TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022138137
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-22
出願番号2022033182
出願日2022-03-04
発明の名称漏れ試験を行うためのシステムおよび方法
出願人ティーイー コネクティビティ イタリア ディストリビューション エッセ エッルレ エッレ
代理人個人,個人,個人,個人
主分類H01R 43/00 20060101AFI20220914BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】電線の漏れ試験を加速させ容易にするためのシステムおよび方法を提供する。
【解決手段】電気部品と結合するように構成されているカバーと、プラグアセンブリ100とを備えるシーリングアセンブリ1000が提供される。カバー200は、電気部品の漏れ試験中に空気を注入するための貫通孔220と、プラグアセンブリ100をカバー200に固定するための係合要素とを有する。プラグアセンブリ100は、貫通孔220を封止するためのシングルワイヤシールと、係合要素に可逆的に係合するロック要素とを含み、プラグアセンブリ100が貫通孔220に挿入されると、カバー200は、電気部品の開口部を気密に封止するように構成されている。シーリングアセンブリによって封止されている電気部品で漏れ試験を行うための方法も記載される。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
開口部を有する電気部品を封止するためのシーリングアセンブリ(1000)であって、
-前記電気部品と結合するように構成されているカバー(200)と、
-プラグアセンブリ(100)とを備え、
前記カバー(200)は、前記電気部品の漏れ試験中に空気を注入するための貫通孔(220)と、前記プラグアセンブリ(100)を前記カバー(200)に固定するための係合要素(230)とを有し、
前記プラグアセンブリ(100)は、前記貫通孔(220)を封止するためのシングルワイヤシール(110)と、前記係合要素(230)に可逆的に係合するロック要素(124)とを含み、
前記プラグアセンブリ(100)が前記貫通孔(220)に挿入されると、前記カバー(200)は、前記電気部品の前記開口部を気密に封止するように構成されている、シーリングアセンブリ。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記プラグアセンブリ(100)は、前記シングルワイヤシール(110)が装着されるピン(123)と、前記ピン(123)における前記シングルワイヤシール(110)の位置を固定するために前記ピン(123)の基部に形成された保持要素(125)とを含む、請求項1に記載のシーリングアセンブリ(1000)。
【請求項3】
前記保持要素(125)は、前記シングルワイヤシール(110)に形成された嵌合凹部(111)に係合するように構成されている突出要素である、請求項2に記載のシーリングアセンブリ(1000)。
【請求項4】
前記保持要素(125)は、前記ピン(123)の周囲に対称に形成された少なくとも3つの突出要素を含む、請求項3に記載のシーリングアセンブリ(1000)。
【請求項5】
前記貫通孔(220)は、前記ピン(123)に取り付けられた前記シングルワイヤシール(110)を挿入するための挿通チャネル(221)を含む、請求項2から4のいずれか一項に記載のシーリングアセンブリ(1000)。
【請求項6】
前記ロック要素(124)は対応するフラップ(124b)を含み、前記貫通孔(220)は、前記挿通チャネル(221)を囲み、かつ前記プラグアセンブリ(100)の前記ロック要素(124)の前記フラップ(124b)を受け入れるように構成されているキャビティ(222)をさらに含む、請求項5に記載のシーリングアセンブリ(1000)。
【請求項7】
前記カバー(200)は、前記貫通孔(220)を含む少なくとも1つの第1の面(201)と、前記第1の面(201)に垂直な4つの側面(202)とを含むことにより、前記電気部品の一部を収容するためのハウジングを画定する、請求項1から6のいずれか一項に記載のシーリングアセンブリ(1000)。
【請求項8】
前記電気部品は、複数の電気端子を含む端子箱(600)を含む、請求項1から7のいずれか一項に記載のシーリングアセンブリ(1000)。
【請求項9】
前記カバー(200)は、1本以上の電線(300、301、302、303)をそれぞれ挿入するための1つ以上の入口を備える、請求項1から8のいずれか一項に記載のシーリングアセンブリ(1000)。
【請求項10】
前記少なくとも1本の電線(300、301、302、303)は前記端子箱(600)の少なくとも1つの端子に接続される、請求項8に従属するときの請求項9に記載のシーリングアセンブリ(1000)。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、電気コネクタの技術分野に関する。特に、本発明は、電気コネクタの漏れ試験を行うためのシステムおよび方法に関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
終端の漏れ試験は、一般的に、空気の漏れを検出するために、例えば、電線の長さに沿った空気の漏れを検出し、したがって、電線が気密であり、水および/または埃の侵入から保護されていることを保証するために、先行技術において行われている。
