TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2022097856
公報種別公開特許公報(A)
公開日2022-07-01
出願番号2020211061
出願日2020-12-21
発明の名称コメント投稿システム
出願人テクマトリックス株式会社
代理人個人
主分類G06Q 50/20 20120101AFI20220624BHJP(計算;計数)
要約【課題】コメント投稿時に特定の閲覧者対象者をその都度、容易に指定できるとともに、コメント閲覧時にコメント投稿者が特定した他の閲覧対象者を容易に認識すること。
【解決手段】複数の閲覧対象者カテゴリと閲覧対象者の情報との関係を対応付けた対応関係D1を記憶する記憶部13と、コメント投稿時に複数の閲覧対象者カテゴリの中から1以上の所望の閲覧対象者カテゴリを選択する閲覧者選択支援部14bと、コメント投稿者がコメントを作成するコメント作成支援部14cと、コメント投稿者、コメント作成支援部14cで作成されたコメント内容、及び、対応関係D1をもとに、選択された閲覧対象者カテゴリの閲覧対象者を特定し、特定した閲覧対象者に対してコメント投稿を通知するとともに閲覧可能にする閲覧処理部14dと、閲覧されるコメントの表示画面に、選択された全ての閲覧対象者カテゴリを表示する表示処理支援部14eとを備える。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
コメントの投稿と閲覧とを行うことができるコメント投稿システムであって、
複数の閲覧対象者カテゴリと閲覧対象者の情報との関係を対応付けた対応関係を記憶する記憶部と、
コメント投稿時に複数の前記閲覧対象者カテゴリの中から1以上の所望の前記閲覧対象者カテゴリを選択する閲覧者選択部と、
コメント投稿者がコメントを作成するコメント作成部と、
前記コメント投稿者、前記コメント作成部で作成されたコメント内容、及び、前記対応関係をもとに、選択された前記閲覧対象者カテゴリの閲覧対象者を特定し、特定した閲覧対象者に対してコメント投稿を通知するとともに閲覧可能にする閲覧処理部と、
閲覧されるコメントの表示画面に、選択された全ての前記閲覧対象者カテゴリを表示する表示処理部と
を備えたことを特徴とするコメント投稿システム。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
コメントの表示画面に表示される前記閲覧対象者カテゴリは、アイコン表示されることを特徴とする請求項1に記載のコメント投稿システム。
【請求項3】
コメントの表示画面に全ての前記閲覧対象者カテゴリをアイコン表示するとともに、選択された前記閲覧対象者カテゴリのアイコン表示は、他の閲覧対象者カテゴリのアイコン表示とは異なることを特徴とする請求項1に記載のコメント投稿システム。
【請求項4】
コメント投稿対象には、複数のコメント投稿カテゴリがあり、
コメント投稿時に、複数のコメント投稿カテゴリの中から1つの前記コメント投稿カテゴリを選択してコメント投稿することを特徴とする請求項1~3のいずれか一つに記載のコメント投稿システム。
【請求項5】
前記コメント投稿カテゴリは、前記コメント投稿カテゴリ毎にコメント投稿を許容する1以上の前記コメント投稿者を特定していることを特徴とする請求項4に記載のコメント投稿システム。
【請求項6】
閲覧したコメントに対するコメント投稿の閲覧対象者は、選択された前記閲覧対象者カテゴリの閲覧対象者の中から任意に選択できることを特徴とする請求項1~5のいずれか一つに記載のコメント投稿システム。
【請求項7】
コメント作成時において選択される閲覧対象者カテゴリには、コメント投稿者の閲覧対象者カテゴリがデフォルトとして選択されることを特徴とする請求項1~6のいずれか一つに記載のコメント投稿システム。
【請求項8】
前記閲覧処理部は、生徒本人がコメント投稿するコメント投稿カテゴリに対する閲覧対象者カテゴリを、コメント投稿した生徒に対する教育を担当した教師の閲覧を可能にすることを特徴とする請求項1~7のいずれか一つに記載のコメント投稿システム。
【請求項9】
クラス担当の担任教師ごとに設けられ、自身が教育を行った生徒からのコメント投稿の有無と、コメント投稿に対する自身及び科目の教育を行った他の科目担当の教師からの返信投稿の有無とを表示するコメント対応状況表を表示処理する状況表表示処理部を備えたことを特徴とする請求項8に記載のコメント投稿システム。
【請求項10】
前記生徒からのコメント投稿の有無、自身の返信投稿、及び、他の科目担当の教師からの返信投稿の有無は、異なる表示形態でアイコン表示されることを特徴とする請求項9に記載のコメント投稿システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、コメント投稿時に特定の閲覧者対象者をその都度、容易に指定できるとともに、コメント閲覧時にコメント投稿者が特定した他の閲覧対象者を容易に認識することできるコメント投稿システムに関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
従来、通信技術の発達と、通信サービスの多様化とに伴って、様々な種類の電子会話ツールが広く用いられてきた。電子会話ツールとは、例えば、電子掲示板、チャット、ブログ、短文投稿サイト(TWITTER(登録商標)など)、SNS(Social Networking Service)などである。ユーザは、通信機器を用いて、これらの会話ツールを活用し、他のユーザと対話したり、コミュニティを形成したり、情報を発信したりして、他のユーザとのコミュニケーションを実現している(特許文献1参照)。
