TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022117153
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-08-10
出願番号2021013701
出願日2021-01-29
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人
主分類G03G 15/00 20060101AFI20220803BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】安定した画質の画像を形成できる画像形成装置を提供する。
【解決手段】画像形成装置100は、中間転写体106に画像を形成する画像形成部120、121、122、123と、中間転写体106から記録材110へ画像を転写する転写ローラ114と、記録材110に形成された画像を検知するラインセンサ138と、中間転写体106に形成された画像を検知する画像濃度センサ117とを備える。画像形成装置100は、ラインセンサ138による検知用画像の検知結果を変換条件に基づいて変換し、変換された検知結果に基づいて画像形成部120、121、122、123により形成される画像の濃度を制御する。画像形成装置100は、ラインセンサ138及び画像濃度センサ117によるパターン画像の検知結果に基づいて変換条件を生成する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
像担持体に画像を形成する画像形成手段と、
前記像担持体から記録材へ前記画像を転写する転写手段と、
前記記録材に形成された画像を検知する第1検知手段と、
前記像担持体に形成された画像を検知する第2検知手段と、
前記画像形成手段に検知用画像を形成させ、前記転写手段に前記検知用画像を記録材へ転写させ、前記第1検知手段に前記検知用画像を検知させ、前記第1検知手段の検知結果を変換条件に基づいて変換し、前記変換された前記第1検知手段の検知結果に基づいて前記画像形成手段により形成される画像の濃度を制御する制御手段と、
前記画像形成手段にパターン画像を形成させ、前記転写手段に前記パターン画像を記録材へ転写させ、前記第1検知手段による検知結果と前記第2検知手段による検知結果とを取得し、前記第1検知手段による検知結果と前記第2検知手段による検知結果とに基づいて前記変換条件を生成する生成手段と、を有することを特徴とする画像形成装置。
続きを表示(約 990 文字)【請求項2】
前記第1検知手段に検知される前記パターン画像は第1パターン画像であり、
前記第2検知手段に検知される前記パターン画像は前記第1パターン画像と異なる第2パターン画像であることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記生成手段は、前記変換条件を前記記録材の種類毎に生成することを特徴とする、
請求項1又は2記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記生成手段は、前記変換条件を生成してからの経過時間が所定時間以上経過している場合に、変換条件を再生成することを特徴とする、
請求項1乃至3のいずれか1項に記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記生成手段は、前記変換条件を生成してから前記記録材に画像を形成した枚数が所定枚数以上になる場合に、変換条件を再生成することを特徴とする、
請求項1乃至3のいずれか1項に記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記画像形成手段がトナーを用いて画像を現像する際の現像コントラストに関するユーザ指示情報を取得する取得手段と、
前記現像コントラストを前記ユーザ指示情報に基づいて変更する変更手段と、をさらに有し、
前記生成手段は、前記変更手段により前記現像コントラストが変更される場合、変換条件を再生成することを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記転写手段が画像を記録材に転写するための転写条件に関するユーザ指示情報を取得する取得手段をさらに有し、
前記生成手段は、前記ユーザ指示情報に基づいて前記転写条件が変更される場合、変換条件を再生成することを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項8】
前記記録材に転写された画像を定着させる定着手段と、
前記記録材に形成される画像の光沢に関するユーザ指示情報を取得する取得手段と、
前記取得手段により取得された前記ユーザ指示情報に基づいて前記定着手段の定着条件を制御する定着制御手段と、をさらに有し、
前記生成手段は、前記ユーザ指示情報に基づいて前記定着制御手段により前記定着条件が変更される場合、変換条件を再生成することを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、複写機、複合機、プリンタ等の画像形成装置に関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
電子写真方式を採用したフルカラーの画像形成装置は、像担持体に画像を形成し、像担持体から該画像を記録材に転写し、転写した画像を記録材に定着させることで画像形成を行う。記録材に形成される画像は、気温、湿度等の環境条件や現像に用いる現像剤の劣化により、画像濃度が変化する。そのために画像形成装置は、画像濃度を調整するためのテスト画像を形成し、このテスト画像をセンサにより読み取った結果に基づいて画像形成条件の調整や階調補正テーブルの作成を行い、画像濃度の安定を図っている。これは、「キャリブレーション」と呼ばれる。キャリブレーションは、記録材に形成したテスト画像の読取結果を用いて行う場合と、記録材に転写する前の像担持体上のテスト画像の読取結果を用いて行う場合とがある。
【0003】
