TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022128376
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-09-01
出願番号2021067380
出願日2021-02-22
発明の名称テープカッター
出願人個人
代理人
主分類B65H 35/07 20060101AFI20220825BHJP(運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い)
要約【課題】 本発明は、現在市販されている粘着カーペットクリーナ、通称コロコロの使用に於いて、使用後の粘着テープ汚れ面除去を、糸カッターにて簡単に切断、剥ぎ取りが出来るようなテープカッターを提供する。
【解決手段】魚釣りのテグスのような柔軟で強靭な糸状のカッター(2)の一端に柔軟性のあるフック(1)を、他の一端につまみ(3)を固着したテープカッター。
上記テープカッターを、市販のコロコロ掃除具テープ本体(6)に付属するハンドル(4)の軸根元にフック(1)を引っ掛け、テープ端部(5)を一部めくりあげて糸状のカッター(2)をその表層下に潜り込ませ、つまみ(3)を持ち上げて切断できることを特徴としたテープカッター。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
魚釣りのテグスのような柔軟で強靭な糸状のカッター(2)の一端に柔軟性のあるフック(1)を、他の一端につまみ(3)を固着したテープカッター。
上記テープカッターを、市販のコロコロ掃除具テープ本体(6)に付属するハンドル(4)の軸根元にフック(1)を引っ掛け、テープ端部(5)を一部めくりあげて糸状のカッター(2)をその表層下に潜り込ませ、つまみ(3)を持ち上げて切断できるテープカッター
続きを表示(約 170 文字)【請求項2】
上記[請求項1]に於いて、ハンドル(4)の太さが変わっても、フック(1)の代わりに対応できるように。切込(11)を備えた柔軟性のあるスリーブ(9)の一端にフック(1)の代わり(図1)の糸状カッター(2)の一端を固着させ、ハンドル(4)をまたぐようにして切込(11)からカッター(2)を圧入した形状のテープカッター。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、現在市販されている粘着カーペットクリーナ、通称コロコロの使用に於いて、使用後の粘着テープ汚れ面除去を、糸カッターにて簡単に切断、剥ぎ取りが出来るようになされたものである。
続きを表示(約 2,200 文字)【技術背景】
【0002】
現在市販されている通称コロコロの使用に於いて。使用後の粘着テープ汚れ面除去には、テープ全面が汚れているために、その端面が見つけにくく、又見つけても剥がすのに下のテープに傷をつけてしまい結果2枚も3枚も同時にめくりあがったり、髪の毛等がついていたりすると、そこからテープが破けたり等、清浄面を出すのに大変苦労し、使いづらいものがあった。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
コロコロの有効掃除面はテープ1回転分しかない、その為に掃除できる床面積が少なく、もっぱらピンポイントのごみ取が主となる。しかしテープ面が清浄であれば、手軽に簡単に使えるために随分重宝されているようである。
本発明はそれほど便利なコロコロであるのに、そのテープを剥がす時のクイズを解くような面倒臭さと、失敗したときのストレスは大変なものである。本発明はそれらの不安を完全に取り除き、コロコロの快適な使用感が味わえるようになされたものである。更にテープを切り取るためのミシン目加工等の余分な工程も不要になる為コスト削減にも大いに寄与するものである。
【課題を解決するための手段】
【0004】
本発明は(図1)に示すように、魚釣りのテグスのような柔軟で強靭な糸状のカッター(2)の一端に柔軟性のあるフック(1)を、他の一端に指でつまめるようにつまみ(3)を固着する。
(図2)に示す様にテープ本体(6)には、握り部図示省略の操作用針金のハンドル(4)が装着されている。そのハンドル(4)の軸根元に(図1)のフック(1)を、その柔軟性を利用して無理はめし、テープ端部(5)を一部めくりあげて糸状のカッター(2)をその表層下に潜り込ませ、テープ端部(5)を軽く押さえて元のように密着させておく。
