TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022115276
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-08-09
出願番号2021011804
出願日2021-01-28
発明の名称ポリエーテルニトリル
出願人東レ株式会社
代理人
主分類C08G 65/40 20060101AFI20220802BHJP(有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物)
要約【課題】結晶性の高いポリエーテルニトリルを提供する。
【解決手段】2,6-ジハロベンゾニトリルと芳香族ジオールを重合して得られるポリエーテルニトリルであって、2,6-ジハロベンゾニトリルの異性体純度が98%以上であることを特徴とする式(I)で示されるポリエーテルニトリル。
【化1】
<com:Image com:imageContentCategory="Drawing"> <com:ImageFormatCategory>TIFF</com:ImageFormatCategory> <com:FileName>2022115276000014.tif</com:FileName> <com:HeightMeasure com:measureUnitCode="Mm">38</com:HeightMeasure> <com:WidthMeasure com:measureUnitCode="Mm">170</com:WidthMeasure> </com:Image> 【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
2,6-ジハロベンゾニトリルと芳香族ジオールを重合して得られるポリエーテルニトリルであって、2,6-ジハロベンゾニトリルの異性体純度が98%以上であることを特徴とする式(I)で示されるポリエーテルニトリル。
TIFF
2022115276000010.tif
37
170
(式(I)において、Arは、式(a)から式(f)で表される単位から選ばれる骨格であり、Arは1種類または2種類以上の単位から構成されても良い)
TIFF
2022115276000011.tif
99
170
(式(a)から(f)中、Rは、炭素数1~6の直鎖状有機基、分岐状有機基、および環状有機基のいずれかで、酸素原子、窒素原子、硫黄原子を1つまたは複数含んでいてもよい。なお、Rは、互いに等しいかまたは異なってもよい。aはRの置換基数を示し、0~4の整数である。Xは、水素原子またはメチル基である。)
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記2,6-ジハロベンゾニトリルが、トルエンの塩素化およびゼオライトによる異性化工程を経て得られる2,6-ジハロトルエンを経て得られる2,6-ジハロベンゾニトリルである請求項1記載のポリエーテルニトリル。
【請求項3】
前記2,6-ジハロベンゾニトリルが、2,6-ジクロロベンゾニトリルである請求項1または2に記載のポリエーテルニトリル。
【請求項4】
前記2,6-ジハロベンゾニトリルは、ガスクロマトグラフィー分析により検出されるガスクロマトグラムにおいて、ジハロベンゾニトリルの異性体に由来するピーク面積の総和を100%に対し、2,6-ジハロベンゾニトリルのピーク面積の割合が98%以上である請求項1~3のいずれか記載のポリエーテルニトリル。
【請求項5】
前記2,6-ジハロベンゾニトリルは、ガスクロマトグラフィー分析により検出されるガスクロマトグラムにおいて、ジハロベンゾニトリルの異性体に由来するピーク面積の総和を100%に対し、2,6-ジハロベンゾニトリルのピーク面積の割合が99%以上である請求項1~4いずれか記載のポリエーテルニトリル。
【請求項6】
前記ポリエーテルニトリルが式(I)で示される繰り返し単位を有する請求項1~5いずれか記載のポリエーテルニトリル。
TIFF
2022115276000012.tif
39
170
(式(I)において、Arは、式(g)から式(l)で表される単位から選ばれる骨格であり、Arは1種類または2種類以上の単位から構成されても良い)
TIFF
2022115276000013.tif
101
170
(ここで、Xは、水素原子またはメチル基である。)
【請求項7】
トルエンの塩素化およびゼオライトによる異性化工程を経て2,6-ジハロトルエンを得、得られた2,6-ジハロトルエンをニトリル化して、2,6-ジハロベンゾニトリルを得、得られた2,6-ジハロベンゾニトリルと、芳香族ジオールを重合するポリエーテルニトリルの製造方法。
【請求項8】
2,6-ジハロトルエンが、2,6-ジクロロトルエンであり、2,6-ジハロベンゾニトリルが、2,6-ジクロロベンゾニトリルである請求項7記載のポリエーテルニトリルの製造方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、2,6-ジハロベンゾニトリルの異性体純度が98%以上であることを特徴とする2,6-ジハロベンゾニトリルと、芳香族ジオールを重合して得られるポリエーテルニトリルに関するものである。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
