TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022122798
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-08-23
出願番号2021020277
出願日2021-02-10
発明の名称情報管理装置並びにファイル管理方法
出願人個人
代理人
主分類G06F 16/28 20190101AFI20220816BHJP(計算;計数)
要約【課題】指定したタグ名を意図どおりに条件検索を漏れなく行う方法を提供する。
【解決手段】方法は、タグ名ツリー上においてキーワードを指定するとともに、自由キーワードを入力し、指定キーワード並びに指定キーワード祖先位置と子孫位置に配置されているタグ名の中から親タグ名を共有するタグ名の集合として特定したタグ名列に対して、その親タグ名を条件データとして付与し、見出し語欄の配置方向ごとに割り当てられたタグ名列を、付与された条件データに基づく方法によって配置方向の見出し語欄内に配置した表を作成し、情報に各組合せタグ名ツリーの構成タグ名を格納タグ名として付与し、表の各セルについて、セルと定めた位置関係に配置されたタグ名の集合と定めた関係にある格納タグ名の集合が付与された情報の中から、入力されている自由キーワードを、その名称文字列又はその構成テキスト中に含む情報のアイコンをセルに関連付けて表示する。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
情報が、格納される全てのフォルダの名称であるパス名と自身の名称を特定の分離符号を挟んで連結した全パス名によって特定される形で管理され、情報に対する管理操作は、情報ごとに作成され、情報の種別ごとに定められたイメージ画像であるアイコンに対する装置画面上の操作としておこなわれる情報管理装置にあって、
情報のアイコンを配置する矩形であるセルがマトリクス状に配置され、その横方向の隣接外部と縦方向の隣接外部とに、情報を特徴付けるタグ名を見出し語として配置した見出し語欄が、各々、縦方向見出し語欄と横方向見出し語欄として設けられる表を用いた情報管理方法であって、
タグ名を樹木状に配置したタグ名ツリーの複数を組合せて得られた組合せタグ名ツリーにおいて、各タグ名ツリーの先頭タグ名を除いた構成タグ名の中から、タグ名をキーワードとして指定するとともに、構成タグ名以外のキーワードを自由キーワードとして入力するステップと、
キーワードとして指定したタグ名であるキーワードタグ名、並びに、キーワードタグ名に対して、所属するタグ名ツリーにおいて祖先位置に配置され、かつ、タグ名ツリーの先頭タグ名でないタグ名の中から、親タグ名を共有するタグ名の集合、ならびに、共有する親タグ名を持たないタグ名とを1つのタグ名列として特定した上、
特定したタグ名列に対して、その親タグ名を条件データとして対応付けた形で登録したタグ名列データを作成するステップと、
各タグ名ツリーごとに、所属する各タグ名列が表上において配置される見出し語欄を、横方向見出し語欄と縦方向見出し語欄の中から決定するステップと、
横方向見出し語欄と縦方向見出し語欄の各々において、割り当てられたタグ名ツリーに所属する各タグ名列を、その構成タグ名を、表の1行上、または、1列上においてまとめた形で、該当の条件データを参照した方法によって配置した表を作成するステップと
表の各セルについて、該当セルと定めた位置関係に配置されたタグ名である関連タグ名の集合と第1の関係にあるタグ名の集合が情報属性タグ名として付与されている情報の中、入力されている自由キーワードがその名称、または、情報を構成するテキスト上に見出される情報のアイコンを該当のセルに関連付けて表示するステップと、
からなる情報処理装置における方法。
続きを表示(約 3,400 文字)【請求項2】
1つのタグ名ツリーを別付けタグ名ツリーとして、他のタグ名ツリーの1つの構成タグ名に付加することによって、複数のタグ名ツリーを組合せて得られた組合せタグ名ツリーにおいて、別付けツリーの先頭タグ名を親タグ名とするタグ名列の条件データには、その別付けツリーの付加先のタグ名である別付け先タグ名がセットされ、
