TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022129864
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-06
出願番号2021028713
出願日2021-02-25
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人,個人
主分類G03G 21/00 20060101AFI20220830BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】 ブラシレスDCモータの巻線に電圧が印加されることに起因してブラシレスDCモータのロータが回転することにより振動し、当該振動に起因して騒音が発生する可能性がある。
【解決手段】 転写ベルト27と感光ドラム22Kとが当接している状態において、感光ドラム22Kを駆動するモータ402の停止位置が検出される。転写ベルト27と感光ドラム22Kとが当接している状態においては、転写ベルト27の表面と感光ドラム22Kの表面との間に摩擦力が生じる。つまり、検出動作においてモータ402の巻線に電圧が印加されることに起因するモータ402の振動及び当該振動に起因する騒音を抑制することができる。即ち、画像形成装置に設けられたモータが起動される際の当該モータの振動を抑制することができる。
【選択図】 図9
特許請求の範囲【請求項1】
記録媒体に画像を形成する画像形成装置において、
第1部材を駆動するモータと、
第2部材と、
前記第1部材と前記第2部材とが当接する第1位置と、前記第1部材と前記第2部材とが離間する第2位置と、の間で移動する移動部材と、
前記移動部材が前記第1位置に位置している状態において、前記モータの回転子が停止している停止状態における当該モータの巻線に電流を供給することにより当該巻線に流れる電流に基づいて前記停止状態における前記回転子の位相を決定する初期動作を実行する制御手段であって、前記初期動作によって決定された位相に基づいて前記停止状態における前記回転子が回転するように前記巻線に供給される電流を制御する制御手段と、
を有することを特徴とする画像形成装置。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記画像形成装置は、
前記第1部材としての感光ドラムと、
前記感光ドラムの外周面に形成された静電潜像を現像する現像手段と、
前記現像手段によって現像された前記感光ドラムの前記外周面上の画像が転写される転写ベルトと、
前記転写ベルトに転写された画像を記録媒体に転写する転写部と、
を有し、
前記第1位置は、前記感光ドラムの外周面と前記転写ベルトの外周面とが当接する位置であり、
前記第2位置は、前記感光ドラムの外周面と前記転写ベルトの外周面とが離間する位置であることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記画像形成装置は、
感光ドラムと、
前記感光ドラムの外周面に形成された静電潜像を現像する現像手段と、
前記現像手段によって現像された前記感光ドラムの前記外周面上の画像が転写される前記第2部材としての転写ベルトと、
前記転写ベルトに転写された画像を記録媒体に転写する転写ローラと、
を有し、
前記第1位置は、前記転写ローラの外周面と前記転写ベルトの外周面とが当接する位置であり、
前記第2位置は、前記転写ローラの外周面と前記転写ベルトの外周面とが離間する位置であることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記画像形成装置は、
記録媒体に画像を転写する転写部と、
前記第1部材としての第1回転体と、前記第1回転体と共にニップ部を形成する前記第2部材としての第2回転体と、を備え、前記転写部によって前記記録媒体に転写された画像を、前記ニップ部において、熱により当該記録媒体に定着させる定着部と、
を有し、
前記第1位置は、前記第1回転体の外周面と前記第2回転体の外周面とが当接する位置であり、
前記第2位置は、前記第1回転体の外周面と前記第2回転体の外周面とが離間する位置であることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記画像形成装置は、前記記録媒体に画像を形成する印刷ジョブの開始の指示を受信する受信部を有し、
前記移動部材は、前記受信部が前記指示を受信したことに基づいて前記第2位置から前記第1位置に移動することを特徴とする請求項1乃至4のいずれか一項に記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記モータはブラシレスDCモータであることを特徴とする請求項1乃至5のいずれか一項に記載の画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、画像形成装置におけるモータの制御に関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
従来、画像形成装置に設けられた負荷を駆動するモータとしてブラシレスDCモータが用いられることが知られている。特許文献1には、ブラシレスDCモータを起動する際に、ロータの位置に応じてインダクタンスが変化することを利用して、ブラシレスDCモータのロータの停止位置(初期位置)を推定する技術が記載されている。特許文献1では、ブラシレスDCモータの巻線に電圧を印加したときの電流の応答性に基づいて初期位置を推定し、推定された初期位置に基づいてブラシレスDCモータの駆動を開始される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2015-104263号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
前記特許文献1のような初期位置の推定方法では、ブラシレスDCモータの巻線に電圧が印加されることに起因してブラシレスDCモータのロータが回転することにより振動し、当該振動に起因して騒音が発生する可能性がある。
【0005】
上記課題に鑑み、本発明は、画像形成装置に設けられたモータが起動される際の当該モータの振動を抑制することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決するために、本発明にかかる画像形成装置は、
記録媒体に画像を形成する画像形成装置において、
第1部材を駆動するモータと、
第2部材と、
前記第1部材と前記第2部材とが当接する第1位置と、前記第1部材と前記第2部材とが離間する第2位置と、の間で移動する移動部材と、
前記移動部材が前記第1位置に位置している状態において、前記モータの回転子が停止している停止状態における当該モータの巻線に電流を供給することにより当該巻線に流れる電流に基づいて前記停止状態における前記回転子の位相を決定する初期動作を実行する制御手段であって、前記初期動作によって決定された位相に基づいて前記停止状態における前記回転子が回転するように前記巻線に供給される電流を制御する制御手段と、
を有することを特徴とする。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、画像形成装置に設けられたモータが起動される際の当該モータの振動を抑制することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
画像形成装置を説明する断面図である。
転写ベルトと感光ドラムとを当接・離間させる構成を説明する図である。
第1実施形態における画像形成装置の制御構成を示すブロック図である。
モータ制御装置の構成を示すブロック図である。
モータの構造を説明する図である。
ロータの停止位置と励磁相との関係を示す図である。
U相、V相、W相と、d軸及びq軸によって表される回転座標系との関係を示す図である。
ベクトル制御部の構成を説明するブロック図である。
モータの駆動シーケンスを示す図である。
第1実施形態におけるCPUによるモータの制御を説明するフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下に図面を参照して、本発明の好適な実施の形態を説明する。ただし、この実施の形態に記載されている構成部品の形状及びそれらの相対配置などは、この発明が適用される装置の構成や各種条件により適宜変更されるべきものであり、この発明の範囲が以下の実施の形態に限定される趣旨のものではない。
【0010】
〔第1実施形態〕
[画像形成装置]
図1は、本実施形態で用いられるカラーの電子写真方式の複写機(以下、画像形成装置と称する)100の構成を示す断面図である。なお、画像形成装置は複写機に限定されず、例えば、ファクシミリ装置、印刷機、プリンタ等であっても良い。また、記録方式は、電子写真方式に限らず、例えば、インクジェット等であっても良い。更に、画像形成装置の形式はモノクロ及びカラーのいずれの形式であっても良い。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日星電気株式会社
弾性ローラ
6日前
キヤノン株式会社
撮像装置
26日前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
4日前
HOYA株式会社
光照射装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
14日前
株式会社リコー
画像形成装置
11日前
信越化学工業株式会社
ペリクル
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
凸版印刷株式会社
簡易プロジェクター
26日前
シャープ株式会社
画像形成装置
14日前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
トナーの製造方法
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
1か月前
日本電産コパル株式会社
撮像装置
1か月前
株式会社リコー
トナーの製造方法
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
電子機器
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
沖電気工業株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
定着装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
磁性トナー
1か月前
株式会社リコー
画像投影装置
11日前
株式会社リコー
画像投影装置
11日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
11日前
キヤノン株式会社
姿勢調整機構
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
27日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
27日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
続きを見る