TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022114441
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-08-05
出願番号2021205971
出願日2021-12-20
発明の名称車載ホストシステム向けのユニバーサルシリアルバス切換器の切換方法
出願人創惟科技股ふん有限公司
代理人特許業務法人IP-FOCUS
主分類G06F 13/38 20060101AFI20220729BHJP(計算;計数)
要約【課題】切換手段により車載ホストシステムを複数の移動端末間で切り替えることにより、複数の異なる移動端末を所持するユーザが車載ホストシステムのホストモードを使用して車載ホストシステムを制御することが容易になる車載ホストシステム向けのユニバーサルシリアルバス切換器の切換方法を提供する。
【解決手段】車載ホストシステム向けのユニバーサルシリアルバス切換器の切換方法であって、切換装置のハブコントローラが切換指令に従って、切換器に接続される複数の移動端末の一つがホストモードになるように、装置モードからホストモードに切り替えるように切換器を制御するか又はハブ装置に接続される複数の周辺装置が装置モードになるように、ホストモードから装置モードに切り替えるように切換器を制御する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
車載ホスト装置が切換装置を初期化するステップと、
前記車載ホスト装置がホストポートを介して前記切換装置に切換指令を送信するステップと、
前記切換装置が前記切換指令を受信するステップと、
前記切換装置のハブコントローラが前記切換指令に従って、切換器に接続される複数の移動端末の一つがホストモードになるように、装置モードから前記ホストモードに切り替えるように前記切換器を制御し、又はハブ装置に接続される複数の周辺装置が前記装置モードになるように、前記ホストモードから前記装置モードに切り替えるように前記切換器を制御するステップと、を含み、
前記装置モードは、前記車載ホスト装置が前記ハブ装置を介して複数の前記周辺装置の状態を制御可能に定義され、
前記ホストモードは、複数の前記移動端末のいずれかが前記ホストモードにあるときに前記車載ホスト装置の状態を制御可能に定義され、
前記切換装置が前記ホストモードにあるときに、前記ハブ装置が複数の前記周辺装置を無効にする、
車載ホストシステム向けのユニバーサルシリアルバス切換器の切換方法。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記車載ホスト装置が前記切換装置を初期化するステップにおいて、
前記車載ホスト装置が前記装置モードになるように前記切換装置を設定することにより、前記ハブ装置の前記ハブコントローラと通信することと、
前記車載ホスト装置が前記ホストポートの電圧ピンの電圧レベルを検出することと、をさらに含む、
請求項1に記載の車載ホストシステム向けのユニバーサルシリアルバス切換器の切換方法。
【請求項3】
前記電圧ピンは、VBUS電圧ピンである、
請求項2に記載の車載ホストシステム向けのユニバーサルシリアルバス切換器の切換方法。
【請求項4】
前記車載ホスト装置が前記ホストポートを介して前記切換装置に前記切換指令を送信するステップの前に、前記車載ホスト装置は、ゼロから所定のレベルにアップするようにVBUS電圧レベルをリセットする、
請求項3に記載の車載ホストシステム向けのユニバーサルシリアルバス切換器の切換方法。
【請求項5】
前記切換装置が前記装置モード又は前記ホストモードにあるときに、前記ハブ装置は、複数の前記移動端末を充電可能な状態にする、
請求項1に記載の車載ホストシステム向けのユニバーサルシリアルバス切換器の切換方法。
【請求項6】
前記切換器と複数の前記移動端末との間に複数の充電コントローラを結合させ、前記車載ホスト装置と複数の前記移動端末との間の充電制御を行う、
請求項5に記載の車載ホストシステム向けのユニバーサルシリアルバス切換器の切換方法。
【請求項7】
前記ハブ装置と複数の前記周辺装置との間に複数の周辺コントローラを結合させ、前記車載ホスト装置と複数の前記周辺装置との間の通信リンクを制御する、
請求項1に記載の車載ホストシステム向けのユニバーサルシリアルバス切換器の切換方法。
【請求項8】
複数の前記移動端末は、第1移動端末及び第2移動端末を含み、
前記ハブコントローラは、前記切換指令に従って、前記第1移動端末の前記ホストモードから前記第2移動端末の前記ホストモードに切り替えるように前記切換器を制御する、
請求項1に記載の車載ホストシステム向けのユニバーサルシリアルバス切換器の切換方法。
【請求項9】
前記第1移動端末及び第2移動端末の一つがホストモードにあるときに、前記第1移動端末及び第2移動端末の一つは、前記切換器を介して前記車載ホスト装置にデータ又は制御指令を送信することにより、前記車載ホスト装置の動作を制御する、
請求項8に記載の車載ホストシステム向けのユニバーサルシリアルバス切換器の切換方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、切換方法、特に車載ホストシステム向けのユニバーサルシリアルバス切換器の切換方法に関する
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
