TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022126183
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-08-30
出願番号2021024098
出願日2021-02-18
発明の名称表示装置
出願人日本精機株式会社
代理人
主分類G06F 3/041 20060101AFI20220823BHJP(計算;計数)
要約【課題】ユーザの使用性を向上させる表示装置を提供する。
【解決手段】情報を表示し、かつタッチ操作による入力を受け付ける少なくとも一のタッチパネル19、20と、タッチパネル19、20が配置されるタッチパネル領域31と、タッチパネル領域31以外の非タッチパネル領域32と、を有し、タッチ操作に応じて振動する振動部6と、被固定部に取り付けられる固定部4と、タッチパネル領域31及び非タッチパネル領域32にそれぞれ配置され、固定部4に振動部6を支持する複数の板バネ5と、を備える。タッチパネル領域31に配置される板バネ5は、非タッチパネル領域32に配置される板ばね5よりも振動部6の振動に対してばね定数が小さい。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
情報を表示し、かつタッチ操作による入力を受け付ける少なくとも一のタッチパネルと、
前記タッチパネルが配置されるタッチパネル領域と、前記タッチパネル領域以外の非タッチパネル領域と、を有し、前記タッチ操作に応じて振動する振動部と、
被固定部に取り付けられる固定部と、
前記タッチパネル領域及び前記非タッチパネル領域にそれぞれ配置され、前記固定部に前記振動部を支持する複数の弾性支持部と、を備え、
前記タッチパネル領域に配置される前記弾性支持部は、前記非タッチパネル領域に配置される前記弾性支持部よりも前記振動部の振動に対してばね定数が小さい、表示装置。
続きを表示(約 340 文字)【請求項2】
前記振動部に配置され、前記振動部を振動させる振動発生部を更に備える、請求項1記載の表示装置。
【請求項3】
前記振動発生部に遠い前記弾性支持部は、前記振動発生部に近い前記弾性支持部よりも前記ばね定数が小さい、請求項2記載の表示装置。
【請求項4】
前記振動発生部は、前記タッチパネル領域に配置される、請求項2記載の表示装置。
【請求項5】
前記非タッチパネル領域に配置され、情報を表示し、前記タッチ操作による入力を受け付けない少なくとも一の非タッチパネル表示部を更に備える、請求項1記載の表示装置。
【請求項6】
前記非タッチパネル表示部は、指針式計器又はディスプレイである、請求項5記載の表示装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、車両等に搭載される表示装置に関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
ユーザによるタッチ操作を振動で触覚フィードバックするハプティクス機能を備えた表示装置として、例えば特許文献1に記載の車両用操作装置が知られている。この車両用操作装置は、表示装置の前面を振動させることで、前面に触れた車両乗員の手指に触覚を呈示する機能を備える。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2020-046945号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
表示装置が複数のディスプレイを備える所謂ワイドディスプレイである場合、振動させたい領域と振動させたくない領域が混在する場合がある。このような表示装置にも、視認性や使用性を損なうことなくハプティクス機能を備えることが求められている。
【0005】
本開示はこのような事情を考慮してなされたもので、ユーザの使用性を向上できる表示装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本開示の表示装置は、上述した課題を解決するために、情報を表示し、かつタッチ操作による入力を受け付ける少なくとも一のタッチパネルと、前記タッチパネルが配置されるタッチパネル領域と、前記タッチパネル領域以外の非タッチパネル領域と、を有し、前記タッチ操作に応じて振動する振動部と、被固定部に取り付けられる固定部と、前記タッチパネル領域及び前記非タッチパネル領域にそれぞれ配置され、前記固定部に前記振動部を支持する複数の弾性支持部と、を備え、前記タッチパネル領域に配置される前記弾性支持部は、前記非タッチパネル領域に配置される前記弾性支持部よりも前記振動部の振動に対してばね定数が小さい。
【発明の効果】
【0007】
本開示の表示装置によれば、ユーザの使用性を向上できる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
表示装置が設けられた自動車のインストルメントパネルを示す説明図。
図1の表示装置の正面を示す説明図。
図2のIII-III線に沿う断面図。
表示装置の機能構成を示す概略的な機能ブロック図。
板ばねを示す説明図。
タッチパネル用ディスプレイの表示例を示す説明図。
図3に対応する、変形例としての表示装置の断面図。
図3に対応する、他の変形例としての表示装置の断面図。
【発明を実施するための形態】
【0009】
本開示の表示装置の実施形態を添付図面に基づいて説明する。本開示の表示装置は、例えば自動車や二輪車等の車両や、船舶、農業機械、建設機械に搭載される表示装置に適用することができる。
【0010】
図1は、表示装置1が設けられた自動車2のインストルメントパネル3を示す説明図である。
図2は、図1の表示装置1の正面を示す説明図である。
図3は、図2のIII-III線に沿う断面図である。
図4は、表示装置1の機能構成を示す概略的な機能ブロック図である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日本精機株式会社
車両用表示装置
4日前
日本精機株式会社
ヘッドアップディスプレイ装置
1日前
日本精機株式会社
ヘッドアップディスプレイ装置
2日前
日本精機株式会社
表示制御装置、表示装置、及び表示制御方法
1日前
日本精機株式会社
液晶表示装置
15日前
日本精機株式会社
表示制御装置、ヘッドアップディスプレイ装置及び、表示制御方法
15日前
個人
VRショールーム
11日前
個人
管理サーバ
1か月前
個人
表示システム
1か月前
個人
配送支援装置
1か月前
個人
通販価格の抑制システム
8日前
個人
なりすまし検知システム
2日前
株式会社ワコム
通信方法
1日前
日精産業株式会社
樹脂製品
17日前
個人
食品衛生管理の情報システム
22日前
個人
デザイン評価の方法及び装置
17日前
日本精機株式会社
タッチ入力装置
1か月前
HENNGE株式会社
サーバ
1か月前
日立金属株式会社
材料特性評価方法
16日前
キヤノン株式会社
情報処理装置
22日前
株式会社将星
商標支援システム
9日前
学校法人古沢学園
入力補助装置
1か月前
船井電機株式会社
配達システム
25日前
個人
商品販売促進サーバ
1か月前
株式会社RCG
輸出手配システム
22日前
三菱電機株式会社
分析装置
26日前
個人
領収書請求書書き込み+ 税務くん
1か月前
日本電産株式会社
データ比較装置
1か月前
株式会社ユピテル
システム等
1か月前
シャープ株式会社
半導体装置
9日前
株式会社ユピテル
システム等
1か月前
CXOバンク株式会社
紹介システム
1か月前
個人
管理サーバおよび損害補償方法
26日前
中国電力株式会社
計器管理装置
1か月前
アルプスアルパイン株式会社
入力装置
2日前
株式会社ユピテル
システム及びプログラム等
1か月前
続きを見る