TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022138140
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-22
出願番号2022034051
出願日2022-03-07
発明の名称ゴム組成物およびタイヤ
出願人ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー
代理人個人,個人,個人,個人
主分類C08L 9/06 20060101AFI20220914BHJP(有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物)
要約【課題】先進的なヒステリシス/転がり抵抗性能およびまた良好なウェット性能を有するゴム組成物を提供する。
【解決手段】-49℃~-15℃の範囲内のガラス転移温度を有する、第1のスチレンブタジエンゴム、および-50℃~-89℃の範囲内のガラス転移温度を有する、第2のスチレンブタジエンゴムを含むスチレンブタジエンゴム70phr~100phrを含むゴム組成物を対象とする。さらに、ゴム組成物は、天然ゴムおよび合成ポリイソプレンゴムのうちの1つまたは複数10phr~30phr、シリカ40phr~70phr、ならびにC5樹脂、CPD樹脂、DCPD樹脂、C9修飾C5樹脂、C9修飾CPD樹脂、およびC9修飾DCPD樹脂のうちの1つまたは複数から選択される、少なくとも1種の炭化水素樹脂10phr~40phrを含む。別の態様において、本発明は、前述のゴム組成物を含むタイヤトレッドを含むタイヤを対象とする。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
-49℃~-15℃の範囲内のガラス転移温度を有する第1のスチレンブタジエンゴムと、-50℃~-89℃の範囲内のガラス転移温度を有する第2のスチレンブタジエンゴムとを含むスチレンブタジエンゴムを70phr~90phr;
天然ゴムおよび合成ポリイソプレンゴムからなる群から選択される、1つまたは複数の部材を10phr~30phr;
シリカを40phr~70phr;ならびに
C5樹脂、CPD樹脂、DCPD樹脂、C9修飾C5樹脂、C9修飾CPD樹脂、C9修飾DCPD樹脂のうちの1つまたは複数から選択される、少なくとも1種の炭化水素樹脂を10phr~40phr
含むゴム組成物。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
樹脂が、80℃~150℃の範囲内の軟化点、および500g/モル~1000g/モルの範囲内の重量平均分子量を有することを特徴とする、請求項1に記載のゴム組成物。
【請求項3】
樹脂が、
90℃~110℃の範囲内の軟化点;
500g/モル~800g/モルの範囲内の重量平均分子量;
30℃~60℃の範囲内のガラス転移温度
のうちの1つまたは複数を有することを特徴とする、請求項1または2に記載のゴム組成物。
【請求項4】
樹脂が、C9修飾CPD樹脂およびC9修飾DCPD樹脂のうちの1つもしくは複数から選択され;ならびに/または樹脂が、5%~15%の範囲内の芳香族プロトン含有率を有することを特徴とする、請求項1から3の1つまたは複数の項に記載のゴム組成物。
【請求項5】
前記樹脂が、少なくとも部分的に水素化されることを特徴とする、請求項1から4の1つまたは複数の項に記載のゴム組成物。
【請求項6】
前記ゴム組成物が、前記シリカ50phr~65phrを含むことを特徴とする、請求項1から5の1つまたは複数の項に記載のゴム組成物。
【請求項7】
前記シリカが、190m

