TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022129605
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-06
出願番号2021028325
出願日2021-02-25
発明の名称遊技機
出願人株式会社三共
代理人
主分類A63F 7/02 20060101AFI20220830BHJP(スポーツ;ゲーム;娯楽)
要約【課題】複数の状態を備える遊技機の商品性を高める。
【解決手段】特定回数コマンド送信処理は、電源投入時に、可変表示の実行回数が時短条件に対応する特定回数となるまでの残り回数に関して、第1特定回数指定コマンドを送信するための処理である。第1特定回数指定コマンドは、1セット目から3セット目までが各2バイト構成で、あわせて3セットあることにより合計6バイトの演出制御コマンドとして送信される。特別図柄通常処理や特別図柄バッファシフト処理は、可変表示の実行に対応して、特定回数となるまでの残り回数に関して第2特定回数指定コマンドを送信するための処理を含む。第2特定回数指定コマンドは、2バイト構成であり、特定回数カウンタの計数値が7F[H]以上である場合に、特定回数コマンドデータが7F[H]に設定される。
【選択図】図9-8
特許請求の範囲【請求項1】
可変表示を行い、遊技者にとって有利な有利状態に制御可能な遊技機であって、
遊技の進行を制御可能な遊技制御手段と、
前記遊技制御手段からのコマンドにもとづいて、演出を制御可能な演出制御手段と、を備え、
前記遊技制御手段は、
遊技状態を通常状態と特別状態とに移行可能な状態制御手段と、
可変表示が実行されることにもとづいて数値情報を更新可能な更新手段と、
コマンドを送信可能な送信手段と、を含み、
状態制御手段は、前記更新手段により更新した数値情報が特定回数に対応する特定値となることにもとづいて遊技状態を移行可能であり、
前記送信手段は、
電源投入時に、前記特定回数までの残り回数に関して第1コマンドを送信し、
可変表示の実行に対応して、前記特定回数までの残り回数に関して前記第1コマンドとは異なる第2コマンドを送信し、
前記第1コマンドは、
前記第2コマンドよりも多いバイト数を有し、
前記特定回数までの残り回数が第1回数である場合と、前記特定回数までの残り回数が前記第1回数よりも多い第2回数である場合とで、それぞれの残り回数を特定可能であり、
前記第2コマンドは、前記特定回数までの残り回数が前記第1回数である場合に、当該残り回数を特定可能である一方で、前記特定回数までの残り回数が前記第2回数である場合に、当該残り回数を特定可能でない、
ことを特徴とする遊技機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、可変表示を行い、遊技者にとって有利な有利状態に制御可能な遊技機に関する。
続きを表示(約 3,300 文字)【背景技術】
【0002】
パチンコ遊技機等の遊技機として、通常の遊技状態において特図ゲームの実行回数が所定回数に達すると、確変状態に制御されて大当り確率が高められる遊技機が提案されている(例えば特許文献1)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2005-95449号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に記載の遊技機では、複数の状態を備える遊技機の制御について改善の余地があった。
【0005】
この発明は、上記実状に鑑みてなされたものであり、複数の状態を備える遊技機の商品性を高めることを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記目的を達成するため、本願発明に係る遊技機は、可変表示を行い、遊技者にとって有利な有利状態(例えば大当り遊技状態など)に制御可能な遊技機(例えばパチンコ遊技機1など)であって、遊技の進行を制御可能な遊技制御手段(例えば遊技制御用マイクロコンピュータ100のCPU103など)と、前記遊技制御手段からのコマンドにもとづいて、演出を制御可能な演出制御手段(例えば演出制御用CPU120など)と、を備え、前記遊技制御手段は、遊技状態を通常状態と特別状態(例えば時短状態など)とに移行可能な状態制御手段と(例えばステップAKS273およびAKS274、AKS324およびAKS325、AKS188を実行するCPU103など)、可変表示が実行されることにもとづいて数値情報(例えば特定回数カウンタの計数値など)を更新可能な更新手段(例えばステップAKS272を実行するCPU103など)と、コマンドを送信可能な送信手段(例えば特定回数コマンド送信処理、コマンドセット処理を実行するCPU103など)と、を含み、状態制御手段は、前記更新手段により更新した数値情報が特定回数に対応する特定値(例えば「0」など)となることにもとづいて遊技状態を移行可能であり、前記送信手段は、電源投入時に、前記特定回数までの残り回数に関して第1コマンドを送信し(例えば特定回数コマンド送信処理の実行など)、可変表示の実行に対応して、前記特定回数までの残り回数に関して前記第1コマンドとは異なる第2コマンドを送信し(例えばステップAKS308におけるコマンドセット処理の実行など)、前記第1コマンドは、前記第2コマンドよりも多いバイト数(例えば2バイト構成の第2特定回数指定コマンド94XX[H]に対し、第1特定回数指定コマンド91XX[H]の1セット目AKC01から3セット目AKC03までの合計6バイトなど)を有し、前記特定回数までの残り回数が第1回数(例えば7F[H]未満など)である場合と、前記特定回数までの残り回数が前記第1回数よりも多い第2回数(例えば7F[H]以上など)である場合とで、それぞれの残り回数を特定可能であり、前記第2コマンドは、前記特定回数までの残り回数が前記第1回数である場合に、当該残り回数を特定可能である一方で、前記特定回数までの残り回数が前記第2回数である場合に、当該残り回数を特定可能でない。