ポリエーテルニトリルは、優れた耐熱性、耐薬品性、難燃性を有し、加えて耐摩耗性や耐摩擦性などの優れた機械特性を備えた、高度な性質を有するスーパーエンジニアリングプラスチックの1種である(特許文献1)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特公平5-78576
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1に示す方法では、得られるポリエーテルニトリルの結晶性が不十分であるといった問題があった。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記目的を達成するために、本発明は以下の構成を有するものである。
(1)2,6-ジハロベンゾニトリルと芳香族ジオールを重合して得られるポリエーテルニトリルであって、2,6-ジハロベンゾニトリルの異性体純度が98%以上であることを特徴とする式(I)で示されるポリエーテルニトリル。
【0006】
TIFF
2022115276000001.tif
38
170
【0007】
(式(I)において、Arは、式(a)から式(f)で表される単位から選ばれる骨格であり、Arは1種類または2種類以上の単位から構成されても良い)
【0008】
TIFF
2022115276000002.tif
99
170
【0009】
(式(a)から(f)中、Rは、炭素数1~6の直鎖状有機基、分岐状有機基、および環状有機基のいずれかで、酸素原子、窒素原子、硫黄原子を1つまたは複数含んでいてもよい。なお、Rは、互いに等しいかまたは異なってもよい。aはRの置換基数を示し、0~4の整数である。Xは、水素原子またはメチル基である。)
(2)前記2,6-ジハロベンゾニトリルが、トルエンの塩素化およびゼオライトによる異性化工程を経て得られる2,6-ジハロトルエンを経て得られる2,6-ジハロベンゾニトリルである(1)に記載のポリエーテルニトリル。
(3)前記2,6-ジハロベンゾニトリルが、2,6-ジクロロベンゾニトリルである(1)または(2)に記載のポリエーテルニトリル。
(4)前記2,6-ジハロベンゾニトリルは、ガスクロマトグラフィー分析により検出されるガスクロマトグラムにおいて、ジハロベンゾニトリルの異性体に由来するピーク面積の総和を100%に対し、2,6-ジハロベンゾニトリルのピーク面積の割合が98%以上である(1)~(3)のいずれか記載のポリエーテルニトリル。
(5)前記2,6-ジハロベンゾニトリルは、ガスクロマトグラフィー分析により検出されるガスクロマトグラムにおいて、ジハロベンゾニトリルの異性体に由来するピーク面積の総和を100%に対し、2,6-ジハロベンゾニトリルのピーク面積の割合が99%以上である(1)~(4)のいずれか記載のポリエーテルニトリル。
(6)前記ポリエーテルニトリルが式(I)で示される繰り返し単位を有する(1)~(5)のいずれか記載のポリエーテルニトリル。
【0010】
TIFF
2022115276000003.tif
37
170
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東レ株式会社
衣服
24日前
東レ株式会社
衣服
1か月前
東レ株式会社
織編物
1か月前
東レ株式会社
積層体
1日前
東レ株式会社
多孔質膜
16日前
東レ株式会社
人工皮革
4日前
東レ株式会社
繊維構造物
24日前
東レ株式会社
繊維捕集体
1か月前
東レ株式会社
繊維構造物
24日前
東レ株式会社
流体分離膜
1か月前
東レ株式会社
成型フィルム
25日前
東レ株式会社
布の評価方法
1か月前
東レ株式会社
フィラメント
1か月前
東レ株式会社
ハウジング部品
4日前
東レ株式会社
ハウジング部品
1か月前
東レ株式会社
流路切換システム
1か月前
東レ株式会社
使い捨て用防護服
8日前
東レ株式会社
繊維強化樹脂成形体
1か月前
東レ株式会社
水分散型樹脂組成物
23日前
東レ株式会社
ポリエーテルニトリル
1か月前
東レ株式会社
複合成形体の製造方法
15日前
東レ株式会社
積層フィルムの製造方法
25日前
東レ株式会社
扁平マルチフィラメント
25日前
東レ株式会社
多層構造シングル丸編地
23日前
東レ株式会社
長短複合糸および織編物
24日前
東レ株式会社
電子デバイスの製造方法
15日前
東レ株式会社
プラスチック光ファイバ
1か月前
東レ株式会社
織編物および病院用白衣
1か月前
東レ株式会社
ゴム補強用合成繊維コード
23日前
東レ株式会社
ゴム補強用合成繊維コード
23日前
東レ株式会社
積層ポリエステルフィルム
23日前
東レ株式会社
繊維構造物および繊維製品
24日前
東レ株式会社
布帛、布帛体およびシート
1か月前
東レ株式会社
成形品およびその製造方法
16日前
東レ株式会社
易接着ポリエステルフィルム
23日前
東レ株式会社
易接着ポリエステルフィルム
23日前
続きを見る