TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022117904
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-08-12
出願番号2021038529
出願日2021-03-10
発明の名称情報処理装置
出願人辰巳電子工業株式会社
代理人
主分類G06Q 50/10 20120101AFI20220804BHJP(計算;計数)
要約【課題】インターネットを通じて他人と出会うことに慣れていない者でも利用しやすい情報処理装置を提供する。
【解決手段】自動マッチングにより3人以上のユーザを仮想ルームに参加させ、前記仮想ルームに参加しているユーザ間での音声および映像の双方向通信を可能とする。ユーザを特定するユーザ情報と、このユーザの性別とを含む会員情報を記憶する。仮想ルームを作成する。仮想ルームに所定の入室条件を設定する。そして、入室条件に合致しないユーザが仮想ルームに参加しないように自動マッチングの制御を行う。具体的には、会員情報に基づいて、仮想ルームに参加しているユーザの人数が仮想ルームに参加可能な人数の上限に達した際に、仮想ルームに少なくとも1人以上の異なる性別のユーザが含まれるように自動マッチングの制御を行う。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
インターネット上での出会いを支援するために、自動マッチングにより3人以上のユーザを仮想ルームに参加させ、前記仮想ルームに参加しているユーザ間での音声および映像の双方向通信を可能とする情報処理装置であって、
前記ユーザを特定するユーザ情報と、当該ユーザの性別とを含む会員情報を記憶する記憶部と、
前記仮想ルームを作成するとともに、該仮想ルームに所定の入室条件を設定する仮想ルーム作成部と、
前記入室条件に合致しないユーザが前記仮想ルームに参加しないように前記自動マッチングの制御を行うマッチング制御部と、
前記マッチング制御部は、前記会員情報に基づいて、前記仮想ルームに参加しているユーザの人数が前記仮想ルームに参加可能な人数の上限に達した際に、前記仮想ルームに少なくとも1人以上の異なる性別のユーザが含まれるように前記自動マッチングの制御を行う
情報処理装置。
続きを表示(約 580 文字)【請求項2】
前記マッチング制御部は、前記会員情報に基づいて、前記仮想ルームに参加しているユーザの人数が前記仮想ルームに参加可能な人数の上限に達した際に、前記仮想ルームに参加しているユーザにおける男女の人数が同数に近づくように前記自動マッチングの制御を行う
請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項3】
前記マッチング制御部は、前記会員情報に基づいて、前記仮想ルームに参加しているユーザの人数が前記仮想ルームに参加可能な人数の上限に達した際に、前記仮想ルームに参加しているユーザにおける男女の人数が同数になるように前記自動マッチングの制御を行う
請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項4】
前記マッチング制御部は、第1のユーザから前記仮想ルームへの参加要求を受けた場合、前記参加要求に応じた前記仮想ルームの中から、参加させる前記仮想ルームを決定し、
前記参加要求には、前記第1のユーザのみが参加するか、前記第1のユーザに加え前記第1のユーザとは別のユーザも参加させるかを示す参加者情報が含まれ、
前記マッチング制御部は、参加者情報に応じた人数の空きがある仮想ルームの中から、前記第1のユーザを参加させる前記仮想ルームを決定する
請求項1から3までのいずれかに記載の情報処理装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、インターネット上での出会いを支援する情報処理装置に関するものである。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
近年は、インターネット上で友達や恋人、結婚相手などを見つけることが一般的になってきており、それを支援するサービスも増えてきている。
【0003】
特許文献1には、データベースにマッチングデータ(ユーザのプロフィール情報等)が登録され、そのデータベースを用いて、登録されたマッチングデータから条件に合致するユーザを検索し、男女1対1のペアとなった場合、そのペア間での連絡が可能となる支援システムが記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2016-18312号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、特許文献1に記載の支援システムでは、初対面の男女が1対1でやり取りを行うものなので、慣れていない者がこの支援システムを利用するにはハードルが高すぎる、という問題がある。
