TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022116699
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-08-10
出願番号2021013007
出願日2021-01-29
発明の名称操作入力装置
出願人ミネベアミツミ株式会社
代理人個人
主分類H01H 9/16 20060101AFI20220803BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】確実な操作検知が可能な操作入力装置を提供する。
【解決手段】センサ部100に設けられたタッチセンサ102A~102Dと、静電容量センサ104Aが、センサ部100の透光性フィルム上の同一面に形成されていることにより、シンボルマーク201A~201Dと、タッチセンサ102A~102Dと、静電容量センサ104Aと、の位置ずれがなくなり、また、操作者が操作を行う箇所に、タッチセンサ102A~102Dと、静電容量センサ104Aを最小範囲で備えられることにより、良好に操作を検出することができる。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
操作位置を示す複数のシンボルマークを有する操作パネルと、
前記操作パネルにおける前記シンボルマークの部位の背面側に配置され、前記シンボルマークへの接触を検出する複数のスイッチ部と、
発光された光を前記操作パネルに向けて照射して、前記シンボルマークを照明する光源と、
複数の前記スイッチ部を取り囲む線状電極を有する静電容量センサと、
を備えた操作入力装置。
続きを表示(約 330 文字)【請求項2】
前記光源が設けられた基板と、
前記操作パネルと前記基板との間に配置された透光性を有するフィルムと、
を備え、
前記スイッチ部の電極及び前記線状電極が、前記フィルムに印刷されている請求項1に記載の操作入力装置。
【請求項3】
前記スイッチ部及び前記線状電極は、単一のコネクタに電気的に接続されており、
前記基板には、前記コネクタが接続されたコネクタ受部が設けられている請求項2に記載の操作入力装置。
【請求項4】
前記操作パネルの背面側に基板を設け、
該基板上に、前記光源と、前記スイッチ部と、前記線状電極と、
を備えたことを特徴とする請求項1に記載の操作入力装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、操作入力装置に関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
一般に、車両室内の天井に設けられたオーバーヘッドコンソールには、照明ランプ、照明ランプ用のスイッチ等、が設けられている。
スイッチには、操作対象の機器を示すシンボルマークが表示され、昼夜問わず照明されている。
【0003】
オーバーヘッドコンソールが有する照明機能の操作においては、従来からメカニカルスイッチ、あるいは、タッチセンサが用いられている。
上記のタッチセンサを用いている場合、照明ランプの発光部に直接タッチして操作する装置、あるいは、発光部とは分離したシンボルをタッチして操作する装置が存在している(例えば、特許文献1参照。)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2019-001296号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、照明ランプの発光部に直接接触することによって操作する装置の場合、発光部と、操作する手指の接触を検知するセンサと、操作を検知するスイッチとは、異なる構造体に備えられており、位置ずれや感度劣化等による要因により、検知精度が劣化するという課題があった。
【0006】
また、隣接する操作を検知するスイッチの間隔が狭くなっている場合には、隣接する他機能のためのスイッチとして設けられた手指の接触を検知するセンサと干渉が生じることにより、誤作動が発生してしまうという課題があった。
【0007】
そこで、本発明は、上述の課題に鑑みてなされたものであり、各スイッチ部への接触を良好に検出することができる操作入力装置を提供する事を目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
形態1;本発明の1またはそれ以上の実施形態は、操作位置を示す複数のシンボルマークを有する操作パネルと、前記操作パネルにおける前記シンボルマークの部位の背面側に配置され、前記シンボルマークへの接触を検出する複数のスイッチ部と、発光された光を前記操作パネルに向けて照射して、前記シンボルマークを照明する光源と、複数の前記スイッチ部を取り囲む線状電極を有する静電容量センサと、を備えた操作入力装置を提案している。
【0009】
形態2;本発明の1またはそれ以上の実施形態は、前記光源が設けられた基板と、前記操作パネルと前記基板との間に配置された透光性を有するフィルムと、を備え、前記スイッチ部の電極及び前記線状電極が、前記フィルムに印刷されている操作入力装置を提案している。
【0010】
形態3;本発明の1またはそれ以上の実施形態は、前記スイッチ部及び前記線状電極は、単一のコネクタに電気的に接続されており、前記基板には、前記コネクタが接続されたコネクタ受部が設けられている操作入力装置を提案している。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
電磁石
1日前
個人
押圧検知器
1日前
個人
正極及び蓄電池
4日前
個人
放射状アレーアンテナ
1日前
日星電気株式会社
アンテナ
4日前
三菱電機株式会社
遮断器
8日前
個人
Wi-Fiルーターアンテナ
4日前
富士通株式会社
電力合成器
1日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
4日前
株式会社GSユアサ
蓄電素子
8日前
株式会社GSユアサ
蓄電素子
1日前
オムロン株式会社
電磁継電器
4日前
株式会社GSユアサ
蓄電素子
1日前
日立金属株式会社
端子接続構造
今日
日本電子株式会社
荷電粒子ビーム装置
今日
三菱マテリアル株式会社
避雷器
8日前
三菱マテリアル株式会社
避雷器
8日前
日立金属株式会社
高周波用給電線
8日前
電気興業株式会社
アレーアンテナ
4日前
住友電気工業株式会社
半導体装置
4日前
マクセル株式会社
全固体電池
4日前
オムロン株式会社
電磁継電器
1日前
オムロン株式会社
電磁継電器
1日前
マクセル株式会社
全固体電池
4日前
トヨタ自動車株式会社
散水システム
4日前
オムロン株式会社
電磁継電器
1日前
オムロン株式会社
電磁継電器
1日前
オムロン株式会社
電磁継電器
1日前
オムロン株式会社
電磁継電器
1日前
オムロン株式会社
電磁継電器
1日前
石福金属興業株式会社
白金ペースト
8日前
日立金属株式会社
信号伝送ケーブル
4日前
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
8日前
ローム株式会社
半導体発光装置
8日前
株式会社今仙電機製作所
電子装置
4日前
日本無線株式会社
レーダアンテナ
4日前
続きを見る