その別付けツリーに所属する各タグ名列は、その付加先のタグ名ツリーである別付け先タグ名ツリーに所属する各タグ名列が配置される見出し語欄において、その条件データを参照して配置される請求項1に記載の方法。
【請求項3】
キーワードタグ名のツリー子孫位置に配置されているタグ名、ならびに、キーワードタグ名が指定されていないタグ名ツリーを構成するタグ名の集合であって、親タグ名を共有するタグ名の集合をタグ名列として特定し、特定したタグ名列を、すでに得られているタグ名列に加えて得られるタグ名列の集合を見出し語欄に配置した表各セルについて、該当セルに定まる関連タグ名の集合と第2の関係にあるタグ名の集合が情報属性タグ名が付与された情報のアイコンを該当のセルに関連付けて表示する請求項1、請求項2に記載の方法。
【請求項4】
見出し語欄内の1行上、または1列上に、1つのタグ名のみからなるタグ名が、1つだけ配置されている場合、該当の行、または、列を除去し、該当のタグ名を共通タグ名として表の外部に定めた位置に表示する請求項1、請求項2、請求項3に記載の方法。
【請求項5】
第1の表として作成されている表の1つのセルに対するオープン指示を受けて、そのセルに定まる関連タグ名が条件データとして登録されているタグ名列、ならびに、キーワードタグ名が指定されていないタグ名ツリーから得られたタグ名列とを定めた方法により配置して得られる第2の表を、第1の表の子供表として作成するステップと、
作成された子供表の各セルについて、そのセルに定まる関連タグ名に対して、第1の表においてオープン指示を与えたセルに定まる関連タグ名を加えて得られる関連タグ名の集合に対して第2の関係にあるタグ名の集合が情報属性タグ名として付与されている情報のアイコンを該当のセルに関連付けて表示する請求項1、請求項2、請求項4に記載の方法。
【請求項6】
情報が、格納される全てのフォルダの名称であるパス名と自身の名称を特定の分離符号を挟んで連結した全パス名によって特定される形で管理され、情報に対する管理操作は、情報ごとに作成され、情報の種別ごとに定められたイメージ画像であるアイコンに対する装置画面上の操作としておこなわれる情報管理装置にあって、
情報のアイコンを配置する矩形であるセルがマトリクス状に配置され、その横方向の隣接外部と縦方向の隣接外部とに、情報を特徴付けるタグ名を見出し語として配置した見出し語欄が、各々、横方向見出し語欄と縦方向見出し語欄として設けられる表を用いた情報管理方法であって、
タグ名を樹木状に配置したタグ名ツリーの複数を組合せて得られた組合せタグ名ツリーに所属する1つのタグ名に対応付けられた1つの情報に対する特定の指示を受け、該当の組み合わせタグ名ツリーを構成するタグ名ツリーの中、情報に付与されている情報属性タグ名を含まないタグ名ツリーをタグ付け補足タグ名ツリーとして特定するステップと、
特定されたタグ付け補足タグ名ツリーの全て、または、特定されたタグ付け補足タグ名ツリーの中、その上でタグ名の選択指定を受けたタグ名ツリーを除いたタグ名ツリーを表構成タグ名ツリーとして特定するステップと、
表構成タグ名ツリーに所属する各タグ名ツリーごとに、所属する各タグ名列が表上において配置される見出し語欄を、横方向見出し語欄と縦方向見出し語欄の中から定めた方法によって決定した上、横方向見出し語欄と縦方向見出し語欄の各々において、割り当てられたタグ名ツリーに所属する各タグ名列を、定めた方法によって配置した表を作成するステップと
作成された表上における1つのセルの選択指示を受け、そのセルに定まる全ての関連タグ名の集合、または、その全ての関連タグ名の集合に、選択タグ名ツリーにおいて選択指示を与えたタグ名を加えて得られるタグ名の集合を、情報の情報属性タグ名に追加付与するステップと
からなる情報処理装置における方法。
【請求項7】
指示した情報が対応付けられたタグ名のパス経路上位に位置するタグ名を別付け先タグ名とする別付けタグ名ツリー特定した上、特定した別付けタグ名トゥリ―の中、情報に付与されている情報属性タグ名を含まないタグ名ツリーをタグ付け補足タグ名ツリーとして特定する請求項6に記載の方法。