このような構成によれば、複数の状態を備える遊技機の商品性を高めることができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
パチンコ遊技機の正面図である。
各種の制御基板などを示す構成図である。
遊技制御メイン処理を示すフローチャートである。
遊技制御用タイマ割込み処理を示すフローチャートなどである。
特別図柄プロセス処理を示すフローチャートなどである。
特図表示結果の判定例を示す図である。
演出制御メイン処理を示すフローチャートである。
演出制御プロセス処理を示すフローチャートなどである。
遊技制御用マイクロコンピュータにおけるメモリ領域のアドレスマップを示す図である。
演出制御コマンドの構成例を示す図である。
RWM初期設定処理の一例を示すフローチャートである。
コマンドセット処理の一例を示すフローチャートである。
コマンド送信テーブルの構成例を示す図である。
コマンド拡張データアドレステーブルの構成例を示す図である。
データセット処理の一例を示すフローチャートである。
特定回数コマンド送信処理の一例を示すフローチャートである。
第1特定回数指定コマンドの構成例を示す図である。
特別図柄通常処理の一例を示すフローチャートなどである。
特別図柄判定処理の一例を示すフローチャートである。
特別図柄バッファシフト処理の一例を示すフローチャートなどである。
図柄指定値決定例を示す図である。
大入賞口開放回数設定例を示す図である。
変動パターン設定処理の一例を示すフローチャートである。
変動パターン決定例を示す図である。
変動パターン決定例を示す図である。
特別図柄変動処理の一例を示すフローチャートである。
特別図柄停止時間設定処理の一例を示すフローチャートである。
図柄停止時設定例を示す図である。
カウンタ減算処理の一例を示すフローチャートである。
到達時データ設定例を示す図である。
時短減算処理の一例を示すフローチャートである。
時短終了時クリア対象を示す図である。
当り終了後演出設定例を示す図である。
演出設定テーブルの構成例を示す図である。
特別図柄停止処理の一例を示すフローチャートである。
小当り開始前データ設定例とハズレ停止後設定クリア対象を示す図である。
大当り開始設定処理の一例を示すフローチャートなどである。
小当り終了処理の一例を示すフローチャートなどである。
大当り終了処理の一例を示すフローチャートである。
大当り終了時状態設定例を示す図である。
大当り終了時状態設定種別に対応する設定内容を示す図である。
大当り終了時データ設定例を示す図である。
演出側カウンタ更新処理の一例を示すフローチャートである。
回数示唆制御処理の一例を示すフローチャートである。
回数表示制御例を示す図である。
演出実行例を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0008】
(基本説明)
まず、パチンコ遊技機1の基本的な構成及び制御について説明する。
【0009】
(パチンコ遊技機1の構成等)
図1は、パチンコ遊技機1の正面図であり、主要部材の配置レイアウトを示す。パチンコ遊技機(遊技機)1は、大別して、遊技盤面を構成する遊技盤(ゲージ盤)2と、遊技盤2を支持固定する遊技機用枠(台枠)3とから構成されている。遊技盤2には、遊技領域が形成され、この遊技領域には、遊技媒体としての遊技球が、所定の打球発射装置から発射されて打ち込まれる。
【0010】
遊技盤2の所定位置には、第1特別図柄表示装置4Aと、第2特別図柄表示装置4Bと、が設けられている。図1に示す例では、遊技領域の右側方に設けられている。第1特別図柄表示装置4Aと、第2特別図柄表示装置4Bとは、それぞれ、複数種類の特別識別情報としての特別図柄の可変表示を行うことができる。特別図柄は、「特図」ともいう。特別図柄の可変表示は、「特図ゲーム」ともいう。第1特別図柄表示装置4Aと、第2特別図柄表示装置4Bとは、いずれも7セグメントのLEDなどを用いて構成される。特別図柄は、「0」~「9」を示す数字や「-」などの点灯パターンなどにより表される。特別図柄には、LEDを全て消灯したパターンが含まれてもよい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社三共
遊技機
11日前
個人
知育サイコロ
1か月前
個人
ボードゲーム
1か月前
株式会社三共
遊技機
3か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
続きを見る