬送装置とを含む。
【0008】
本発明による道路仕上げ機は更に、スクリードの前方にある縦方向搬送装置によってスクリードに輸送される舗装材料を移動方向に対して横方向に分配するように構成された少なくとも1つの横方向分配オーガーを備える。横方向分配オーガーは、移動方向においてスクリードのスクリード基体の前方に取り付けられ、好ましくは、舗装材料の横方向分配のためにスクリードの前方に任意に配置された横方向分配チャネル内にも取り付けられ、これは、スクリードの前方で移動方向に対して横方向に形成されて、少なくとも一部(例えば複数の部分)が、道路仕上げ機のシャーシで支持されたチャネルプレートによって、かつ、スクリードのスクリード基体の横方向に取り付けられたプレスクレーパーによって形成される。
【0009】
更に、本発明による道路仕上げ機は、入口側に少なくとも1つの吸気ラインがそこで形成された少なくとも1つの吸引装置を含み、これは、舗装材料の横方向分配中に形成されたエアロゾルを、特に、横方向分配チャネルに沿った領域から、吸引するように構成されている。とりわけ、エアロゾルはそれによって横方向分配チャネルの外側領域から吸引され得る。
【0010】
本発明によれば、吸気ラインは、少なくとも一部(例えば複数の部分)が横方向分配チャネルのチャネルプレートに、少なくとも一部が横方向分配チャネルのプレスクレーパーに、少なくとも一部が横方向分配オーガーに対向するスクリード基体の前側部分に、及び/又は、少なくとも一部がスクリードの外部制御プラットフォーム(外部制御台)に、配置される。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

太陽工業株式会社
緊急仮設橋
8日前
大林道路株式会社
舗装層間滞水の検出方法
5日前
株式会社大晃
人工芝マット
2日前
株式会社大林組
伸縮装置の交換方法
5日前
積水樹脂株式会社
柱体、柱体の設置構造、及び柱体の設置方法
9日前
本田技研工業株式会社
作業機
2日前
本田技研工業株式会社
作業機
2日前
東京製綱株式会社
落石防護及び雪崩予防共用柵
2日前
株式会社イノアックコーポレーション
橋梁用伸縮装置およびその製造方法
2日前
ヨゼフ フェゲーレ アーゲー
平準化カスケード制御を備える路面仕上げ機
9日前
ヨゼフ フェゲーレ アーゲー
路面舗装方法およびアスファルト舗装システム
9日前
東日本旅客鉄道株式会社
吸音壁構造
9日前
株式会社スマートロボティクス
建築現場用スイーパー
2日前
株式会社スマートロボティクス
建築現場用スイーパー
2日前
株式会社スマートロボティクス
建築現場用スイーパー
2日前
株式会社錢高組
橋面測量におけるトータルステーションの自己位置特定システム及び自己位置特定方法並びに橋面測量方法
今日
株式会社パスコ
路面性状調査システム、路面性状調査装置、及び路面性状調査方法
6日前
太陽誘電株式会社
フィルタおよび高周波装置
今日
イーライ リリー アンド カンパニー
CD200Rアゴニスト抗体およびそれらの使用
6日前
エクスビボ パフュージョン アクチボラゲット
臓器保存及び/又は灌流用溶液
1日前
森永乳業株式会社
概日リズム改善のための組成物
6日前
ダッソー システムズ
病気の多状態モデルに関する機械学習
9日前
ワイズ・エー・シー株式会社
抗CD26抗体の奏効性バイオマーカー
今日
コムスコープ イタリー ソチエタ レスポンサビリタ リミタータ
バンドパスフィルタ伝送線を含むフィルタ
6日前