TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022138138
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-22
出願番号2022033291
出願日2022-03-04
発明の名称モアレ効果を利用した表示部を搭載した時計
出願人マニュファクチュール・ドルロジュリ・オーデマ・ピゲ・ソシエテ・アノニム
代理人個人,個人,個人,個人
主分類G04B 45/00 20060101AFI20220914BHJP(時計)
要約【課題】モアレ効果を利用して、クロノグラフやカウントダウンの複雑機構の作動又は停止を一目で判断できて、時刻情報を読み取れる時計を提供する。
【解決手段】表示部は、時間情報の指標を備えた可動ディスクを備え、可動ディスクと固定体10の一方は、360°にわたって配置された複数の開口部26を備え、可動ディスク及び固定体10の一方は、第1視覚的外観を持つ第1パターンセット27と、第2視覚的外観を持つ第2パターンセット28とを備える複数パターンの繰り返しを有するマーキングを備え、第1視覚的外観を持つパターンは、第2視覚的外観を持つパターンと360°にわたって交互に配置され、複数の開口部26は、可動ディスクを回転させたときにモアレ効果が得られるように、マーキングの複数パターンを徐々に隠す複数の部分30によって互いに分離されている。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
クロノグラフ又はカウントダウンタイプの複雑機構と、
固定体(10)と、
クロノグラフ又はカウントダウンに関連する時刻情報を表示するモアレ効果を持つ表示部(20)であって、時間情報の指標(24)を持つ可動ディスク(22)を備えた前記表示部と
を含む時計のムーブメントを備えた、時計であって、
可動ディスク(22)は、一方で前記時計のムーブメントと係合して軸(23)に接続されていて、他方で固定体(10)の上又は下で回転するように配置されていて、
可動ディスク(22)及び固定体(10)の一方は、360°にわたって配置された複数の開口部(26)を備えていて、
可動ディスク(22)及び固定体(10)の他方は、
第1視覚的外観を持つ第1パターンセット(27)と、
第2視覚的外観を持つ第2パターンセット(28)と、
を備える複数のパターンの繰り返しを伴うマーキングを備えていて、
可動ディスク(22)が回転されるときにモアレ効果を作り出す前記マーキングの前記複数のパターンを徐々に隠すことが意図されている複数の部分(30)によって、前記複数の開口部(26)が互いに分離されている、前記時計。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
表示部は、クロノグラフ又はカウントダウンの計時装置(20)であり、計時装置(20)は、回転軸が計時装置(20)の中心軸と同軸である可動ディスク(22)を備えていて、
時間情報の前記指標が、可動ディスク(22)上に配置された区間(24)の形態、あるいは可動ディスク(22)の軸(23)に取り付けられた時計の針の形態であることで、計時装置(20)が時間情報を示せる、請求項1に記載の時計。
【請求項3】
計時装置(20)は秒の計時装置であり、可動ディスク(20)は、毎分1回転の速度で駆動される時計のムーブメントと係合しているので前記指標(24)は秒を示す、請求項2に記載の時計。
【請求項4】
固定体(10)は、文字盤に取り付けられていて、前記マーキングを持つ第1環状帯(32)を備えていて、
可動ディスク(22)は、固定体の上に配置されていて、360°に配置された開口部(26)を持つ第2環状帯(34)を備えている、請求項2に記載の時計。
【請求項5】
前記開口部(26)間の間隔幅は、同じ視覚的外観のパターン間の角度ピッチより小さいので、モアレ効果は、可動ディスク(22)の回転方向に発生する、請求項4に記載の時計。
【請求項6】
前記開口部(26)間の間隔幅は、同じ視覚的外観のパターン間の角度ピッチより大きいので、モアレ効果は、可動ディスク(22)の回転方向に発生する、請求項4に記載の時計。
【請求項7】
開口部の数(N)は30に等しく、可動ディスク(22)は60秒で1回転するように配置されているため、前記ムーブメントの複雑機構が動いているとき、モアレ効果により可動ディスク(22)が2秒で1回転するような錯覚を呈する、請求項5に記載の時計。
【請求項8】
計時装置(20)は、前記マーキングを備える第1環状領域(36)を有し、第1環状領域(36)は、可動ディスク(22)の一部であり、前記可動ディスクは、固定体(10)の下に配置されていて、
固定体(10)は、第1の環状領域(36)に重ね合わされた第2環状領域(38)を有し、第2の環状領域(38)は、360°にわたって配置された前記複数の開口部を持つ、請求項2に記載の時計。
【請求項9】
第2環状領域は、N個の開口(26)を備え、前記マーキングは、同じ視覚的態様のN-1個のパターンを備えている請求項8に記載の時計。
【請求項10】
第2環状領域は、N個の開口(26)を備え、前記マーキングは、同じ視覚的態様のN+1個のパターンを備えている、請求項8に記載の時計。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、時計の複雑機構が作動しているか停止しているかを迅速に示すモアレ効果を有する表示部を備えた時計に関するものである。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
モアレ効果を利用した表示部を搭載した時計は既知である。