【発明の効果】
【0005】
本発明は(図2)に示す様にセットされたテープ本体(6)を床掃除に使用後、(図4)のように、つまみ(3)をつまみ上げ、カッター(2)でテープをカット、汚染されたテープ端部(8”)を剥離することで、(図8)に示す様に再セットされる。
従来のように、床掃除よりもテープ本体(6)の掃除のほうが煩わしいなどという本末転倒な問題を、いとも簡単に解決できることである。
【図面の簡単な説明】
【0006】
本発明テープカッターの正面図である
本発明テープカッターをテープ本体表層下に装着した斜視図である
テープ本体の使用による汚れ面の斜視図である
本発明テープカッター作動の斜視図である
テープ本体の汚れ面初期剥離の斜視図である
テープ本体の汚れ面全剥離準備の斜視図である
本発明テープカッター作動の全剥離斜視図である
テープ本体の汚れ面全剥離後の再セット斜視図である
本発明テープカッター代替案の一部省略正面図である
本発明テープカッター代替案をテープ本体に装着した斜視図である
【発明を実施するための形態】
【0007】
本発明は(図1)のテープカッターが装着された(図2)のテープ本体(6)で床掃除に使用、(図3)は、テープ本体(6)にごみ汚れ(7)が付着した状態を示す。
(図4)に於いてツマミ(3)を指でつまみ持ち上げると糸状のカッター(2)が汚れたテープ本体(6)の汚れ(7)を表層テープもろとも切り裂いて切断部(8)を生じさせる。
(図5)に於いて切断部(8)の切断端部(8”)をテープ本体(6)から引きはがす。
(図6)に於いて清浄な面が現れた状態でカッター(2)をその表層下に潜り込ませる。
(図7)に於いてツマミ(3)を指でつまみ持ち上げ、カッター(2)が清浄部に切断部(8)を生じさせた後、切断端部(8”)に続く汚れたテープを廃棄する。
(図8)に於いてテープ端部(5)をめくりあげて糸状のカッター(2)をその表層下に潜り込ませ、テープ端部(5)を軽く押さえて元のように密着させて(図2)に戻る。
【0008】
(図8)に於いて、テープ端部(5)の一部を裏折(10)し、互いの粘着面を張り合わせることによりテープ端部(5)の浮きを防止できる。
【0009】
(図9)は、ハンドル(4)の太さが変わっても、フック(1)の代わりに対応できるように、切込(11)を備えた柔軟性のあるスリーブ(9)の一端に(図1)の糸状カッター(2)の一端を固着させ、ハンドル(4)をまたぐようにして切込(11)から圧入した形状のテープカッター
(図10)は(図9)のテープカッターをテープ本体(6)に装着したもので、フック(1)と何らかわりなく使用できるのである。
【符号の説明】
【00010】
フック(1) カッター(2) ツマミ(3) ハンドル(4) テープ端部(5) テープ本体(6) 汚れ(7) 切断部(8) 切断端部(8”) スリーブ(9) 裏折(10) 切込(11) 回転方向(12)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
収納容器
1か月前
個人
部品供給装置
15日前
個人
水切りごみ袋
22日前
個人
部品供給装置
20日前
個人
組立容器
22日前
個人
包装容器
1か月前
個人
ごみ袋拡張固定具
13日前
個人
容器の閉鎖蓋構造
20日前
個人
飲料用容器
1か月前
凸版印刷株式会社
パウチ
15日前
凸版印刷株式会社
包装袋
15日前
凸版印刷株式会社
パウチ
20日前
個人
紙パック開封用把手
15日前
個人
チューブ容器の分別
12日前
三甲株式会社
容器
21日前
凸版印刷株式会社
包装袋
1か月前
三甲株式会社
容器
13日前
個人
袋製品
1か月前
凸版印刷株式会社
包装体
20日前
くら寿司株式会社
1か月前
凸版印刷株式会社
包装容器
13日前
日東精工株式会社
搬送装置
1か月前
個人
電化製品の収納ケース
13日前
凸版印刷株式会社
包装方法
13日前
個人
保冷シート収納ケース
1か月前
個人
パーツフィーダ
1か月前
凸版印刷株式会社
2室包装体
1か月前
凸版印刷株式会社
トレー容器
28日前
個人
喫煙用一体ケース
1日前
朝日印刷株式会社
包装箱
21日前
朝日印刷株式会社
包装箱
19日前
個人
結束紐補助具
1か月前
凸版印刷株式会社
液体収納容器
1か月前
凸版印刷株式会社
紙トレー容器
19日前
凸版印刷株式会社
二重壁パウチ
19日前
個人
可搬型タンク
21日前
続きを見る