TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022114434
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-08-05
出願番号2021188491
出願日2021-11-19
発明の名称高周波用電気コネクター
出願人ヒロセコリア カンパニー リミテッド
代理人個人
主分類H01R 12/71 20110101AFI20220729BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】5G無線通信に対応する高周波でのコネクターの電気的特性を良好にする。
【解決手段】相手コネクターと嵌め合わされる電気コネクターとして、モールド部、モールド部の外周面の少なくとも一部を取り囲むように配置される複数のシールド、モールド部に配置され、RF信号を送受信する第1信号端子20-3、及びモールド部に配置され、電気コネクターの長さ方向において第1信号端子よりさらに内側にある第2信号端子、を含み、第1信号端子は、電気コネクターの長さ方向に延長される長さ方向延長部、及び電気コネクターの幅方向に延長される幅方向延長部を有し、幅方向延長部の末端は基板への実装部で、長さ方向延長部の末端は、相手コネクターの第1信号端子との接点部であるか、又は長さ方向延長部の末端は基板への実装部で、幅方向延長部の末端は、相手コネクターの第1信号端子との接点部であることを特徴とする電気コネクターを構成する。
【選択図】図10
特許請求の範囲【請求項1】
相手コネクターと嵌め合わされる電気コネクターとして、
モールド部;
前記モールド部の外周面の少なくとも一部を取り囲むように配置される複数のシールド;
前記モールド部に配置され、RF信号を送受信する第1信号端子;及び
前記モールド部に配置され、前記電気コネクターの長さ方向において前記第1信号端子よりさらに内側にある第2信号端子;
を含み、
前記第1信号端子は、前記電気コネクターの長さ方向に延長される長さ方向延長部、及び前記電気コネクターの幅方向に延長される幅方向延長部を有し、
(i)前記幅方向延長部の末端は基板への実装部で、前記長さ方向延長部の末端は、前記相手コネクターの第1信号端子との接点部であるか、又は
(ii)前記長さ方向延長部の末端は基板への実装部で、前記幅方向延長部の末端は、前記相手コネクターの第1信号端子との接点部であることを特徴とする電気コネクター。
続きを表示(約 650 文字)【請求項2】
前記電気コネクターの第1信号端子の接点部は自由端で、前記相手コネクターの第1信号端子の接点部は固定端であることを特徴とする、請求項1に記載の電気コネクター。
【請求項3】
前記電気コネクターが前記相手コネクターと嵌め合わされて結合体を形成する前の状態で、
前記長さ方向及び幅方向と直交する高さ方向から前記電気コネクターを見ると、前記シールドは、前記第1信号端子の少なくとも2面を取り囲んでいることを特徴とする、請求項1に記載の電気コネクター。
【請求項4】
前記電気コネクターが前記相手コネクターと嵌め合わされてコネクター結合体を形成するとき、前記長さ方向及び幅方向と直交する高さ方向から前記コネクター結合体を見ると、前記電気コネクターのシールドと前記相手コネクターのシールドの結合体が前記電気コネクターの第1信号端子と前記相手コネクターの第1信号端子の結合体の4面を取り囲んでいることを特徴とする、請求項1に記載の電気コネクター。
【請求項5】
前記長さ方向及び幅方向と直交する高さ方向から前記電気コネクターを見たとき、
(i)前記電気コネクターの中心点を基準にして、前記電気コネクターは点対称構造を有するか、又は
(ii)前記電気コネクターの中心点を通過しながら前記長さ方向に延長される中心線を基準にして、前記電気コネクターは線対称構造を有することを特徴とする、請求項1に記載の電気コネクター。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、高周波用電気コネクターに関する。より具体的には、本発明は、電磁気波遮蔽の性能を高め、高周波信号端子間の長さ方向/幅方向の干渉やノイズを減少させ、コネクターの幅を減少させ、端子の物理的破損可能性を低下させた高周波用電気コネクターに関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
一般に、各基板が相互連結される場合、ソルダリング(soldering)などの方法によってそれぞれの基板と連結される二つのコネクターが使用され、前記二つのコネクターは互いに連結され得る。ここで、二つのコネクターのうち一つはプラグコネクターで、残りの一つはソケットコネクターである。ソケットコネクターはレセプタクル(receptacle)コネクターとも呼ばれる。このようなプラグコネクターとソケットコネクターは、モールド部に端子を配置することによって形成され得る。プラグコネクターとソケットコネクターは、互いに締結されることによって電気コネクター組立体を形成することができる。
