TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022131353
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-07
出願番号2021030255
出願日2021-02-26
発明の名称電気接続箱
出願人住友電装株式会社
代理人個人,個人
主分類H02G 3/16 20060101AFI20220831BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】組み込み作業の作業性を高め、かつ、カバーの閉じ忘れを防止できる電気接続箱を提供する。
【解決手段】筐体の貫通孔31から露出した端子70に一面が接触されるバスバーと、バスバーの他面側から端子及びバスバーを覆うカバーとを備える車両用の電気接続箱であって、カバーは、回動可能に筐体の一壁30に設けられており、カバーを開状態に保持する開保持部332を備える。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
筐体の貫通孔から露出された端子に一面が接触されるバスバーと、前記バスバーの他面側から前記端子及び前記バスバーを覆うカバーとを備える車両用の電気接続箱であって、
前記カバーは回動可能に前記筐体の一壁に設けられており、
前記カバーを開状態に保持する開保持部を備える電気接続箱。
続きを表示(約 510 文字)【請求項2】
前記カバーに設けられ、前記カバーが開状態時に前記開保持部と係合する凹部を有する係合部を備える請求項1に記載の電気接続箱。
【請求項3】
前記一壁の厚み方向に搖動可能である搖動片を備え、
前記搖動片は、端部に前記開保持部を有し、前記バスバーと当接する突起を有している請求項1又は2に記載の電気接続箱。
【請求項4】
前記一壁の厚み方向に搖動可能である搖動片を備え、
前記バスバーには前記搖動片と当接する突起が設けられている請求項1又は2に記載の電気接続箱。
【請求項5】
前記カバーは、
一壁が開放された角筒形状の周壁部と、
該周壁部の一端開口を開閉する蓋体とを有する請求項1から4のいずれか一項に記載の電気接続箱。
【請求項6】
前記蓋体は、
回動可能に保持されており、
前記蓋体の所定角度以上の回動を制限するバネ部を有する請求項5に記載の電気接続箱。
【請求項7】
前記搖動片には、前記バスバーの前記突起に対応する位置に窪みが形成されている請求項4に記載の電気接続箱。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、バスバーを備える車両用の電気接続箱に関する。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
従来、比較的大きな電流を導通させるためにバスバーを用いた回路を有する電気接続箱が車両に搭載されている。また、近年は、車両機能の拡大と共に、バスバーに流れる電流値も大きくなりつつある。
【0003】
特許文献1には、開閉できる蓋部を有する筐体を備えており、前記蓋部を開けて前記筐体の内部にバスバーを取り付けることが可能であり、バスバーを取り付けた後には前記蓋部を閉状態にすることができる電気接続箱が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2020-181908号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
電気接続箱の多くでは、筐体を貫通する貫通孔を介して外側に露出された端子を有しており、前記筐体の外側からバスバーを前記端子に接続させることができる。また、端子が露出されることによる不具合の発生を抑制するために、前記端子を覆うカバーが設けられている。
【0006】
一方、前記カバーが閉じられた状態で、前記端子にバスバーを接続させる組み込み作業が行われる場合、作業者は斯かる組み込み作業に先立って前記カバーを開けるという面倒な動作を行う必要である。
また、端子及びバスバーの接続具合などを確認する作業者は、カバーを開けて斯かる確認作業を行い、その後、カバーを閉じることを忘れた場合は、端子が外側に露出されたままになるので、感電、漏電及び短絡等が発生するおそれがある。
【0007】
しかしながら、特許文献1に係る電気機器は、筐体の貫通孔を介して端子が露出された場合については考慮しておらず、このような問題に対して考慮されておらず、解決できない。
【0008】
本発明は斯かる事情に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、組み込み作業の作業性を高め、かつカバーの閉じ忘れを防止できる電気接続箱を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本開示の実施形態に係る電気接続箱は、筐体の貫通孔から露出された端子に一面が接触されるバスバーと、前記バスバーの他面側から前記端子及び前記バスバーを覆うカバーとを備える車両用の電気接続箱であって、前記カバーは回動可能に前記筐体の一壁に設けられており、前記カバーを開状態に保持する開保持部を備える。
【発明の効果】
【0010】
本開示によれば、組み込み作業の作業性を高め、かつカバーの閉じ忘れを防止できる電気接続箱を提供できる。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
円周方向磁力電動機
8日前
株式会社辰巳菱機
車両
今日
個人
自立型発電装置
6日前
トヨタ自動車株式会社
ロータ
今日
株式会社アイシン
モータ
14日前
トヨタ自動車株式会社
制御装置
13日前
株式会社アイシン
ロータ
8日前
トヨタ自動車株式会社
制御装置
今日
中国電力株式会社
点検システム
6日前
株式会社村田製作所
電力変換装置
6日前
株式会社アルック
太陽光発電装置
今日
株式会社エコ・インフィニティ
回転装置
3日前
ピーエス特機株式会社
ブラシレスモータ
13日前
三菱電機株式会社
電子式指示計器
1日前
株式会社ダイヘン
電源装置
6日前
アントビー株式会社
ケトルランタン
13日前
未来工業株式会社
電気機器収容装置
16日前
ミネベアミツミ株式会社
遠心送風機
今日
富士電機株式会社
電力変換装置
6日前
ブラザー工業株式会社
プリンタ
今日
株式会社豊田自動織機
電源装置
16日前
トヨタ自動車株式会社
レーザ溶接方法
7日前
トヨタ自動車株式会社
回転電機
6日前
株式会社村田製作所
電力供給システム
7日前
西芝電機株式会社
充放電システム
今日
愛知電機株式会社
絶縁体、固定子および電動機
13日前
株式会社デンソー
モータ制御装置
7日前
株式会社デンソー
電気機器
6日前
矢崎総業株式会社
電源装置
8日前
富士電機株式会社
車両用主電動機
7日前
ダイハツ工業株式会社
車両用充電制御装置
8日前
株式会社SUBARU
車両用モータ
8日前
ダイハツ工業株式会社
車両用充電制御装置
8日前
住友重機械工業株式会社
ギヤモータ
今日
株式会社不二越
電磁アクチュエータ
7日前
株式会社豊田自動織機
温度推定装置
今日
続きを見る