TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022138130
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-22
出願番号2022031471
出願日2022-03-02
発明の名称いくつかのホイール上の計時器ディスプレイデバイス
出願人ウーテーアー・エス・アー・マニファクチュール・オロロジェール・スイス
代理人個人
主分類G04B 9/00 20060101AFI20220914BHJP(時計)
要約【課題】いくつかのホイール上の計時器ディスプレイデバイスを提供する。
【解決手段】計時器メカニズムと、計時器メカニズムの少なくとも1つの出力によって、同じ回転方向の回転運動で駆動されるホイール1;2上に組み合わせた計時器メカニズムに関連する大きさを表示するためのディスプレイデバイスとを含む計時器であって、少なくともホイールは、ホイール間、またはホイールと固定目盛りとの間の角度差によってこの大きさの表現を表示するインジケータ60と一体的に回転し、計時器メカニズムは、所与の時間に、単一の出力によって、単一のホイールを駆動し、ディスプレイデバイスは、ホイールの一方を他方によって駆動するための内部手段を含み、ディスプレイデバイスおよび/または計時器メカニズムは、ホイールの少なくとも1つの移動端位置に解放のための手段を含む。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
計時器メカニズム(200)と、前記計時器メカニズム(200)に関連する少なくとも1つの大きさを表示するためのディスプレイデバイス(100)とを含む計時器(1000)であって、前記ディスプレイは、前記計時器メカニズム(200)に含まれる少なくとも1つの出力(3;4)によって、同じ回転方向の回転運動で駆動されるように配置された複数のホイール(1;2)上に組み合わせて製造され、少なくとも前記ホイール(1;2)は、インジケータ(60;61;62)間、または前記インジケータ(60;61;62)と固定目盛りとの間の角度差によって前記大きさの表現を表示できるように、前記インジケータ(60;61;62)と一体的に回転し、前記計時器メカニズム(200)は、所与の時間に、単一の前記出力(3;4)によって、前記ホイール(1;2)のうちの一方のみを駆動するように配置され、前記ディスプレイデバイス(100)は、前記ホイール(1;2)を、他方の前記ホイール(2;1)によって駆動するための内部手段を含み、前記ディスプレイデバイス(100)および/または前記計時器メカニズム(200)は、前記ホイール(1;2)の少なくとも1つの移動端位置に解放のための手段を含むことを特徴とする、計時器(1000)。
続きを表示(約 1,200 文字)【請求項2】
前記計時器メカニズム(200)は、前記ホイール(1;2)の各移動端位置に解放のための手段を含むことを特徴とする、請求項1に記載の計時器(1000)。
【請求項3】
内部駆動手段は、他方の前記ホイール(2;1)に含まれる相補的な停止面(7;8)と協働するように配置された前記ホイール(1;2)の停止面(5;6)によって形成されることを特徴とする、請求項1または請求項2に記載の計時器(1000)。
【請求項4】
前記解放手段は、前記計時器メカニズム(200)に含まれる制御ギアトレイン(201;202)に組み込まれる摩擦手段(9)を含むことを特徴とする、請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の計時器(1000)。
【請求項5】
前記ホイール(1;2)は、同軸であることを特徴とする、請求項1から請求項4のいずれか一項に記載の計時器(1000)。
【請求項6】
前記メカニズム(200)は、実質的に同じ角速度で各前記ホイール(1;2)を駆動するように配置されることを特徴とする、請求項1から請求項5のいずれか一項に記載の計時器(1000)。
【請求項7】
前記ホイール(1;2)のうちの少なくとも一方は、リングまたはディスクである前記ホイール(2;1)のうちの他方を囲むリングであることを特徴とする、請求項1から請求項6のいずれか一項に記載の計時器(1000)。
【請求項8】
第1の前記ホイール(1)は、少なくとも第1の横方向の停止面(5;6)を含む内側突起(56)によって遮られる内側回転領域(58)を内側に含む外側リングであり、前記内側突起(56)は、前記内側回転領域(58)よりも共通軸に近い内側径方向端部(560)を含み、第2の前記ホイール(2)は、少なくとも第2の横方向の停止面(7;8)を含む外側突起(78)によって遮られる外側回転領域(76)を外側に含む内側リングまたはディスクであり、前記外側突起(78)は、前記外側回転領域(76)よりも、前記内側径方向端部(560)よりも、前記共通軸から遠い外側径方向端部(780)を含み、互いに隣接することによって前記内側突起(56)と前記外側突起(78)との間の相対駆動を可能にすることを特徴とする、請求項3、請求項5、および請求項7に記載の計時器(1000)。
【請求項9】
前記外側径方向端部(780)は、前記内側回転領域(58)の直径よりも小さい直径内に適合し、前記内側径方向端部(560)は、前記外側回転領域(76)の直径に等しい直径を越えて径方向に延在することを特徴とする、請求項8に記載の計時器(1000)。
【請求項10】