【0003】
この電子会話ツール、例えばコメント交換機能は、グループ内における開発等を行う場合、全員に公開することによるアイデアのフィードバック交換によって生産性を高めることができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2014-85962号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、人との関わりそのものが大きな意義をもつ教育機関では、全員をコメント投稿の閲覧対象者とすることは教育管理上好ましくない場合がある。例えば、教育機関においては、本人をコメント投稿の閲覧対象者とする場合だけではなく、本人をコメント投稿の閲覧対象者から除外すべき場合もある。教育機関では、間接的な指導が必要な場合もあるためである。このように、コメントは、適切な閲覧者の範囲に対して公開すべきものである。また、コメント投稿の閲覧対象者を知ることはコメントの影響を知ることになり、教育管理上、大事なものである。
【0006】
一方、コメント交換機能以外の電子メールは、そもそも各人がメーラーを設定して自分のメールアドレスを管理し、複数の受信者にメールを送る場合、受信者のメールアドレスを用いて選択するため、操作が複雑になる。また、電子掲示板では、閲覧者の制限が一律に行われるため、メッセージ毎の個別具体的な閲覧者選択は困難である。
【0007】
上記のメッセージ交換機能、例えばSNSの1つであるLINE(登録商標)などでは、基本的に1対1のメッセージ交換を行うものであり、複数の人にメッセージを送る場合、グループ設定を行っているが、このグループは基本的に固定的である。また、グループ設定では、メンション機能を用いて特定の人に対して指定したメッセージを送ることができるが、グループ内の他の人にも閲覧される。さらに、転送機能などを用いて特定の人に対して一斉送信することができるが、受信者は、他の誰に送られているか(公開されているか)を認識することができないという課題がある。また、返信時にも同様に他の誰に送られているかを認識することができない。
【0008】
本発明は、上記従来技術の課題を解決するためになされたものであって、コメント投稿時に特定の閲覧者対象者をその都度、容易に指定できるとともに、コメント閲覧時にコメント投稿者が特定した他の閲覧対象者を容易に認識することできるコメント投稿システムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
上記の課題を解決するため、本発明は、コメントの投稿と閲覧とを行うことができるコメント投稿システムであって、複数の閲覧対象者カテゴリと閲覧対象者の情報との関係を対応付けた対応関係を記憶する記憶部と、コメント投稿時に複数の前記閲覧対象者カテゴリの中から1以上の所望の前記閲覧対象者カテゴリを選択する閲覧者選択部と、コメント投稿者がコメントを作成するコメント作成部と、前記コメント投稿者、前記コメント作成部で作成されたコメント内容、及び、前記対応関係をもとに、選択された前記閲覧対象者カテゴリの閲覧対象者を特定し、特定した閲覧対象者に対してコメント投稿を通知するとともに閲覧可能にする閲覧処理部と、閲覧されるコメントの表示画面に、選択された全ての前記閲覧対象者カテゴリを表示する表示処理部とを備えたことを特徴とする。
【0010】
また、本発明は、上記の発明において、コメントの表示画面に表示される前記閲覧対象者カテゴリは、アイコン表示されることを特徴とする。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイート
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
データ構造
1か月前
個人
対話システム
20日前
個人
エア入力システム
6日前
個人
接触型ICカード
1か月前
個人
ランド形成システム
6日前
株式会社リコー
学習装置
19日前
日本精機株式会社
車載表示装置
1か月前
凸版印刷株式会社
メタルカード
1か月前
個人
情報処理装置
1か月前
個人
発想支援プログラム及び方法
2日前
辰巳電子工業株式会社
情報処理装置
2日前
株式会社ツガワ
端末処理装置
4日前
株式会社クボタ
刈取計画装置
1か月前
株式会社末広システム
駅伝蓄電システム
6日前
個人
情報マップ生成プログラム及び方法
2日前
凸版印刷株式会社
非接触通信ICシート
1か月前
株式会社ノーリツ
給湯装置
1か月前
個人
故人を偲び仏行のお勤めできる仏壇
11日前
金井電器産業株式会社
キーボード
13日前
日本信号株式会社
入力装置
24日前
有限会社田中光学
PC操作補助具
24日前
個人
情報処理システム、及び情報処理方法
13日前
株式会社PSI
情報処理装置
13日前
京セラ株式会社
RFIDタグ
4日前
CKD株式会社
データ管理システム
24日前
株式会社ノンピ
情報処理装置
10日前
個人
電子文書の閲覧用電子機器、表示方法
23日前
株式会社サマデイ
スカウトシステム
1か月前
個人
情報処理システム
1か月前
オグラ金属株式会社
食品カウンタ装置
1か月前
キヤノン株式会社
情報処理装置
11日前
個人
情報出力装置及びプログラム
13日前
栗田工業株式会社
水処理システム
16日前
株式会社SUBARU
個人認識システム
1か月前
株式会社リコー
媒体、及び収容体
10日前
株式会社東進
受講生評価システム
19日前
続きを見る