TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022113080
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-08-03
出願番号2021042943
出願日2021-01-22
発明の名称充放電装置
出願人個人,個人
代理人
主分類H02J 7/00 20060101AFI20220727BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】 ハイブリッド車は、車輪の回転により発電する発電機の発生電力を、例えば、イオン電池で充電し、エンジンの補助動力として使用しているが、この補助動力として使用している間、車輪の回転力により充電可能な電力を使用しておらず効率が悪い課題があった。
また、現状の電気自動車は蓄電池の保有電力のみに頼っているため、蓄電池の容量が非常に大きく、走行距離が短く、重量並びに体積が大きくなり非効率であった。
【解決の手段】
【請求項1】 本発明は、それぞれ交互に放電し、交互に充電する第一,第二の充放電器1,6と、
第一の充放電器1の放電中、その保有電力量が所定量以下になるか、もしくは、第二の充放電器6の充電中、その保有電力量が所定量以上になると、第一,第二の充放電器1,6の充放電状態を、それぞれ切り替える制御装置18を備えることにより、充電可能な電力を有効に利用し、第一,第二の充放電器1,6の容量の小型化を図ったものである。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
それぞれ交互に放電し、交互に充電する第一,第二の充放電器と、
第一の充放電器の放電中、第一の充放電器の保有電力量が所定量以下になるか、もしくは、第二の充放電器の充電中の保有電力量が所定量以上になると、第一,第二の充放電器の充放電状態をそれぞれ切り替える制御装置とを備えたことを特徴とする充放電装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
この発明は、例えば、電気自動車、電動バイク、電動自転車、太陽光発電、風力発電等に用いられる充放電装置に関するものである。
続きを表示(約 2,300 文字)【背景技術】
【0002】
現在、例えば電気自動車、もしくはハイブリッド車は、それに積載するイオン電池、固体電池等の電池の性能開発、もしくは小型化に注目され、その効率利用に対しては余り注意が払われていない。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
例えばハイブリッド車は、車輪の回転により発電する発電機の発電電力を、例えば、イオン電池で充電し、エンジンの補助動力として使用しているが、この補助動力として使用している間、車輪の回転力により充電可能な発電電力を使用しておらず効率が悪い課題があった。
また、現状の電気自動車は蓄電池の保有電力のみに頼っているため、蓄電池の容量が非常に大きく、走行距離が短く、重量並びに体積が大きくなり非効率であった。
【課題を解決するための手段】
【0004】
本発明は、それぞれ交互に放電し、交互に充電する第一,第二の充放電器と、
第一の充放電器の放電中、第一の充放電器の保有電力量が所定量以下になるか、もしくは、第二の充放電器の充電中の保有電力量が所定量以上になると、第一,第二の充放電器の充放電状態をそれぞれ切り替える制御装置とを備えることにより、充電可能な電力を有効に利用し、第一,第二の充放電器の容量の小型化を図ったものである。
【0005】
図1はこの発明の車載型の一実施例を示すブロック線図である。
図1において、第一の充放電器1は、正極端子2と負極端子3とを備え、車輪を駆動するモーター4に放電し、車輪の回転により発電する発電機5からの電力を充電する。第二の充放電器6は、正極端子7と負極端子8とを備え、車輪を駆動するモーター4に放電し、車輪の回転により駆動される発電機5からの電力を充電する。第一の保有電量検出装置9は、第一の充放電器1の保有電力量を検出するもので、その保有電力量が満杯時に出力を発生する端子10と、第一,第二の充放電器1,6の両方の保有電力量が満杯時に、第一の充放電器1を放電状態にし、第二の充放電器6を充電状態にする出力を発生する端子11aと、端子11aの出力発生後に第一の充放電器1の保有電力量が若干少なくなった時に出力を発生する端子11bと、第一の充放電器1が放電状態でその保有電力量が少なくなった時に強制的に第一,第二の充放電器1,6の充放電状態を切り替える出力を発生する端子12と、第一の充放電器1の保有電力量が最低状態近くの場合に出力を発生する端子13とを備えている。第二の保有電力量検出装置14は、第二の充放電器6の保有電力量を検出するもので、その保有電力量が満杯時に出力を発生する端子15と、第二の充放電器6が放電状態でその保有電力量が少なくなった時に強制的に第一,第二の充放電器1,6の充放電状態を切り替える出力を発生する端子16と、第二の充放電器6の保有電力量が最低状態近くの場合に出力を発生する端子17とを備えている。制御装置18は、第一の保有電力量検出装置9と第二の保有電力量検出装置14との出力により、スイッチ19,20,21,22,23,24,25,26を開閉して、第一,第二の充放電器1,6の充放電状態を切り替え制御する。表示灯27は端子13,17の出力によって点灯する。