【0003】
例えば、特許文献1(US5586089)には、標準的な時針、分針、秒針に替えて、透明又は不透明な領域のパターンが印刷された複数のディスクを持つ時計が開示されている。これらのディスクが回転すると、複数のモアレ画像の形で板が重なり合うことで、新たなそして刺激的な視覚効果が生み出される。時、分、秒の表示は、ディスクの外周にある目盛りが、環状の文字盤に配置された1から12までの環状の目盛りを指し示すことで実現している。この解決手段には、繊細で透明なディスクが複数必要である。
【0004】
特許文献2(CH709374A1)には、2つの本体を重ね合わせた時計が記載されているが、この時計もモアレ効果を利用して、2つの本体の相対的な回転速度よりも速く回転する表示を実現している。
【0005】
先行技術の時計で使用されているモアレ効果は、ただ興味深い視覚効果をもたらすことを目的としているにすぎない。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
米国特許第5586089号明細書
スイス国特許出願公開第709374号明細書
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
本発明の課題は、モアレ効果を利用して、クロノグラフやカウントダウンなどの複雑機構の作動又は停止(オン又はオフ)を一目で判断できて、時刻情報を読み取れる時計を提案することである。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明によると、この課題は、特に、クロノグラフ又はカウントダウンタイプの複雑機構を含む時計ムーブメントと、固定された本体と、クロノグラフ又はカウントダウンに関連する時間情報を表示するモアレ効果を持つ表示部とを備える時計によって達成される。表示部は、時刻情報の表示器に接続された可動ディスクを備えている。可動ディスクは、一方では時計のムーブメントと係合する軸に接続され、他方では固定体の上又は下で回転するように配置されている。可動ディスクと固定体の一方には、360°にわたって配置されたN個の複数の開口部が設けられている。可動ディスク及び固定体の一方は、第1視覚的外観を持つ第1パターンセットと、第2視覚的外観を有する第2パターンセットとを持つ複数のパターンの繰り返しを有するマーキングを備えている。第1視覚的外観を持つパターンは、第2視覚的外観を持つパターンと360°にわたって交互に配置されている。複数の開口部は、可動ディスクの回転に伴ってモアレ効果を作り出すマーキングのパターンを徐々に隠す複数の部分によって互いに分離されている。
【0009】
また、固定体は、文字盤に接続されていてもよい。また、固定体は文字盤の一部で構成されていてもよい。
【0010】
ディスクは、固体であるディスクであってもよい。代替的に、ディスクはリングで形成されていてもよい。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

セイコーエプソン株式会社
時計
28日前
セイコーエプソン株式会社
時計
28日前
セイコーエプソン株式会社
電子時計
2日前
セイコーエプソン株式会社
電子時計
1か月前
セイコーエプソン株式会社
時計部品及び時計
6日前
カシオ計算機株式会社
外装部材、ケースおよび時計
1か月前
シチズン時計株式会社
電子時計
1か月前
カシオ計算機株式会社
照明装置、モジュールおよび時計
28日前
カシオ計算機株式会社
部品搭載部材、ケースおよび時計
9日前
カシオ計算機株式会社
リスト機器
1か月前
シチズン時計株式会社
機械式時計
1か月前
シチズン時計株式会社
機械式時計
1か月前
セイコーエプソン株式会社
電子時計
2日前
オメガ・エス アー
外部制御ユニットを係止するデバイスを備える時計
1か月前
カシオ計算機株式会社
時計ケース及び電子時計
28日前
モントレー ブレゲ・エス アー
機械式時計の動作を一時的に停止させる装置
1か月前
シチズン時計株式会社
電子時計、外部装置及びシステム
6日前
セイコーウオッチ株式会社
押しボタン構造及び腕時計
9日前
ニヴァロックス-ファー ソシエテ アノニム
計時器用ムーブメントのためのバランスばね
5日前
セイコーウオッチ株式会社
表示修正機構、情報表示機構、ムーブメント及び時計
6日前
ニヴァロックス-ファー ソシエテ アノニム
計時器用ムーブメントのためのスパイラルばね
5日前
セイコーエプソン株式会社
電子時計および電子時計の制御方法
1か月前
カシオ計算機株式会社
スイッチ装置および時計
1か月前
カシオ計算機株式会社
アンテナ装置および時計
1か月前
ロレックス・ソシエテ・アノニム
時計機能選択用装置
20日前
ロレックス・ソシエテ・アノニム
時計機能選択用装置
20日前
ロレックス・ソシエテ・アノニム
時計機能選択用装置
20日前
カシオ計算機株式会社
通信装置、移動距離相関値の特定方法及びプログラム
1か月前
カシオ計算機株式会社
指針表示装置、指針表示動作制御方法及びプログラム
28日前
セイコーエプソン株式会社
機械部品及び時計
21日前
セイコーエプソン株式会社
時計のムーブメント
1日前
カシオ計算機株式会社
電子時計
1日前
カシオ計算機株式会社
電子機器、アンテナ特性の調整方法及び電子機器の組立て方法
20日前
ローレルバンクマシン株式会社
電子機器及びその時刻合わせ方法
1か月前
オメガ・エス アー
パターン化された装飾があるセラミックスベースの計時器又は宝飾品用の外側部品を製造する方法
1日前
ザ・スウォッチ・グループ・リサーチ・アンド・ディベロップメント・リミテッド
要求に応じて天気を表示するデバイス
1か月前
続きを見る