TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022136615
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-21
出願番号2021036312
出願日2021-03-08
発明の名称情報通信装置
出願人因幡電機産業株式会社
代理人個人
主分類H01Q 1/22 20060101AFI20220913BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】アンテナの設置スペースを容易に確保でき、アンテナの配設位置の自由度も高めること。
【解決手段】少なくとも後方側の一部が設置面の内部に埋設される埋設状態にて設置面に設置される本体部21が備えられ、その本体部21には、機器を設置自在な複数の基板33~35が内蔵され、複数の基板33~35のひとつは、アンテナ22を実装させたアンテナ実装基板33として備えられている。
【選択図】図3


特許請求の範囲【請求項1】
少なくとも後方側の一部が設置面の内部に埋設される埋設状態にて設置面に設置される本体部が備えられ、
その本体部には、機器を設置自在な複数の基板が内蔵され、
複数の基板のひとつは、アンテナを実装させたアンテナ実装基板として備えられている情報通信装置。
続きを表示(約 360 文字)【請求項2】
前記本体部の内部空間における前記アンテナ実装基板の姿勢は、実装されるアンテナを前記本体部の前方側に向ける姿勢に設定されている請求項1に記載の情報通信装置。
【請求項3】
前記アンテナが、複数の周波数帯域に対して感度を有する複数帯域アンテナにて構成され、
その複数帯域アンテナは、チップアンテナ用基部上に設置される状態で、そのチップアンテナ用基部を介して前記アンテナ実装基板に実装されている請求項1又は2に記載の情報通信装置。
【請求項4】
前記アンテナが、チップアンテナにて構成され、そのチップアンテナから前記アンテナ実装基板の後方側に回り込む電波を前記アンテナ実装基板の前方側に向けて反射させる反射部が備えられている請求項1又は2に記載の情報通信装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、アンテナが備えられ、そのアンテナにて無線通信を行う情報通信装置に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
上記のような情報通信装置として、ノートパソコン、スマートフォン、タブレット端末のようなモバイル通信端末を用いて室内等で無線通信を行うために、無線LAN用のアンテナが備えられ、室内に面する壁部等の設置面に設置可能な情報通信装置が知られている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
特許文献1に記載の情報通信装置は、電源部等の各種の機器が内蔵された本体部が備えられ、その本体部が、後方側の一部を設置面の内部に埋設させる埋設状態にて設置面に設置されている。これにより、設置面から室内側への装置の突出量を小さくすることができ、美観の低下や装置が邪魔になる等の問題発生を防止することができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特許第6259939号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
上記のような情報通信装置では、安定した広範囲での無線通信を行うために、アンテナをどのように配置させるかが問題となる。しかしながら、特許文献1に記載のものでは、本体部を埋設状態で設置するので、設置面から室内側に突出する部位が小さく、アンテナの設置スペースを確保すること自体難しくなっている。しかも、本体部の内部には、電源部等の各種の機器が内蔵されているので、それら他の機器の設置スペースとの取り合いも考慮しなければならず、アンテナを自由な位置に配設するのも難しくなっている。
【0006】
この実情に鑑み、本発明の主たる課題は、アンテナの設置スペースを容易に確保でき、アンテナの配設位置の自由度も高めることができる情報通信装置を提供する点にある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の第1特徴構成は、少なくとも後方側の一部が設置面の内部に埋設される埋設状態にて設置面に設置される本体部が備えられ、
その本体部には、機器を設置自在な複数の基板が内蔵され、
複数の基板のひとつは、アンテナを実装させたアンテナ実装基板として備えられている点にある。
【0008】
本構成によれば、複数の基板のひとつは、アンテナを実装させたアンテナ実装基板として備えられているので、アンテナ実装基板以外の基板に他の機器を設置することができ、アンテナ実装基板とそれ以外の基板とを別々に本体部に内蔵させることができる。これにより、アンテナの設置スペースとしては、アンテナ実装基板を設置できるだけのスペースを確保すればよく、アンテナ実装基板自体もアンテナを実装できるだけの大きさがあればよいので、小型化を図ることができることから、その設置スペースも確保し易く、その配設位置の自由度も高めることができる。
【0009】
本発明の第2特徴構成は、前記本体部の内部空間における前記アンテナ実装基板の姿勢は、実装されるアンテナを前記本体部の前方側に向ける姿勢に設定されている点にある。
【0010】
本構成によれば、前記本体部に内蔵されるアンテナ実装基板の姿勢は、実装されるアンテナを本体部の前方側に向ける姿勢であるので、アンテナから本体部の前方側に向けて電波を送信させ易く、また、本体部の前方側から送信される電波を受信し易くなる。よって、安定した無線通信を行い易くなる状態で、本体部にアンテナを内蔵させることができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
亜鉛金属電池
19日前
個人
塩化亜鉛電池
19日前
株式会社NSC
スイッチ装置
11日前
ショット日本株式会社
保護素子
11日前
株式会社ディスコ
洗浄装置
4日前
日本圧着端子製造株式会社
コネクタ
5日前
ローム株式会社
駆動装置
5日前
ローム株式会社
駆動装置
5日前
株式会社ダイヘン
変圧器
12日前
三菱電機株式会社
電力用開閉装置
19日前
株式会社巴川製紙所
伸縮可能電線
4日前
三菱電機株式会社
より線接続治具
5日前
住友電装株式会社
コネクタ
4日前
トヨタ自動車株式会社
電池システム
11日前
株式会社ファンタジスタ
カバー部材
14日前
AGC株式会社
車両用アンテナ装置
6日前
澁谷工業株式会社
ボンディング装置
12日前
富士電機株式会社
炭化珪素半導体装置
6日前
富士電機株式会社
炭化珪素半導体装置
今日
株式会社ディスコ
被加工物の加工方法
4日前
株式会社半導体エネルギー研究所
正極活物質
19日前
TDK株式会社
電子部品
4日前
日本特殊陶業株式会社
スパークプラグ
4日前
株式会社ディスコ
ウェーハの加工方法
12日前
日新イオン機器株式会社
イオンビーム照射装置
19日前
中外炉工業株式会社
基板保持装置
25日前
日本電気株式会社
超伝導デバイス
6日前
ケル株式会社
電気コネクタ
4日前
ヒロセ電機株式会社
カバー付電気コネクタ
19日前
三菱電機株式会社
回路遮断器の端子カバー
5日前
パテントフレア株式会社
光記録方式データ記憶法
4日前
日本無線株式会社
仰角調整ユニット
11日前
日東電工株式会社
封止用樹脂シート
4日前
日本航空電子工業株式会社
コネクタ組立体
今日
モレックス エルエルシー
コネクタ
19日前
日本航空電子工業株式会社
コネクタ組立体
6日前
続きを見る