【0006】
第一の充放電器1と第二の充放電器6の充電回路は次の通り形成される。
第一の充放電器1の充電回路は、発電機5→スイッチ19→正極端子2→負極端子3→スイッチ22→発電機5で構成され、第二の充放電器6の充電回路は、発電機5→スイッチ23→正極端子7→負極端子8→スイッチ26→発電機5で構成されている。
【0007】
第一の充放電器1と第二の充放電器6の放電回路は次の通り形成される。
第一の充放電器1の放電回路は、正極端子2→スイッチ20→モーター4→スイッチ21→負極端子3で構成され、第二の充放電器6の放電回路は、正極端子7→スイッチ24→モーター4→スイッチ25→負極端子8で構成されている。
【0008】
次にこの動作を説明する。車両の始動時は家庭電源等によって第一,第二の充放電器1,6の保有電力量は満杯状態で第一の保有電力量検出装置9の端子11aは出力を発生しこの出力によって、制御装置18は第一の充放電装置1の放電回路を形成すべくスイッチを制御し、第一の充放電装置1を放電状態にしてモーター5を駆動する。また制御装置18は第二の充放電器6の充電回路を形成すべくスイッチを制御し、発電機5からの発生電力を第二の充放電装置6を充電状態にする。
【0009】
この状態で第一の充放電装置1の保有電力量が若干少なくなり、第一の保有電力量検出装置9の端子11bが出力を発生すると、この出力により制御装置18は第一の充放電装置1の充電回路を形成すべくスイッチを制御して第一の充放電装置1を充電状態にすると供に、制御装置18は第二の充放電装置6の放電回路を形成すべくスイッチを制御して、強制的に第二の充電装置6を放電状態に切り替える。
【0010】
第一の充放電装置1が充電状態となり、その保有電力量が満杯状態になると、第一の保有電力量検出装置9の端子10が出力を発生し、この出力により制御装置18は第一の充放電装置1の放電回路を形成すべくスイッチを制御して第一の充放電装置1を放電状態にし、モーター4を駆動する。また制御装置18は第二の充電装置6の充電回路を形成すべくスイッチを制御して第二の充放電装置6を充電状態にする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

三菱電機株式会社
回転電機
4日前
エムケー精工株式会社
ソーラー駆動装置
今日
竹内工業株式会社
ケーブル保持具
4日前
住友電装株式会社
電気接続箱
4日前
住友電装株式会社
プロテクタ
4日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
4日前
株式会社クボタ
作業車
今日
株式会社SUBARU
回転電機
1日前
コーセル株式会社
スイッチング電源装置
1日前
コーセル株式会社
スイッチング電源装置
今日
コーセル株式会社
スイッチング電源装置
今日
横河電機株式会社
昇圧回路
1日前
オムロン株式会社
電源装置
4日前
住友重機械工業株式会社
ギヤモータ
今日
株式会社明電舎
回転機
4日前
トヨタ自動車株式会社
ロータ
4日前
エイブリック株式会社
昇圧回路を有する電子機器。
今日
株式会社デンソー
回転電機
4日前
株式会社富士通ゼネラル
モータ制御装置
今日
株式会社デンソー
回転電機
4日前
株式会社京三製作所
電力変換装置
4日前
ホシデン株式会社
非接触給電装置
4日前
株式会社デンソー
パワー素子駆動装置
今日
プライムアースEVエナジー株式会社
自動搬送車両
4日前
株式会社タムラ製作所
駆動回路
4日前
日立金属株式会社
鉄心
4日前
トヨタ自動車株式会社
燃料電池システム
4日前
シンフォニアテクノロジー株式会社
回転機の制御装置
今日
トヨタ自動車株式会社
燃料電池システム
4日前
恒栄電設株式会社
通知システム
4日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
発電装置
4日前
MIRAI-LABO株式会社
電源装置
今日
オムロン株式会社
モータ制御装置
4日前
スズキ株式会社
充放電制御装置
1日前
ミネベアミツミ株式会社
電源制御装置及び電子装置
4日前
株式会社アイシン
回転電機
今日
続きを見る