TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022103664
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-07-08
出願番号2020218428
出願日2020-12-28
発明の名称カードセット
出願人個人
代理人
主分類A63F 1/02 20060101AFI20220701BHJP(スポーツ;ゲーム;娯楽)
要約【課題】ツボ(経穴)の効能を切り口とし、一目でツボ(経穴)の場所が確認できる形で、かるたのようなゲーム性の要素を活用し、他の人と交流をしながら、遊び感覚でツボ(経穴)を押せるツールを提供する。
【解決手段】複数枚のカード片からなるツボ学習用カードセットであって、各カード片には、ツボの効能、前記ツボの名前、前記ツボの場所を示した絵、前記ツボのジャンル、及び、前記ツボの場所の説明の少なくとも一つが記載され、前記ツボの場所を示した絵がツボの単位を用いて示されている場合は、当該ツボの場所を計ることが可能な実寸大の目盛りが付いていることを特徴とするツボ学習用カードセット。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
複数枚のカード片からなるツボ学習用カードセットであって、
各カード片には、ツボの効能、前記ツボの名前、前記ツボの場所を示した絵、前記ツボのジャンル、及び、前記ツボの場所の説明の少なくとも一つが記載され、前記ツボの場所を示した絵がツボの単位を用いて示されている場合は、当該ツボの場所を計ることが可能な実寸大の目盛りが付いていることを特徴とするツボ学習用カードセット。
続きを表示(約 510 文字)【請求項2】
かるたの絵札としても使うことが可能な請求項1記載のツボ学習用カードセット。
【請求項3】
読み札と取り札とからなり、一音につき1セットの読み札及び取り札が用意されている請求項2に記載のツボ学習用カードセット。
【請求項4】
前記読み札の一方の面には、読み札の文章、ツボの名前、及び、当該ツボの効能が記載されており、他方の面には、前記ツボの場所を示した絵、及び前記ツボの場所の説明が記載されており、
前記取り札の一方の面には、前記ツボの場所を記載した絵、及び、前記ツボの場所の説明が記載されており、他方の面には、前記ツボの名前、及び、前記ツボの効能が記載されている請求項3に記載のツボ学習用カードセット。
【請求項5】
ツボの効能から、該当するツボが描かれたカード片を検索できる効能別の一覧表をさらに有する、請求項1~4のいずれかに記載のツボ学習用カードセット。
【請求項6】
身体の部位とツボの効能から、該当するツボが描かれたカード片を検索できる一覧図をさらに有する、請求項1~5のいずれかに記載のツボ学習用カードセット。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、50~60代の身体の不調を感じ始めた人たちが、かるたのような遊びを通じて、ツボ(経穴)を押すきっかけを得ることができる、かるた形式のツボ学習用カードセットに関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
一般的なかるたのゲームは、読み札(文字札)と取り札(絵札)からなり、ともに46枚ずつの札で構成されている。また、一音につき一セットの読み札・取り札が用意されている。そして、読み札にあわせた取り札を取ってその枚数を競う競技となっている。
【0003】
通常のいろはかるたでは、読み札、取り札ともに表面のみで、裏面には記載がなく、読み札、取り札ともに表面は、冒頭のひらがな一文字が大きく描かれて表示されており、札を判別しやすいデザインとなっている。また、大きさは手のひらに収まるA8サイズ(52×74mm)の札が多い。
【0004】
上記いろはかるたの他のかるたの種類として代表的なものは小倉百人一首、郷土かるたなどがある。近年では、国旗かるた、英語かるた、四字熟語かるたなど、様々なかるたがある。また、医療分野のかるたでは、骨かるた、感染症かるたなどが出ている。だが、これらはすべて学ぶ、暗記するという切り口で作られたもので、参加者が取り札を取って、その枚数を競うものである。
【0005】
従来から、カードを利用した遊びを通じて学習効果を高めることを目的としたかるたやトランプなどのカードが種々発明され、特許出願されている。特許文献1には、数字の概念がまだ形成されていない視覚障害者を含む幼児が、穴があいたカードを使い、トランプゲーム形式の遊びを通じて、数を学習するものが開示・登録されている。特許文献2には、低学年児に加算・減算の概念を理解させるように工夫された通常のカード形態のトランプカードが開示され、特許登録となっている。特許文献3では、低学年児向けに遊びながら九九を学べるかるたが開示されているほか、特許文献4には、かるた遊びを通じて、突起がある形のカードを用いてテーブルマナーを学べるものが開示されている。
【0006】
また、特許文献5では、カードゲーム形式ではないが、鍼灸の学生用にツボ(経穴)の名前で整理された専門的な内容のカードが開示されており、現在は『パーフェクトツボ(経穴)暗記カード 国際標準経穴対応版』(森ノ宮医療学園出版部)として市販されている。こちらは、専門的な内容であるため、一般の方が使用するには適さない。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0007】
特許第6454022号公報
特許第3768276号公報
特開2019-090960号公報
特開2019-124852号公報
実用新案登録2010-006485号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
現在、コロナ渦の影響で自宅で過ごす時間が長く、十分な運動をできていない人が多い。座っている時間が長いと、体内で酸素や栄養分を運ぶ血液の流れが悪くなり、身体の不調が出やすくなる。そのような状況を手軽に室内で改善できる方法の一つがツボ(経穴)を押すことになる。この手法は、皮膚の表面にあるツボ(経穴)を自分の指で押して刺激を与えるだけであり、その刺激により、血液の流れが改善される。よって、ツボ(経穴)を押すことは、医療機関にかかる前に、いつでもどこでも誰もが自分でできる簡単な健康改善方法とも言える。
【0009】
しかしながら、一般的なツボ(経穴)の解説書(書籍や雑誌)などでは、ツボの名前やツボがある部位から分類をして、紹介している場合が多い。つまり、ツボ(経穴)の名前の漢字が読めず、難しそうな印象がついてしまう。
【0010】
また、ツボ(経穴)の場所の説明には専門用語の単位が入っていることが多いため、専門知識がないと正しい場所を理解しにくい。ツボ(経穴)の場所を探すときの計り方は2種類あり、骨格を基準として部位ごとに寸法を決める計り方「骨度法」と、手の指の大きさを用いた寸法の計り方である「同心寸法」がある。わかりやすい計り方は、後者であり、こちらのツボの計り方は、親指の幅1本分を「1寸」、人差し指、中指、薬指の幅の3本分の一番太いところを「2寸」、人差し指から小指までの一番太いところ4本分を「3寸」という長さの基準が設けられ、「寸」という単位で表現される。よって、ツボ(経穴)の場所の説明では、「○○骨から1寸半」などという形で記載されており、親指の幅1本と親指半分の長さを指定されるなど、実際にツボ(経穴)の場所を探す際に探しにくい。このような単位を元にツボ(経穴)の場所を記されているため、専門家向けのツボ(経穴)の資材は多いが、専門用語を省いた形でまとめている、一般向けのツボ(経穴)資材は、非常に少ない。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
健康具
4か月前
個人
名前ゲーム
4か月前
個人
剣玉様玩具
3か月前
個人
玩具
4か月前
個人
カードセット
2か月前
個人
トスマシーン
3か月前
株式会社三共
遊技機
15日前
株式会社三共
遊技機
3か月前
株式会社三共
遊技機
3か月前
株式会社三共
遊技機
3か月前
株式会社三共
遊技機
3か月前
株式会社三共
遊技機
15日前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
15日前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
1か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
15日前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
3か月前
株式会社三共
遊技機
3か月前
株式会社三共
遊技機
3か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
2か月前
株式会社三共
遊技機
4か月前
続きを見る