TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022130261
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-06
出願番号2021068021
出願日2021-02-25
発明の名称プラスチックの製造コスト削減方法。
出願人個人
代理人
主分類G06Q 50/04 20120101AFI20220830BHJP(計算;計数)
要約【課題】プラスチックの製造工程において、必要なエネルギーに太陽光発電の電力を使用して、コストを削減する方法を提供する。
【解決手段】プラスチックの製品原料である、エチレン、プロピレン、ベンゼンなどは、ナフサからの製造工程において、熱処理が必要であり、莫大なエネルギーが必要であるが、必要なエネルギーに、所定の太陽光発電の電力を使用する。発電効率が3倍に上昇した太陽光発電を利用することにより、使用するエネルギーコストが削減され、プラスチックの製造コストも削減される。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
プラスチックの製造工程において、必要なエネルギーに太陽光発電の電力を使用して、コストを削減する方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、プラスチックの製造コストを削減することを目的とする。
続きを表示(約 580 文字)【背景技術】
【0002】
プラスチックの製造のコストが高い。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【】
プラスチックの製造のコストを削減する。
【課題を解決するための手段】
【】
プラスチックの製品原料である、エチレン、プロピレン、ベンゼンなどは、ナフサからの製造工程において、熱処理が必要であり、莫大なエネルギーが必要であるが、必要なエネルギーに、引用文献、特願2019-61813の太陽光発電の電力を使用します。
発電効率が3倍に上昇した太陽光発電を利用することにより、使用するエネルギーコストが削減され、プラスチックの製造コストも削減されます。
【発明の効果】
【】
プラスチックの製造コスト削減効果により、価格を下げられる効果が期待できます。プラスチックは、素材として幅広く商品に利用されており、経済全体に及ぼす影響も大きいと言えます。
プラスチック製造工程においても、必要なエネルギーに太陽光発電を使用することにより、気候変動問題に、貢献できます。
【発明を実施するための形態】
【】
プラスチック製造工程において、必要なエネルギーに、引用文献、特願2019-61813の太陽光発電の電力を使用します。

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
管理サーバ
1か月前
個人
VRショールーム
11日前
個人
配送支援装置
1か月前
個人
表示システム
1か月前
個人
なりすまし検知システム
2日前
個人
通販価格の抑制システム
8日前
株式会社ワコム
通信方法
1日前
個人
食品衛生管理の情報システム
22日前
日精産業株式会社
樹脂製品
17日前
個人
デザイン評価の方法及び装置
17日前
日本精機株式会社
タッチ入力装置
1か月前
日立金属株式会社
材料特性評価方法
16日前
HENNGE株式会社
サーバ
1か月前
キヤノン株式会社
情報処理装置
22日前
株式会社将星
商標支援システム
9日前
個人
商品販売促進サーバ
1か月前
船井電機株式会社
配達システム
25日前
学校法人古沢学園
入力補助装置
1か月前
三菱電機株式会社
分析装置
26日前
株式会社RCG
輸出手配システム
22日前
個人
領収書請求書書き込み+ 税務くん
1か月前
株式会社ユピテル
システム等
1か月前
個人
管理サーバおよび損害補償方法
26日前
CXOバンク株式会社
紹介システム
1か月前
シャープ株式会社
半導体装置
9日前
株式会社ユピテル
システム等
1か月前
LINKS株式会社
拡張現実システム
1か月前
中国電力株式会社
計器管理装置
1か月前
アルプスアルパイン株式会社
入力装置
2日前
個人
タブレットなどの載置用スタンド
25日前
個人
出版管理システム及びプログラム
1か月前
株式会社オープンロジ
倉庫管理システム
1か月前
セールスワン株式会社
道具管理システム
1か月前
株式会社オープンロジ
倉庫管理システム
1か月前
株式会社オープンロジ
倉庫管理システム
1か月前
株式会社LBB
商品注文システム
1か月前
続きを見る