【0006】
本発明は、上記問題を解決するためになされたものであり、インターネットを通じて他人と出会うことに慣れていない者でも利用しやすい情報処理装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明は、インターネット上での出会いを支援するために、自動マッチングにより3人以上のユーザを仮想ルームに参加させ、前記仮想ルームに参加しているユーザ間での音声および映像の双方向通信を可能とするものである。ユーザを特定するユーザ情報と、このユーザの性別とを含む会員情報を記憶する。仮想ルームを作成する。仮想ルームに所定の入室条件を設定する。そして、入室条件に合致しないユーザが仮想ルームに参加しないように自動マッチングの制御を行う。具体的には、会員情報に基づいて、仮想ルームに参加しているユーザの人数が仮想ルームに参加可能な人数の上限に達した際に、仮想ルームに少なくとも1人以上の異なる性別のユーザが含まれるように自動マッチングの制御を行う。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、インターネット上の出会いの場において、初対面のユーザを含む集まりであったとしても、コミュニケーションを取りやすい状況を作り出すことができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本発明の一実施形態に係る情報処理システムの全体構成を模式的に示す図である。
管理サーバー(情報処理装置)の機能構成を示す機能ブロック図である。
データ記憶部に記憶される情報の一例を示す図である。
端末装置の概略構成を示すブロック図である。
本発明の一実施形態に係る処理の流れを示すシーケンス図である。
端末装置に表示されるマイページを示す画面例である。
端末装置に表示される仮想ルームページを示す画面例である。
端末装置に表示される仮想ルームページを示す画面例である。
ホストユーザの端末装置に表示される知人招待に関する画面の一例を示す画面例である。
端末装置に表示される仮想ルームページを示す画面例である。
ゲストユーザの端末装置に表示される知人招待に関する画面の一例を示す図である。
端末装置に表示される仮想ルームページを示す画面例である。
端末装置に表示される知人ユーザ一覧画面の一例を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
〔一実施形態〕
本発明の一実施形態について、図1~図10を参照して以下に説明する。以下の特定の実施形態で説明する構成以外の構成については、必要に応じて説明を省略する場合があるが、他の実施形態で説明されている場合は、その構成と同じである。また、説明の便宜上、各実施形態に示した部材と同一の機能を有する部材については、同一の符号を付し、適宜その説明を省略する。さらに、各図面に記載した構成の形状、ならびに、長さ、大きさおよび幅などの寸法は、実際の形状および寸法を反映させたものではなく、図面の明瞭化と簡略化のために適宜変更している。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
新人工知能
24日前
個人
広告システム
29日前
個人
スキャナー装置
1か月前
個人
端末装置
9日前
個人
計数装置
1か月前
個人
商品調達システム
15日前
個人
管理サーバ
1日前
個人
九列五段キーボード
1か月前
個人
広告宣伝方法
1日前
日本精機株式会社
表示装置
1か月前
個人
画像投影型タッチパネル
10日前
個人
接客システム装置
1か月前
個人
商品販売システム
1日前
個人
保険契約者保護システム
1か月前
凸版印刷株式会社
ICカード
17日前
個人
鉄鋼製造のコスト削減方法
24日前
個人
リコメンドシステム
1か月前
個人
足又は足指操作可能なマウス
9日前
個人
外出付添いサービスシステム
1か月前
個人
商取引エージェントシステム
29日前
個人
バナー広告提供システム
4日前
個人
セメント製造のコスト削減方法
24日前
個人
配送管理システム
1か月前
KYB株式会社
検査システム
1か月前
個人
市場取引銘柄表示システム
8日前
個人
認証システム、プログラム
4日前
有限会社カツミ工業
管理サーバ
29日前
Yper株式会社
情報処理装置
15日前
株式会社アジラ
行動推定システム
8日前
個人
葬儀サービスの提供システム
1か月前
個人
電子伝票の統合管理・運用システム
16日前
株式会社キネカ
情報処理システム
1か月前
個人
イベント開催方法、発券装置
15日前
東洋電装株式会社
操作装置
8日前
株式会社アイズ
情報処理装置
15日前
株式会社 ミックウェア
情報処理システム
1か月前
続きを見る