TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022116523
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-08-10
出願番号2021012725
出願日2021-01-29
発明の名称スロットマシン
出願人株式会社三共
代理人
主分類A63F 5/04 20060101AFI20220803BHJP(スポーツ;ゲーム;娯楽)
要約【課題】遊技の進行を制御する遊技制御手段と遊技者所有の遊技価値に関する制御を行う価値制御手段との間の遣り取りに関して改良を施したスロットマシンを提供する。
【解決手段】賭数の設定などにより減算更新されるとともに入賞の発生などにより加算更新されるクレジットを遊技者所有の遊技価値として記憶するものであって、遊技の進行を制御する遊技制御手段と、遊技制御手段とは別に遊技者所有の遊技価値の加減算制御を行う価値制御手段を備える。遊技制御手段は価値制御手段の状況を好適に把握して遊技の進行を制御する。
【選択図】図37
特許請求の範囲【請求項1】
各々が識別可能な複数種類の識別情報を変動表示可能な可変表示部を備え、
前記可変表示部を変動表示した後、前記可変表示部の変動表示を停止することで表示結果を導出し、該表示結果に応じて入賞が発生可能なスロットマシンにおいて、
遊技の進行を制御する遊技制御手段と、
遊技者所有の遊技価値に関する制御を行う価値制御手段と、
付与済みの全ての遊技価値のうち、特定状態において付与された遊技価値が占める割合を出力する価値付与比率処理を実行する価値付与比率処理手段と、を備え、
前記遊技制御手段は、一のゲームを終了するときに、該一のゲームの結果に応じて遊技者に付与される遊技価値を特定可能な付与価値コマンドを前記価値制御手段に送信し、
前記価値制御手段は、前記付与価値コマンドを受信したときに、該付与価値コマンドに応答する応答コマンドを前記遊技制御手段に送信するとともに、該付与価値コマンドに応じた制御を行い、
前記遊技制御手段は、前記付与価値コマンドを送信した後、前記応答コマンドを受信したことを条件に、前記特定状態に制御されているか否かを特定可能な特定状態情報コマンドを前記価値制御手段に送信する、スロットマシン。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、各々が識別可能な複数種類の識別情報を変動表示可能な可変表示部を備え、可変表示部を変動表示した後、可変表示部の変動表示を停止することで表示結果を導出し、該表示結果に応じて入賞が発生可能なスロットマシンに関する。
続きを表示(約 3,400 文字)【背景技術】
【0002】
スロットマシンは、一般に、外周部に識別情報としての複数種類の図柄が描かれたリールを有する可変表示部を備えており、規定の賭数が設定された状態でスタートスイッチが操作されることによりリールが回転開始し、ストップスイッチが操作されてリールの回転が停止したときに入賞ライン上に予め定められた図柄組合せ(たとえば、7-7-7、以下、図柄組合せを表示結果の組合せ、または役とも称する)が導出されることにより入賞が発生する。
【0003】
このようなスロットマシンとして、賭数の設定などにより減算更新されるとともに入賞の発生などにより加算更新されるクレジットを遊技者所有の遊技価値として記憶するものであって、遊技の進行を制御する遊技制御部が設けられた遊技制御基板とは別に、遊技者所有の遊技価値の加減算制御を行う払出制御部が設けられた払出制御基板を備えるスロットマシンがあった(たとえば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2003-102919号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
特許文献1のスロットマシンにおいては、ゲームの進行を考慮しながら遊技の進行を制御する手段と遊技者所有の遊技価値に関する制御を行う手段との間で遣り取りすることに関して改良の余地があった。
【0006】
本発明は、かかる実情に鑑み考え出されたものであり、その目的は、遊技の進行を制御する遊技制御手段と遊技者所有の遊技価値に関する制御を行う価値制御手段との間の遣り取りに関して改良を施したスロットマシンを提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
各々が識別可能な複数種類の識別情報を変動表示可能な可変表示部(たとえば、リール2L、2C、2R)を備え、
前記可変表示部を変動表示した後、前記可変表示部の変動表示を停止することで表示結果を導出し、該表示結果に応じて入賞が発生可能なスロットマシン(たとえば、S台2)において、
遊技の進行を制御する遊技制御手段(たとえば、主制御基板16)と、
遊技者所有の遊技価値に関する制御を行う価値制御手段(たとえば、メダル数制御基板17)と、
付与済みの全ての遊技価値のうち、特定状態(たとえば、有利区間)において付与された遊技価値が占める割合を出力する価値付与比率処理(たとえば、役比モニタに表示させるデータを算出する処理)を実行する価値付与比率処理手段と、を備え、
前記遊技制御手段は、一のゲームを終了するときに、該一のゲームの結果に応じて遊技者に付与される遊技価値を特定可能な付与価値コマンド(たとえば、終了時コマンド)を前記価値制御手段に送信し、
前記価値制御手段は、前記付与価値コマンドを受信したときに、該付与価値コマンドに応答する応答コマンドを前記遊技制御手段に送信するとともに、該付与価値コマンドに応じた制御を行い、
