TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022098617
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-07-04
出願番号2020212104
出願日2020-12-22
発明の名称ペースト塩化ビニル系樹脂
出願人東ソー株式会社
代理人
主分類C08L 27/06 20060101AFI20220627BHJP(有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物)
要約【課題】 本発明は失透白化の経時変化が極めて少なく、フィルム、シート、壁紙、床材、発泡シートなどの用途に好適なペースト塩化ビニル系樹脂を提供する。
【解決手段】 平均重合度1000~3000の塩化ビニル系樹脂100重量部に対して、スルホコハク酸塩系界面活性剤0.05~2重量部を含有するペースト塩化ビニル系樹脂。
【選択図】 なし
特許請求の範囲【請求項1】
平均重合度1000~3000の塩化ビニル系樹脂100重量部に対して、スルホコハク酸塩系界面活性剤0.05~2重量部を含有することを特徴とするペースト塩化ビニル系樹脂。
続きを表示(約 530 文字)【請求項2】
さらに、非イオン界面活性剤0.01~0.5重量部を含有することを特徴とする請求項1に記載のペースト塩化ビニル系樹脂。
【請求項3】
非イオン界面活性剤がポリオキシアルキレンアルキルエーテルであることを特徴とする請求項2に記載のペースト塩化ビニル系樹脂。
【請求項4】
ポリオキシアルキレンアルキルエーテルがポリオキシアルキレンラウリルエーテルであることを特徴とする請求項3に記載のペースト塩化ビニル系樹脂。
【請求項5】
スルホコハク酸塩系界面活性剤が、スルホコハク酸二カリウム系界面活性剤、スルホコハク酸二ナトリウム系界面活性剤、スルホコハク酸二アンモニウム系界面活性剤及びスルホコハク酸二トリエタノールアンモニウム系界面活性剤からなる群より選ばれる少なくとも1種であることを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載のペースト塩化ビニル系樹脂。
【請求項6】
請求項1~5のいずれかに記載のペースト塩化ビニル系樹脂を含んでなるゾル成形物であることを特徴とする成形体。
【請求項7】
床材、シートまたはフィルムであることを特徴とする請求項6に記載の成形体。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、ペースト塩化ビニル系樹脂に関するものであり、さらに詳細には、耐失透白化性に優れるペースト塩化ビニル系樹脂組成物、その製品を提供することを可能とするペースト塩化ビニル系樹脂に関するものである。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
ペースト加工用塩化ビニル系樹脂(以下、ペースト塩ビと略記する場合もある。)は、一般に可塑剤、充填剤、安定剤及び/又はその他の配合剤などと共に混練することにより、ペースト塩ビゾルを調製し、該ペースト塩ビゾルを使用し種々の成形加工法により壁紙、タイルカーペット、手袋などの様々な成形加工品に用いられている。
【0003】
その一方で、塩化ビニル樹脂等の塩素含有樹脂は、難燃性、耐薬品性に優れる樹脂であり、種々の用途に用いられている。しかし、塩化ビニル系樹脂組成物又はその製品は、水に浸漬した後に濁りが生じ、本来保持すべき透明性が損なわれる、いわゆる失透白化という現象を発生し、その使用、特に水回り等への適用に制限を受けるという課題を有している。
【0004】
上記課題を解決するために、種々の安定剤が検討され、特に鉛化合物やカドミウム化合物とバリウム化合物との混合物等が優れた安定化効果をもつことが報告され、例えば特許文献1に、耐失透白化性の改善を検討した塩化ビニル系樹脂組成物が提案されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2012-041484号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかし、特許文献1に提案された塩化ビニル系樹脂組成物における耐失透白化性の改善効果はまだまだ不十分なレベルであると共に、ペースト加工用の塩化ビニル系樹脂についてはなんら検討のなされていないものであった。
【0007】
そこで、本発明の目的は、失透白化の経時変化が極めて少なく、耐失透白化性に優れるペースト塩化ビニル系樹脂及びその製品を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明者は、上記の課題について鋭意検討を重ねた結果、特定の重合度、特定の乳化剤量を有するペースト塩化ビニル系樹脂が、失透白化の経時変化が極めて少ないペースト塩化ビニル系樹脂となり、耐失透白化性に優れるペースト加工用塩化ビニル系樹脂組成物、製品を提供しうることを見出し、本発明を完成させるに至った。
【0009】
即ち、本発明は、平均重合度1000~3000の塩化ビニル系樹脂100重量部に対して、スルホコハク酸塩系界面活性剤0.05~2重量部を含有することを特徴とするペースト塩化ビニル系樹脂に関するものである。
【0010】
以下、本発明に関し詳細に説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東ソー株式会社
消臭剤
15日前
東ソー株式会社
パラチロイドホルモンの測定方法
今日
東ソー株式会社
ポリアリーレンスルフィドの製造法
今日
東ソー株式会社
ラミネート用延伸ポリエチレンフィルム
今日
東ソー株式会社
珪化物系合金材料及びそれを用いた素子
今日
東ソー株式会社
導電性高分子組成物、及び導電性高分子膜
今日
東ソー株式会社
光反応性ポリマー、モノマー、光学フィルム
今日
東ソー株式会社
樹脂組成物及びその樹脂組成物を含む成形体
4日前
東ソー株式会社
トリ骨髄芽細胞腫ウィルス逆転写酵素の抽出試薬
4日前
東ソー株式会社
導電性高分子溶液、及び導電性高分子膜並びに該被覆物品
16日前
東ソー株式会社
熱可塑性樹脂ペレット、易剥離性接着剤、積層体及び容器用蓋材
16日前
国立大学法人富山大学
水溶性有機化合物含有水溶液の処理方法
24日前
東ソー株式会社
新規なアダマンタン化合物およびその化合物を含む有機電界発光素子
17日前
東ソー株式会社
イソシアネート用硬化剤、ウレタン樹脂形成性組成物及びウレタン樹脂
4日前
東ソー株式会社
樹脂組成物およびそれよりなるフィルム
22日前
東ソー株式会社
グラフト共重合体及びこれを含有する変性ハロゲン化ポリオレフィン組成物並びにその製造方法
16日前
東レ株式会社
多孔質膜
16日前
株式会社クラレ
樹脂組成物
今日
株式会社日本触媒
鎖長延長剤
1か月前
JNC株式会社
重合性化合物
8日前
株式会社カネカ
硬化性組成物
1か月前
JNC株式会社
光硬化性組成物
8日前
三菱製紙株式会社
エッチング装置
1か月前
個人
セルロース繊維束の分離方法
1か月前
株式会社カネカ
重合体の製造方法
1か月前
東レ株式会社
水分散型樹脂組成物
23日前
ユニチカ株式会社
ポリアミドイミド
1か月前
東レ株式会社
ポリエーテルニトリル
1か月前
東ソー株式会社
保護膜形成用組成物
2か月前
株式会社カネカ
熱硬化性樹脂組成物
1か月前
ユニチカ株式会社
ポリアミドイミド
2か月前
ユニチカ株式会社
ポリアミドイミド
25日前
株式会社日本触媒
二液型硬化性組成物
16日前
花王株式会社
乳化組成物
1か月前
株式会社日本触媒
カルボン酸系重合体
1日前
東洋紡株式会社
ポリエステルフィルム
25日前
続きを見る