【0003】
ソケット端子の結合部は、繰り返された結合と解除、又は、継続して結合された状態の持続によって変形しやすく、これは、結合力の強度又はコネクターの耐久性などに悪影響を及ぼす。
【0004】
コネクターを介して信号を取り交わすことにおいて、当該信号の周波数の高低によってコネクターの構造が変わり得る。特に、従来のコネクターを5世代(5G)無線通信にそのまま使用すると、適切に動作しない場合があり得る。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
本発明が解決しようとする技術的課題は、5G無線通信に対応する高周波でのコネクターの電気的特性を良好にすることにある。特に、EMI特性として、電磁気波の完全遮蔽を課題とする。RF信号端子間の干渉は、長さ方向の二つ以上の端子間の干渉であったり、幅方向の二つ以上の端子間の干渉であり得るので、両方とも重要に考えなければならない部分である。
【0006】
また、端子同士の結合が堅固でありながらも、コネクターのサイズ(例えば、幅方向サイズ)を減少させることを課題とする。
【0007】
また、端子の物理的破損を防止することも課題とする。
【0008】
本発明の技術的課題は、以上で言及した技術的課題に制限されなく、言及していない他の技術的課題は、下記の記載から通常の技術者に明確に理解され得るだろう。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明によると、相手コネクターと嵌め合わされる電気コネクターとして、
モールド部;
前記モールド部の外周面の少なくとも一部を取り囲むように配置される複数のシールド;
前記モールド部に配置され、RF信号を送受信する第1信号端子;及び
前記モールド部に配置され、前記電気コネクターの長さ方向において前記第1信号端子よりさらに内側にある第2信号端子;
を含み、
前記第1信号端子は、前記電気コネクターの長さ方向に延長される長さ方向延長部、及び前記電気コネクターの幅方向に延長される幅方向延長部を有し、
(i)前記幅方向延長部の末端は基板への実装部で、前記長さ方向延長部の末端は、前記相手コネクターの第1信号端子との接点部であるか、又は
(ii)前記長さ方向延長部の末端は基板への実装部で、前記幅方向延長部の末端は、前記相手コネクターの第1信号端子との接点部である電気コネクターが提供される。
【0010】
好ましくは、前記電気コネクターの第1信号端子の接点部は自由端で、前記相手コネクターの第1信号端子の接点部は固定端である。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日本電気株式会社
発振器
4日前
日本電気株式会社
発振器
4日前
日立金属株式会社
絶縁トランス
4日前
日立金属株式会社
非可逆回路素子
4日前
エイブリック株式会社
半導体装置
8日前
株式会社日本製鋼所
給電装置
8日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
9日前
株式会社GSユアサ
蓄電素子
3日前
IDEC株式会社
安全スイッチ
10日前
東レエンジニアリング株式会社
転写装置
4日前
国立大学法人富山大学
アンテナ装置
1日前
株式会社ヨコオ
車載用アンテナ装置
9日前
旭化成株式会社
紫外線発光素子
3日前
TDK株式会社
電子部品
1日前
トヨタ自動車株式会社
コンセント装置
5日前
旭化成株式会社
紫外線照射装置
9日前
ミネベアミツミ株式会社
操作入力装置
3日前
AGC株式会社
車両用窓ガラス
10日前
本田技研工業株式会社
電池
1日前
トヨタ自動車株式会社
燃料電池システム
9日前
株式会社デンソー
電気機器
4日前
セイコーエプソン株式会社
圧電素子
3日前
太陽誘電株式会社
コイル部品及び電子機器
3日前
TDK株式会社
振動デバイス
4日前
住友重機械工業株式会社
極低温装置
10日前
TDK株式会社
振動デバイス
4日前
TDK株式会社
積層コンデンサ
5日前
日本メクトロン株式会社
電圧監視モジュール
5日前
住友ベークライト株式会社
パワーモジュール
8日前
株式会社豊田自動織機
蓄電装置
9日前
スミダコーポレーション株式会社
コイル部品
4日前
株式会社日立製作所
電子線干渉計
3日前
トヨタ自動車株式会社
全固体電池
4日前
エイブリック株式会社
半導体装置およびその製造方法
8日前
国立大学法人九州工業大学
非接触タッチセンサ
1日前
株式会社GSユアサ
蓄電素子及びその製造方法
3日前
続きを見る