TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022138131
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-22
出願番号2022031689
出願日2022-03-02
発明の名称手書きフィードバック
出願人ソシエテ ビック,SOCIETE BIC
代理人特許業務法人谷川国際特許事務所
主分類G06F 40/109 20200101AFI20220914BHJP(計算;計数)
要約【課題】手書きテキストに基づいてフィードバックを生成するコンピュータ実装方法及びそれを実行するシステムを提供する。
【解決手段】コンピュータ実装方法は、手書きテキストを含む筆記動作において使用される筆記具を初期化し110、手書きテキストを捕捉及び処理してデジタルテキストデータを生成し120、デジタルテキストデータに関連付けられた少なくとも1つの手書きテキスト属性を識別し130、少なくとも1つの手書きテキスト属性を事前定義されたテキスト特徴属性と比較し140、比較した少なくとも1つの手書きテキスト属性及び事前定義されたテキスト特徴属性に基づいて、テキスト特徴を生成し150、テキスト特徴を使用してデジタルテキストデータを変更し160、修正されたデジタルテキストデータに基づいて、ユーザへのフィードバックを生成する170。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
手書きテキストに基づいてフィードバックを生成するためのコンピュータ実装方法(100)であって、
手書きテキストを含む筆記動作において使用される筆記具(10)を初期化するステップ(110)と、
前記手書きテキストを捕捉および処理して、デジタルテキストデータを生成するステップ(120)と、
前記デジタルテキストデータに関連付けられた少なくとも1つの手書きテキスト属性を識別するステップ(130)と、
前記少なくとも1つの手書きテキスト属性を事前定義されたテキスト特徴属性と比較するステップ(140)と、
前記比較された少なくとも1つの手書きテキスト属性および事前定義されたテキスト特徴属性に基づいて、テキスト特徴を生成するステップ(150)と、
前記テキスト特徴を使用して前記デジタルテキストデータを修正するステップ(160)と、
前記修正されたデジタルテキストデータに基づいて、ユーザ(U)へのフィードバックを生成するステップ(170)と、を含む、コンピュータ実装方法(100)。
続きを表示(約 1,400 文字)【請求項2】
前記手書きテキストが、前記筆記具(10)を使用してユーザ(U)によって筆記媒体上に書かれたテキストによって提供される、請求項1に記載の方法(100)。
【請求項3】
前記フィードバックが、表示ユニットを備えるユーザインターフェースサブシステム(40)を介してユーザ(U)に対して表示される視覚的フィードバックである、請求項1または2に記載の方法(100)。
【請求項4】
前記筆記具(10)を初期化すること(110)が、入力データを捕捉することを含む、先行請求項のいずれか一項に記載の方法(100)。
【請求項5】
入力データを捕捉することが、入力アルゴリズム(111)を適用することを含む、請求項4に記載の方法(100)。
【請求項6】
前記手書きテキストを捕捉および処理すること(120)が、捕捉サブシステム(20)からの追跡データを捕捉することを含み、前記捕捉サブシステム(20)が、筆記動作中に前記筆記具(10)の追跡データを生成するように構成されている、先行請求項のいずれか一項に記載の方法(100)。
【請求項7】
前記捕捉サブシステム(20)が、容量感応表面、加速度計、ジャイロスコープ、磁力計、力センサ、および/または光学センサを含む1つ以上のセンサを備える、請求項6に記載の方法(100)。
【請求項8】
前記追跡データが、前記筆記具(10)の動き追跡データを備え、前記動き追跡データが、前記筆記具(10)の位置、前記筆記具(10)の動きの方向、前記筆記具(10)の動きの速度、前記筆記具(10)の動きの加速度、前記筆記具(10)に作用する力、前記筆記具(10)の取り扱いモード、前記筆記具(10)の使用モードのうちの1つ以上を備える、請求項6または7に記載の方法(100)。
【請求項9】