【請求項8】
条件データとして、該当タグ名列の親タグ名、または、該当タグ名列の別付け先タグ名に代えて、各々、該当親タグ名の該当ツリー内のパス経路を表わすパス名列、または、該当別付け先タグ名の該当ツリー内パス経路を表わすパス名列がセットされ、
関連タグ名に代えて、該当関連タグ名の所属タグ名列の該当親タグ名の該当ツリー内パス経路を表わす上位パス名列の末尾に関連タグ名を加えて得られる関連全パス名、または、
該当関連タグ名がセットされる請求項1、請求項2、請求項3、請求項4、請求項5、請求項6、請求項7に記載の方法。
【請求項9】
組合せタグ名ツリーにおいて、特に指定したタグ名、ならびに、指定したタグ名の祖先タグ名、と子孫タグ名とからなる部分タグ名ツリーを作成し、登録した上、呼び出した登録部分タグ名ツリーにおけるキーワードの指定によって情報の取出しをおこなう請求項1、請求項2、請求項3に記載の方法。
【請求項10】
情報が、格納される全てのフォルダの名称であるパス名と自身の名称を特定の分離符号を挟んで連結した全パス名によって特定される形で管理され、情報に対する管理操作は、情報ごとに作成され、情報の種別ごとに定められたイメージ画像であるアイコンに対する装置画面上の操作としておこなわれる情報管理装置であって、
情報のアイコンを配置する矩形であるセルがマトリクス状に配置され、その横方向の隣接外部と縦方向の隣接外部とに、情報を特徴付けるタグ名を見出し語として配置した見出し語欄が、各々、縦方向見出し語欄と横方向見出し語欄として設けられる表を用いた情報管理装置として、
タグ名を樹木状に配置したタグ名ツリーの複数を組合せて得られた組合せタグ名ツリーにおいて、各タグ名ツリーの先頭タグ名を除いた構成タグ名の中から、タグ名をキーワードとして指定するとともに、構成タグ名以外のキーワードを自由キーワードとして入力する手段と、
キーワードとして指定したタグ名であるキーワードタグ名、並びに、キーワードタグ名に対して、所属するタグ名ツリーにおいて祖先位置に配置され、かつ、タグ名ツリーの先頭タグ名でないタグ名の中から、親タグ名を共有するタグ名の集合、ならびに、共有する親タグ名を持たないタグ名とを1つのタグ名列として特定した上、
特定したタグ名列に対して、その親タグ名を条件データとして対応付けた形で登録したタグ名列データを作成する手段と、
各タグ名ツリーごとに、所属する各タグ名列が表上において配置される見出し語欄を、横方向見出し語欄と縦方向見出し語欄の中から決定する手段と、
横方向見出し語欄と縦方向見出し語欄の各々において、割り当てられたタグ名ツリーに所属する各タグ名列を、その構成タグ名を、表の1行上、または、1列上においてまとめた形で、該当の条件データを参照した方法によって配置した表を作成する手段と
表の各セルについて、該当セルと定めた位置関係に配置されたタグ名である関連タグ名の集合と第1の関係にあるタグ名の集合が情報属性タグ名として付与されている情報の中、入力されている自由キーワードがその名称、または、情報を構成するテキスト上に見出される情報のアイコンを該当のセルに関連付けて表示する手段と、
からなるからなる情報処理装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、フォルダツリー上に保存された情報の中から所望の情報を取り出す検索方法に関する
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
現在、フォルダを木構造の形で組み合わせたフォルダツリーの中でおこなわれている分類には、例えば、図7と図8に示すフォルダツリーにおいて、フォルダ「A」の子フォルダの集合である{A1、A2、A3}のように上位ノード名の「A」に固有な分類と、いくつかの異なるフォルダの子フォルダの集合である{2016、2017、2018}、{大、並}のように上位ノード名に制約されない共通的な分類とがある。フォルダツリーによる情報管理においては、このような共通的分類が1つの木構造の中に組み込まれることから、同じ分類がフォルダツリー内の多数の箇所に繰り返して配置されることになり、フォルダツリー全体は、共通的分類を組み入れるごとにべき乗的に巨大なものになりがちである。
