TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022138034
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-22
出願番号2021037804
出願日2021-03-09
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人,個人
主分類H02M 3/28 20060101AFI20220914BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】商用電源からの交流電圧が遮断された状態において平滑コンデンサを放電することができる画像形成装置を提供する。
【解決手段】電源装置は、切替回路130により、交流電圧が電源装置に入力されていないときに、コンバータ制御回路104のBO端子に入力される電圧が、交流電圧が電源装置に入力されているときにBO端子に入力される電圧よりも大きくなる。この結果、平滑コンデンサ102に充電された電荷を、コンバータ制御回路104の動作によってより長時間放電することができる。即ち、商用電源からの交流電圧が遮断された状態において平滑コンデンサを放電することができる。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
商用電源から入力される交流電圧を直流電圧に変換する電源装置において、
前記交流電圧を整流する整流手段と、
前記整流手段によって整流された電圧を平滑化する平滑コンデンサと、
前記平滑コンデンサによって平滑化された電圧が印加される第1巻線と、前記第1巻線と絶縁された第2巻線と、を備えるトランスと、
前記第1巻線に印加された電圧に起因して前記第2巻線に発生する電圧を前記直流電圧に変換する変換手段と、
前記平滑コンデンサによって平滑された電圧が前記第1巻線に印加される第1状態と、前記平滑コンデンサによって平滑された電圧が前記第1巻線に印加されない第2状態と、に切り替わるスイッチング素子と、
前記平滑コンデンサによって平滑された電圧を分圧する分圧手段と、
前記分圧手段によって分圧された電圧が入力される入力端子を備え、前記入力端子に入力される電圧が所定電圧よりも大きい状態において前記スイッチング素子のON状態及びOFF状態の切り替えを制御する制御手段と、
を有し、
前記分圧手段は、前記交流電圧が前記電源装置に入力されている場合は前記平滑コンデンサによって平滑された電圧を第1の分圧比で分圧し、前記交流電圧が前記電源装置に入力されていない場合は前記平滑コンデンサによって平滑された電圧を前記第1の分圧比よりも大きい第2の分圧比で分圧し、
前記第1の分圧比及び前記第2の分圧比は、前記平滑コンデンサによって平滑された電圧に対する前記入力端子に入力される電圧の比率に対応する値であることを特徴とする電源装置。
続きを表示(約 860 文字)【請求項2】
前記分圧手段は、前記平滑コンデンサに接続された第1の抵抗と、前記第1の抵抗に直列に接続された第2の抵抗と、前記第2の抵抗に並列に接続された第3の抵抗と、前記第3の抵抗に接続された第2スイッチング素子と、を備え、
前記入力端子は、前記第1の抵抗と前記第2の抵抗との間に接続され、
前記第2スイッチング素子は、前記交流電圧が前記電源装置に入力されている場合はオン状態であり、前記交流電圧が前記電源装置に入力されていない場合はオフ状態であり、
前記平滑コンデンサによって平滑された電圧は、前記交流電圧が前記電源装置に入力されている場合は前記第2スイッチング素子が前記オン状態であることに起因して前記第1の抵抗、前記第2の抵抗及び前記第3の抵抗により分圧され、記交流電圧が前記電源装置に入力されていない場合は前記第2スイッチング素子が前記オフ状態であることに起因して前記第1の抵抗及び前記第2の抵抗により分圧されることを特徴とする請求項1に記載の電源装置。
【請求項3】
前記トランスは、前記第1巻線及び前記第2巻線と絶縁された第3巻線を備え、
前記制御手段は、前記交流電圧が前記電源装置に入力されていない状態において、前記スイッチング素子のON状態及びOFF状態の切り替えを制御することに起因して前記第3巻線に発生する電圧に基づいて動作することを特徴とする請求項1又は2に記載の電源装置。
【請求項4】
前記制御手段は、前記入力端子に入力される電圧が前記所定電圧よりも小さい状態においては前記スイッチング素子のON状態及びOFF状態の切り替えを行わないことを特徴とする請求項1乃至3のいずれか一項に記載の電源装置。
【請求項5】
請求項1乃至4のいずれか一項に記載の電源装置と、
前記電源装置から出力される前記直流電圧に基づいて記録媒体に画像を形成する画像形成部と、
を備えることを特徴とする画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、電圧を出力する電源装置を備える画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
従来、商用電源から供給された交流電圧を直流電圧に変換するACDC変換回路を備える画像形成装置が知られている(特許文献1)。ACDC変換回路では、ダイオードブリッジによって整流された電圧が平滑コンデンサによって平滑され、当該平滑コンデンサは充電されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2017-112714号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