前記デジタルテキストデータに関連付けられた少なくとも1つの手書きテキスト属性を識別すること(130)が、手書き属性識別アルゴリズム(131)を適用することを含む、先行請求項のいずれか一項に記載の方法(100)。
【請求項10】
手書きテキストに基づいてフィードバックを生成するためのシステム(1)であって、
手書きテキストを実行するためにユーザ(U)によって動作されるように構成された筆記具(10)と、
前記手書きテキストを捕捉するように構成された捕捉サブシステム(20)と、
処理サブシステム(30)であって、
-前記手書きテキストをデジタルテキストデータに処理し、
-前記デジタルテキストデータに関連付けられた少なくとも1つの手書きテキスト属性を識別し、
-前記少なくとも1つの手書きテキスト属性を事前定義されたテキスト特徴属性と比較し、
-前記比較された少なくとも1つの手書きテキスト属性および事前定義されたテキスト特徴属性に基づいて、テキスト特徴を生成し、
-前記テキスト特徴を使用して前記デジタルテキストデータを修正するように構成された、処理サブシステム(30)と、
前記修正されたデジタルテキストデータに基づいてフィードバックを生成し、かつ前記生成されたフィードバックを前記ユーザ(U)に対して再生するように構成されたユーザインターフェースサブシステム(40)と、を備える、システム(1)。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本出願は、2021年3月9日に出願された欧州特許出願第21305281.4号からの優先権を主張し、その内容は、この参照によりその全体が本明細書に組み込まれる。
続きを表示(約 2,300 文字)【0002】
本開示は、筆記動作の分野、より具体的には、手書きテキストに基づいてフィードバックを生成するためのコンピュータ実装方法、およびコンピュータ実装方法を実行するように構成されたシステムに関する。
【背景技術】
【0003】
近年、テキストを理解する、または様々な入力パラメータに基づいて出力テキストの形式で視覚的フィードバックを作成するためのアルゴリズムが登場している。例として、商用フォント製品は典型的に、筆記体、幅、または角度などの具体的な属性要件によって設計され、設計者によって手作業で作成される。新しいアルゴリズムは、既存のフォントを編集し、かつ異なるフォント間で補間することにより、新しいフォントスタイルでグリフ画像を作成するなど、同様のタスクを実行することが可能である。より具体的には、そのような新しいフォントまたはフォントスタイルは、入力属性および対応する重み値のセットに基づいて合成することができる。同様の例は、ユーザの好みおよび/または入力テキストの言語的もしくは意味的特徴に基づいて、デフォルト画像の画像または画像スタイルの変更を生成するように構成可能な画像生成アルゴリズムである。このようなアルゴリズムは、ウェブベースであり、ほぼリアルタイムで実行可能である。
【0004】
他の研究分野では、訓練を受けていない目には気付かない可能性のあるユーザに関する情報をリアルタイムで推測するために、ユーザの手書きを分析し、かつデータを抽出することが可能である、アルゴリズムが開発されている。そのようなデータは、ユーザの感情状態、例えば、ポジティブ、ニュートラル、またはネガティブな気分を判定するために使用され得る。
【0005】
しかしながら、ユーザの手書き動作中は、現状、手書きの改善のための重要な指標となり得る特定の機能または手書きの変更をユーザに通知するための、または内省のために現在の感情状態をユーザに通知するためのオプションはない。さらに、ユーザの手書きの特徴の評価は、訓練を受けていないユーザにとっては、典型的に、識別不能であり、専門家による分析が必要になる場合がある。加えて、感情状態および整然さを考慮した手書きの評価は、リアルタイムの改善または内省を可能にしない、長いプロセスになる可能性がある。
【0006】
よって、本開示の目的は、ユーザの手書きのリアルタイムおよび/または修正されたデジタルフィードバックを可能にするように構成されたコンピュータ実装方法および/またはシステムを提供することである。本開示の別の目的は、ユーザの手書きを分析し、かつユーザの手書きに関連付けられた身体的および/または心理的特徴をユーザに通知することが可能な、コンピュータ実施方法および/またはシステムを提供することである。
