TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022104479
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-07-08
出願番号2020220100
出願日2020-12-28
発明の名称エアーブロック
出願人個人
代理人
主分類E04H 1/02 20060101AFI20220701BHJP(建築物)
要約【課題】軽量化ができて経済的であり工期の短縮もでき、かつ建設費を低減できる住宅を提供する。
【解決手段】気体を注入してエアーブロックとしての機能を持たせたペットボトル同士を接着材で接着して連結し、外側または内側に防犯フィルムを貼り付けて覆い、大きな地震が来たとしても座屈することなどがない住宅を建設する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
ポリエチレンテレフタレート樹脂で角丸長方形車のボデーシャーシーの型をした物体に気体及び液体を入れた容器。(移動物体も含む)
外、又は内側に防犯フィルムを貼りつけたもの。
続きを表示(約 86 文字)【請求項2】
住宅は値段が高いので安くできることを思いたった。
大きな地震が来れば座屈もありうる。
エアーブロックで作れば座屈はなくなる。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、ペットボトル、ポリエチレンテレフタレート樹脂を材料として製作する車及び住宅に範栄させる。
続きを表示(約 350 文字)【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0002】
車は重量が大きいので燃料の消費が激しい。住宅は建設費のコストを低減できる。
【課題を解決するための手段】
【0003】
ペットボトルの連結を接着材で接着し両面を防犯フィルムで覆う。
【発明の効果】
【0004】
車は軽量化が出来て経済的である。住宅は工期が短縮でき安価にできる。
【図面の簡単な説明】
【0005】
本発明に係るエアーブロックの正面図である。
本発明に係るエアーブロックの平面図である。
【符号の説明】
【0006】
1 本体
2 気体取り入れ口
3 ホース

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
有溝敷石
2か月前
個人
型枠吊り金具
8日前
個人
除雪装置
1か月前
個人
エアーブロック
2か月前
個人
換気構造
1か月前
個人
足場固定具
2か月前
株式会社カナメ
軒樋構造
1か月前
個人
スペースの有効活用法
1か月前
積水樹脂株式会社
フェンス
1か月前
株式会社エスミー
手摺
1か月前
個人
平行四辺形型温熱消雪具
28日前
アイジー工業株式会社
外装材
1か月前
鹿島建設株式会社
壁体
2か月前
個人
膜構造屋根
22日前
個人
住戸の間取り構造
14日前
積水ハウス株式会社
住宅
1か月前
個人
建築物高さ調整床支持金具
2か月前
積水ハウス株式会社
住宅
1か月前
積水ハウス株式会社
住宅
1か月前
三協立山株式会社
簡易建物
2か月前
大成建設株式会社
接合構造
1か月前
鹿島建設株式会社
木造部材
23日前
株式会社竹中工務店
建築物
8日前
ミサワホーム株式会社
建物
28日前
積水ハウス株式会社
建築物
1か月前
鹿島建設株式会社
屋根架構
1か月前
大成建設株式会社
柱梁架構
2か月前
日本工機株式会社
切断装置
1か月前
積水ハウス株式会社
建築物
1か月前
大成建設株式会社
柱梁架構
1か月前
ベルストン株式会社
納骨壇
今日
片山鐵工株式会社
雨よけ装置
14日前
株式会社竹中工務店
屋根構造
1か月前
個人
ウオーターダムホースシート。
16日前
株式会社竹中工務店
建物構造
2か月前
帝人株式会社
木質梁柱構造体
1か月前
続きを見る