【0003】
独国特許出願公開第3931340号明細書は、長手方向に水密でないポリエチレン絶縁ケーブルの空気圧シース試験の方法を開示しており、これにより、ケーブルトレンチに新しく敷設されたケーブルの動作開始前に、非毒性試験ガスを使用して、現場で漏れの位置を特定して漏れを排除することができる。独国特許出願公開第3931340号明細書はまた、敏感なケーブル表面材料および異なるケーブル外径のための取り外し可能な接続要素を開示しており、これは、一方で、試験ガスでフラッシングするときに確実な気密性を保証し、他方で、工具を使用することなく個々のシステム部品を頻繁かつ迅速に着脱することができる。
【0004】
米国特許出願公開第2016336094号明細書は、シールド層を含むシールド電線に関する。シールド電線の一端を密封し、水で満たされた水槽に浸漬し、10kPaの圧縮空気を他端から圧送する方法によって、シールド電線の空気漏れ試験を行う。具体的には、最初に10kPaの圧縮空気を30秒間圧送し、漏れがない場合(すなわち、電線の一端側から気泡が噴出しない場合)には、圧力を10kPa増加させた圧縮空気を圧送する。その後、漏れがない限り、圧力を10kPa増加させた圧縮空気を連続して圧送し、空気漏れのときの圧縮空気の圧力を測定する。
【0005】
標準的な漏れ試験の主な欠点は、空気がワイヤを通して注入されることである。このように、漏れ試験は時間がかかり、行うことが困難である。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
したがって、本発明の目的は、電線の漏れ試験を加速させ容易にするためのシステムおよび方法を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明は、漏れ試験中に空気を注入するための貫通孔と、漏れ試験が完了したら貫通孔を可逆的に封止および閉鎖するように特に設計されたプラグアセンブリとを備える、電気部品のためのシーリングカバーを提供するという考えに基づく。このようにして、漏れ試験の動作が加速および簡略化される。
【0008】
本発明の一実施形態によれば、開口部を有する電気部品を封止するためのシーリングアセンブリであって、
-電気部品と結合するように構成されているカバーと、
-プラグアセンブリとを備え、
カバーは、電気部品の漏れ試験中に空気を注入するための貫通孔と、プラグアセンブリをカバーに固定するための係合要素とを有し、プラグアセンブリは、貫通孔を封止するためのシングルワイヤシールと、係合要素に可逆的に係合するロック要素とを含み、プラグアセンブリが貫通孔に挿入されると、カバーは、電気部品の開口部を気密に封止するように構成されている、シーリングアセンブリが提供される。
【0009】
この構成は、シーリングアセンブリが、電気部品が水および埃の侵入から気密に封止されることを保証するだけでなく、漏れ試験を行うプロセスをより簡単に、より反復可能に、かつより効率的にするため有利である。このようにして、電気部品の使用中に漏れ試験を行うこともでき、電気部品を分解する必要がなく、電線に空気を注入する必要がない。例えば、カバーと電気部品との係合境界面における正しいシーリングを、従来技術で行われているように電気部品に挿入されたワイヤを通してではなく、貫通孔を通して空気を直接注入することによって確認することができる。
【0010】
さらに、この構成の利点は、本発明によるシーリングアセンブリを、水および埃の侵入から気密に閉鎖および封止する必要がある開口部を有する任意の電気部品に採用できることである。このようにして、漏れ試験の実施が簡略化され、動作速度が向上する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
電磁石
今日
個人
押圧検知器
今日
個人
正極及び蓄電池
3日前
個人
放射状アレーアンテナ
今日
日星電気株式会社
アンテナ
3日前
三菱電機株式会社
遮断器
7日前
富士通株式会社
電力合成器
今日
個人
Wi-Fiルーターアンテナ
3日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
3日前
オムロン株式会社
電磁継電器
3日前
株式会社GSユアサ
蓄電素子
7日前
株式会社GSユアサ
蓄電素子
今日
株式会社GSユアサ
蓄電素子
今日
三菱マテリアル株式会社
避雷器
7日前
三菱マテリアル株式会社
避雷器
7日前
電気興業株式会社
アレーアンテナ
3日前
日立金属株式会社
高周波用給電線
7日前
住友電気工業株式会社
半導体装置
3日前
オムロン株式会社
電磁継電器
今日
オムロン株式会社
電磁継電器
今日
オムロン株式会社
電磁継電器
今日
オムロン株式会社
電磁継電器
今日
オムロン株式会社
電磁継電器
今日
日立金属株式会社
信号伝送ケーブル
3日前
オムロン株式会社
電磁継電器
今日
オムロン株式会社
電磁継電器
今日
トヨタ自動車株式会社
散水システム
3日前
マクセル株式会社
全固体電池
3日前
石福金属興業株式会社
白金ペースト
7日前
マクセル株式会社
全固体電池
3日前
ローム株式会社
半導体発光装置
7日前
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
7日前
株式会社今仙電機製作所
電子装置
3日前
日本無線株式会社
レーダアンテナ
3日前
TDK株式会社
コイル部品
3日前
古河電気工業株式会社
複合ケーブル
今日
続きを見る