TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022121233
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-08-19
出願番号2021018482
出願日2021-02-08
発明の名称配送管理システム
出願人個人
代理人個人,個人
主分類G06Q 10/08 20120101AFI20220812BHJP(計算;計数)
要約【課題】配送先の地域の個人に荷物の配送を行わせることが可能な配送管理システムを提供する。
【解決手段】配送管理者端末3が、配送管理者にサーバー装置11で管理する中継場所Iの中から荷物Pを保管する中継場所Iを選択させると共に選択された中継場所Iに保管するその中継場所Iの地域の荷物Pをサーバー装置11に登録させ、配送者端末9が、配送者に登録されている地域の中継場所Iに登録された荷物Pの中から配送先へ配送する荷物Pを選択させ、サーバー装置11が、選択された荷物Pを配送者端末9の配送者に割り当てる。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
荷物の配送を管理する配送管理者の配送管理者端末と、
前記荷物を保管して中継するための複数の中継場所及び各中継場所の地域に登録された配送者を管理するサーバー装置と、
前記配送者の配送者端末とを備え、
前記配送管理者端末は、前記配送管理者に前記サーバー装置で管理する中継場所の中から前記荷物を保管する中継場所を選択させると共に前記選択された中継場所に保管する該中継場所の地域の荷物を前記サーバー装置に登録させ、
前記配送者端末は、前記配送者に該配送者が登録されている前記地域の前記中継場所に登録済みの前記荷物の中から配送先へ配送する荷物を選択させ、
前記サーバー装置は、前記選択された荷物を前記配送者端末の配送者に割り当てる、
配送管理システム。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
請求項1記載の配送管理システムであって、
前記サーバー装置は、
前記配送管理者端末からの検索条件の範囲内の中継場所を前記管理する中継場所の中から抽出し、該抽出した中継場所を前記配送管理者端末に提示して前記中継場所の選択を受け付け、
前記検索条件の範囲内の中継場所によって前記検索条件を満たすことができない場合、前記検索条件の範囲外であって前記範囲内で抽出された中継場所を補足可能とする中継場所を前記管理する中継場所の中から抽出する、
配送管理システム。
【請求項3】
請求項1又は2記載の配送管理システムであって、
前記選択された中継場所に前記登録された荷物を搬入する搬入者の搬入者端末を備え、
前記搬入者端末は、前記搬入された荷物の前記中継場所での搬入状態を示す搬入状態情報の入力を受け付け、該受け付けた搬入状態情報を前記搬入された荷物が割り当てられている前記配送者の前記配送者端末に送信する、
配送管理システム。
【請求項4】
請求項3記載の配送管理システムであって、
前記搬入者端末は、前記サーバー装置から搬入指示を受け付けて、前記搬入指示に基づく搬入対象の荷物の荷物識別情報を搬入情報として前記サーバー装置に送信し、
前記サーバー装置は、前記出荷情報及び前記搬入指示に基づいて前記荷物の搬入ミスを検出する、
配送管理システム。
【請求項5】
請求項1~4の何れか一項に記載の配送管理システムであって、
前記サーバー装置は、
前記中継場所に登録されている荷物の配送情報を前記中継場所の地域に登録されている前記配送者の前記配送者端末に提示して前記荷物の選択を受け付け、
前記荷物の選択を受け付けない場合、前記中継場所の地域の近隣地域の前記配送者の前記配送者端末に前記配送情報を提示して前記荷物の選択を受け付ける、
配送管理システム。
【請求項6】
請求項1~5の何れか一項に記載の配送管理システムであって、
前記サーバー装置は、前記配送者端末に前記中継場所に登録されている荷物の配送情報を部分的に提示して前記荷物の選択を受け付ける、
配送管理システム。
【請求項7】
請求項1~6の何れか一項に記載の配送管理システムであって、
前記中継場所の中継場所端末を備え、
前記中継場所端末は、前記中継場所に登録されている荷物の少なくとも一つの被配送者が自己の荷物を受け取った場合に前記サーバー装置に通知し、
前記サーバー装置は、前記被配送者に受け取られた荷物の配送者に付与すべき報酬を前記被配送者に付与する、
配送管理システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、荷物の配送を管理する配送管理システムに関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来の配送管理システムとしては、例えば特許文献1に記載のものがある。
【0003】
このシステムでは、荷物の配送を依頼した依頼主が集荷先のロッカーに荷物を保管することで集荷され、集荷された荷物を複数の物流事業者の中から選択された物流事業者が配送するようになっている。