第2の前記ホイール(2)は、中央文字盤(26)を動かすように配置された内側リングであることを特徴とする、請求項8または請求項9に記載の計時器(1000)。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、計時器メカニズムと、この計時器メカニズムに関連する少なくとも1つの大きさを表示するためのディスプレイデバイスとを含む、計時器、特に腕時計に関し、このディスプレイは、この計時器メカニズムに含まれる少なくとも1つの出力によって、同じ回転方向の回転運動によって駆動されるように配置された、複数のホイール上における組み合わせで製造され、少なくとも1つのそのようなホイールは、インジケータ間、またはそのようなインジケータと固定目盛りとの間の角度差によって大きさの表現を表示できるように、インジケータと一体的に回転する。
続きを表示(約 1,200 文字)【0002】
本発明は、計時器、特に複雑構造の計時器のディスプレイメカニズムの分野に関する。
【背景技術】
【0003】
パワーリザーブの表示は、スプリングバレルなどのような少なくとも1つのエネルギ源によって駆動される機械式ムーブメント腕時計の分野において有用な複雑構造である。
【0004】
従来のパワーリザーブの表示では、一般に、差動装置は、バレルから充電情報および放電情報を収集し、しばしばこの差動装置によって駆動される、ホイールと一体化された針からなるインジケータによって、これら情報を変換することを可能にする。その結果、目盛り付きまたは画像化された基準目盛りの前を移動するディスプレイまたはパワーリザーブ表示針は、パワーリザーブのゲイン(腕時計のワインディング)またはロス(腕時計のレート)に応じて、時計回りまたは反時計回りに回転する。
【0005】
最大および最小のパワーリザーブインジケーションは、一般に、文字盤に依存し、それ自体が固定され、プラテンと一体化された基準目盛りで読み取ることができる。これらの末端位置のうちの1つの位置に達すると、(差動装置に組み込まれる)摩擦などのメカニズムは、必要に応じて最大または最小停止の固定位置にある針に対するギアトレインの回転を吸収する。パワーリザーブ針は、差動装置によって制御され、最大または最小のパワーリザーブの2つの末端マーク間の瞬間的なパワーリザーブのレベルを表示する。
【0006】
差動メカニズムは、証明された、正確で信頼できるソリューションであるが、このメカニズムは、特に腕時計の厚さによってはかさばり、衝撃に敏感で、高価である。したがって、単純化の代替案は歓迎される。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
本発明は、時計のムーブメントによって測定される時間に必ずしも関連しない特定の大きさの表示のための、特に、機械式腕時計のパワーリザーブの表示のためのディスプレイメカニズムを含む、特に腕時計用の特定の計時器メカニズムを作成することを提案する。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明によるメカニズムは、差動装置の存在を克服し、ギアトレインを単純化する。繰り返しになるが、腕時計のムーブメント上のアセンブリを単純化するように設計される。
【0009】
この目的のために、本発明は、請求項1に記載の計時器に関する。
【発明の効果】
【0010】
本発明の目的、利点、および特徴は、本発明の非限定的な変形例を示す添付の図面を参照して、以下の詳細な説明を読むと明らかになる。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

セイコーエプソン株式会社
時計
28日前
セイコーエプソン株式会社
時計
28日前
メコ・エス アー
時計を制御するためのデバイス
2か月前
セイコーエプソン株式会社
電子時計
1か月前
セイコーエプソン株式会社
電子時計
1か月前
セイコーエプソン株式会社
電子時計
2日前
セイコーエプソン株式会社
電子時計
1か月前
モントレー ブレゲ・エス アー
回転ベゼルを備える時計
3か月前
カシオ計算機株式会社
外装部材、ケースおよび時計
1か月前
セイコーエプソン株式会社
時計部品及び時計
6日前
カシオ計算機株式会社
リスト機器
1か月前
シチズン時計株式会社
電子時計
1か月前
シチズン時計株式会社
機械式時計
1か月前
シチズン時計株式会社
機械式時計
1か月前
カシオ計算機株式会社
部品搭載部材、ケースおよび時計
9日前
カシオ計算機株式会社
照明装置、モジュールおよび時計
28日前
セイコーエプソン株式会社
電子時計
2日前
カシオ計算機株式会社
装身具、装身具の製造方法、および時計
1か月前
オメガ・エス アー
外部制御ユニットを係止するデバイスを備える時計
1か月前
シチズン時計株式会社
電子時計及び通信方法
2か月前
セイコータイムクリエーション株式会社
時計部品の取付構造
2か月前
カシオ計算機株式会社
時計ケース及び電子時計
28日前
モントレー ブレゲ・エス アー
機械式時計の動作を一時的に停止させる装置
1か月前
シチズン時計株式会社
電子時計、外部装置及びシステム
6日前
セイコーウオッチ株式会社
押しボタン構造及び腕時計
9日前
ニヴァロックス-ファー ソシエテ アノニム
計時器用ムーブメントのためのバランスばね
5日前
ニヴァロックス-ファー ソシエテ アノニム
計時器用ムーブメントのためのスパイラルばね
5日前
セイコーエプソン株式会社
電子時計および電子時計の制御方法
1か月前
セイコーエプソン株式会社
電子時計および電子時計の制御方法
1か月前
セイコーウオッチ株式会社
表示修正機構、情報表示機構、ムーブメント及び時計
6日前
カシオ計算機株式会社
アンテナ装置および時計
1か月前
ロレックス・ソシエテ・アノニム
時計機能選択用装置
20日前
ロレックス・ソシエテ・アノニム
時計機能選択用装置
20日前
ロレックス・ソシエテ・アノニム
時計機能選択用装置
20日前
カシオ計算機株式会社
スイッチ装置および時計
1か月前
カシオ計算機株式会社
通信装置、移動距離相関値の特定方法及びプログラム
1か月前
続きを見る