TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2022113446
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-08-04
出願番号2021009700
出願日2021-01-25
発明の名称情報処理装置
出願人株式会社ノンピ
代理人個人,個人
主分類G06Q 30/06 20120101AFI20220728BHJP(計算;計数)
要約【課題】n人の参加者が存在するオンライン飲み会やオンラインパーティーにおいて生じるnより少ないm人の幹事の不安を解消させる情報処理装置を提供する。
【解決手段】サーバと、幹事端末と、複数の参加者端末と、運送業者サーバとが、ネットワークを介して相互に接続されている情報処理システムにおいて、サーバ1は、オンライン飲み会の開催に関する情報、オンライン飲み会のn人の参加者の夫々の参加者情報及びn人の参加者の夫々に配送される飲食物セットのプランに関する情報とを受付けるオーダー受付部101、オーダー受付部により受付けられた情報に基づいて、n人の参加者がオンライン飲み会に参加するために必要となる情報を、その参加者の夫々に提示するとともに、参加者夫々により申込フォームに入力された情報を受付ける申込受付部102及び申込受付部による受付状況と、飲食物セットの配送状況とを幹事に提示する状況提示部103を備える。
【選択図】図8
特許請求の範囲【請求項1】
n人(nは2以上の整数値)の参加者の夫々がm人(mはnより小さい整数値)の幹事による取り仕切りのもと所定のネットワークを介して物を夫々使用又は摂取しながら会話する場を支援する情報処理装置において、
前記場に関する第1情報と、前記n人の参加者の夫々に関する第2情報と、前記n人の夫々の参加者に夫々配送される物であって前記n人の参加者が前記場で使用又は摂取する夫々の物に関する第3情報とを受付ける第1受付手段と、
前記第1受付手段により受付けられた、前記第1情報、前記第2情報、及び前記第3情報に基づいて、当該参加者が前記場に参加するために必要となる情報を当該参加者に提示するとともに、当該参加者が当該場に参加する旨及び前記物の配送の手配の申込みを受付ける第2受付手段と、
前記第2受付手段による前記申込みの受付状況に関する第4情報と、前記参加者に対する前記物の配送状況に関する第5情報とを前記幹事に提示する提示手段と、
を備える情報処理装置。
続きを表示(約 390 文字)【請求項2】
前記参加者のうち、前記申込みが完了していない前記参加者に対する催促の制御を実行する催促制御手段と、
前記催促制御手段による前記催促を行わせるか否かの指定を前記幹事から受付ける第3受付手段と、
をさらに備える、
請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項3】
前記提示手段は、
前記第4情報として、前記n人の参加者の夫々の前記申込みの有無を示す状況を、所定のグラフの形式により前記幹事に提示する、
請求項1又は2に記載の情報処理装置。
【請求項4】
前記提示手段は、
前記第5情報として、前記n人の参加者の夫々の物の配送を行う1以上の者の夫々から提供される、前記配送状況を示す情報にアクセスするための情報をさらに提示する、
請求項1乃至3のうちいずれか1項に記載の情報処理装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、情報処理装置に関する。
続きを表示(約 2,200 文字)【背景技術】
【0002】
昨今の社会情勢によるいわゆるソーシャルディスタンスの要請や、人々のライフスタイルの多様性の高まりから、複数の者がインターネットを介して会話をする場が増加しており、このような場を支援する技術も提案されている(例えば特許文献1参照)。
特に、複数の者がインターネットを介して、飲食物を摂取しながら会話する場は、「オンライン飲み会」や「オンラインパーティー」と呼ばれている。
このような「オンライン飲み会」や「オンラインパーティー」には、そのような場を開催して取り仕切る者(以下、「幹事」と呼ぶ)が必要である。幹事は、離れた場所に居る複数の参加者をまとめる必要がある。つまり、離れた場所に居るn人(nは2以上の整数値)の参加者の夫々の状況をm人(mはnより小さい整数値であって1の場合が多い)の幹事が的確に把握する必要がある。このようなm対n(m<n)の関係が形成される状況において、幹事は、いつでも「参加者の状況を正確に把握できていないのではないか」という不安を抱えることが多い。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2019-149746号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1に記載の技術を含め従来の技術のみでは、いわゆる「オンライン飲み会」や「オンラインパーティー」において、幹事が抱える不安を解消することができない状況にあった。
【0005】