【0004】
かかるシステムでは、条件さえ満たせば配送先の地域の個人が物流事業者として荷物の配送を行うことも可能である。
【0005】
しかし、個人の場合は、集荷先が配送先に対して遠方であると、集荷先から荷物を受け取って配送先へ配送することは現実的に不可能である。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
特開2020-64508号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
本発明が解決しようとする問題点は、集荷先が配送先に対して遠方であると、個人による荷物の配送を行わせることができなかった点である。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明は、荷物の配送を管理する配送管理者の配送管理者端末と、前記荷物を保管して中継するための複数の中継場所及び各中継場所の地域に登録された配送者を管理するサーバー装置と、前記配送者の配送者端末とを備え、前記配送管理者端末は、前記配送管理者に前記サーバー装置で管理する中継場所の中から前記荷物を保管する中継場所を選択させると共に前記選択された中継場所に保管する該中継場所の地域の荷物を前記サーバー装置に登録させ、前記配送者端末は、前記配送者に該配送者が登録されている前記地域の前記中継場所に登録済みの前記荷物の中から配送先へ配送する荷物を選択させ、前記サーバー装置は、前記選択された荷物を前記配送者端末の配送者に割り当てる、配送管理システムを提供する。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、中継場所にその地域の配送者と荷物を登録し、地域の配送者に地域の荷物の配送を割り当てるようにすることで、集荷先と配送先との距離に拘わらず、配送先の地域の配送者としての個人に荷物の配送を行わせることが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
本発明の実施例1に係る配送管理システムの概念図である。
図1の配送管理システムの配送管理者端末を示すブロック図である。
図1の配送管理システムの搬入者端末を示すブロック図である。
図1の配送管理システムの中継場所端末を示すブロック図である。
図1の配送管理システムの配送者端末を示すブロック図である。
図1の配送管理システムのサーバー装置を示すブロック図である。
配送管理における中継場所選択処理を示すフローチャートである。
選択画面の一例を示す。
組合せ抽出画面の一例を示す。
配送管理における荷物登録処理を示すフローチャートである。
配送管理における荷物割当処理を示すフローチャートである。
荷物選択画面の一例を示す。
配送管理における荷物搬入処理を示すフローチャートである。
搬入指示画面の一例を示す。
確認画面の一例を示す。
配送管理における配送処理を示すフローチャートである。
本発明の実施例2に係る配送管理システムを示す概念図である。
図17の被配送者端末を示すブロック図である。
図17のサーバー装置を示すブロック図である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
VRショールーム
21日前
個人
管理サーバ
1か月前
個人
表示システム
1か月前
個人
配送支援装置
1か月前
個人
炭素コイン装置
6日前
個人
廃棄コスト計算システム
6日前
個人
通販価格の抑制システム
18日前
個人
なりすまし検知システム
12日前
株式会社ワコム
通信方法
11日前
個人
画像ワンタイムパスワード
6日前
個人
食品衛生管理の情報システム
1か月前
日精産業株式会社
樹脂製品
27日前
日本精機株式会社
タッチ入力装置
1か月前
個人
デザイン評価の方法及び装置
27日前
HENNGE株式会社
サーバ
1か月前
日立金属株式会社
材料特性評価方法
26日前
船井電機株式会社
配達システム
1か月前
株式会社将星
商標支援システム
19日前
個人
商品販売促進サーバ
1か月前
キヤノン株式会社
情報処理装置
1か月前
学校法人古沢学園
入力補助装置
1か月前
個人
領収書請求書書き込み+ 税務くん
1か月前
三菱電機株式会社
分析装置
1か月前
株式会社RCG
輸出手配システム
1か月前
株式会社刀
来場数予測装置
4日前
株式会社ユピテル
システム等
1か月前
株式会社ユピテル
システム等
1か月前
個人
管理サーバおよび損害補償方法
1か月前
シャープ株式会社
半導体装置
19日前
CXOバンク株式会社
紹介システム
1か月前
アルプスアルパイン株式会社
入力装置
12日前
中国電力株式会社
計器管理装置
1か月前
株式会社 楓の風
介護計画の補助装置
4日前
個人
出版管理システム及びプログラム
1か月前
個人
タブレットなどの載置用スタンド
1か月前
LINKS株式会社
拡張現実システム
1か月前
続きを見る