TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022137793
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-22
出願番号2021037465
出願日2021-03-09
発明の名称装置および装置本体
出願人株式会社リコー
代理人
主分類B41J 2/175 20060101AFI20220914BHJP(印刷;線画機;タイプライター;スタンプ)
要約【課題】着脱ユニットを着脱する際に、ユニット側電気接点と本体側電気接点が接触することを防止すること。
【解決手段】装置本体は、下部ユニット3に装着されたインクカートリッジ40のカートリッジ接点部40bに接触する接触位置と、下部ユニット3に装着されたインクカートリッジ40のカートリッジ接点部40bに対して所定の間隔をおいた非接触位置の間で移動可能な本体側電気接点13bと、開口103を開閉する上部ユニット2と、上部ユニット2を開いたときには、本体側電気接点13bを所定の間隔で移動させることで非接触位置に位置させ、上部ユニット2を閉じたときには、本体側電気接点13bを所定の間隔で移動させることで接触位置に位置させる連動部と、を備える。
【選択図】図13
特許請求の範囲【請求項1】
装置本体と、
前記装置本体に形成された開口を介して、前記装置本体に着脱可能に構成される着脱ユニットと、
を備えた装置であって、
前記着脱ユニットは、ユニット側電気接点を備え、
前記装置本体は、
前記装置本体に装着された前記着脱ユニットの前記ユニット側電気接点に接触する接触位置と、前記装置本体に装着された前記着脱ユニットの前記ユニット側電気接点に対して所定の間隔をおいた非接触位置の間で移動可能な本体側電気接点と、
前記開口を開閉するカバーと、
前記カバーを開いたときには、前記本体側電気接点を前記所定の間隔で移動させることで前記非接触位置に位置させ、前記カバーを閉じたときには、前記本体側電気接点を前記所定の間隔で移動させることで前記接触位置に位置させる連動部と、
を備えた装置。
続きを表示(約 1,200 文字)【請求項2】
前記連動部は、前記カバーを閉じることに連動して、前記本体側電気接点を前記非接触位置から前記接触位置へ移動させる請求項1記載の装置。
【請求項3】
前記連動部は、
前記本体側電気接点を保持する保持部材と、
前記カバーに設けられた押圧部と、を含み、
前記カバーを閉じることにより、前記押圧部が、前記装置本体に装着された前記着脱ユニットの前記ユニット側電気接点に向かう方向へ、前記保持部材を押圧する請求項2記載の装置。
【請求項4】
前記連動部は、前記カバーを開くことに連動して、前記本体側電気接点を前記接触位置から前記非接触位置へ移動させる請求項1記載の装置。
【請求項5】
前記連動部は、
前記本体側電気接点を保持する保持部材と、
前記装置本体に装着された前記着脱ユニットの前記ユニット側電気接点から離れる方向へ、前記保持部材を付勢する付勢部材と、
前記カバーに設けられた押圧部と、を含み、
前記カバーが閉じられた状態では、前記押圧部が、前記装置本体に装着された前記着脱ユニットの前記ユニット側電気接点に向かう方向へ、前記付勢部材の付勢力に抗して、前記保持部材を押圧しており、
前記カバーを開くことにより、前記押圧部が前記保持部材から離脱する請求項4記載の装置。
【請求項6】
前記カバーは、前記装置本体に設けられた支点を中心に回動可能であり、
前記支点および前記押圧部は、前記保持部材に対して同じ側に設けられる請求項3または5記載の装置。
【請求項7】
前記本体側電気接点は、前記装置本体に対して前記着脱ユニットを着脱する方向に直交する方向に移動可能である請求項1~6の何れか記載の装置。
【請求項8】
前記着脱ユニットは、記録材に画像を記録する記録部とインクタンクとを一体に備えるインクカートリッジである請求項1~7の何れか記載の装置。
【請求項9】
前記装置は、使用者が前記装置本体を把時して記録材上を走査させることで、該記録材に画像を記録する装置である請求項1~8の何れか記載の装置。
【請求項10】