本発明は、このような状況に鑑みてなされたものであり、いわゆる「オンライン飲み会」や「オンラインパーティー」といったn人の参加者が存在する場において生じ得るnより少ないm人の幹事の不安を解消させることを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記目的を達成するため、本発明の一態様の情報処理装置は、
n人(nは2以上の整数値)の参加者の夫々がm人(mはnより小さい整数値)の幹事による取り仕切りのもと所定のネットワークを介して物を夫々使用又は摂取しながら会話する場を支援する情報処理装置において、
前記場に関する第1情報と、前記n人の参加者の夫々に関する第2情報と、前記n人の夫々の参加者に夫々配送される物であって前記n人の参加者が前記場で使用又は摂取する夫々の物に関する第3情報とを受付ける第1受付手段と、
前記第1受付手段により受付けられた、前記第1情報、前記第2情報、及び前記第3情報に基づいて、当該参加者が前記場に参加するために必要となる情報を当該参加者に提示するとともに、当該参加者が当該場に参加する旨及び前記物の配送の手配の申込みを受付ける第2受付手段と、
前記第2受付手段による前記申込みの受付状況に関する第4情報と、前記参加者に対する前記物の配送状況に関する第5情報とを前記幹事に提示する提示手段と、
を備える。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、いわゆる「オンライン飲み会」や「オンラインパーティー」といったn人の参加者が存在する場において生じ得るnより少ないm人の幹事の不安を解消させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
本発明の一実施形態に係る情報処理装置の適用対象となる本サービスの概要のうち、サービス全体の流れを示す図である。
本発明の一実施形態に係る情報処理装置の適用対象となる本サービスの概要のうち、オーダー時に幹事端末に表示される画面の具体例を示す図である。
本発明の一実施形態に係る情報処理装置の適用対象となる本サービスの概要のうち、参加者端末に表示される申込フォームの具体例を示す図である。
本発明の一実施形態に係る情報処理装置の適用対象となる本サービスの概要のうち、参加者端末に表示される申込フォームの具体例を示す図である。
本発明の一実施形態に係る情報処理装置の適用対象となる本サービスの概要のうち、オーダー後に幹事端末に表示される画面の具体例を示す図である。
本発明の情報処理装置の一実施形態に係るサーバが適用される情報処理システムの構成の一例を示す図である。
図6に示す情報処理システムのうちサーバのハードウェア構成の一例を示すブロック図である。
図7のサーバの機能的構成のうち、幹事支援処理を実行するための機能的構成の一例を示す機能ブロック図である。
本発明の一実施形態に係る情報処理装置の適用対象となる本サービスの概要のうち、オーダー時に幹事端末に表示される画面の具体例のうち、図2とは異なる例を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、本発明の実施形態について、図面を用いて説明する。
【0010】
まず、図1乃至図5を参照して、本発明の一実施形態に係る情報処理装置(後述する図6参照)の適用対象となるサービス(以下、「本サービス」と呼ぶ)の概要について説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
新人工知能
24日前
個人
広告システム
29日前
個人
端末装置
9日前
個人
計数装置
1か月前
個人
管理サーバ
1日前
個人
商品調達システム
15日前
個人
広告宣伝方法
1日前
個人
九列五段キーボード
1か月前
日本精機株式会社
表示装置
1か月前
個人
接客システム装置
1か月前
凸版印刷株式会社
ICカード
17日前
個人
商品販売システム
1日前
個人
画像投影型タッチパネル
10日前
個人
リコメンドシステム
1か月前
個人
鉄鋼製造のコスト削減方法
24日前
個人
商取引エージェントシステム
29日前
個人
外出付添いサービスシステム
1か月前
個人
足又は足指操作可能なマウス
9日前
KYB株式会社
検査システム
1か月前
個人
バナー広告提供システム
4日前
個人
セメント製造のコスト削減方法
24日前
有限会社カツミ工業
管理サーバ
29日前
個人
認証システム、プログラム
4日前
個人
市場取引銘柄表示システム
8日前
Yper株式会社
情報処理装置
15日前
株式会社キネカ
情報処理システム
1か月前
東洋電装株式会社
操作装置
8日前
個人
イベント開催方法、発券装置
15日前
株式会社アジラ
行動推定システム
8日前
個人
葬儀サービスの提供システム
1か月前
個人
電子伝票の統合管理・運用システム
16日前
個人
顔動画と音声による本人認証システム
9日前
個人
電子文書の閲覧用電子機器、表示方法
2日前
株式会社アイエム
人工頭脳システム
4日前
株式会社リコー
リモコン装置
4日前
個人
情報管理装置並びにファイル管理方法
1か月前
続きを見る