【0003】
木構造をなすフォルダツリーにおいて、情報取出し上の1つの柱である探索的取出しは、もともとユーザにとって大きな苦労を伴うものであるが、同じ分類が無秩序に繰り返して配置されるフォルダツリーにあって、その程度はさらに大きなものにもなる。
【0004】
また、巨大なフォルダツリーにおいては、同じ意味の分類に異なる表記が当てられたり、同じ表記に異なる意味の分類が当てられることが多いことから、情報取出し上の他の柱である条件指定よる情報の取出しも確定的な取出し方法になり得ず、現状は、単一のノード名称をキーワードする検索が補助的に使用されているに過ぎない。
【0005】
このようなフォルダツリーを用いた情報管理の状況を受けて、特開2013-228964は、フォルダツリー内の異なる意味でありながら同じ表記が与えられたノードに各々、異なる表記を与え、かつ、フォルダツリー内の異表記のノード名を1つの表記に統一した上、構成名を共有する子フォルダ名称の集合をマージすることによって得られたタグ名列を分けて表示したグ名列表示手段上において、ユーザがキーワードとして指示したタグ名列構成名、並びに、指示したタグ名列構成名によって含意される他のタグ名列構成名とを見出し語として配置した表上に情報のアイコンを配置する方法を開示している。たとえば、図7と図8に示すフォルダツリーについて得られるタグ名列は、上記表示手段上において図9のように表示される。
【0006】
上記の方法により、同じタグ名列に属するキーワードは、ORをとり、異なるタグ名列間の指定はANDをとるマルチファセット検索が、検索漏れが無く、かつ少ない検索ノイズによっておこなえる上に、検索された情報からの2次選択も表の上で楽におこなえる。マルチファセット検索は、条件検索の実用範囲をカバーするものである。また、一方、情報の探索的取出しも、この方法によって探索範囲を押さえたキーワードの入力によって得られた表上において楽におこなえる。
【0007】
ただ、上記方法は、ユーザにとって、検索対象のフォルダツリーとは別に設けた手段上における異なる意味の分類の表記分けと同じ意味の分類の表記の統一する操作が必要な上、検索キーワードの指定が、ツリー構造におけるノード名の間の上下関係が見えない表示手段上での指定であるため、次のような問題を持つことになる。
【0008】
たとえば、上記の図7と図8に示したフォルダツリーにおいて、「A1」、「A2」をその全パス名の中に含む情報を取り出したい場合、入力キーワードとしては、「A1」、「A2」を指定すれば、同時にその親 である「A]の指定も含意されることから「A]の指定は不要であるが、上記タグ名列表示手段上において、「A」を入力キーワード「A1」、「A2」の親ノード名として直ちに弁別することはできない。作成されるタグ名列の数が多いフォルダツリーにおいては、各構成タグ名の間の親子関係の弁別はそれだけおこないにくいものになる。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0009】
本発明はこうした問題をかんがみ、情報を特徴づける名称であるタグ名を樹木状に関係付けたタグ名ツリーによる情報の管理方法として、1つのタグ名ツリーに新しい視点による分類を楽に付加することができ、付加された全体タグ名ツリーにおいて情報を効率的に管理することができる方法を提供することを狙いとするものである。
【0010】
本発明の他の目的は、情報を特徴づける名称であるタグ名を樹木状に関係付けたタグ名ツリーによる情報の管理方法として、分類間の相互関係が直ちに視認できるタグ名ツリー上で、その構成タグ名をキーワードとして直接、かつ、ランダムに指定することによって、指定したタグ名をユーザの意図どおりに組み合わせた条件検索を検索漏れなくおこなえる方法を提供することを狙いとするものである。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許