開口を介して着脱ユニットを着脱可能とした装置本体であって、
前記装置本体に装着された前記着脱ユニットのユニット側電気接点に接触する接触位置と、前記装置本体に装着された前記着脱ユニットの前記ユニット側電気接点に対して所定の間隔をおいた非接触位置の間で移動可能な本体側電気接点と、
前記開口を開閉するカバーと、
前記カバーを開いたときには、前記本体側電気接点を前記所定の間隔で移動させることで前記非接触位置に位置させ、前記カバーを閉じたときには、前記本体側電気接点が前記所定の間隔で移動させることで前記接触位置に位置させる連動部と、
を備えた装置本体。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、装置および装置本体に関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、記録材に画像を記録する記録部41と、記録部41を内部に収容する装置本体と、を備える携帯型画像形成装置において、装置本体の側と電気的に接続される着脱ユニット40と、装置本体に装着された着脱ユニット40のユニット側接続部が、本体側接続部13に向かう方向に着脱ユニット40を加圧する加圧手段12cと、加圧手段12cを保持し移動可能な可動部材12とを備え、可動部材12は、加圧手段12cが本体側接続部13に最も近づく第1の位置と最も離れる第2の位置との間で移動可能に構成されていることが記載されている。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
本発明は、着脱ユニットを着脱する際に、ユニット側電気接点と本体側電気接点が接触することを防止する装置および装置本体を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0004】
本発明に係る装置は、装置本体と、装置本体に形成された開口を介して、装置本体に着脱可能に構成される着脱ユニットと、を備え、着脱ユニットは、ユニット側電気接点を備え、装置本体は、装置本体に装着された着脱ユニットのユニット側電気接点に接触する接触位置と、装置本体に装着された着脱ユニットのユニット側電気接点に対して所定の間隔をおいた非接触位置の間で移動可能な本体側電気接点と、開口を開閉するカバーと、カバーを開いたときには、本体側電気接点を所定の間隔で移動させることで非接触位置に位置させ、カバーを閉じたときには、本体側電気接点を所定の間隔で移動させることで接触位置に位置させる連動部と、を備える。
【発明の効果】
【0005】
本発明によれば、着脱ユニットを着脱する際に、本体側電気接点を非接触位置に位置させることが可能になる。これにより、着脱ユニットを着脱する際に、ユニット側電気接点と本体側電気接点が接触することを防止する装置および装置本体を提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
本発明の実施形態に係るHMPを左背面側上方から見た外観斜視図である。
本実施形態に係るHMPにキャッピングユニットを取り付けた状態の外観斜視図である。
本実施形態に係るHMPから、キャッピングユニットを取り外した状態の外観斜視図である。
本実施形態に係るHMPを斜め下方から見た外観斜視図である。
本実施形態に係るHMPの下面図である。
本実施形態に係るHMPを左側方から見た概略断面図である。
本実施形態に係るHMPを操作する際の使用者の手とHMPとの位置関係を示す説明図である。
本実施形態に係るHMPで記録紙P上に画像形成する様子を示す説明図である。
本実施形態に係るHMPの電気回路の一部を示すブロック図である。
本実施形態に係るインクカートリッジを取り出した状態のHMPの斜視説明図である。
本実施形態に係るインクカートリッジの単体の斜視説明図である。
本実施形態に係るインクカートリッジの三面図である。
本実施形態に係るHMPにおける上部ユニットの開閉の説明図である。
本実施形態に係るHMPの背面断面図である。
本実施形態の変形例に係るHMPにおける上部ユニットの開閉の説明図である。
図15に示した変形例の上面図である。