前記遊技制御手段は、前記付与価値コマンドを送信した後、前記応答コマンドを受信したことを条件に、前記特定状態に制御されているか否かを特定可能な特定状態情報コマンド(たとえば、役物情報コマンド、有利区間コマンド)を前記価値制御手段に送信する(たとえば、図51に示されるように、主制御基板16は、応答コマンドを送信した後に、役物情報コマンド、有利区間コマンドを送信する)。
【図面の簡単な説明】
【0008】
カードユニットおよびスロットマシンの正面図である。
カードユニットおよびスロットマシンの内部構成を示すブロック図である。
リールの図柄配列を示す図である。
主制御部が制御する遊技状態を説明する図である。
内部抽選の対象役を説明する図である。
ナビ小役、特定小役、複合小役を説明する図である。
主制御基板がメダル数制御基板へ送信するコマンドの種類を示す図である。
遊技機設置情報コマンドを説明する図である。
遊技機特性の詳細を示す図である。
役物情報コマンドの構成を示す図である。
役物作動情報の詳細を示す図である。
有利区間情報コマンドの構成を示す図である。
有利区間情報の詳細を示す図である。
投入コマンドの構成を示す図である。
精算コマンドの構成を示す図である。
開始時コマンドの構成を示す図である。
終了時コマンドの構成を示す図である。
払出パルスコマンドの構成を示す図である。
大当りコマンドの構成を示す図である。
ホールコンピュータ信号の詳細を示す図である。
遊技機不正1コマンドの構成を示す図である。
設定情報の詳細を示す図である。
遊技機不正2コマンドの構成を示す図である。
ドア情報の詳細を示す図である。
遊技機不正3コマンドの構成を示す図である。
主制御状態コマンドの構成を示す図である。
主制御基板エラーコマンドの構成を示す図である。
主制御基板エラー一覧を示す図である。
遊技機性能情報(予備)コマンドの構成を示す図である。
メダル数制御基板から主制御基板へのコマンド一覧を示す図である。
応答コマンドの構成を示す図である。
枠側情報コマンドの構成を示す図である。
主制御基板とメダル数制御基板間の通信の一例を示す図である。
枠側情報コマンドの通信を説明するための図である。
主制御基板がコマンド受信をする際の処理を示すフローチャートである。
主制御基板とメダル数制御基板との間のシリアル通信回路について説明す る図である。
電源投入からの主制御基板とメダル数制御基板との間の通信の流れを示す 図である。
通番が正常である場合の通信の一例を示す図である。
通番不一致エラーが発生した場合の通信の一例を示す図である。
遊技メダルに関するエラーが発生した場合の通信の一例を示す図である。
遊技機設置情報コマンドの送受信前における通信が発生した例を示す図で ある。
電源投入におけるタイムアウトの例を示す図である。
賭数設定操作と精算操作について説明する図である。
賭数設定操作後、応答コマンドを受信する前に新たに賭数設定操作がされ た例を示す図である。
精算操作後、応答コマンドを受信する前に新たに精算操作がされた例を示 す図である。
賭数設定操作後、応答コマンドを受信する前に新たに精算操作がされた例 を示す図である。
精算操作後、応答コマンドを受信する前に新たに賭数設定操作がされた例 を示す図である。
賭数設定操作における通番エラーを説明する図である。
精算操作における通番エラーを説明する図である。
枠側情報の確認処理を説明する図である。
払出枚数の表示制御を説明する図である。
役比モニタを示す図である。
役比モニタの表示例を示す図である。
役比情報の初期化処理を説明するための図である。
主制御基板が行う起動時の処理と初期設定処理を説明する図である。
主制御基板が行うメイン処理の制御内容を説明する図である。
主制御基板が行う遊技開始待ち処理の制御内容を説明する図である。
主制御基板が行う賭数設定操作受付処理の制御内容を説明する図である。
主制御基板が行う精算操作受付処理の制御内容を説明する図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
本発明に係るスロットマシンを実施するための形態を実施例に基づいて以下に説明する。
【0010】
[スロットマシンの構成]
図1は、カードユニットおよびスロットマシンの正面図である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社三共
遊技機
今日
株式会社三共
遊技機
29日前
株式会社三共
遊技機
25日前
株式会社三共
遊技機
25日前
株式会社三共
遊技機
25日前
株式会社三共
遊技機
29日前
株式会社三共
遊技機
29日前
株式会社三共
遊技機
29日前
株式会社三共
遊技機
29日前
株式会社三共
遊技機
29日前
株式会社三共
遊技機
29日前
株式会社三共
遊技機
29日前
株式会社三共
遊技機
29日前
株式会社三共
遊技機
29日前
株式会社三共
遊技機
29日前
株式会社三共
遊技機
25日前
株式会社三共
遊技機
29日前
株式会社三共
遊技機
29日前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
25日前
株式会社三共
遊技機
25日前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
24日前
株式会社三共
遊技機
24日前
株式会社三共
遊技機
24日前
株式会社三共
遊技機
24日前
続きを見る