通信技術や情報技術の急速な発展に伴い、車載ホストシステムは、通常、携帯電話、ナビゲーション、音楽再生及び動画再生を統合することにより、自動車メーカーに車両の運転者向けのより豊富な機能操作インターフェースを提供し、安全な情報、エンターテイメント、ナビゲーションなどのサービスの使用に便利である。従来技術において、車載ホストシステムは、一台の通信装置(例えば、携帯電話)しか提供できず、前記通信装置はホストモード(host mode)で車載ホストシステムに通信接続されることにより、通信装置における異なるアプリケーションを車載ホストシステムに表示し、車両の運転者が操作及び通信するのに便利である。しかしながら、前記車載ホストシステムは、二台の通信装置間で切り替えることができないため、二台の異なる通信装置を所持するユーザは、前記車載ホストシステムのホストモードを使用して前記車載ホストシステムを制御することは容易ではない。したがって、上記問題を改善するために、現在、新規の切換方法を開発する必要が依然としてある。
【発明の概要】
【0003】
本発明の目的は、切換手段により車載ホストシステムを複数の移動端末間で切り替えることにより、前記複数の異なる移動端末を所持するユーザが前記車載ホストシステムのホストモードを使用して前記車載ホストシステムを制御することが容易になる車載ホストシステム向けのユニバーサルシリアルバス切換器の切換方法を提供することにある。
【0004】
上記目的を達成するために、本発明の車載ホストシステム向けのユニバーサルシリアルバス切換器の切換方法は、
車載ホスト装置が切換装置を初期化するステップと、
前記車載ホスト装置がホストポートを介して前記切換装置に切換指令を送信するステップと、
前記切換装置が前記切換指令を受信するステップと、
前記切換装置のハブコントローラが前記切換指令に従って、切換器に接続される複数の移動端末の一つがホストモードになるように、装置モードから前記ホストモードに切り替えるように前記切換器を制御し、又はハブ装置に接続される複数の周辺装置が前記装置モードになるように、前記ホストモードから前記装置モードに切り替えるように前記切換器を制御するステップと、を含み、
前記装置モードは、前記車載ホスト装置が前記ハブ装置を介して複数の前記周辺装置の状態を制御可能に定義され、
前記ホストモードは、複数の前記移動端末のいずれかが前記ホストモードにあるときに前記車載ホスト装置の状態を制御可能に定義され、
前記切換装置が前記ホストモードにあるときに、前記ハブ装置が複数の前記周辺装置を無効にする。
【0005】
この態様において、前記車載ホスト装置が前記切換装置を初期化するステップにおいて、
前記車載ホスト装置が前記装置モードになるように前記切換装置を設定することにより、前記ハブ装置の前記ハブコントローラと通信することと、
前記車載ホスト装置が前記ホストポートの電圧ピンの電圧レベルを検出することと、をさらに含む。
【0006】
この態様において、前記電圧ピンは、VBUS電圧ピンである。
【0007】
この態様において、前記車載ホスト装置が前記ホストポートを介して前記切換装置に前記切換指令を送信するステップの前に、前記車載ホスト装置は、ゼロから所定のレベルにアップするように前記VBUS電圧レベルをリセットする。
【0008】
この態様において、前記切換装置が前記装置モード又は前記ホストモードにあるときに、前記ハブ装置は、複数の前記移動端末を充電可能な状態にする。
【0009】
この態様において、前記切換器と複数の前記移動端末との間に複数の充電コントローラを結合させ、前記車載ホスト装置と複数の前記移動端末との間の充電制御を行う。
【0010】
この態様において、前記車載ホスト装置と複数の前記周辺装置との間の通信リンクを制御するために、前記ハブ装置と複数の前記周辺装置との間に複数の周辺コントローラが結合される。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
対話システム
25日前
個人
スキャナー装置
2日前
個人
エア入力システム
11日前
個人
接触型ICカード
1か月前
個人
ランド形成システム
11日前
個人
保険契約者保護システム
1日前
株式会社リコー
学習装置
24日前
日本精機株式会社
操作認識装置
3日前
個人
情報処理装置
1か月前
個人
発想支援プログラム及び方法
7日前
株式会社クボタ
刈取計画装置
1か月前
辰巳電子工業株式会社
情報処理装置
7日前
株式会社ツガワ
端末処理装置
9日前
個人
配送管理システム
今日
金井電器産業株式会社
キーボード
18日前
株式会社末広システム
駅伝蓄電システム
11日前
日本信号株式会社
読取装置
3日前
個人
情報マップ生成プログラム及び方法
7日前
日本信号株式会社
入力装置
29日前
有限会社田中光学
PC操作補助具
29日前
個人
故人を偲び仏行のお勤めできる仏壇
16日前
京セラ株式会社
RFIDタグ
9日前
株式会社 ミックウェア
情報処理システム
今日
個人
情報処理システム、及び情報処理方法
18日前
株式会社ノンピ
情報処理装置
15日前
CKD株式会社
データ管理システム
29日前
株式会社PSI
情報処理装置
18日前
中国電力株式会社
書類管理システム
4日前
個人
情報処理システム
1か月前
個人
電子文書の閲覧用電子機器、表示方法
28日前
キヤノン株式会社
情報処理装置
16日前
個人
商品生産システム及びプログラム
2日前
株式会社フクモト工業
情報管理システム
1か月前
株式会社はくぶん
学校教材販売システム
18日前
個人
評価装置及び評価プログラム
1日前
株式会社リコー
媒体、及び収容体
15日前
続きを見る