本実施形態の第2の変形例に係るHMPにおける上部ユニットの開閉の説明図である。
【発明を実施するための形態】
【0007】
以下、本発明を、携帯型画像形成装置であるハンディモバイル型プリンタ(以下、「HMP」という)に適用した一実施形態について説明する。まず、実施形態に係るHMPの基本的な構成について説明する。
【0008】
図1は、本発明の実施形態に係るHMP1を左背面側上方から見た外観斜視図である。図2は、本実施形態に係るHMP1にキャッピングユニット8を取り付けた状態を斜め上方から見た外観斜視図である。
【0009】
図3は、本実施形態に係るHMP1から、キャッピングユニット8を取り外した状態を示す外観斜視図であり、HMP1及びキャッピングユニット8を、右正面側上方から見た斜視図である。
【0010】
本実施形態に係るHMP1は、装着可能なキャッピングユニット8を備える。キャッピングユニット8は、ABS樹脂などの樹脂製であり、その内壁面上に凹部81が形成されている。HMP1にキャッピングユニット8が装着されると、HMP1に設けられる突起部16が凹部81にスナップフィットによって引っ掛かる。これにより、HMP1にキャッピングユニット8が装着された状態(図2に示す状態)が保持される。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社リコー
筆記具
12日前
株式会社リコー
測定装置
6日前
株式会社リコー
画像形成装置
今日
株式会社リコー
画像形成装置
6日前
株式会社リコー
画像読取装置及び画像形成装置
5日前
株式会社リコー
液体吐出ヘッド及び液体吐出装置
12日前
株式会社リコー
画像形成システム及びプログラム
12日前
株式会社リコー
搬送ガイド部材、及び、画像形成装置
6日前
株式会社リコー
払拭装置及び払拭方法、並びに液体吐出装置
5日前
株式会社リコー
導体の製造方法、導体の製造装置、及び構造体
今日
株式会社リコー
画像処理装置、画像処理方法、及びプログラム
12日前
株式会社リコー
後処理装置、画像形成装置及び画像形成システム
今日
株式会社リコー
情報処理装置、情報処理方法、及び、プログラム
7日前
株式会社リコー
液体吐出ヘッド、液体吐出装置および駆動制御装置
今日
株式会社リコー
情報処理装置、情報処理システム、校正方法およびプログラム
5日前
株式会社リコー
トナー、トナー収容ユニット、画像形成方法及び画像形成装置
6日前
株式会社リコー
液体吐出ヘッド取付構造、液体吐出ユニット及び液体吐出装置
6日前
株式会社リコー
情報処理装置、情報処理システム、情報処理方法及びプログラム
6日前
株式会社リコー
情報処理装置、情報処理システム、情報処理方法、及びプログラム
7日前
株式会社リコー
液体組成物、多孔質膜、電極、蓄電素子、及びリチウムイオン二次電池
6日前
株式会社リコー
情報処理システム、チャットボットシステム、情報提供方法、プログラム
7日前
株式会社リコー
アクチュエータ、液体吐出ヘッド、液体吐出ユニット、液体を吐出する装置
今日
株式会社リコー
情報処理装置、情報処理方法、情報処理プログラム、および情報処理システム
今日
株式会社リコー
液体吐出装置及び液体吐出方法
今日
株式会社リコー
トナー及びその製造方法、トナー収容ユニット、画像形成装置、並びに画像形成方法
12日前
株式会社リコー
電極製造装置、蓄電デバイス製造装置、液体吐出装置、電極製造方法及びプログラム
12日前
株式会社リコー
トナー、トナーの製造方法、トナー収容ユニット、画像形成装置、及び画像形成方法
12日前
株式会社リコー
払拭装置、液体吐出装置、及び払拭方法
今日
株式会社リコー
テキスト情報管理システム、テキスト情報管理装置、テキスト情報管理方法及びプログラム
5日前
株式会社リコー
通信システム、通信装置およびプログラム
5日前
株式会社リコー
伝送端末、プログラム、伝送方法、伝送システム
7日前
三菱製紙株式会社
転写用紙
5か月前
三菱製紙株式会社
転写用紙
5か月前
大日本塗料株式会社
印刷方法
3か月前
岩井プレス株式会社
印鑑
2か月前
三菱製紙株式会社
感熱記録材料
7日前
続きを見る