TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022138128
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-22
出願番号2022030544
出願日2022-03-01
発明の名称ホーゼル穴カバー付きゴルフクラブヘッド
出願人アクシュネット カンパニー,ACUSHNET COMPANY
代理人個人,個人,個人
主分類A63B 53/04 20150101AFI20220914BHJP(スポーツ;ゲーム;娯楽)
要約【課題】ゴルフクラブヘッドの性能の向上を支援するホーゼル穴カバーを備えたゴルフクラブヘッドが開示される。
【解決手段】相互交換可能な連結システムの底部分にホーゼル穴カバー314を具備するゴルフクラブヘッドに関し、ゴルフの重量を調整するために既存の開口部を戦略的に利用するだけでなく、ゴルフクラブヘッドの空気力学に悪影響を与える可能性のある望ましくない窪みを排除してゴルフクラブヘッドの空気力学を改善することにより、ゴルフクラブヘッドの性能を改善する。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
ゴルフクラブヘッドにおいて、
クラウン部分、ソール部分、ヒール部分、および、トウ部分をさらに有する本体部分と、
上記ゴルフクラブヘッドのヒール部分の近くに位置決めされたホーゼル領域とを有し、
上記ホーゼル領域は、さらに、
取り外し可能なホーゼル機構を具備する上側端部と、
ホーゼル穴を具備する下側端部であって、当該ホーゼル穴はさらに1または複数のネジ山のない凹部切欠きを上記ホーゼル穴の側壁に沿って有する、上記下側端部と、
上記ホーゼル穴の内部表面の全体を実質的に被覆するように適合化されたホーゼル穴カバーと、
上記ホーゼル穴カバーを上記ゴルフクラブヘッドに取り付けるように適合化された取り付け機構であって、1または複数のネジ山のない突起を有する、上記取り付け機構とを有し、
上記1または複数のネジ山のない突起は上記1または複数のネジ山のない凹部切欠きを係合して上記ホーゼル穴カバーを上記ゴルフクラブヘッドに取り付けるように適合化されることを特徴とするゴルフクラブヘッド。
続きを表示(約 930 文字)【請求項2】
上記取り付け機構の回転が、上記1または複数のネジ山のない突起を上記1または複数のネジ山のない凹部切欠きに回転可能に係合させる請求項1記載のゴルフクラブヘッド。
【請求項3】
上記回転機構は、90度だけ回転するように適合化される請求項2記載のゴルフクラブヘッド。
【請求項4】
上記回転機構の上記回転は、上記1または複数のネジ山のない凹部切欠きとともに上記1または複数のネジ山のない突起を線形に移動させる請求項1記載のゴルフクラブヘッド。
【請求項5】
上記回転機構は、90度だけ回転するように適合化される請求項4記載のゴルフクラブヘッド。
【請求項6】
上記ホーゼル穴カバーは、さらに、上記保持機構を収容するように適合化された収容開口部を有し、
上記収容開口部は約55mm

