TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022135509
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-15
出願番号2021035361
出願日2021-03-05
発明の名称充電管理システム
出願人株式会社SAKAHOKO
代理人個人
主分類H02J 7/00 20060101AFI20220908BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】実用性の向上に資する充電管理システムを提供すること。
【解決手段】車載蓄電池82の満充電容量FSOC2から電池残容量SOC2と予想使用電力量PUEとの差を差し引いた値である必要充電電力量NCEを算定し(ステップS102)、電気自動車用オフグリッド充電装置10に搭載された蓄電池12,12,12の電池残容量SOC1の合計値が当該必要充電電力量NCEよりも小さい場合に、電気自動車用オフグリッド充電装置10に搭載された蓄電池12,12,12を交換するため(ステップS104,106)、ユーザが電気自動車用オフグリッド充電装置10を用いて車載蓄電池82を充電する際に、蓄電池12,12,12の電池残容量SOC1が不足するといった状況が発生することを防止できる。即ち、蓄電池12,12,12の電池残容量SOC1を、常に充電要求に応じた電力量以上に維持可能である。
【選択図】図8
特許請求の範囲【請求項1】
少なくとも1つの第1蓄電池を有する充電対象と、
少なくとも1つの第2蓄電池を有する充電装置と、
ネットワークを介して前記充電対象および前記充電装置に接続される管理端末と、
を備える充電管理システムであって、
前記管理端末は、
前記第1および第2蓄電池の電池残容量を取得する電池情報取得部と、
前記充電対象に関する充電対象情報を取得する充電対象情報取得部と、
前記充電対象情報に基づき前記充電対象の予想使用電力量を算定すると共に、算定 した該予想使用電力量と前記第1蓄電池の電池残容量とに基づき前記第2蓄電池の充 電が必要か否かを決定する充電要否決定部と、
を備える充電管理システム。
続きを表示(約 570 文字)【請求項2】
前記充電対象は、前記第1蓄電池として車載蓄電池を有する電気自動車であり、
前記充電対象情報は、前記電気自動車の予想走行距離を含んでおり、
前記充電要否決定部は、前記予想走行距離に基づき前記予想使用電力量を算定する
請求項1に記載の充電管理システム。
【請求項3】
前記充電対象情報は、前記電気自動車が走行するために必要な電力以外の予想電力量を含んでおり、
前記充電要否決定部は、前記予想走行距離と前記予想電力量に基づき前記予想使用電力量を算定する
請求項2に記載の充電管理システム。
【請求項4】
前記充電装置は、
筐体と、
前記第2蓄電池から出力される電圧を所定電圧に変圧可能に前記第2蓄電池に電気的に接続される昇圧器と、
前記第2蓄電池からの電力を前記第1蓄電池に供給可能に前記昇圧器に電気的に接続される電力供給部と、
前記第2蓄電池および前記昇圧器を制御可能に前記第2蓄電池および前記昇圧器に電気的に接続される制御装置と、
を備えるオフグリッド充電装置であり、
前記第2蓄電池は、前記筐体内に取り外し可能に収容される
請求項1ないし3のいずれか1項に記載の充電管理システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、少なくとも1つの第1蓄電池を有する充電対象と、少なくとも1つの第2蓄電池を有する充電装置と、ネットワークを介して充電対象および充電装置に接続される管理端末と、を備える充電管理システムに関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
特開2017‐195722号公報(特許文献1)には、少なくとも1つの蓄電池を搭載すると共に自律的に移動可能な充電装置と、ネットワークを介して当該充電装置と接続されたサーバと、を備える充電管理システムが記載されている。
【0003】