特許文献1に開示される画像形成装置は、ユーザからの指示に応じた画像(ユーザ画像)が形成される記録材上の余白領域にテスト画像を形成してキャリブレーションを行う。これにより、印刷ジョブ中にリアルタイムにキャリブレーションが行われる。テスト画像が形成される余白領域は、記録材の外縁の断裁される領域である。このような画像形成装置は、適切な画像濃度特性(階調特性)を維持するとともに、画像形成動作が中断しないことで生産性の低下を抑止する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2014-107648号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
特許文献1の画像形成装置は、記録材に形成したテスト画像の読取結果を用いたキャリブレーションの他に、像担持体上のテスト画像の読取結果を用いたキャリブレーションも実行可能である。しかしながら、このような異なる手法のキャリブレーションを行う場合、キャリブレーション毎に目標値が異なる場合がある。これは、高精度な画像濃度(画質)の安定を阻害する可能性がある。
【0006】
本発明は、上述の問題に鑑み、異なる手法でキャリブレーションを行う場合であっても安定した画質の画像を形成できる画像形成装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の画像形成装置は、像担持体に画像を形成する画像形成手段と、前記像担持体から記録材へ前記画像を転写する転写手段と、前記記録材に形成された画像を検知する第1検知手段と、前記像担持体に形成された画像を検知する第2検知手段と、前記画像形成手段に検知用画像を形成させ、前記転写手段に前記検知用画像を記録材へ転写させ、前記第1検知手段に前記検知用画像を検知させ、前記第1検知手段の検知結果を変換条件に基づいて変換し、前記変換された前記第1検知手段の検知結果に基づいて前記画像形成手段により形成される画像の濃度を制御する制御手段と、前記画像形成手段にパターン画像を形成させ、前記転写手段に前記パターン画像を記録材へ転写させ、前記第1検知手段による検知結果と前記第2検知手段による検知結果とを取得し、前記第1検知手段による検知結果と前記第2検知手段による検知結果とに基づいて前記変換条件を生成する生成手段と、を有することを特徴とする。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、記録材に形成する画像の画質を安定させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
画像形成装置の構成図。
画像濃度センサの構成説明図。
プリンタコントローラの説明図。
階調が再現される様子を説明する4限チャート。
階調補正用のテスト画像の例示図。
階調補正用のテスト画像の例示図。
濃度変換テーブルの作成処理を表すフローチャート。
濃度変換テーブルの説明図。
階調補正処理を表すフローチャート。
階調補正処理の効果の説明図。
階調補正処理を表すフローチャート。
再生成の判断に用いられる情報の説明図。
(a)、(b)は、濃度変換テーブルを再生成した場合の効果の説明図。
階調補正処理を表すフローチャート。
濃度変換テーブルと比較用テーブルの比較処理の説明図。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下に、本発明の実施形態について図面を用いて説明する。ただし、以下に述べる実施形態には、本発明を実施するために技術的に好ましい種々の限定が付されているが、発明の範囲を以下の実施形態及び図示例に限定するものではない。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

三菱製紙株式会社
電子写真用記録材料
1日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
4日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
東芝テック株式会社
画像形成装置
今日
デクセリアルズ株式会社
光学機器
1日前
株式会社リコー
定着装置及び画像形成装置
4日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
今日
株式会社リコー
電装ユニット及び画像形成装置
今日
キヤノン株式会社
ヒータ及び像加熱装置
今日
キヤノン株式会社
ヒータ及び像加熱装置
4日前
キヤノン株式会社
トナー
4日前
株式会社リコー
加熱装置、定着装置、画像形成装置
4日前
株式会社リコー
加熱装置、定着装置、画像形成装置
1日前
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
電子機器
4日前
株式会社リコー
定着装置及び画像形成装置
4日前
株式会社リコー
画像形成装置、電気コネクタ及び電気機器
4日前
キヤノン株式会社
プロセスカートリッジ
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
今日
キヤノン株式会社
光源装置および画像投射装置
4日前
株式会社リコー
定着装置、画像形成装置および画像形成方法
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
株式会社ノリタケカンパニーリミテド
感光性組成物とその利用
今日
小林クリエイト株式会社
印刷物および印刷物の製造方法
4日前
セイコーエプソン株式会社
光源装置及びプロジェクター
今日
セイコーエプソン株式会社
光源装置およびプロジェクター
4日前
キヤノン株式会社
照明光学系、露光装置、および物品の製造方法
今日
旭化成株式会社
EUVリソグラフィ用ペリクル
1日前
キヤノン株式会社
磁性キャリア、二成分現像剤、及び補給用現像剤
4日前
キヤノン株式会社
磁性キャリア、二成分現像剤、及び補給用現像剤
4日前
ウシオ電機株式会社
ホイルトラップ及びこれを備えた光源装置
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置、画像形成装置の制御方法、及びプログラム
今日
キヤノン株式会社
トナーカートリッジ及び画像形成装置
4日前
株式会社リコー
ニップ形成部材、加熱装置、定着装置、画像形成装置
4日前
続きを見る