から約300mm

の間の表面積を具備する請求項4記載のゴルフクラブヘッド。
【請求項7】
上記収容開口部の上記表面積は、約65mm

から約200mm

の間の面積を具備する請求項6記載のゴルフクラブヘッド。
【請求項8】
上記収容開口部の上記表面積は、約90mm

の面積を具備する請求項6記載のゴルフクラブヘッド。
【請求項9】
上記ホーゼル穴カバーは、さらに、1または複数の取り付け開口部を有し、上記1または複数の取り付け開口部は、上記1または複数のネジ山のない突起を上記ホーゼル穴カバーの外に出すことが可能なように適合化される請求項1記載のゴルフクラブヘッド。
【請求項10】
上記ホーゼルカバーは、さらに、2またはそれを超える数の取り付け開口部と、2またはそれを超える数のネジ山のない突起とを有し、上記2またはそれを超える数の取り付け開口部は、上記2またはそれを超える数のネジ山のない突起を上記ホーゼル穴カバーの外に出すことが可能なように適合化される請求項9記載のゴルフクラブヘッド。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
この発明は、全般的には、ゴルフクラブヘッドの性能を改善するのに役立つホーゼル穴カバーを備えたゴルフクラブヘッドに関する。より具体的には、この発明は、ゴルフクラブヘッドの重量を調整するために既存の開口部を戦略的に利用することによってゴルフクラブヘッドの性能を改善するだけでなく、ゴルフクラブヘッドの空気力学に悪影響を与える可能性のある望ましくない窪みを排除することにより、ゴルフクラブヘッドの空気力学を改善する、交換可能な結合システムの底部にホーゼル穴カバーを有するゴルフクラブヘッドに関する。
続きを表示(約 2,400 文字)【背景技術】
【0002】
ゴルフクラブヘッドの空気力学を改善することは、ゴルフクラブ設計者がゴルフクラブヘッドの性能を改善しようとする方法の1つである。1987年にKobayashiに付与された米国特許第4,754,974号は、空気力学に焦点を当てることによってゴルフクラブヘッドの性能を改善する最も初期の試みの1つを示している。Kobayashiはゴルフクラブのヘッドに表面構造を形成して、ヘッド本体の外側表面に空気中で乱流境界層を作り出そうとしている。
【0003】
ゴルフクラブヘッドの空気力学は、その全体的な性能において重要な要素である可能性があるけれども、ゴルフクラブヘッドの全体的な性能の改善に寄与するのに役立つ他の多くの要因もある。そのうちのいくつかは、ゴルフクラブのヘッドの空気力学にいくらかの悪影響をもたらす可能性さえある。2000年に出願されたHelmstetter等の米国特許第6,368,230号は、技術革新の1つであり、なぜならば、これは、取り外し可能なホーゼルシステムを生成するゴルフクラブに関連し、クラブとシャフトを互いに解放可能に取り付けることができるようにするからである。この発明は、ゴルファーがゴルフクラブで異なるクラブとヘッドの組み合わせを試すことを著しく容易にするだけでなく、ゴルフクラブの調整可能性に関連する業界におけるその後の技術的進歩への道を開いた。
【0004】
2008年に出願されたBeach等の米国特許第7,887,431号は、従来のシャフトの曲げ作業に頼ることなく、ゴルフクラブヘッドのロフトおよび/またはライ角を変更することもできる取り外し可能なシャフトシステムを作成することによって、先の発明をさらに改善することを示している。
【0005】
しかしながら、Helmstetter等の発明およびBeach等の発明の双方は、ソールの底部からソールのアタッチメント開口部を介してホーゼル部分へのゴルフクラブへのアクセスを必要とし、これはゴルフクラブヘッドの空気力学に悪影響を与える可能性がある。この点に加えて、シャフトホーゼルシステムの互換性を促進するために必要とされるこのアタッチメント開口部は、当該アタッチメント開口部に加重部材を取り付けることにより、ゴルフクラブヘッドの重心(CG)を操作するために活用することもできる。
【0006】
Kingstonの米国特許第10,668,336号は、アタッチメント開口部を利用してゴルフクラブヘッドの重みを操作するのを支援する試みを示している。より具体的には、Kingstonは、ヒール側のアタッチメント開口部内に収まり、少なくとも部分的にこれを満たすサイズのウェイトプラグを教示している。Kingstonは、この既存のアタッチメント開口部を加重目的で利用できるけれども、複数のコンポーネントを必要とする複雑なシステムを介して利用する。多くの場合、インストールとアンインストールが複雑になる複数のスレッドが必要になる。さらに、Kingstonは、ゴルフクラブヘッドの空気力学に対するアタッチメント開口部の悪影響に対処することによって、ゴルフクラブヘッドの空気力学を改善する能力を認識していない。
【0007】
したがって、上述によれば、ゴルフクラブヘッドの空気力学を改善しながら、ゴルフクラブヘッドの重み付けおよびCGをすべて容易に調整することができる改善されたホーゼル穴カバーが当技術分野で必要とされていることが分かる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0008】
米国特許第4,754,974号
米国特許第6,368,230号
米国特許第7,887,431号
米国特許第10,668,336号
【発明の概要】
【0009】
この発明の1側面は、ゴルフクラブヘッドであって、クラウン部分、ソール部分、ヒール部分、および、トウ部分をさらに有する本体部分と、上記ゴルフクラブヘッドのヒール部分の近くに位置決めされたホーゼル領域とを有し、上記ホーゼル領域は、さらに、取り外し可能なホーゼル機構を具備する上側端部と、ホーゼル穴を具備する下側端部であって、当該ホーゼル穴はさらに1または複数のネジ山のない凹部切欠きを上記ホーゼル穴の側壁に沿って有する、上記下側端部と、上記ホーゼル穴の内部表面の全体を実質的に被覆するように適合化されたホーゼル穴カバーと、上記ホーゼル穴カバーを上記ゴルフクラブヘッドに取り付けるように適合化された取り付け機構であって、1または複数のネジ山のない突起を有する、上記取り付け機構とを有し、上記1または複数のネジ山のない突起は上記1または複数のネジ山のない凹部切欠きを係合して上記ホーゼル穴カバーを上記ゴルフクラブヘッドに取り付けるように適合化されるゴルフクラブヘッドである。
【0010】
この発明の他の側面は、ゴルフクラブヘッドであって、クラウン部分、ソール部分、ヒール部分、および、トウ部分をさらに有する本体部分と、上記ゴルフクラブヘッドのヒール部分の近くに位置決めされたホーゼル領域とを有し、上記ホーゼル領域は、さらに、取り外し可能なホーゼル機構を具備する上側端部と、ホーゼル穴を具備する下側端部と、上記ホーゼル穴の内部表面の全体を実質的に被覆するように適合化されたホーゼル穴カバーとを有し、上記ホーゼル穴ッカバーはさらに収容開口部を有し、上記収容開口部は約55mm

から約300mm

の間の表面積を具備するゴルフクラブヘッドである。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
剣玉様玩具
3か月前
個人
トスマシーン
4か月前
個人
カードセット
2か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
2日前
株式会社三共
遊技機
2日前
株式会社三共
遊技機
2日前
株式会社三共
遊技機
2日前
株式会社三共
遊技機
2日前
株式会社三共
遊技機
2日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
株式会社三共
遊技機
5日前
続きを見る