画像形成装置では、画像形成装置内部に設けられた各種装置が故障した際に、ACDC変換回路が設けられた基板をサービスマンが交換することがある。基板の交換は、商用電源からACDC変換回路への交流電圧の供給が遮断された状態で行われる。
【0005】
しかしながら、商用電源からACDC変換回路への交流電圧の供給が遮断された状態であっても、平滑コンデンサが十分に放電されていない場合がある。即ち、平滑コンデンサが十分に放電されていない状態で基板が交換される可能性がある。
【0006】
上記課題に鑑み、本発明は、商用電源からの交流電圧が遮断された状態において平滑コンデンサをより効率的に放電することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題を解決するために、本発明にかかる電源装置は、
商用電源から入力される交流電圧を直流電圧に変換する電源装置において、
前記交流電圧を整流する整流手段と、
前記整流手段によって整流された電圧を平滑化する平滑コンデンサと、
前記平滑コンデンサによって平滑化された電圧が印加される第1巻線と、前記第1巻線と絶縁された第2巻線と、を備えるトランスと、
前記第1巻線に印加された電圧に起因して前記第2巻線に発生する電圧を前記直流電圧に変換する変換手段と、
前記平滑コンデンサによって平滑された電圧が前記第1巻線に印加される第1状態と、前記平滑コンデンサによって平滑された電圧が前記第1巻線に印加されない第2状態と、に切り替わるスイッチング素子と、
前記平滑コンデンサによって平滑された電圧を分圧する分圧手段と、
前記分圧手段によって分圧された電圧が入力される入力端子を備え、前記入力端子に入力される電圧が所定電圧よりも大きい状態において前記スイッチング素子のON状態及びOFF状態の切り替えを制御する制御手段と、
を有し、
前記分圧手段は、前記交流電圧が前記電源装置に入力されている場合は前記平滑コンデンサによって平滑された電圧を第1の分圧比で分圧し、前記交流電圧が前記電源装置に入力されていない場合は前記平滑コンデンサによって平滑された電圧を前記第1の分圧比よりも大きい第2の分圧比で分圧し、
前記第1の分圧比及び前記第2の分圧比は、前記平滑コンデンサによって平滑された電圧に対する前記入力端子に入力される電圧の比率に対応する値であることを特徴とする。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、商用電源からの交流電圧が遮断された状態において平滑コンデンサを放電することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
第1実施形態に係る画像形成装置を説明する断面図である。
前記画像形成装置の制御構成を示すブロック図である。
電源装置の構成を示すブロック図である。
トランスの1次巻線に流れる電流及びトランスの2次巻線に流れる電流を示す図である。
電源装置へ入力される交流電圧が遮断された場合における電源装置の動作を説明するタイムチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下に図面を参照して、本発明の好適な実施の形態を説明する。ただし、この実施の形態に記載されている構成部品の形状及びそれらの相対配置などは、この発明が適用される装置の構成や各種条件により適宜変更されるべきものであり、この発明の範囲が以下の実施の形態に限定される趣旨のものではない。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
トナー
1日前
キヤノン株式会社
トナー
1日前
キヤノン株式会社
記録媒体
9日前
キヤノン株式会社
光学装置
4日前
キヤノン株式会社
撮像装置
1日前
キヤノン株式会社
検査装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像投写装置
1日前
キヤノン株式会社
画像投写装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
9日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
9日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
9日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
8日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
15日前
キヤノン株式会社
光学系および撮像装置
1日前
キヤノン株式会社
インクジェット記録装置
1日前
キヤノン株式会社
患部画像データ管理装置
9日前
キヤノン株式会社
表示装置及びその制御方法
1日前
キヤノン株式会社
変倍光学系および光学機器
1日前
キヤノン株式会社
電源装置及び画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
電源装置及び画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
レンズ装置および撮像装置
9日前
キヤノン株式会社
撮像装置およびプログラム
1日前
キヤノン株式会社
光源装置および画像投射装置
1日前
キヤノン株式会社
記録装置及びキャリッジ装置
1日前
キヤノン株式会社
用紙搬送装置、画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
撮像システム及びその制御方法
1日前
キヤノン株式会社
情報処理装置及びその制御方法
1日前
続きを見る