TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022135154
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-15
出願番号2021034776
出願日2021-03-04
発明の名称情報処理装置
出願人Yper株式会社
代理人個人
主分類G06Q 10/08 20120101AFI20220908BHJP(計算;計数)
要約【課題】本発明は、荷受人が荷物を受け取る際に、荷物と共に荷受人が購入する商品を受け取ることができる情報処理装置を提供することを目的とする。
【解決手段】情報処理装置10は、案内情報生成部103が案内情報を生成し、案内情報を送信部104が荷受人端末に対し、案内情報を送信する。情報処理装置10は、案内情報に基づき、注文情報取得部106が注文情報を取得した後、配送経路情報生成部108が配送経路情報を生成し、配送経路情報送信部109が配送経路情報を送信する。また、発注情報生成部110が発注情報を生成し、発注情報送信部111が発注情報を送信する。
【選択図】図3

特許請求の範囲【請求項1】
荷受人に対し配送される荷物に関する情報である荷物情報を取得する荷物情報取得部と、
前記荷物情報に基づき、商品の購入に関する案内情報を生成する案内情報生成部と、
前記案内情報を前記荷受人に対し送信する案内情報送信部と、
商品の注文に関する情報である注文情報を前記荷受人から取得する注文情報取得部と、
前記注文情報に基づき前記荷物の配送経路の情報である配送経路情報を生成する配送経路情報生成部と、
前記配送経路情報を送信する配送経路情報送信部とを備える情報処理装置。
続きを表示(約 950 文字)【請求項2】
前記配送経路情報は、前記荷物を配送先に配送する前に経由する経由地の情報を含むことを特徴とする請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項3】
前記経由地は、前記商品の保管場所であることを特徴とする請求項2に記載の情報処理装置。
【請求項4】
前記配送経路情報送信部は、前記配送経路情報を前記荷物を配送する配送業者に送信することを特徴とする請求項1乃至3に記載の情報処理装置。
【請求項5】
さらに、前記注文情報に基づき前記商品の発注に関する情報である発注情報を生成する発注情報生成部と、
前記発注情報を送信する発注情報送信部とを備えることを特徴とする請求項1乃至4に記載の情報処理装置。
【請求項6】
前記案内情報送信部は、前記案内情報を、前記荷受人と関連付けて登録された登録者に対し送信することを特徴とする請求項1乃至請求項5に記載の情報処理装置。
【請求項7】
さらに、前記荷受人又は前記登録者が注文した注文情報を表示する情報を出力する注文情報出力部を備えることを特徴とする請求項6に記載の情報処理装置。
【請求項8】
前記配送経路情報は、自律走行搬送ロボットに対し送信する情報であることを特徴とする請求項1乃至7に記載の情報処理装置。
【請求項9】
前記案内情報は、前記商品を注文できる期限に関する情報を含むことを特徴とする請求項1乃至8に記載の情報処理装置。
【請求項10】
荷受人に対し配送される荷物に関する情報である荷物情報を取得する荷物情報取得工程と、
前記荷物情報に基づき、商品の購入に関する案内情報を生成する案内情報生成工程と、
前記案内情報を前記荷受人に対し送信する案内情報送信工程と、
商品の注文に関する情報である注文情報を前記荷受人から取得する注文情報取得工程と、
前記注文情報に基づき前記荷物の配送経路の情報である配送経路情報を生成する配送経路情報生成工程と、
前記配送経路情報を送信する配送経路情報送信工程とを備える情報処理方法。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、荷物の受取方法の入力を受け付ける情報処理装置に関するものである。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
独身者や共働き世帯の増加により、荷物の受取方法は多様化している。
【0003】
例えば、荷物の配送業者が電子メールやLINE等で荷受人に対し、荷物の受取日時や受取方法の希望を受け付ける旨を通知し、荷受人が受取日時や受取方法を入力することにより、荷受人が希望する受取日時や受取方法で荷物の受取りが可能となるサービスが存在する(非特許文献1)。
【先行技術文献】
【非特許文献】
【0004】
日本郵便株式会社が提供するサービス「e受取アシスト」(https://www.post.japanpost.jp/service/e_assist/index.html)