/g~260m

/gの範囲内、好ましくは205m

/g~260m

/gの範囲内のBET表面積を有することを特徴とする、請求項1から6の1つまたは複数の項に記載のゴム組成物。
【請求項8】
カーボンブラック0.1phr~10phr;
補強シラン4phr~8phr;
ブロック化メルカプトシラン4phr~7phr;
液体可塑剤0phr~10phr
のうちの1つまたは複数をさらに含むことを特徴とする、請求項1から7の1つまたは複数の項に記載のゴム組成物。
【請求項9】
前記第1のスチレンブタジエンゴム40phr~65phrおよび前記第2のスチレンブタジエンゴム25phr~50phrを含むことを特徴とする、請求項1から8の1つまたは複数の項に記載のゴム組成物。
【請求項10】
前記第1のスチレンブタジエンおよび前記第2のスチレンブタジエンのうちの少なくとも一方が、前記シリカにカップリングするように構成された、少なくとも1つの官能基を含み、任意に、前記官能基が、ポリシロキシ、アルキルシロキシ、アミノアルキルシロキシ、スズアミノ、アミノシロキサン、およびアミノシランの各基のうちの1つまたは複数から選択されることを特徴とする、請求項1から9の1つまたは複数の項に記載のゴム組成物。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、ゴム組成物、特に、トレッドゴム組成物、およびゴム組成物を含むタイヤ、とりわけ上記ゴム組成物を含むトレッドを含むタイヤを対象とする。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
タイヤ分野で知られているように、従来、少なくとも別の特質におけるかなりのトレードオフなく、同時に複数のタイヤの特質を改善することは難しかった。そのような矛盾の1つは、転がり抵抗とウェット性能との間に存在する。転がり抵抗が改善される場合、典型的には、ウェットグリップにおけるトレードオフがある。しかし、転がり抵抗を限定することは、エネルギー効率を増すために重要である。別の潜在的な課題は、限られたレベルで摩耗を維持することにあり、これは、急速なタイヤ摩耗を避けるのに役立ち、好ましくは、良好なライド特性およびハンドリング特性を共に有する持続可能な製品を提供するのに役立つ。
【0003】
したがって、新規のゴムコンパウンド、特に、複数の前述の特性の間のバランスを改善するトレッドゴムコンパウンドを提供することは、依然として望まれている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
米国特許第5,698,643号
米国特許第5,451,646号
米国特許第6,608,125号
米国特許出願公開第2003/0130535号
【非特許文献】
【0005】
Standard Methods for Analysis & Testing of Petroleum and Related Products and British Standard 2000 Parts、2003年、62版
Journal of the American Chemical Society、60巻、304頁(1930年)
The Vanderbilt Rubber Handbook(1978年)、344~346頁
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本発明は、先進的なヒステリシス/転がり抵抗性能およびまた良好なウェット性能を有するゴム組成物を提供することを第1の目的とすることができる。
本発明は、タイヤトレッドにおいて使用される場合、前述の特性における改善、および/または改善された摩耗特性もしくはトレッド摩耗特性を有するゴム組成物を提供することを別の目的とすることができる。
【0007】
本発明は、独立クレームの範囲によって定義される。好ましい実施形態は、従属クレームおよび以下に提供される発明の概要において提供される。
【課題を解決するための手段】
【0008】
したがって、本発明の第1の態様において、-15℃~-49℃の範囲内のガラス転移温度を有する、第1のスチレンブタジエンゴム、および-50℃~-89℃の範囲内のガラス転移温度を有する、第2のスチレンブタジエンゴムを含むスチレンブタジエンゴム(好ましくは溶液重合スチレンブタジエンゴム)70phr~90phr、ならびに天然ゴムおよび合成ポリイソプレンのうちの1つまたは複数10phr~30phr、シリカ40phr~70phr、ならびにC5(脂肪族)樹脂、CPD(シクロペンタジエン)樹脂、DCPD(ジシクロペンタジエン)樹脂、C9(芳香族)修飾C5樹脂、C9修飾CPD樹脂、C9修飾DCPD樹脂のうちの1つまたは複数から選択される、少なくとも1種の炭化水素樹脂10phr~40phrを含む、ゴム組成物が提供される。
【0009】
前述の樹脂タイプ、ならびに相対的に高いガラス転移温度を有するスチレンブタジエンゴムおよび相対的に低いガラス転移温度を有するスチレンブタジエンゴムと組み合わせて、限られた量のシリカを含む、そのようなゴム組成物は、ウェットグリップ特性を本質的に維持しながら、またはさらに改善しながら、ヒステリシス特性または転がり抵抗性能それぞれのさらなる改善を可能にする。
【0010】
一実施形態において、樹脂、特に炭化水素樹脂は、80℃~150℃の範囲内、好ましくは90℃~110℃の範囲内の軟化点;500g/モル~1000g/モルの範囲内、好ましくは500g/モル~800g/モルの範囲内の重量平均分子量;ならびに30℃~60℃、好ましくは40℃~60℃、またはさらに好ましくは40℃~55℃の範囲内のガラス転移温度;NMR分析によって求められる、5%~15%、好ましくは8%~12%の範囲内の芳香族プロトン含有率(または言いかえれば、芳香性)のうちの1つまたは複数を有する。重量平均分子量(Mw)は、ポリスチレン校正標準を使用したASTM 5296-11に従って、ゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)を使用して求められる。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東レ株式会社
多孔質膜
21日前
株式会社クラレ
樹脂組成物
5日前
株式会社カネカ
硬化性組成物
2か月前
JNC株式会社
重合性化合物
13日前
株式会社日本触媒
鎖長延長剤
1か月前
東ソー株式会社
ポリマー組成物
2日前
JNC株式会社
光硬化性組成物
13日前
東レ株式会社
水分散型樹脂組成物
28日前
三井化学株式会社
光学部品
2日前
個人
セルロース繊維束の分離方法
1か月前
三菱製紙株式会社
エッチング装置
1か月前
株式会社カネカ
重合体の製造方法
1か月前
株式会社カネカ
熱硬化性樹脂組成物
1か月前
ユニチカ株式会社
ポリアミドイミド
1か月前
東レ株式会社
ポリエーテルニトリル
1か月前
東レ株式会社
成形材料および成形品
2日前
ユニチカ株式会社
ポリアミドイミド
1か月前
サンノプコ株式会社
粘性改良剤
22日前
株式会社日本触媒
二液型硬化性組成物
21日前
東洋紡株式会社
ポリエステルフィルム
1か月前
株式会社日本触媒
接着剤用樹脂組成物
1か月前
株式会社日本触媒
カルボン酸系重合体
6日前
花王株式会社
乳化組成物
1か月前
三洋化成工業株式会社
ブロックポリマー
28日前
東ソー株式会社
ブロー成形用樹脂組成物
2か月前
三洋化成工業株式会社
ブロックポリマー
1か月前
東レ株式会社
共重合ポリエステル組成物
2日前
アイカ工業株式会社
ウレタン樹脂組成物
1か月前
アイカ工業株式会社
光硬化性樹脂組成物
29日前
山形県
ポリイミド前駆体粉末
20日前
東レ株式会社
包装用ポリエステルフィルム
1か月前
日本製紙株式会社
樹脂組成物
1か月前
ユニチカ株式会社
ポリアミドイミド組成物
2か月前
株式会社日本触媒
フィルムおよびその製法
今日
日本製紙株式会社
分散体組成物
1か月前
株式会社ニックス
抗菌性組成物
2日前
続きを見る