【発明の概要】
【0007】
本開示は、請求項1に記載の手書きテキストに基づいてフィードバックを生成するためのコンピュータ実装方法、および請求項10に記載の手書きテキストに基づいてフィードバックを生成するためのシステムに関する。従属請求項は、本開示の好ましい実施形態を示している。
【0008】
本開示の第1の態様によれば、手書きテキストに基づいてフィードバックを生成するためのコンピュータ実装方法が提供され、本方法は、手書きテキストを含む筆記動作において使用される筆記具を初期化するステップと、手書きテキストを捕捉かつ処理して、デジタルテキストデータを生成するステップと、を含む。本方法は、デジタルテキストデータに関連付けられた少なくとも1つの手書きテキスト属性を識別するステップと、少なくとも1つの手書きテキスト属性を事前定義されたテキスト特徴属性と比較するステップと、比較された少なくとも1つの手書きテキスト属性および事前定義されたテキスト特徴属性に基づいて、テキスト特徴を生成するステップと、をさらに含む。加えて、本方法は、テキスト特徴を使用してデジタルテキストデータを変更するステップと、修正されたデジタルテキストデータに基づいて、ユーザへのフィードバックを生成するステップと、を含む。ユーザは、手書きの微妙な変化、より具体的には、筆記具を使用して手書きテキストを実行する際に、リアルタイムのフィードバックを受容することができる。それにより、手書きの読みやすさ、および/または内省のためのユーザの心の状態(例えば、ニュートラル、ポジティブ、またはネガティブな気分、不安)に関する有益なフィードバックを改善することができる。詳細には、ユーザによって実行された手書きテキストおよびそれに関連付けられた微妙な変更を参照する継続的なフィードバックを可能にすることは、学習の加速および手書きの改善につながり得る。フィードバックは、手書きテキストから導出されたユーザの気分および感情状態についての内省をユーザに提供し得る。
【0009】
実施形態では、テキストの特徴は、フォントであり得る。フィードバックは視覚的フィードバックであり得、より具体的には、視覚的フィードバックは、出力テキストを含み得る。実施形態では、出力テキストは、フォントを備え得る。
【0010】
手書きテキストは、筆記媒体上で筆記具を使用してユーザが書いたテキストによって提供され得る。より具体的には、手書きテキストは、少なくとも1つのコミュニケーション言語に関して意味論的および/または言語学的に解釈可能であり得る。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
端末装置
14日前
個人
管理サーバ
6日前
個人
商品調達システム
20日前
個人
広告宣伝方法
6日前
個人
画像投影型タッチパネル
15日前
個人
商品販売システム
6日前
凸版印刷株式会社
ICカード
22日前
シャープ株式会社
電子機器
2日前
個人
足又は足指操作可能なマウス
14日前
個人
バナー広告提供システム
9日前
Yper株式会社
情報処理装置
20日前
キヤノン株式会社
情報処理装置
2日前
アズビル株式会社
情報処理装置
2日前
個人
市場取引銘柄表示システム
13日前
個人
認証システム、プログラム
9日前
個人
RFID付きPTPの製造法
1日前
東洋電装株式会社
操作装置
13日前
個人
電子伝票の統合管理・運用システム
21日前
株式会社アジラ
行動推定システム
13日前
個人
イベント開催方法、発券装置
20日前
NISSHA株式会社
ホバータッチセンサ
2日前
株式会社リコー
リモコン装置
9日前
株式会社アイエム
人工頭脳システム
9日前
個人
顔動画と音声による本人認証システム
14日前
株式会社アイズ
情報処理装置
20日前
ミサワホーム株式会社
配車システム
2日前
個人
電子文書の閲覧用電子機器、表示方法
7日前
株式会社おとも
同行援護マッチングシステム
1日前
個人
補助装置
9日前
株式会社ゼロプラス
即時決済システム
22日前
株式会社アイシン
姿勢判別装置
21日前
株式会社豊田自動織機
自律走行車
9日前
株式会社安川電機
制御装置
28日前
株式会社キビテク
ロボット支援システム
28日前
任天堂株式会社
振動制御システム
28日前
株式会社SUBARU
作業適正判定装置
20日前
続きを見る