当該充電管理システムは、蓄電池の電池残容量が予め定められた閾値よりも低い場合に、当該蓄電池を充電するべく充電スタンドに移動するよう充電装置に移動指示する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2017‐195722号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、上述した公報に記載の充電管理システムでは、蓄電池の電池残容量が閾値以上あるが要求充電量未満である場合、充電対象を十分に充電できない場合が生じ、実用性という点において、なお改良の余地がある。
【0006】
本発明は、上記に鑑みてなされたものであり、実用性の向上に資する充電管理システムを提供することを目的の一つとする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の充電管理システムは、上述の目的を達成するために以下の手段を採った。
【0008】
本発明に係る充電管理システムの好ましい形態によれば、少なくとも1つの第1蓄電池を有する充電対象と、少なくとも1つの第2蓄電池を有する充電装置と、ネットワークを介して充電対象および充電装置に接続される管理端末と、を備えている。そして、当該管理端末は、第1および第2蓄電池の電池残容量を取得する電池情報取得部と、充電対象に関する充電対象情報を取得する充電対象情報取得部と、充電要否決定部と、を備えている。充電要否決定部は、充電対象情報に基づき充電対象の予想使用電力量を算定すると共に、算定した当該予想使用電力量と第1蓄電池の電池残容量とに基づき第2蓄電池の充電が必要か否かを決定する。
【0009】
本発明に係る充電管理システムによれば、充電対象の第1蓄電池の電池残容量および充電対象の予想使用電力量に基づいて、充電装置の第2蓄電池の充電が必要か否かを決定するため、ユーザが充電装置を用いて充電対象の第1蓄電池を充電する際に、第2蓄電池の電池残容量が不足するといった状況が発生することを防止できる。即ち、第2蓄電池の電池残容量を、常に充電要求に応じた電力量以上に維持可能である。
【0010】
本発明に係る充電管理システムの更なる形態によれば、充電対象は、第1蓄電池として車載蓄電池を有する電気自動車である。充電対象情報は、電気自動車の予想走行距離を含んでいる。そして、充電要否決定部は、予想走行距離に基づき予想使用電力量を算定する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社辰巳菱機
車両
今日
トヨタ自動車株式会社
ロータ
今日
トヨタ自動車株式会社
制御装置
今日
三菱電機株式会社
電子式指示計器
1日前
株式会社アルック
太陽光発電装置
今日
ミネベアミツミ株式会社
遠心送風機
今日
ブラザー工業株式会社
プリンタ
今日
西芝電機株式会社
充放電システム
今日
株式会社豊田自動織機
温度推定装置
今日
住友重機械工業株式会社
ギヤモータ
今日
日本電産エレシス株式会社
インバータ装置
1日前
トヨタ自動車株式会社
電動農機車両
今日
株式会社デンソー
固定子
今日
株式会社デンソー
電力変換装置
今日
日本電産株式会社
ステータの製造方法
今日
西日本電気システム株式会社
ケーブル延線車
今日
トヨタ自動車株式会社
回転電機の回転子
今日
河村電器産業株式会社
集合住宅車両充電システム
今日
株式会社豊田自動織機
立ち上がり遅延回路
今日
株式会社豊田自動織機
モータ制御装置
今日
イビデン株式会社
コイル基板とモータ用コイル基板
今日
日立Astemo株式会社
電動駆動システム
1日前
新電元工業株式会社
電源装置
1日前
三菱電機株式会社
電力変換装置
今日
日本電産株式会社
モータユニット
今日
三菱電機株式会社
保護制御システム
今日
個人
空圧機のモータ結合位置決め装置
2日前
日産自動車株式会社
モーターロータ及びその製造方法
今日
トヨタ自動車株式会社
ステータ
今日
エレクトリシテ ド フランス
太陽光発電設備
1日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
蓄電装置
今日
富士電機株式会社
機械定数推定装置及びモータ制御装置
今日
株式会社安川電機
電力変換装置及び電力変換方法
2日前
株式会社デンソー
充電装置、及びプログラム
今日
東京瓦斯株式会社
分散型電源システム
1日前
東京瓦斯株式会社
分散型電源システム
1日前
続きを見る