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかし、非特許文献1記載の技術では、荷受人が荷物を受け取る際に、荷物と共に荷受人が購入する商品を受け取ることができない。
【0006】
そこで、本発明は、荷受人が荷物を受け取る際に、荷物と共に荷受人が購入する商品を受け取ることができる情報処理装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
かかる課題を解決すべく、第1の発明は、
荷受人に対し配送される荷物に関する情報である荷物情報を取得する荷物情報取得部と、前記荷物情報に基づき、商品の購入に関する案内情報を生成する案内情報生成部と、前記案内情報を前記荷受人に対し送信する案内情報送信部と、商品の注文に関する情報である注文情報を前記荷受人から取得する注文情報取得部と、前記注文情報に基づき前記荷物の配送経路の情報である配送経路情報を生成する配送経路情報生成部と、前記配送経路情報を送信する配送経路情報送信部とを備える情報処理装置である。
【0008】
かかる課題を解決すべく、第2の発明は、荷受人に対し配送される荷物に関する情報である荷物情報を取得する荷物情報取得工程と、前記荷物情報に基づき、商品の購入に関する案内情報を生成する案内情報生成工程と、前記案内情報を前記荷受人に対し送信する案内情報送信工程と、 商品の注文に関する情報である注文情報を前記荷受人から取得する注文情報取得工程と、前記注文情報に基づき前記荷物の配送経路の情報である配送経路情報を生成する配送経路情報生成工程と、前記配送経路情報を送信する配送経路情報送信工程とを備える情報処理方法である。
【0009】
かかる課題を解決すべく、第3の発明は、情報処理装置で実行可能なプログラムにおいて、情報処理装置を、荷受人に対し配送される荷物に関する情報である荷物情報を取得する荷物情報取得手段と、前記荷物情報に基づき、商品の購入に関する案内情報を生成する案内情報生成手段と、前記案内情報を前記荷受人に対し送信する案内情報送信手段と、商品の注文に関する情報である注文情報を前記荷受人から取得する注文情報取得手段と、前記注文情報に基づき前記荷物の配送経路の情報である配送経路情報を生成する配送経路情報生成手段と、前記配送経路情報を送信する配送経路情報送信手段として機能させることを特徴とするプログラムである。
【0010】
かかる課題を解決すべく、第4の発明は、端末装置で実行可能なプログラムにおいて、
端末装置を、荷受人に対し配送される荷物と共に配送される商品の購入の案内に関する情報である案内情報を取得する案内情報取得手段と、前記案内情報に基づき、商品を注文する注文画面の表示の要求を受け付ける要求受付手段と、前記要求に基づき、前記注文画面を出力する注文画面出力手段と、前記注文画面より注文情報の入力を受け付ける注文情報受付手段と、前記注文情報を送信する注文情報送信手段として機能させることを特徴とするプログラムである。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
管理サーバ
1か月前
個人
VRショールーム
11日前
個人
配送支援装置
1か月前
個人
表示システム
1か月前
個人
なりすまし検知システム
2日前
個人
通販価格の抑制システム
8日前
株式会社ワコム
通信方法
1日前
個人
デザイン評価の方法及び装置
17日前
個人
食品衛生管理の情報システム
22日前
日精産業株式会社
樹脂製品
17日前
日本精機株式会社
タッチ入力装置
1か月前
日立金属株式会社
材料特性評価方法
16日前
HENNGE株式会社
サーバ
1か月前
個人
商品販売促進サーバ
1か月前
株式会社将星
商標支援システム
9日前
船井電機株式会社
配達システム
25日前
キヤノン株式会社
情報処理装置
22日前
学校法人古沢学園
入力補助装置
1か月前
三菱電機株式会社
分析装置
26日前
個人
領収書請求書書き込み+ 税務くん
1か月前
株式会社RCG
輸出手配システム
22日前
日本電産株式会社
データ比較装置
1か月前
シャープ株式会社
半導体装置
9日前
株式会社ユピテル
システム等
1か月前
株式会社ユピテル
システム等
1か月前
船井電機株式会社
配達支援システム
1か月前
個人
管理サーバおよび損害補償方法
26日前
CXOバンク株式会社
紹介システム
1か月前
アルプスアルパイン株式会社
入力装置
2日前
個人
タブレットなどの載置用スタンド
25日前
個人
出版管理システム及びプログラム
1か月前
中国電力株式会社
計器管理装置
1か月前
株式会社ユピテル
システム及びプログラム等
1か月前
LINKS株式会社
拡張現実システム
1か月前
小西医療器株式会社
判定システム
25日前
株式会社オープンロジ
倉庫管理システム
1か月前
続きを見る